人生の折り返し地点は過ぎましたが、明るく前向きに生きていきます♪
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2017年04月09日 (日) | 編集 |
3月の読書メーター読んだ本の数:69読んだページ数:11483ナイス数:4218ジュニア版 乙女座ジュニア版 乙女座感想旦那が乙女座ですが、全然ピンと来ない。当たっているのはおなかを壊しやすいというところだけ。読了日:03月31日 著者:石井 ゆかり
モップの魔女は呪文を知ってる (実業之日本社文庫)モップの魔女は呪文を知ってる (実業之日本社文庫)感想キリコは出てくるものの話者が次々変わるのでちょっと今までと違う感じ。大介君が出てこないのが残念。そして、あのおばあちゃんは亡くなっていたんだね。読みやすいシリーズだけど、中身は結構重いものを扱っている。読了日:03月31日 著者:近藤 史恵
ジュニア版 射手座ジュニア版 射手座感想あまり人とつるまないし、自分と違う人をいじめたりしない。そうだと思う。読書や図書館が好き。自分に甘い。早合点と楽観で失敗する!読了日:03月31日 著者:石井 ゆかり
無縁社会無縁社会感想地縁、血縁が薄れてきている。ごく普通に暮らしてきた人でも死別や離別で一人になることは多い。子どもがいても昨今は同居することも少ない。親は子供に迷惑をかけたくないと思い、一人暮らしを続ける。働き盛りの引きこもりも増えている。リストラや人間関係のストレスで感謝を辞め引きこもる。若い世代も非正規雇用が増え、収入が少ないために結婚をためらう人が多い。生涯未婚率は増え続けている。お一人様の保証人になったり死後の世話をしてくれるNPOがある。直葬や共同墓も増えていっている。東京の3割は直葬だという。読了日:03月31日 著者:NHK「無縁社会プロジェクト」取材班
落語絵本 十一 おおおかさばき落語絵本 十一 おおおかさばき感想これは有名なお話。三方一両損の話。オチは越前の守でしたね。読了日:03月30日 著者:川端 誠
落語絵本 十 たがや (落語絵本 (10))落語絵本 十 たがや (落語絵本 (10))感想花火見物で産気づいたおかみさんの話。これは落語だけれど、面白いと言うより人情ものですね。読了日:03月30日 著者:川端 誠
落語絵本 九 そばせい落語絵本 九 そばせい感想ざるそば50枚か。そりゃ、いくらそば清でも無理だろう。蟒蛇が食べていた消化を助ける赤い草。消化といっても食べた人間を消化するものだったとは!読了日:03月30日 著者:川端 誠
落語絵本 七 たのきゅう落語絵本 七 たのきゅう感想名前がたぬきに似ていて助かったね。芝居の変装道具も持っていてよかった。うわばみの仕返しの話は「まんじゅうこわい」と似ている。読了日:03月30日 著者:川端 誠
落語絵本 六 めぐろのさんま落語絵本 六 めぐろのさんま感想焼きたてのサンマはおいしいよね。でもそれは庶民の食べ物だそうでそんなものを食べさせたとあっては家来がお叱りを受ける。ただ焼いただけのサンマが食べられない殿様お気の毒ですね。読了日:03月30日 著者:川端 誠
落語絵本 四 じゅげむ (落語絵本 (4))落語絵本 四 じゅげむ (落語絵本 (4))感想これも有名なお話。じゅげむのセリフを覚えさせるのが流行りましたよね。覚えなくても調子よく読み上げるだけでも面白いと思います。読了日:03月30日 著者:川端 誠
落語絵本 三 はつてんじん (落語絵本 (3))落語絵本 三 はつてんじん (落語絵本 (3))感想この話は知りませんでした。でもこのお父さんのキャラが面白い。この親にしてこの子ありというか、大人げない大人というか。面白かったです。読了日:03月30日 著者:川端 誠
落語絵本 二 まんじゅうこわい (落語絵本 (2))落語絵本 二 まんじゅうこわい (落語絵本 (2))感想有名な落語。オチもいい。でもこのオチは小さい子にはわかりづらいかもしれませんね。読了日:03月30日 著者:川端 誠
落語絵本 一 ばけものつかい (落語絵本 (1))落語絵本 一 ばけものつかい (落語絵本 (1))感想人使いが荒いご隠居さん。お化け屋敷に住むばけものをしっかりこき使います。そしてばけものの正体は!おもしろいです。読了日:03月30日 著者:川端 誠
みんなの持たない暮らし日記 (みんなの日記)みんなの持たない暮らし日記 (みんなの日記)感想ブログやインスタグラムの記事をまとめた本。若い主婦のものが多かった。オール電化の綺麗なキッチンで、どれも似たようなテイスト。モノトーン、無印や百均の収納グッズを使った隠す収納。セスキ、クエン酸、オキシクリーンを使った掃除。ウチとは条件が違いすぎて参考にならないが、まずは使っていないものを徹底的に排除する!(旦那が怒る(^^;))読了日:03月29日 著者:
日本人の一大事 (集英社文庫)日本人の一大事 (集英社文庫)感想佐藤愛子さんのエッセイは面白い。以前、お孫さんと一緒にストリー性のある年賀状作りの本を読んで、そのあまりにも破天荒な行動にショックを受け、ファンになりました。このエッセイも80歳なのにすごくお元気で頭の回転が速い。ついでに声も大きく歩くのも普通の女性の2倍くらいの速さだそうだ。その佐藤女史が巷のいろんな問題をバッサリと切る。読了日:03月28日 著者:佐藤 愛子
「しぐさ美人」エクササイズで10歳若返る!「しぐさ美人」エクササイズで10歳若返る!感想激しい運動で消費するのはその日に摂ったエネルギーだけ。素人判断の筋トレは危険。手軽なジョギングもフォームをマスターしないと体を痛める。食事抜きはもってのほか。サウナで汗をかくだけではだめ。結局、基礎代謝を上げるのが一番。体チェック。ゆりかごで起き上がる。かた足立ちでかかとがお尻につく。両足のかかとをつけたままつま先立ちで3秒。反動をつけずに起き上がる。いろいろなストレッチやしぐさが紹介されています。読了日:03月27日 著者:筒井 広明,山口 光国
ラジオ深夜便珠玉のことば―深夜便からの100のメッセージ (ステラMOOK)ラジオ深夜便珠玉のことば―深夜便からの100のメッセージ (ステラMOOK)感想いろんな著名人の素敵な言葉が載っています。なかでも「時間の使い方は命の使い方です。おろそかに時間を使ってはもったいない。愛のこもった時間を過ごしますと、愛のこもった人生が残ります」という渡辺和子さんの言葉が心に残りました。ナンプレやらポケGOやらで時間を浪費している私ってどうなの。読了日:03月27日 著者:
天使はモップを持って (文春文庫)天使はモップを持って (文春文庫)感想キリコシリーズはバラバラに読んだのでこれが3冊目。大介との出会いも面白い。「おじさん」から「じゃ、大介」って、笑える。服装は奇抜だが掃除の腕はぴか一で職場はキリコ一人で隅々までピカピカに磨かれている。それは掃除の仕事が本当に好きだから。掃除をしているとオフィスの個人情報に気付く。それをさりげなく解決していく。聡明でクール、そしてとても有能。最終章ではあやうく騙されるところでした。よかった。でも介護問題は難しい。大介のお母さんは可哀そうだった。読了日:03月26日 著者:近藤 史恵
モップの精は深夜に現れる (文春文庫)モップの精は深夜に現れる (文春文庫)感想シリーズの一作目をまだ読んでいないのですが、十分面白い。キリコさん素敵です。聡明で芯がしっかりしているのも素敵ですが、なにより掃除の仕事が大好きで心から楽しんでやっていること。スペシャリストですね。キリコさんみたいに掃除も料理も得意で大好きだったら楽しいだろうな。大介君は幸せだな。それにしても清掃作業員は予想以上に会社の秘密や従業員の個人情報に詳しいのですね。見る目があればってことですが。読了日:03月25日 著者:近藤 史恵
一発逆転ミステリー (Little Selectionsあなたのための小さな物語)一発逆転ミステリー (Little Selectionsあなたのための小さな物語)感想面白かった。図書館では児童書に分類されていました。オチが意外な短編が5つ。ミス・オイスター・ブラウンの犯罪が一番面白かったかな。読了日:03月25日 著者:赤木 かん子,ロアルド・ダール,Roald Dahl
ゆたかな人生が始まる シンプルリストゆたかな人生が始まる シンプルリスト感想したいこと、好きなもの、好きな場所、お気に入りの服、捨てたいもの、思いついた事柄をリストにして書き出すと頭の中が整理される。やらねばならないことも書き出して終わったらチェック!手帳でもパソコンでもスマホでもipadでも、使いやすいものにリストを書き出す。本自体はちょっと感性が合わなくて読みづらかったけれど、自分のやりやすいようにリストを作ってみることはいいと思う。読了日:03月24日 著者:ドミニック・ローホー
ふたつめの月ふたつめの月感想クビになったと思っていたら自己都合退職にされていたとか、そういうことなら戻してもらえばいいのになと思う。まあ、おかげで赤坂氏と再会できてよかった。弓田君との仲もこじれかかったけれどうまくいって良かったね。今作も赤坂氏の名言が光る。読了日:03月24日 著者:近藤 史恵
一生太らない体をつくる 噛むだけダイエット一生太らない体をつくる 噛むだけダイエット感想お金もかからず、道具もいらない。食事制限も運動もしなくてもいい。①一口、口に入れたら箸をおいて30回かむ。②毎日体重計に乗る。③肉、卵、チーズを積極的に食べる。それだけで痩せて便秘も治るそうだ。成功率9割以上。繊維質も無理に取らなくていい。炭水化物は少なめがいい。おなかがすいたらチーズを一切れ。唐揚げでもステーキでもどんどん食べていい。でも一口30回噛むこと。やってみよう。最近、肉類をあまり食べていなかったかも。読了日:03月24日 著者:渡辺信幸
リターン (幻冬舎文庫)リターン (幻冬舎文庫)感想『リカ』の続編。一度見たら忘れられないような特徴のある外見で、ひどいにおいのする看護師。10年間人目につかずに暮らすなんてできそうもないが。まあ、そういう設定だからしょうがないか。最後、それでも前回のようによみがえるかもしれないと心配した。エピローグはそれなりにハッピーエンドなのだろうか。読了日:03月23日 著者:五十嵐 貴久
ノスタルジー1972ノスタルジー1972感想1972年と言えば「沖縄返還」5月15日、「沖縄返還の日に」という歌も作ったからよく覚えている。他にも日航機ハイジャック事件、浅間山荘事件、札幌オリンピック笠谷選手の活躍、中国から2匹のパンダが贈られたこと。横井正一氏が終戦を知らずにグァム島に生存していたのを発見されたとか、そんな時代に生きる人々の生きざまが興味深かった。『永遠!チェンジ・ザ・ワールド』の瑞慶覧義男、かっこいいね。重松清の『あの年の秋』もしみじみといいお話だった。読了日:03月23日 著者:重松 清,中島 京子,堂場 瞬一,朝倉 かすみ,早見 和真,皆川 博子
モップの精と二匹のアルマジロ (ジョイ・ノベルス)モップの精と二匹のアルマジロ (ジョイ・ノベルス)感想面白かった。初めて読みましたが、キリコさんの物語はシリーズなんですね。探偵役のキリコさん、語り手でありいい味出してる夫の大介。超絶美男子だけれど個人的な問題を抱えている友也。誠実で優しいが性格が地味で自分に自信が持てない真琴。人間模様が面白い。近藤さん、いろんなシリーズを書いていらっしゃるのですね。第一作の『天使はモップを持って』から読んでみたいです。読了日:03月22日 著者:近藤 史恵
思った以上の人生は、すぐそこで待っている思った以上の人生は、すぐそこで待っている感想人生の目的は「悟り」って、ちょっと違うかな。求めることより与えること。執着を捨てて楽になるというのはそうだと思うけれど、「お布施は最も効果的に執着を外す行為です」と言われると、ちょっと怖いかも。相川さんの本はもうやめておきます。読了日:03月22日 著者:相川 圭子
わたしをみつけてわたしをみつけて感想最後の弥生の気付きに涙する。弥生はここで強く生きていくだろう。正看の資格を取って、藤堂師長のように。藤堂師長に出会ったこと、菊池さんに出会ったことが弥生の心を大きく変えてくれた。すべての医療従事者に読んでもらいたい良書。医療従事者でなくても今生きている人すべて。読了日:03月21日 著者:中脇初枝
チョコレート屋のねこチョコレート屋のねこ感想チョコレート屋さんのおじいさんは決して笑わない。気まぐれで作ったネズミのチョコレートがきっかけで、次々に起きる素敵な出来事。チョコレートもねこも好きです。読了日:03月20日 著者:スー ステイントン
よるのこどものあかるいゆめよるのこどものあかるいゆめ感想谷川俊太郎の素敵な詩ときれいな写真で作られた絵本。子どもを寝かしつけるのに役立つ「おやすみ絵本」です。読了日:03月20日 著者:谷川 俊太郎
サイコパス (文春新書)サイコパス (文春新書)感想筆者は脳科学者。サイコパスと言えばすぐ思いつくのが『悪の教典』のハスミンですが、人口の約1%、100人に1人はいる。理由のない殺人、連続殺人などのイメージが強いが、恐怖や不安を感じにくいため冷静に行動し、企業のトップに立つ人や外科医などにも多いらしい。サイコパスの脳は明らかに脳梁の拡大や海馬後部の体積減少など普通と異なる。偏桃体の働きも弱い。良心の呵責を覚えないので、反省もしない。遺伝の影響は大きく、生育期の環境によって反社会性が高まる。読了日:03月20日 著者:中野 信子
ヒマラヤ聖者の太陽になる言葉ヒマラヤ聖者の太陽になる言葉感想結局のところ、ディクシャを受ければいいのだろうけれど、それはきっとかなりお高いに違いない。もっと簡単な普通の瞑想でいいか。読了日:03月19日 著者:相川圭子
新版 家を買いたくなったら新版 家を買いたくなったら感想買った後、後悔することの一位は環境。日当たり、眺望、隣人関係、音やにおいの出る施設、通勤通学路の交通量、夜間の人通りの少なさ、プライバシー(外から見られる)など。また、保育園に入りやすいか、介護施設などの行政サービスが整っているか、近くの公立学校のレベルや状況も把握しておく。値段が安くても手抜きや欠陥住宅もあるので注意。頑張らないで買えるものを。購入か賃貸かは、その人の条件にもよるので、どちらがいいとは言えない。読了日:03月19日 著者:長谷川高
syunkonカフェ雑記 ~クリームシチュウはごはんにあうか否かなど~ (扶桑社ムック)syunkonカフェ雑記 ~クリームシチュウはごはんにあうか否かなど~ (扶桑社ムック)感想なんやこれ、めっちゃおもろいやん。って、関西弁がうつってしまう。関西人に鬱とかないんとちゃう。山本ゆりさん初読みですがすごく面白い、料理もおいしそう。爆笑、にやにや、時に感動!今度桃を見たら危険な頬ずりをしてしまいそうで怖い(もう4人も犠牲になっているので絶対ダメ)。読了日:03月18日 著者:山本 ゆり
賢者はベンチで思索する (文春文庫)賢者はベンチで思索する (文春文庫)感想人が死なないミステリー。面白かった。国枝老人(赤坂氏)のキャラがいいですね。もう会えなくなるのは寂しい。続編があるという話だが、もう出てこないのかな。いやそんなはずないよね、探偵役だし。読了日:03月17日 著者:近藤 史恵
3秒でハッピーになる 名言セラピー3秒でハッピーになる 名言セラピー感想「わたしはツイてます」と言える人の深層にはまわりに対する「感謝」の気持ちが必ずあるのだそうです。なるほどね。「幸せはなるものじゃなくて気付くもの」何か困ったことが起きると、今までの普通がどれだけ幸せだったかわかる。読了日:03月17日 著者:ひすい こたろう
ポケモンGOは終わらない (朝日新書)ポケモンGOは終わらない (朝日新書)感想昨年暮れから始めて、今レベル24。もうやめようかと思っていた矢先、新キャラ追加でまだやめれない。ポケスポット情報も勉強になります。ポケGO関連本は2冊目なので、ナイアンティック、グーグル、イングレスなどの関連はわかる。位置情報を使ったゲームはこれからも進化していくだろう。ポケモンGOで採用されているARのほかにもVR(バーチャルリアリティ)を使ったものもいずれ出てくるのだろう。それを体験してみたい。読了日:03月16日 著者:西田宗千佳
1週間でごっそり捨てる技術1週間でごっそり捨てる技術感想無理。最後の1週間プログラムを読むと、月曜準備、火曜・水曜分別(捨てる・リサイクル・宝箱)木曜掃除、金曜住所録などの整理、土曜部屋の浄化、日曜祭壇を設ける。と、ある。「1週間でごっそり捨てる」という書名だが、実際捨てるのはたった2日間。絶対無理だ。塩やお香を使って部屋を浄化する仕方が詳しく載っているが得たい情報はそこではない。読了日:03月15日 著者:リタ・ポーレ
向日葵のかっちゃん (講談社文庫)向日葵のかっちゃん (講談社文庫)感想実話です。小5で森田先生がいる学校に転校するまで、著者は名前もちゃんと書けず、計算もできず特別学級に通っていた。転校した学校には特別学級がなく先生は春休み中かっちゃんに勉強や運動を教えてくれた。先生は決して叱らず、かっちゃんに分かるように教えてくれた。「ものを覚えるには頭でなく、体で覚えること」「あきらめないこと」「考えることの大切さ」かっちゃんは6年生ではオール5で児童会長に選ばれ卒業式に答辞を読む。用意した答辞ではなく自分の気持ちを。発達障害だったのだろうか。奇跡の物語、心が洗われます。読了日:03月14日 著者:西川 司
文藝春秋 2017年 03 月号 [雑誌]文藝春秋 2017年 03 月号 [雑誌]感想『しんせかい』の感想は単行本で。「安楽死は是か非か」が興味深い。寿命を人間がどうこうするのはけしからんという意見もあるが、私は治らないものなら苦痛は無いほうがいい。本人が望めば安楽死を認めてほしい。「トランプはサイコパス」という記事も興味深く読んだ。「安倍昭恵家庭内野党の真実」も面白い。安倍氏は「妻は私人」と言っているが、首相夫人に公費で秘書が5人もついているのは私人とは言えない。読了日:03月14日 著者:
しんせかいしんせかい感想第156回芥川賞受賞作品。突っかかるような独特の文体だが、筆者19歳の時に富良野塾で過ごした実体験を書かれたものであるらしい。丸木小屋を塾生たちが手作りしたり、筆者は実際に喘息持ちだったりというのも事実だ。創作を感じるのは夜中に現れる黒い男、これが30年後の本人らしいのと、30年後の谷の様子が挟まれていること。それ以外は淡々とした作文のようだ。主人公の気持ちもあまり描かれていない。淡々としすぎて、だから何?と言いたくなる。読了日:03月13日 著者:山下 澄人
発達障害の素顔 脳の発達と視覚形成からのアプローチ (ブルーバックス)発達障害の素顔 脳の発達と視覚形成からのアプローチ (ブルーバックス)感想著者は実験心理学者。発達障害は生まれた直後の遺伝子検査で診断できるものではない。診断は言葉の遅れや目が合わせられないといったことをもとに3歳程度でなされる。実際は1歳になるまでに親は何らかの異常を感じる。自閉症の子らは赤ちゃんの時の視力が良すぎる。コントラストを強く感じ特に目は黒と白のコントラストが強いので目が合わせられない。聴覚も鋭く指向性がないため雑音の中から人間の声を聴きとれない。発達障害では視覚情報の背側経路が壊れやすくその結果腹側経路が正常に成長できない。読了日:03月13日 著者:山口 真美
リカ (幻冬舎文庫)リカ (幻冬舎文庫)感想ホラーサスペンス大賞受賞作品。『リバース』を先に読んでしまったのですが、リバースで生まれたリカがますますヒートアップしてもはや人間離れしています。悪臭も見た目も力も。出会い系サイトに手を出して痛い目に合う子持ちの42歳。執念があれば不確かなネットの情報でもこんな強力なストーカーが生まれる可能性はある。ご用心を。読了日:03月12日 著者:五十嵐 貴久
みんないきてるみんなでいきてる!みんないきてるみんなでいきてる!感想エリック・カールの新刊絵本。1929年生まれのエリック氏、今年で88歳になるのですね。生命力溢れるダイナミックな絵が素敵。まさに「みんないきてるみんなでいきてる!」という感じのパワーがみなぎっています。読了日:03月11日 著者:くどう なおこ
ちいさな島ちいさな島感想なんだか哲学的な絵本。訳が谷川俊太郎氏だから言葉も詩的。島は海に浮かんでいるんじゃなくて海の底で地面はつながっているのです。「ちいさな島でいることはすばらしい。世界につながりながら じぶんの世界をもち かがやくあおい海にかこまれて。」とある。素敵な絵本です。読了日:03月11日 著者:ゴールデン マクドナルド
ともだちつれてよろしいですかともだちつれてよろしいですか感想で、連れてきた友達というのが、キリンとかぞうとか、きっと王様は驚いて追い出されるのでは、と思うのに次の招待にも連れてきていいと言われる。太っ腹な王様。動物園の動物だったのがちょっと意外。読了日:03月11日 著者:ベアトリス・シェンク・ド レーニエ
心が浄化される瞑想の言葉: ヨグマタ相川圭子公式ビジュアルムック (マガジンハウスムック)心が浄化される瞑想の言葉: ヨグマタ相川圭子公式ビジュアルムック (マガジンハウスムック)感想写真だと50代の普通のおばさんに見えますが、実は70代で世界に2人しかいないシッダーマスター。女性ではただ一人です。とても尊敬されています。標高5000mを超えるヒマラヤの洞窟で水も食べ物も摂らずに4日間過ごすという命を落とす人も少なくない修行を18回もされたとか。仙人みたいな人ですね。日本でヨガと言えば体を整えるアーサナと呼ばれるポーズを覚えることが中心になっていますが、瞑想という心のヨガで真の幸福が味わえる。相川さんのディクシャを受けてみたいものです。お高いのでしょうね。他の著書も読んでみたい。読了日:03月11日 著者:相川 圭子
世界でいちばん貧しい大統領のスピーチ世界でいちばん貧しい大統領のスピーチ感想ウルグアイのムヒカ大統領のスピーチ。絵本なのでかなり意訳されているとは思いますが、いいお話です。「人は幸せになるために生まれてきた」「貧乏とは、少ししか持っていないことではなく、かぎりなく多くを必要とし、もっともっとと欲しがることである」「水不足や環境の悪化が今ある危機の原因ではないのです。本当の原因は私たちが目指してきた幸せの中身にあるのです。見直さなくてはならないのは、私たち自身の生き方なのです」全くもってその通り。欲を捨て、足るを知れば幸せになれると思います。読了日:03月10日 著者:
あした死んでもいい片づけ 実践! ―覚悟の生前整理あした死んでもいい片づけ 実践! ―覚悟の生前整理感想死ねば、その人のものはすべてゴミになる。その処理を誰かがしなければならない。使わないものは処分する。掃除ではなく、ただひたすら使わないものを抜いていく。カレンダーのような表にどこを片付けるかカリキュラムを立てる。その際、同じ場所は続けず次の週に回す。場所によっては1度で終わるところや何回もかかるところがある。1日30分、タイマーをかけてただひたすら抜く。今使わないものを抜く。昔の思い出のものは極力厳選する。子どものものも2つ3つでいい。ただ、人のものは勝手に捨てない。私も春に向けて断捨離再開せねば。読了日:03月10日 著者:ごんおばちゃま
日本で知った「幸せ」の値段 無一文の留学生が、大学准教授になるまで日本で知った「幸せ」の値段 無一文の留学生が、大学准教授になるまで感想素晴らしいです。日本にたった7万円持ってやってきたスリランカの青年。日本の大学に入るつもりだけれど、日本語もしゃべれない。1年前ホームステイでたった1日泊めてもらった家に来て、面倒見てもらえると思っていたらしい。実際、スリランカの彼の実家の母はそうやって何人もお世話している。でも日本ではそうはいかない。住み込みで働けるところを探し、語学学校から立命館大学の留学生枠に合格。就職できなくて大学院に。そして大学の准教授に。いじめにあい、苦労もしているが人に恵まれ、日本人女性と結婚。空手、落語、TV講演会と活躍。読了日:03月10日 著者:にしゃんた
私が失敗した理由は私が失敗した理由は感想さすがイヤミスの女王、たくさん人が死にました。本名の長谷部麻美って本当なのかしら。ドロドロした人間の描写がうまいですね。これもドロミスか。読了日:03月09日 著者:真梨 幸子
オーダーメイドダーリン―幸せの王子様(ベストパートナー)の育て方オーダーメイドダーリン―幸せの王子様(ベストパートナー)の育て方感想王子様はいません。親兄弟でさえ気に入らないことが多々あるのに、赤の他人で自分にぴったり合う人なんているわけがない。でも作ることができます。カスタムに向かないのはオレ様系、趣味突っ走り系、幼稚系、マザコン系、無気力系。そして、酒癖、女癖が悪い人はどうしようもないので捨てましょう。男は褒めておだててその気にさせる。感情的になってはダメ。家事一覧表を作って視覚に訴える。理論的に説得する。プライドを潰さないように。読了日:03月09日 著者:高殿 円,今本 次音
薬を使わない薬剤師の「やめる」健康法 (光文社新書)薬を使わない薬剤師の「やめる」健康法 (光文社新書)感想おっしゃることはよく分かります。高血圧だって、理由があって上がっている血圧を薬でただ下げりゃいいってもんでない。高血圧の原因が血管の老化で硬くなっているというなら、食べ物や運動で血管の代謝が良くなるように生活習慣を改めたうえで薬はやめる。いらなくなる。猫背をやめる、腕は後ろに振って歩く、肩甲骨を動かす、正座、横座り、足を組むのをやめる。ウチは全室和室なんですけど。読了日:03月08日 著者:宇多川 久美子
リバース (幻冬舎文庫)リバース (幻冬舎文庫)感想ホラーサスペンス。じれったくて、とにかく早く警察に届けてもらいたかった。驚愕のラスト、犯人は!なるほど、そういうことだったのか。これは第3弾だったらしいので『リカ』『リターン』も読んでみよう。時系列ではこれが1番早いともいえる。読了日:03月07日 著者:五十嵐 貴久
一流の人をつくる 整える習慣一流の人をつくる 整える習慣感想整えるのは身の回り、時間、人間関係、体、行動パターン、メンタル、自分らしさ。それらについて7章にわたって整え方が書かれている。まずはカバンを片付ける。使いやすい鞄を、そして不要なものは持たない。何かをするときはなんのためにそれをするのか目的意識をしっかり持つ。イライラしたときは日光のサル(見ざる聞かざる言わざる)。誰かに怒られたら迷わず階段を上り下り(血流を良くしてから解決策を)。相手に期待しない。読了日:03月07日 著者:小林 弘幸
九十歳。何がめでたい九十歳。何がめでたい感想最近のマイブーム佐藤愛子さん。面白いです。90歳過ぎてもこんなにお元気とは羨ましいです。具合が悪いのは少々耳が遠いことぐらいでしょうか。子犬の花がキタキツネに襲われ、悲鳴を聞いて窓から飛び降りて「こらあ」と叫んで狐を追い払った話、15年前ならもう75歳過ぎ、窓から飛び降りる75歳!子授け地蔵の話も面白い。アベさんちにも遅い子供が授かったが、「こうやって」と地蔵の頭を3回撫でてやり方を教えてくれた中村さんちにも4人目が授かった。1969年、アポロ11号月面着陸の前日に直木賞を受賞した話とか、どれも面白い。読了日:03月07日 著者:佐藤愛子
ぜったいひとつだからね (チャーリーとローラ)ぜったいひとつだからね (チャーリーとローラ)感想あまり登場しないクールなお母さん。ひとつえらんでもいいと言ったのに、「3つよね」とか「2つじゃなかった」とねばるローラに「では、なんにもなしっていうのはどうかしら」と切り返す。やるね!読了日:03月06日 著者:ローレン チャイルド
ヒポクラテスの誓いヒポクラテスの誓い感想主人公は法医学教室に送り込まれた若い女性の研修医。光村教授はオレ様だが、死因を突き止める情熱と腕前は超一流。振り回される若き女性研修医。アゴで使われる捜査一課の刑事。本当は遺族が拒否したら解剖はできないのだが、解剖することによって正しい死因が明らかになる。その安くはない費用は遺族持ち。これは説得するのが大変だ。光村教授が怪しいとにらんだ死体はどれも解剖の結果、やはり死因に問題があった。そして最後はお約束のどんでん返し。面白かったです。読了日:03月06日 著者:中山七里
焼野まで焼野まで感想描写がえらくリアルだなと思ったら、調べてみると実体験に基づくものでした。震災の翌日に子宮体癌が見つかった。そして鹿児島のオンコロジーセンターで一か月にわたる治療を受けた。樹木希林さんもそのセンターで治療を受けられたようです。著者は治療後5年経っているから治療は成功したのですね。こんな方法があるのなら、すい臓がんで亡くなった義兄にも教えてあげたかった。読了日:03月06日 著者:村田喜代子
元祖「ふるだけ」骨盤たいそう―30年間指導で、5万人が若返り !元祖「ふるだけ」骨盤たいそう―30年間指導で、5万人が若返り !感想かんたんです。続けられれば効果があると思います。続けられれば!何事もそうですけど。読了日:03月05日 著者:谷 玉惠
ルウとリンデン 旅とおるすばん (講談社の創作絵本)ルウとリンデン 旅とおるすばん (講談社の創作絵本)感想小手鞠るいさんの絵本。ルウと黒猫のリンデンはとても仲良し。世界一周の旅に出たルウとお留守番をしているリンデンのお話。離れていても心は一つ。温かい気持ちになる絵本。絵も素敵です。読了日:03月04日 著者:小手鞠 るい
もりにいちばができるもりにいちばができる感想言葉遊び絵本じゃないけれど、社会の勉強になります。きっと、子どもたちの気に入ると思います。読了日:03月04日 著者:五味 太郎
まあちゃんのまほうまあちゃんのまほう感想子どもみたいなお母さん。実は狸だったんだ。楽しくても、ずっとこれだと大変。きっと子供たちもそう思うでしょう。読了日:03月04日 著者:たかどの ほうこ
ばけねこぞろぞろばけねこぞろぞろ感想飼い猫のトンに助けられた。男の子はトンをいじめていたのに。この子のお母さんは猫をかわいがってくれていたから。これに懲りてもう猫をいじめることはしないでしょうね。いろんな化け猫が結構かわいい。読了日:03月04日 著者:石黒 亜矢子
ありのままで生きる (天と人をつなぐ法則)ありのままで生きる (天と人をつなぐ法則)感想東大医学部教授と世界的な理論物理学者の対談。スピリチュアルな内容ですが、お二人とも奇跡的に死の淵から生還したりUFOを見たりという不思議な体験をしていらっしゃる。宗教がらみでもなく、お金儲けの話でもないのがいい。その後二人とも選挙に出られたというのが意外ですが科学で説明できない超常現象はあるとおもいます。ヒーラーとか、癌が消えたとか信じます。そういう能力自分にもあったらいいな。読了日:03月03日 著者:矢作 直樹,保江 邦夫
考えない台所 (Sanctuary books)考えない台所 (Sanctuary books)感想トレイにセットというのは先日読んだ本にも出ていたな。トレイまだ買っていなかった。冷凍室をうまく使いこなしていないので著者のように使いこなせたらいいと思う。2週間以内に使い切る。そうだよね、冷凍室を過信してはいけない。読了日:03月02日 著者:高木ゑみ
お茶の時間お茶の時間感想カフェでお茶とスイーツ。食事と違ってゆとりの時間って感じですね。ミリさんは編集さんとの打ち合わせにいろんなカフェに行けていいな。そうね、せめて一か月に一回でも、スイーツ付きのお茶の時間を楽しみたいものです。読了日:03月02日 著者:益田 ミリ
夢・出逢い・魔性 (講談社文庫)夢・出逢い・魔性 (講談社文庫)感想英語のタイトル『You May Die in My Show』が日本語タイトルの音をもじっている。『封印再度(Who inside)』の時も思ったが、この人、理系なのに言語感覚が天才的!各章のタイトルも言葉遊びでつながって面白い。紅子さん、れんちゃん、しこさんのキャラも面白い。犯人の動機がかぶりものとは。そして稲沢さん、女性だったんですね。読了日:03月02日 著者:森 博嗣
孫と私の小さな歴史孫と私の小さな歴史感想佐藤愛子さんの『九十歳。何がめでたい』が大人気ですね。そちらを待つ間にこの本を読んでみました。予想以上の面白さ。この人は!ただものではないですね。孫の桃子ちゃんが一歳の時からコスプレの年賀状を作り出した。一歳の時のパンダの着ぐるみはまだ常識的な雰囲気ですが、だんだんエスカレートし、毎年桃子さんと愛子ばあちゃんもコスプレ年賀状が作られていく。好きなのは『泥棒』「夫婦喧嘩』『晒し首』最後は『葬式』これが元旦に送られてくるとは(笑)愛子さんは真っすぐで自己中でほんとに面白い。ばあさんらしくない。長生きしますね。読了日:03月01日 著者:佐藤 愛子
読書メーター
スポンサーサイト

2017年01月13日 (金) | 編集 |

2015年07月28日 (火) | 編集 |
7月18日
二軒目は

日本三大秘湯 谷地温泉←クリックしてね
公式HPが見当たらなかったので、リンクフリーの温泉ブログにリンク貼りました↑

2015-07-18 2015-07-18 001 029 (640x480)

2015-07-18 2015-07-18 001 030 (640x480)

日帰り入浴 大人500円

泉質 単純硫黄泉(硫化水素型)(低張性弱酸性温泉)

谷地温泉には、下の湯(38℃霊泉)、上の湯(42℃白濁泉)、あがり湯(36℃の湯量の多い源泉2ヵ所)の4つの源泉がある。

縦長の総ヒバ造りの鄙びた浴室に、2つの浴槽があり衝立で区切られている。はじめての方は・・を読むと、谷地式入浴法は下の湯に30分つかり上の湯に5~10分とのこと。

「下の湯」は、湯船の真下から湧き出る38℃の霊泉。入り初めはぬるい水の様な下の湯だが、20分程から汗が出て体はポカポカしてくる。
透明に近い白濁した湯で、浴槽の底はスノコになっていて、その隙間から温泉が湧き出ている。ゆっくりと長湯を楽しむとよい。

「上の湯」は、42℃の白濁しててあたたまる引き湯の硫黄泉。サッパリした浴感の、硫黄臭のするいい湯だ。

洗い場は、カランがあるがシャワーはない。石鹸・シャンプー類も備え付けられている。

2015-07-18 2015-07-18 001 031 (640x480)

子犬ほどの大きなネコが玄関先に繋がれていました。

2015-07-18 2015-07-18 001 032 (640x480)

このあたり、あの有名な八甲田山なんですね。

八甲田雪中行軍遭難事件(はっこうだせっちゅうこうぐんそうなんじけん)は、1902年(明治35年)1月に日本陸軍第8師団の歩兵第5連隊が青森市街から八甲田山の田代新湯に向かう雪中行軍の途中で遭難した事件。訓練への参加者210名中199名が死亡(うち6名は救出後死亡)するという日本の冬季軍事訓練における最も多くの死傷者が発生した事故であるとともに近代の登山史における世界最大級の山岳遭難事故である。

これを題材として
八甲田山(1977年映画)
ドキュメンタリー八甲田山(2014年映画)
八甲田山(1978年テレビドラマ)
八甲田山死の彷徨 新田次郎(1971年小説)
などがある。

地獄沼などもあるのですが、続きは明日!

ぽちっとしてね↓
にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村

日記・雑談(60歳代) ブログランキングへ

2015年06月03日 (水) | 編集 |
昨年、親の介護と孫の守りが集中して足が遠のき、ついに止めてしまった合唱団
陶芸教室も3月でめでたく卒業してしまったので、少し余裕があります。

今やっているのは
図書館の非常勤パート・・・休日バイトです。
高校の同窓会事務局・・・これは週に半日だけ
スポーツクラブで週1回フラダンス
同じく週3,4回プールで1km泳ぐ
月2,3回バドミントン・・・これは4月から始めました。
毎日の読書と読書メーターに感想を書く
そして、書いたり書かなかったりの不定期ブログ

本当は家の不用品をどっさり捨てて、リフォームしたいのですが
ステラレネーゼの旦那の強い抵抗に合い頓挫しています。

早く家をなんとかしたいけれど、まあ仕方がない。
旦那もその内目覚めるでしょう・・・多分だけど。

とにかく、限りある人生、元気なうちにやりたいことはやっておこう

と、いうことでオカリナを始めようと思います。

オカリナサークルに入っている友達に入れて貰おうと考えています。
しかし、彼女らはもう7年くらいやっていてかなりレベルも高い。

先日、使っていないオカリナと楽譜を借りてきました。
自習しておきなさい、との事ですがまだ1回しかしていない。

オカリナは陶芸で自分で作ったオカリナで
天空の城ラピュタに出てくる『鳩と少年』を陶芸の新年会で演奏したことがあります。

でも、リコーダー感覚でテキトーに吹いていたから正しい運指は知りません。

で、運指表も付いている初心者用の楽譜を友達に貰ったのですが・・・
あまり意欲がわかない。
で、ずっと放置されていました。

でもね、オカリナで吹いてみたい曲があるのです。
エルガーの愛の挨拶


you tubeで探したら↑しか見つからなかった。
勝手に載せてすみませんm(__)m

この曲を吹いてみたいのです。
ネットで楽譜を購入(ダウンロード)してみると
低いラから高いファまであって難しそう。
でも吹いてみたいです。

ぽちっとしてね↓
にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村

日記・雑談(60歳代) ブログランキングへ

2015年05月31日 (日) | 編集 |
心配していた、親戚のお通夜と翌日の総会
どちらも無事終わりました。

葬儀に参加した旦那が帰ってきたのは夕方7時過ぎだそうで、やっぱり総会には間に合わないようでした。

無事終わったのはいいけれど、長距離運転の心配で興奮して眠れなかったもので、翌日の総会はちゃんと準備してあったから上手く行ったものの、個人的なミスを連発。

期の同窓生たちといつもはスタバなど喫茶店で2次会をするのですが、昨日は「バーへいこう」という人がいて、結局行くことになったのですが・・・

ホテルに傘を忘れるわ(気づいて取りに行きましたが)

テーブルをくっつけようとして電気スタンドを倒すわ(T_T)

電気スタンドのガラスの傘が割れてしまいΣ( ̄ロ ̄lll)

謝って修理代が決まったら弁償します・・という事で、連絡先を置いてきましたが
ぼったくられそうで心配です。

だいたい、あんなメニューも置いてない高い店はもう絶対行きたくないです(-_-;)

というわけで、昨日からうつモード

ぽちっとしてね↓
にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村

日記・雑談(60歳代) ブログランキングへ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。