人生の折り返し地点は過ぎましたが、明るく前向きに生きていきます♪
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012年12月30日 (日) | 編集 |
今年も大詰め

と言いつつ、あまり緊迫感がないんですよね。

おせちも作らないし。


と、暢気に構えていましたが、ブログがクリスマスバージョンだったことに気づきあわててリニューアル

3カラムの中から適当なものを選び設定したら、字が小さくて(-_-;)

以前、miyaさんに教えていただいた方法でちょっと大きくしました。

色は・・・まあいいか。

リニューアルついでに、先日から凝っているブログパーツ

英単語のお勉強クイズと本棚を追加しました。

実は読書メーターで読書管理をしているのですが、それのブログパーツは見当たらないので、ソーシャルライブラリーのブログパーツを貼りました。

並んでいるのは割と最近読んだ中で評価の高いものを選びました。本をクリックすると感想が表示されます。amazonのお値段も(笑)

ブログで遊んでいるとボケ防止にはなると思いますが、時間があっという間に経ってしまいます。

来年こそは家のリフォームと快適な生活をと夢見ています。


ぽちっとしてね↓
にほんブログ村 シニア日記ブログ 50歳代へ
にほんブログ村
にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
テーマ:ひとりごとのようなもの
ジャンル:日記
2012年12月29日 (土) | 編集 |
娘宅へ孫守り&家政婦に行ってきました。

2月4日2人目出産予定でお腹はずいぶん大きくなっています。

5歳の孫が幼稚園冬休みとなり、お相手に疲れる模様

この子がとても活発で元気なのだけど、すぐ風邪をひき発熱しマイコプラズマだのロタだのノロだのいろいろ感染してくるそうで、出産後の2月3月は幼稚園を休ませるらしい。

面倒を見るわたしとしては幼稚園に行ってくれた方が楽なのですが、娘はこの子は絶対感染してくるから休ませる。と主張する。まあいいけど。

ウチの娘も息子もたいした病気もせず、学校も休まず、共働きの親は助かりました。

娘は保育士資格を持っていて働き続けるつもりだったけれど、子どもが病弱?で今は専業主婦です。

娘婿は高給取りではなくて専業主婦していられる身分ではないのですが、二人目どうでしょうか。

丈夫な女の子を希望していましたが、二人目も男の子らしい。

丈夫な男の子だったらいいのですが・・・

2月、私は多分泊まり込みで面倒を見ることになりそうです。

2つのパートは休むか、娘婿の休みに合わせてということになりますか・・・・


ぽちっとしてね↓
にほんブログ村 シニア日記ブログ 50歳代へ
にほんブログ村
にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村
テーマ:ひとりごとのようなもの
ジャンル:日記
2012年12月28日 (金) | 編集 |
師走も大詰め、残すは3日

明日は娘のSOSで子育て支援

年賀状は喪中ハガキで終わったし

喪中だからしめ飾りや鏡餅はしません。

おせち料理もいつもは全部作るけど、今年は息子の好きな数の子くらいであとはお煮しめを作るか、食べたいものを買ってくるかくらいです。

お餅は近所の人に南天を分けてあげたら貰ったのがあるし、

問題は大掃除ですが・・・・(-_-;)


何と言ってもこれが問題です。

冷蔵庫と流し台周りはしました。

「キレイなキッチン!」のコツ―そうじの超カリスマが書いた「キレイなキッチン!」のコツ―そうじの超カリスマが書いた
(2010/04)
沖 幸子

商品詳細を見る


沖さんみたいにこまめに綺麗に暮らしたいものです。

来年こそはがんばります。


ぽちっとしてね↓
にほんブログ村 シニア日記ブログ 50歳代へ
にほんブログ村
にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村
テーマ:ひとりごとのようなもの
ジャンル:日記
2012年12月27日 (木) | 編集 |
木曜日は義父を連れて母の見舞いに行く日。

一昨日行ったときに
「今度、ジャムパン持ってきて」と頼まれたけれど忘れていました。

本人も忘れていると思いきや、ちゃんと覚えていて
「ジャムパンは?」

「下の売店で買ってくる」
と、買いに行きましたがあいにく売切れ。

アンドーナツを買って、母には多すぎるので3人で分けて食べました。

が、食べ終わるとすぐ「ジャムパンは?」

「ジャムパン、売り切れだったからアンドーナツ買ってきて食べたがいね(食べたじゃないの)」
「あら、そうだったっけ」

今、食べたばかりなのに忘れてる。
ジャムパン食べたい・・・は、覚えているのに。

見た目は元気そうだけど、物忘れは酷くなっています。心配です。


後から姉も合流し、母にキティちゃんのハンドタオルとごま団子(私たちももらいました)をあげました。

母はキティちゃんのハンドタオルを大層気に入った様子でした。


帰りに義父が「どこか食べに行くまいか(食べに行こう)」と誘ってくれたので、前にも行った人気の店に食べに行きました。

忙しかったから久しぶり、1か月ぶりです。

またも「おすすめ定食」を食べておいしかった。

義父もお酒を飲んでご機嫌でした。

ごちそうさまです。

お正月に向けて大掃除をしなくちゃだけど、本当に物が多すぎて大変。

この先、絶対に使わないものたくさんあると思うのですが・・・

捨てるのは買うよりうんとエネルギーがいります。


ぽちっとしてね↓
にほんブログ村 シニア日記ブログ 50歳代へ
にほんブログ村
にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村

2012年12月25日 (火) | 編集 |
ミサに明け暮れた翌日は図書館パート、今日は同窓会事務局、そして陶芸教室大掃除

以前、記事に載せたオカリナが焼きあがっていました。

↓クリックしてね。
オカリナ形作り
施釉

004 (500x375)

桜桃と瑠璃を吹き付けたのですが、ちょっと予想と違う色合いになってしまいました。
なんだかお魚っぽい?

でも初めてにしては上出来です。(師匠、ありがとうございます)

チューナーで調べると大体C管の音程になっていてドから高いミくらいまで出ます。

形作りや指穴の位置はまだまだ工夫の余地がありますね。

落下防止の紐を通す穴も付けておいた方がいいみたい。

で、早速先日の研修旅行で聞いた「ハトと少年」(ラピュタの初めの方に出てくる曲)を吹いてみました。
指使いはテキトーですがまずまず吹けました。(^^)v

師匠の手ほどきなしでも作れるように頑張ります。<(`^´)>

ぽちっとしてね↓
にほんブログ村 シニア日記ブログ 50歳代へ
にほんブログ村
にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村
テーマ:工芸
ジャンル:学問・文化・芸術
2012年12月24日 (月) | 編集 |
第50回年末公演

Ⅰ2つのヴァイオリンのための協奏曲   バッハ
  演奏  韓国中央大学校音楽大学管弦楽団


Ⅱ荘厳ミサ曲  ベートーヴェン
  指揮  大村 松雄
  独唱 Sop 石川 公美    M.Sop 牧野真由美
      Ten 倉石  真    B.Br 清水 宏樹
  合唱 石川県合唱協会・県民合唱団
  演奏  石川フィルハーモニー交響楽団
      韓国中央大学校音楽大学管弦楽団
  パイプオルガン  黒瀬 恵

石川県立音楽堂
011 (375x500)
 
ミサ曲はパイプオルガンを使うので音楽堂での公演です。

ゲネプロ開始前
007 (500x375)
008 (500x375)
006 (500x375)

初めての合同練習では随分不安を感じましたが、前日リハーサル、ゲネプロと回を重ねるごとに合ってきて、本番は最高の出来でした。

ティンパニのイケメン音大生、さすがです。
文句なしの仕上がりでした。


私は前日リハーサルまで楽譜を持っていたのですが、何だか出来そうだったのでゲネプロで暗譜で歌ってみました。
そしたら、問題なく最後まで歌えたので本番も暗譜で歌いました。

何しろ1時間半の長い曲なので、ちゃんと覚えているか不安でしたが、音楽を聴いていると自然にどこで歌いだすか分かるのです。

しかも、楽譜に書き込んだメモまで汚い字でちゃんと浮かんできて、「あと1行めくらない」なんてどうでもいいメモまでしっかり頭の中に見えました。不思議なものです。

で、暗譜で歌ってみたらば、すご~く楽しかった

楽譜を持っていると楽譜をめくるのに一生懸命で、何だか機械的に歌っていたような気がします。

暗譜だと指揮もしっかり見えるし、オーケストラの演奏も楽しめるし、心を込めて声を響かせることだけに集中できて「歌った」という達成感がありました。

すごく長い曲ですが、アニュス・デイの最後の方に来ると終わってしまうのがもったいなくて名残惜しい気がしました。

もう止めようかと思ったりもしましたがやっぱり来年も続けたくなりました。

最後のセリフは

Dona nobis pacem 我らに平和を与えたまえ

dona与える nobisわれら pacem平和
ラテン語だけど、ドナーとかパーチェン(ピース)とか意味が分かりますよね。

キリスト教徒ではありませんがありがたい気持ちになって平和を祈りました。

017 (980x735)


ぽちっとしてね↓
にほんブログ村 シニア日記ブログ 50歳代へ
にほんブログ村
にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村
テーマ:クラシック
ジャンル:音楽
2012年12月21日 (金) | 編集 |
明後日の年末公演第2弾「荘厳ミサ」には韓国の音大生がオーケストラに参加します。

今日、初めての合同練習で、明日が前日リハーサル、あとは当日のゲネプロ、本番です。

音大生だから上手なのですが、なんだかうまく合っていないような・・・・

これは地元のアマオケがマズイのか、音大生でも練習不足なのか・・・

一つ分かるのは昨年までティンパニを演奏していた石川フィルのとても上手な人(ひそかにファンでした)が会社の転勤でいなくなり、今年演奏している人があまり慣れていないこと。

こうしてみると、ティンパニって凄いですね。

たった一人で演奏するので、良くも悪くも凄く目立ちます。

あと2回の練習でみんなの呼吸がぴたりと合うでしょうか・・・・


いやいや、人の心配よりまず自分。

今度は1時間半くらいの長い歌、重い楽譜を持って立って歌うのは結構体力がいります。

来年こそは是非暗譜でがんばりたいものです。

とにかく、明後日の本番、気持ちよく歌えたらいいな。


ぽちっとしてね↓
にほんブログ村 シニア日記ブログ 50歳代へ
にほんブログ村
にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村
テーマ:クラシック
ジャンル:音楽
2012年12月20日 (木) | 編集 |
木曜日、義父を連れて母の施設にお見舞いに行く日です。

行くと姉も先に来ていて、あとでランチ(^^)vと、楽しみにしていたのですが

相談員さんからお話が・・・

「関連施設のグループホームに空きがあり、そこは個室なので見てきてください」とのこと。


どうやら母は同室の人の声がうるさくて眠れないから個室に移りたいと願い出ていたらしい。

今いる老健は明るくきれいで広々としていてスタッフも親切でとてもいいところです。

ただ、ずっと置いてもらうわけにはいかず(そんな人もいますが)特養の順番を付くよう言われていました。


母のお昼ご飯が済んでから4人でグループホームを見に行きました。

そこはこじんまりとした建物で1階に9人、2階に9人入所することができます。

入所者たちが料理や洗濯をなるべく自分たちでできるよう支援がされるそうです。

2階にはネコもいて、入所者達も元気そうでいいかな・・・と思いました。

みんな表情が穏やかだし、母に話しかけてくれたり、デザートのリンゴを一切れくれようとしたり、親切そうです。



見学の後、2階の通路で係りの人と話をしていると、車椅子の母が泣き出しました。

「こんなところはイヤや。寂しいよ。家に帰りたい」
「暗いし、狭いし、人間関係が厳しそうや、ここはイヤや」

ここに一人で置いて行かれると思ったようでした。

新入園児の登園風景のような泣き方です。

認知症はだんだんひどくなっているようです。

骨折する前の体力があればデイケアとヘルパーさんで何とか家で過ごせたのですが、今の状態だと家は無理です。


「一人部屋がいいと言うから見に来ただけやから、イヤなら別にいいよ」

老健に帰るとほっとして、

「やっぱりここがいいわ」

と、言っていました。

それでも夜になったらまた同室の人の苦情を言うんだろうな・・・(-_-;)


今いる老健は4人部屋だけれど
近くて、設備や環境も良くて、スタッフの対応も良く、クラブ活動もあり、お値段もリーズナブル。

グループホームは個室だけれど
遠くて、狭くて暗くて、お値段も高い。

やっぱり今のところにお願いするしかないですね。

そして、特養の順番をついて・・・なかなか回ってこないといいな。


ぽちっとしてね↓
にほんブログ村 シニア日記ブログ 50歳代へ
にほんブログ村
にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村
テーマ:ひとりごとのようなもの
ジャンル:日記
2012年12月19日 (水) | 編集 |
断捨離のCDを聴いています。
「今に生きよ」
「結局は自分」
「与えよ」

今に使うかもじゃなくて、今の自分に必要か考える

「自分から与える」

「出したら入ってくる」

必ず「出す」が先

自分に必要のないものを捨てることが幸せに結びつく

「抱え込もう」とする思いを断ち切る

いわゆる執着が根深い

要らないものを捨てていく

何故「手離すことが幸福につながるのか」

より良い関係を構築するには「信用」の構築

物をため込むのは「人に信用されていない」と思っていること

「信用・信頼」こそが資産である


宿題は
愛語施・・・挨拶を自分からしよう
挨拶は相手を承認すること
特に「ありがとう」「ごめんなさい」を自分から言う

店員さんに対しても自分から挨拶する


断捨離、がんばりたいけれど、寒いんですよね・・・・

ぽちっとしてね↓
にほんブログ村 シニア日記ブログ 50歳代へ
にほんブログ村
にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村
テーマ:ひとりごとのようなもの
ジャンル:日記
2012年12月18日 (火) | 編集 |
旦那が東京に出かけました。

3日間一人暮らしです♪

とりあえず、晩御飯に香箱ガニを食べ、熱燗1合飲みました。

旦那がいると3食作らなくてはならないのですが、ちょっと手抜きもOKです♪

でも、何かと心配の種の旦那なので無事に帰ってくるまで心配です。

ぽちっとしてね↓
にほんブログ村 シニア日記ブログ 50歳代へ
にほんブログ村
にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村
テーマ:hep+’s diary
ジャンル:日記
2012年12月17日 (月) | 編集 |
ごたごたしていましたが、あっという間に本番の日を迎えました。

第50回年末公演、私は4回目です。

Ⅰ千鳥の曲 吉沢検校作曲 西 幹夫編曲
      指揮 大村 松雄
      合唱 石川県合唱協会・県民合唱団、名古屋市中川区合唱団、輪島市合唱団
      筝曲 金沢邦楽アンサンブル
      演奏 石川フィルハーモニー交響楽団

Ⅱ交響曲 第九番 L.V.Beethoven
指揮 花本 康二
      独唱 Sop 石川 公美    M.Sop 鳥木 弥生
Ten 倉石  真    B.Br 清水 宏樹
      合唱 石川県合唱協会・県民合唱団、名古屋市中川区合唱団、輪島市合唱団
      演奏 石川フィルハーモニー交響楽団

午後7時からの公演ですが、1時集合でゲネプロ。

第九ゲネプロ

目の前に立っている集音マイクが気になるけれど、動かすわけにもいかず・・・・

「千鳥の曲」はあまり好きではなかったけれど、だんだん好きになってきました。

チェロ独奏と琴のコラボ、バイオリン独奏と琴のコラボなんかは聞きほれてしまいます。

楽団はアマチュアですが毎年演奏しているので上手です。


お待ちかねの「第九」

普段あまりなじみのない第1~第3楽章まで後ろの雛段に座って待つのですが何しろ狭くて固いひな壇、お尻が痛くなります。

本番では姿勢よく動かず、「感情」の右手を「理性」の左手で抑えて待ちます。

オーケストラの演奏を間近で見るのもいいものです。

指揮者もアマチュアですがとても上手です。会社員で本当は台湾出張中なんだけどこの土日だけ帰国して年末公演に参加しすぐまた台湾に帰るのだとか・・・お疲れ様です。
是非、交通費出してあげてください。


やっと第4楽章になり、聞きなれたメロディが始まります。

しばらく楽しんだ後、バス・バリトンのソリストと一緒に合唱団も立ちます。

バス・バリトンソロの清水さん、本当は朗々とした素晴らしい声なのですが、去年は風邪で酷かった。
今年も風邪気味なのか、高音域は声量3割引き?でしたがまずまず無事に歌えて良かった。

初めて聞いた歌声が素晴らしかっただけに、期待値も高いです。プロなんだから本番に向けて体調管理をしっかりやってもらいたいものです。

ソプラノの石川公美さん、大好きです。いつも指導に来てくださいます。狭い練習場でソロパートの素晴らしい歌声を聴くととてもありがたい気分になります。

メゾの鳥木さん、テナーの倉石さん、年に一度これで4年目(私は)ですが、安定した素晴らしい歌声です。

合唱やオケはアマチュアだけど、プロのソリストの歌声を聴くだけでも聞きに来る価値はあります。

そしてアマチュアは下手でも気持ちは熱いんです。

第九の合唱部分は短い(15分くらい?)から暗譜です。
輪島の合唱団が楽譜を持っていたので来年は是非暗譜でお願いしたいと思いました。

練習の時、ピアノ伴奏(音大卒の素晴らしく上手なピアニストの方々です)で歌うのも好きですが、やはり広い会場でオーケストラで歌うのはとても晴れ晴れと気持ちがいいものです。

子音を立てるとかRの巻き舌とかいろんな注意を思い出して、指揮に合わせて心ひとつに思い切り歌いました。
お義母さん、届いたかな。

チケットを差し上げた皆さん来てくださっていたようで、「とても良かった」と褒めていただきました。


打ち上げパーティーで名古屋や輪島の人達と交流し、楽しいひと時を過ごしました。

来年3月には私たちが名古屋に行って「第九」を一緒に歌うことになっています。(何故に3月?)

4人のソリスト

檀上はソリストの4人。

右側の赤い上着の女性は名古屋にいらっしゃる加賀藩前田利家公子孫の前田〇子(忘れました)さん。

私は出入り口付近のテーブルにいたので、退場するバリトンソロの清水さんにちゃっかり握手して貰いました(^^)v

3月、ハプニングなしで無事に名古屋に行けるといいな。


これは今朝の北國新聞、ほとんど選挙の記事でしたが年末公演も出ていました。

第九


本当は写真の両側にまだまだ合唱団員が並んでいます。180人くらいでした。


次の日曜は「荘厳ミサ曲」の公演です。これは県立音楽堂

こちらは1時間半くらいの長い歌なのでたっぷり歌えます。体力がいりますが・・・



ぽちっとしてね↓
にほんブログ村 シニア日記ブログ 50歳代へ
にほんブログ村
にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村
テーマ:クラシック
ジャンル:音楽
2012年12月15日 (土) | 編集 |
なんだか疲れてしまってこんなことしていていいのだろうかと迷いながらも、やっぱり長い間練習してきたのだから出ようと決めました。

本番は明日です。

「千鳥の曲」
「第九交響曲」

リハーサル開始前

開始前

今年は「第九」公演50周年記念で前田利家公ゆかりの名古屋の合唱団から60名参加されます。

輪島の合唱団からも20名くらい参加される模様。

それと私たち石川県合唱協会

演奏が石川フィルハーモニー管弦楽団(アマチュア)

「千鳥の曲」は箏、尺八の先生方も演奏に加わります。

千鳥の曲 開始前

前列が箏(着物)、次にバイオリンやチェロなどの弦楽器が来て、尺八(紋付)の後ろに管楽器、一番後ろが合唱団です。

私は4年目ですが、「千鳥の曲」の間奏の琴とチェロ独奏、琴とバイオリン独奏のコラボが素敵です。


次に「第九」のリハーサル

第九 開始前

こちらはオーケストラだけです。

今日のリハーサルは合唱付きの第4楽章だけでしたが、ゲネプロ、本番は1~4楽章まで通すので後ろ(舞台上)で大人しく長時間待っているのが長いです。

でもオーケストラをこんな間近でしかも後ろから(笑)見る機会もあまりないので楽しんできます。

空気が悪くなると突然咳こんだりすることもあるので、咳止めも飲んでいこうと思います。

今日、私の後ろと隣の人が咳き込んで辛そうでした。


週2回の練習や休みの日の度々あるイベントや年末公演に向けてのチケット負担が結構大変で

もう止めようかな・・・・とも思いましたが、リハーサルで合わせてみると楽しくてやっぱり続けようか…と、思います。


ぽちっとしてね↓
にほんブログ村 シニア日記ブログ 50歳代へ
にほんブログ村
にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村
テーマ:クラシック
ジャンル:音楽
2012年12月14日 (金) | 編集 |
義母のお通夜、葬儀とも無事に終わりました。

ウチは分家だから知らなかったけれど、葬儀の後初七日まで毎日お坊さんが参りに来られます。

その後は七日ごとにお参りがあり、四十九日に親戚も集まって法要をすませお墓に納骨するのだそうです。

義姉(本家の嫁)は7月に夫(本家長男)をすい臓がんで亡くし、

子どもたちはすでに結婚して他県に暮らしています。

義父の葬儀の時は義母も義兄も元気だったし仕事もしていたので、私たちが毎日参りに行くことはなかったのですが

今、本家に残るのは義姉だけになったので私たちも毎日本家に行ってお参りしていました。

今日で初七日、一区切りです。

これからは金曜日ごとのお参りになり四十九日はみんなの集まりやすい日曜日にするようです。

その後納骨になるわけですが、こんな時期なのでもし墓が雪に埋もれているようなら納骨は春まで延期になるかもしれません。

お骨のお守りしている義姉の立場なら、早く納骨したほうがすっきりするでしょうね。



私は、疲れましたがまずまず元気です。

明後日の日曜日予定通り「第九」に出ようと思います。

歌舞音曲は慎むべき(昭和天皇ご崩御の時、言われましたね)でしょうか。



義母は99歳の天寿を全うしてむしろめでたいのだ・・・と思うことにします。


ぽちっとしてね↓
にほんブログ村 シニア日記ブログ 50歳代へ
にほんブログ村
にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村
テーマ:ひとりごとのようなもの
ジャンル:日記
2012年12月08日 (土) | 編集 |
義母(99歳)が亡くなりました。
特に病気もなかったので老衰という事になります。

今年1月頃から、もういつ亡くなってもおかしくないと言われてきました。
春頃には食べ物の飲み込みが悪くなり点滴を受けたこともありましたが、また持ち直して食べられるようになっていました。

7月には長男(65歳)をすい臓がんで亡くしましたが、そのことも知らないままです。
9月の99歳の誕生日が迎えられるとは思えませんでした。

医師の予想を超えて生き延びてきたので先週火曜日に
「あと1週間」と言われた時もそれ以上生きられると思っていました。

義母が亡くなった事、悲しいというのとは違います。
今までたくさんお世話になってありがとうございました。
先に亡くなった義父のもとで安らかに眠ってください。

・・・言葉でいうとそれに近い気持ちですが

私は人間の死亡率は100%
いずれみんな死ぬのだし、死んだら無になる・・・と思います。

死後の世界・・・分かりません。
でも霊魂を否定する根拠もないし、超常現象もあると思います。

よく分かりませんが、義母にはありがとう、お疲れ様でしたと言いたいです。

昨日長いことそばにいたのに「ありがとう」を言えばよかったな。
まだ先のことだと思っていました。(-_-;)



寒波の影響で亡くなる人が多かったのか、火葬場が一杯で一日置いた月曜日がお通夜、火曜日が葬儀になります。


ぽちっとしてね↓
にほんブログ村 シニア日記ブログ 50歳代へ
にほんブログ村
にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村
テーマ:ひとりごとのようなもの
ジャンル:日記
2012年12月07日 (金) | 編集 |
朝、義姉から義母の容態が悪くなったそうだと電話があり、義姉と旦那と私でお見舞いに行きました。

確かに、先日よりさらに痩せたように見えます。

唇も赤みが薄くなったようです。

血圧が下がってきているらしいです。

でも、呼吸も安定していてまだまだ大丈夫・・・という風にも見えます。

午前中ずっと付き添いましたが容態は安定しているように見えます。


午後からは娘宅の孫守り。

37.8度だそうですが、相変わらず元気で月曜日からは幼稚園に通えそうです。


明日、明後日、図書館の仕事が入っています。

特に明日は人手が足りない日なので、連絡がない限り仕事に行こうと思います。

その後、OB会もあるのだけれど大丈夫かな・・・

旦那はお見舞いに行くそうです。

医師が示しためやすの1週間は来週の火曜日。

勿論個人差もあるし、感染症などによる急変の可能性もあります。

今のまま、苦しまずに・・・・と願います。

Xデーまで綱渡りの日が続きます。


ぽちっとしてね↓
にほんブログ村 シニア日記ブログ 50歳代へ
にほんブログ村
にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村
テーマ:ひとりごとのようなもの
ジャンル:日記
2012年12月07日 (金) | 編集 |
爆弾低気圧とやらで、今日は一日大荒れの天気でした。

朝、娘からSOSの電話。

孫が夜中に熱を出して幼稚園を休むから来てほしい。
娘は2月に出産予定で強い薬が飲めません。
孫は風邪をひいても大人しく寝ていないので孫守りをしてほしいのです。

今日は義父を連れて母(83歳)の施設へ行く日なので
娘は午前中医者に連れて行き、昼に娘宅に行く約束をしました。


母は風邪もひかずノロにも感染せず元気でした。

洗濯物と差し入れのお菓子、先日約束した毛糸とかぎ針も持って行きました。
編み方を忘れていなければいいけど・・・

スタッフが4月から撮った写真をたくさんくれました。

お花見から始まって歌う会、ストラックアウト、生け花、誕生会、秋祭り、普段の生活・・・
写真が好きな母はどれも笑顔でいい写真です。

見ていると姉も来ました。
私にもシュークリームと大根寿司をくれました。
義父は以前大根寿司が食べたいと言っていたので大いに喜びました。

で、帰りに義父が「また、どこか食べに行くまいか」と誘ってくれたのですが
私は孫守りに行く約束をしたので辞退しました。m(__)m



スーパーで昼御飯と晩御飯の材料、その他を買い、白山市の娘宅に急ぎました。

途中、急に雹が降ってきてバラバラと大きな音を立ててフロントガラスや屋根を打ちました。
それから小粒の霰になり、雨交じりの霙に変わったりしましたが、道路は次第に白くなり、まだ普通タイヤの車はノロノロ運転になりました。

002 (500x375)

孫はマイコプラズマだそうで、入院はしなくていいそうです。

娘は病院が混んでいて長時間待たされ腰が痛くなったといい、隣りの部屋で休み

孫は元気?でレゴで遊び、帽子を作って遊び・・・・

お膝に乗せていろいろお話した中で

「幼稚園で一番かわいい子は誰」と聞くと

「ええとね、1番がSちゃんで2ばんがKちゃんで3番がAちゃん」と、迷わず答える。

「じゃ、男の子は誰がモテるの」と聞くと

「1番がオレで2番がK君、3番がT君」と、これまたすらすら答える。

5歳児(幼稚園年中)ってこんな感じだったっけ。
孫はマメで私にも手紙や手作りプレゼントをよくくれます。
(忘れていくからと言って私のカバンに勝手に入れています)
この子はうちの息子より早く結婚するかも・・・

病気のはずだけどちっともじっとしていません。
写真を撮ろうとしてもふざけて

あんな顔や
021 (500x375)

こんな顔をして

029 (500x375)

ちっともじっとしていません。病人なのに! これが一番まともか・・・
018 (500x375) (2)

ヤクルトの空容器を並べてボーリングをし、

アニメ「ペンギン」の録画を見せている間に晩御飯の用意をしました。

「マリオカート」をして、孫が1位、私が12位でした(-_-;)
孫は地図を覚えているので、私も「マリオカート」を買って練習するべきか。

娘と孫は晩御飯を食べ(パパは忘年会)帰ろうと思ったが
トランプしたい。と言うので孫の好きな神経衰弱をして

トイレ行ってから帰るよと言うと
トイレの前で私のカバンを持ってきて待っていました。

いつも長々お見送りをしてくれるのだけど
「お見送りはいいからすぐ鍵を掛けてね」といってさよならをしました。


8号線を一路金沢へ急いでいると携帯が・・・・
「おかあさん、コート忘れていったよ」

あらら、孫がバッグを持ってトイレの前で待っていたから部屋に入らずそのまま帰ってしまったのでした。
仕方なく引き返し、コートを着て家路へ


忘れていたけれど合唱練習の時に年末公演のお弁当チケット販売をしなければならない
そのチケットは私が持っているので休むわけにいかない。

遅くなったけれど行きました。


年末公演に出られるかどうかは義母の容態にかかっています。


ぽちっとしてね↓
にほんブログ村 シニア日記ブログ 50歳代へ
にほんブログ村
にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村
テーマ:ひとりごとのようなもの
ジャンル:日記
2012年12月05日 (水) | 編集 |
陶芸教室展覧会最終日、私が受付当番でした。

「鬼の攪乱」の肺炎病み上がりの彼女も当番で、

もう大丈夫だから作品も見たいし絶対行くというので

作品見るだけでいいからゆっくり来てもらいました。


天候も悪く最終日で見に来る人も少なかったので
たまに入ってきた人には懇切丁寧に案内し、署名も書いてもらいました。

私の出したのは
鼓
花器 『鼓』 赤土、白化粧、 釉薬は4号飴、白化粧部分は白萩の吹付


ねこ日和
白土 『ねこ日和』 呉須で描画 釉薬は透明
neko sippoさんのブログで見かけたネコカップの真似


野焼きの壺
テラコッタ 『野焼きの壺』 弁柄で彩色 釉薬は無し

野焼きとは(クリックしてね)→ 3年前の野焼き

以上3点です。
他に上手な人はたくさんいらっしゃるのですが、勝手に載せてもいいかどうか・・・?



ご心配頂いた義母の容態は変わりなく、私は無事当番を務めることが出来ました。


ぽちっとしてね↓
にほんブログ村 シニア日記ブログ 50歳代へ
にほんブログ村
にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村
テーマ:工芸
ジャンル:学問・文化・芸術
2012年12月04日 (火) | 編集 |
義姉とウチの旦那と私で義母の容態について医師と面談してきました。


99歳義母は大学病院の婦長もしていたしっかり者です
共働きの長男夫婦と同居していましたが、大腿骨骨折や認知症などで3年前特養に入りました。
入ったころは車椅子生活だけど、自分で食事もとり、見舞いに行った私(50代)に
「あら、姉ちゃん(私)肥えまさったね(太ったね)。あ~赤ちゃんできまさったんか」
と、時間軸の把握はかなりズレているものの普通にしゃべれたのです。

この3年の間に食事は食べさせてもらうようになり、
固形物が食べられなくなり
ついには寝たきりになってしまったのです。

お見舞いに行って呼びかけても寝ているだけ。
ペースト状の食べ物も飲み込めなくなって点滴になりました。


で、ついにその点滴も入らなくなったというのです。


お医者さんが1時半頃になるというので病室で待ちました。
いつも目をつむって口が開いているのに、今日は本当に久しぶりに目が開いて口を閉じていました。
喋れないけれど、耳元で話しかければ瞬きをして反応がありました。
目は開いているけれど、焦点が合わなくて見えていないのかもしれません。

表情も落ち着いていてどこも痛くなさそう。
呼吸も静かで安定しています。
血圧も少し低いけれど大丈夫とのこと。



1時半になって医師が来られました。

昨日から点滴が入らなくなった(溢れてしまう)とのこと。

旦那「鼻からチューブを入れて胃に水分補給はできませんか」
医師「出来ますが、苦しいと思いますよ。それにそうやってもどれだけ持つか」

医師「あとは皮下注射で補給することはできますが・・・」
私「痛いですよね」

義姉「夫も無理な延命は希望しないという考えでした」

旦那「口の中を濡らしたガーゼで拭くのは・・」
看護師「それはしています。口を開けていると乾燥するので」


というわけでこのまま様子を見ることになりました。
「どれくらい持ちますか」

医師は黙って指を1本立てました。

ん?1日?

義姉「1って?」
医師「1週間くらいですね」


生命力は人によって強さが違うからはっきりとは言えない。

実は義兄(長男)が今年7月にすい臓がんで亡くなったのだが、義兄が亡くなる前から義母はもう長くないと言われていた。
まさか義母より先に義兄(65歳)が亡くなるとは思わなかった。


生命力の強い義母だが、水分補給なしで1週間も生きられるのか。

義母の顔が穏やかで辛くなさそうなのが救いである。
このまま亡くなったとしても本人も寝ているか死んでいるか気づかないのではないかと思う。


ぽちっとしてね↓
にほんブログ村 シニア日記ブログ 50歳代へ
にほんブログ村
にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村
テーマ:ひとりごとのようなもの
ジャンル:日記
2012年12月03日 (月) | 編集 |
さっき、合唱練習が始まる少し前、義姉から電話がかかってきた。

特養に入っている99歳の義母、二か月ほど前から食べ物が飲み込めなくなって、点滴を受けていましたが、点滴も入らなくなってきたとのことで、明日1時に担当医と面談があるので来てほしいとのこと。

先週お見舞いに行ったときは寝たきりで話しかけても目は開かないものの、顔色もよく呼吸も安定していたのでまだまだ大丈夫だろうと思っていた。

明日は同窓会事務局の仕事の日ですが、早退して面談に参加します。

ぽちっとしてね↓
にほんブログ村 シニア日記ブログ 50歳代へ
にほんブログ村
にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村
テーマ:ひとりごとのようなもの
ジャンル:日記
2012年12月02日 (日) | 編集 |
あっという間に12月になってしまいました。もうすぐベートーヴェン年末公演です。

「第九交響曲・千鳥の曲」12月16日(日)18:30開演 金沢歌劇座

「荘厳ミサ曲」   12月23日(日・祝)18:30開演 石川県立音楽堂


たくさんあるチケットがまだ残っています。
もちろん、タダで差し上げるのですが、クラシックは誰もが喜ぶわけではないし・・・
せっかく、この間から人に会うことが多かったのについおしゃべりに夢中になって忘れていました(-_-;)


それはともかく、今日はオーケストラと合同練習1回目

「第九」1時間半、「ミサ」1時間半
ほとんど立ったまま練習でした。

いつもはピアノ伴奏で合唱だけなので声が響きますが

オーケストラと一緒だと、ラッパの音が大きい、大き過ぎ

本番会場へ行けば、合唱は階段状の台に上がるし、声も通るんですけど・・・

3時間立って歌い続けるだけでかなりの体力がいります。

やはりあと10kgは痩せないと足も疲れます。

「第九」は暗譜、「ミサ」は大体覚えていますが、楽譜を持ちます。これが重い。

体を鍛えなくちゃ。

合同練習
これはまだ始まる前。


ぽちっとしてね↓
にほんブログ村 シニア日記ブログ 50歳代へ
にほんブログ村
にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村
テーマ:合唱団
ジャンル:音楽
2012年12月01日 (土) | 編集 |
10月10日からブログを始めました。

始めるにあたって
限りある人生を心豊かで楽しいものにするためにとエラソーに書いておりますが、

自分はブログに何を求めているのかちょっと考えてみます。


以前(2005~)他ブログでC型肝炎闘病ブログを書いていました。

これは身近に同病の人がいなかったのでネットで調べているうちにC型肝炎お仲間アンテナを見つけ、自分でも闘病ブログを書いてお仲間に入れてもらおうと考えたのです。

このブログは大変有益で分からないことや心配なことは先輩方が親切に教えてくれるし、長くて副作用も酷くて辛い治療を励ましあって乗り越えてきました。

その時、全国にブログ友達が出来てすごく嬉しかったのです。

でも、この治療は長くて辛い割に50%の治癒率とあまり高くなくて
いえ、ペグインターフェロン+レベトールが使われるまではC型肝炎は殆ど不治の病だったのです。

私もその数年前に普通のインターフェロン治療を受けました(週3回半年の注射)が、治療終了後再燃しました。

で、2005年から1年間のペグレベ(ペグIFN注射集1回+レベトール1日3錠)を受け、ウィルス除去がはかばかしくなかったので、その後半年IFNのペガシス(週1回注射)延長となりました。

治療を始めてすぐ、副作用で不眠症になり、髪も半分くらいに減って、体重も15kg減って、精神状態もおかしくなって・・・辛い治療でした。

しかし運よく肝炎ウィルスを退治することができ、その後半年再燃もしなかったので著効(治癒)という事になりました。
(と言いつつ、今でも血液検査やエコーの定期検診は受けています。特定疾患管理料などという高い点数も取られています。治ったんじゃないんかい!)


髪も戻ったし、体重も戻っておつりが来ました。
でも鬱症状は治らず、31年続けてきた仕事を辞めざるを得ませんでした。

半年間休職して治ったかに見えたのに、復職したらウツが再発しました。
これには驚きましたね。

IFNの副作用のウツだから、IFNが終わったら治ると思ったのにダメでした。

多分これはIFNの副作用+50代前半の更年期障害+仕事が酷い・・・の相乗効果だったのでしょう。

で、収入が無くなるのは勿体なかったけれど、ついウッカリ自殺なんかしてしまったら大変なので仕事を辞めて、スポーツクラブやいろんなことをボチボチ始めていたところに母の骨折や癌・・・介護が始まりました。


以前の闘病ブログにはその後も記事を載せていたのですが、やはりそこは闘病ブログ、C肝が治った私には敷居が高くなってしまいました。

でもパソコンが好きだからボケ防止にyahoo知恵袋やら読書メーター(これは今も続けています)やらにはまっていたのですが、姪が子育てブログを始めたのを見てやっぱりもう一度ブログを始めてみようと思ったんです。


長くなりましたが、ブログの目的でした(-_-;)

1.ボケ防止
2.日々の記録・記憶の記録
3.書くことで考える
4.お仲間アンテナみたいに人と交流したい
(コメント下さいm(__)m)

あれ?こんだけ?抜けている気がします。・・・また思いついたら付け足します。


ぽちっとしてね↓
にほんブログ村 シニア日記ブログ 50歳代へ
にほんブログ村
にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村
テーマ:ひとりごとのようなもの
ジャンル:日記
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。