人生の折り返し地点は過ぎましたが、明るく前向きに生きていきます♪
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015年07月15日 (水) | 編集 |
C型肝炎をインターフェロン(ペグインターフェロン+リバビリン)で治療してもらって、9年経ちます。
高血圧の薬も処方されているので2か月に1回は受診していました。

でも、『高血圧はほっとくのが一番』という本を読んで

歳を取れば顔にしわが出来るように血管も傷んでくる。それをコレステロールで補強している。動脈硬化は加齢現象。その通りにくい血管を通って脳や手足のすみずみに血液を届けるためには血圧を上げなければならない高血圧は当然。これを降圧剤で下げると、脳梗塞になったり、免疫が下がって癌になりやすくなったりする。そのデータはある。

ということらしくて、降圧剤止めようか・・・と思ったんです。

肝臓健診はいつも異常なしなので、ま、いいか・・・と

で、前回受診は3月ですが、それから降圧剤は飲んでいません。

でも、この週末から旅行に出かけるので、環境が変わると眠れなくなるからマイスリーを処方してもらいに行きました。
ついでに肝臓のエコーや腫瘍マーカーの血液検査もしてもらいました。

エコーは異常なしで、脂肪肝も大丈夫
以前腫れていた脾臓も基準内(10cm以下)に収まっているようです。

肝臓の線維化は4段階で
F1 軽度
F2 中度
F3 高度
F4 肝硬変

と、なっていますが、肝炎が治ると4年ごとに1段階下がるそうです。
だから私はF1か正常か・・・
F1だと、肝がんの発生率は0.5%だそうです。

治癒後10年経って肝がんが発生したという学会発表があったそうですが
逆に言えば滅多にないことだから発表したんだろうとのことでした。


で、高血圧の方は・・・↑153で↓が90・・・高いですね。

私「『高血圧はほっとくのが一番』という本を読んで、降圧剤を止めたくなりました」

医「昔は60代くらいの人が脳溢血でよく亡くなっていましたが、寿命が延びたのは降圧剤の進歩のおかげですよ」

私「はい、でも、脳出血で亡くなる人は減っていますが、脳梗塞の後遺症で苦しんでいる人は増えています」

医「そうですか。私は降圧剤の効果を信じていますよ」

私「血圧が150くらいあって、かなり血管が傷んでいるかと思ったのですが、5月に〇〇病院で血管年齢を調べて貰ったら45歳でした」

医「それはすごいですね。じゃ、今日は降圧剤の処方は止めておきますか」

私「・・・やっぱり、出してください。それと、旅行に行くのでマイスリーをお願いします」

医「マイスリーは14日分でいいですね」


診察・エコー・血液検査・・・・5,300円
ユニシア、マイスリー・・・・・・3,430円

結構お高いのですよ。
と言っても、超高価な肝臓の薬(1錠6万円)に比べれば屁でもありませんが(失礼)

ぽちっとしてね↓
にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村

日記・雑談(60歳代) ブログランキングへ
スポンサーサイト

2013年12月24日 (火) | 編集 |
金曜日に行ったときはずいぶん元気で細巻を6個も食べて、シュークリームも4分の1くらい食べられたのに・・・

土、日、月と全く時間が無くて行けませんでした。

今日行ったら、また食欲無しモード
午前中にレントゲンやCTの検査を受けて疲れたか、入浴が疲れたか

少し熱もあるそうなのでそのためか、口数も少なく眠そうでした。

姉も来ていて、細巻とケーキを持ってきていましたが、少ししか食べられませんでした。
私の持って行った太巻き(細巻が売り切れで)は問題外

お茶もほとんど飲まずに寝てしまいました。
姉の持ってきたケーキは私たちでおいしくいただきました。

Dr.の話では、レントゲンに変な影が映っていたのでCTを撮ったが、肺炎ではないらしい。
ひょっとすると腫瘍のようなものかもしれないが、ガンだと白血球が下がるらしいのでそうでもないみたい。

白血球は上がっているので、炎症反応はあるらしい。
でもここでは原因が分からないから、抗生物質で熱が下がらないようなら医療センターで検査してもらうしかない。

家族が「出来るだけのことをしてほしい」と言うのであれば・・・
このままでいいと言うなら検査はしないが・・・

認知症で糖尿ならおおむね4年位だという。
もちろん個人差はあるが

認知症で食べられなくなった場合、10人中8人くらいは延命治療は望まないらしい
延命治療をしても半分くらいの人は、反応が無くなった時点で治療の続行を望まなくなるそうだ

母はまだ会話もできるのだが、今日見ると随分弱ってきている

木曜日の11時に義父と私たちとDr.で今後の治療方針を決める。

やっぱり高カロリー輸液か

私は元気なうちにエンディングノートを書いておこうと思います。

ところで、今日はイヴ
1号君にはデジカメ、2号君にはトレーナーを買いましたが
自分用にジムで見かけたエステ用品を買いました。
チビ達のモノより安いです。
ピュアファイブエッセンスマスクPL30枚入りピュアファイブエッセンスマスクPL30枚入り
()
ジャパンギャルズ

商品詳細を見る

Wイオンビュー イオン美顔器 JI-8659Wイオンビュー イオン美顔器 JI-8659
()
JGbeauty(ジェイジービューティ)

商品詳細を見る

おまけが付いてきました
薬用VCエッセンス(N)25ml薬用VCエッセンス(N)25ml
()
ジャパンギャルズ

商品詳細を見る

これの7mlのが2つ

ぽちっとしてね↓

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 シニア日記ブログ 50歳代へ
にほんブログ村 
テーマ:ひとりごとのようなもの
ジャンル:日記
2013年12月20日 (金) | 編集 |
栄養入りの点滴で少し元気が出てきたようです。

1時半ごろ行くと
「お腹が空いた」といって
私が持参した細巻を普通にもぐもぐと食べました。
6個もw(゜o゜)w

シュークリームも4分の1くらい食べられました。
おいしいと言っていました。味覚が戻ってきたのかも。

このまま食欲が復活すれば、胃瘻とか高カロリー輸液とかしなくてもいいのでは??

ただ、明日、明後日パートと「荘厳ミサ」のリハーサルで病院に行けません。
月曜午前には行けるけど。

この調子で食べてくれるといいのですが。

今日のジム
クロール1km、バタフライ25m×10回

ぽちっとしてね↓

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 シニア日記ブログ 50歳代へ
にほんブログ村 
テーマ:ひとりごとのようなもの
ジャンル:日記
2013年12月19日 (木) | 編集 |
義父を連れて、まず老健に11月分の支払いを済ませ、病院に

姉が先に来ていました。

姉は肉うどんを持参していて母に少し食べさせていた。
母は「細巻が食べたい」と意欲を見せたので、明日持って行きます。

お昼御飯用のゼリーに薬を掛けて食べさせたら苦かったらしく、2口3口で「もういい」と言われた。
薬を掛けたのはまずかったか・・・
でもお薬をどうやって飲ませるかも難しい。

姉はDR.に「胃瘻は適さ無いようだから高カロリー輸液を早めに進めようと思う」と言われたそうだ。

胃瘻と高カロリー輸液ではこの先の受け入れ先が変わってくると言うことで、相談員さんの説明を聞きました。

胃瘻だと介護施設でも受け入れてくれるところがあるし、勿論療養型の病院でもいい。
高カロリー輸液は療養型の病院しか受け入れてもらえない。らしい。

この病院に2か月はいられるし、その間に相談員さんが受け入れ先を探してくださるらしい。
決まらない内は出て行けとは言われないらしいので、少し安心。

胃瘻の方が管理が楽なようだが、母は胃癌の手術で胃を半分摘出しており、逆流性食道炎もあるので胃瘻は難しいらしい。

担当医は高カロリー輸液の処置をする線で考えているらしい。

こうなったらもうお任せするしかないので、Dr.の説明を聞いて承諾書を書こうとしたが、あいにくDr.は他の担当施設の往診に出かけてしまい、3人揃うのは来週の木曜日という事になった。

処置を急ぐなら3人揃わなくても承諾書を書くことはやぶさかではない。

ぽちっとしてね↓

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 シニア日記ブログ 50歳代へ
にほんブログ村 
テーマ:頑張れ自分。
ジャンル:日記
2013年12月18日 (水) | 編集 |
限度額認定証を持ってくるように言われたけれど、義父の所に見当たらず、市役所に問い合わせると、対象外で発行されていなかったようです。

受付でそのことを伝え、エレベーターで病室に向かおうとしたら、ちょうど担当医が下りて来られて、長い立ち話になりました。

医「点滴で顔色もよくなり、ゼリーを昼は少し、夜は全部食べられました」
私「あ~良かった、先生にお任せして良かったです」
医「大体分かってきた。嚥下障害で飲み込む力が弱っている」
私「じゃ、胃カメラは」
医「せんでもいいなあ」
私「じゃあ、このままで治りますか」
医「元通りには治らん。点滴をしても生きていく栄養には足らん」
私「というと・・・」
医「今の点滴だけだと、2か月くらいしか持たん。血管が弱ったら点滴も入らなくなるし」
私「じゃあ、どうすれば・・・」
医「一番楽なのは胃瘻やな」
私「胃瘻はちょっと・・」
医「胃瘻がイヤなら高カロリー輸液やけど、それやと24時間点滴やぞ」
私「胃瘻はしない方がいいと友達に聞いて、私も自分だったらしてほしくないです」
医「せんかったら、死んでしまうんやぞ。治療をしないのなら、家に連れて帰ってもらわんなんし」
私「しなかったら2か月なんですね」
医「そうや」
私「母は、まだ十分会話もできるし、このまま死を待つのは・・・」
医「胃瘻なら1日3回栄養を入れればいいから、患者は楽やぞ」
医「だけど、胃がんの手術をしてるんなら胃瘻はできんかもしれんな」
医「逆流性食道炎もあるから難しいかな」

そこへ相談員さん登場
相「ここには2か月しかいられないのですが、胃瘻か高カロリー輸液かによって次の行先が変わってきます」

まだまだ、長い話が続くのですが、延命治療をしなければあと2か月くらいと聞いて、ず~~~~ん(-_-;)と、気持ちが落ち込みました。

自分だったら延命治療はしてほしくないけれど、母にはまだ死んでもらいたくない。
どうすればいいんだ。
こんな急に言われても、私が母の命の長さを決断することは出来ない。

みんなそうらしい。
本当は食べられなくなった時点で死を待つしかないのだ。

でも今は延命治療を受けることができる。
回復の見込みのない延命治療である。

メンタル弱いので、落ち込みます。

何もしないで死を待つ選択肢は選べません。
胃瘻か輸液かの選択になると思います。


今日のジム
クロール1km、バタフライ25×4回
何も考えずにぼーっと泳いでいるのは癒されます。

ぽちっとしてね↓

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 シニア日記ブログ 50歳代へ
にほんブログ村 
テーマ:ひとりごとのようなもの
ジャンル:日記
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。