人生の折り返し地点は過ぎましたが、明るく前向きに生きていきます♪
2015年03月31日 (火) | 編集 |
3月22日(日)
本当は原田マハの講演会がある日だったが、息子が帰ってきたので
乗鞍高原湯けむり館へ ←クリックしてね

2015-03-22 乗鞍高原湯けむり館 002 (640x480)

2015-03-22 乗鞍高原湯けむり館 004 (640x480)
え~っと、この川は?

2015-03-22 乗鞍高原湯けむり館 006 (640x480)
そしてあの山は?乗鞍でしょうか?

2015-03-22 乗鞍高原湯けむり館 007 (640x480)
いい景色でした。

2015-03-22 乗鞍高原湯けむり館 008 (640x480)
白樺が生えていると高原と言う感じがしますね。

2015-03-22 乗鞍高原湯けむり館 009 (640x480)

2015-03-22 乗鞍高原湯けむり館 010 (640x480)
湯けむり館到着

2015-03-22 乗鞍高原湯けむり館 012 (640x480)
2015-03-22 乗鞍高原湯けむり館 017 (640x480)
建物前の白樺にヤドリギがたくさん寄生していました。

2015-03-22 乗鞍高原湯けむり館 013 (640x480)
乗鞍高原湯けむり館 日帰り温泉施設です。

泉質 単純硫黄温泉(硫化水素型)
適応症 ●きりきず ●やけど ●慢性皮膚病 ●慢性婦人病 ●糖尿病 ●高血圧症 ●動脈硬化症
療養泉一般の適応症
・神経痛・筋肉痛・関節痛・五十肩・運動麻痺・関節のこわばり・うちみ・くじき・慢性消化器病・痔病・冷え性・病後回復期・疲労回復・健康増進

おとな 720円
時間 午前9時半~午後9時

白骨温泉みたいな硫黄の白い湯で効き目がありそう
露天風呂もあって気持ちイイです。

2015-03-22 乗鞍高原湯けむり館 014 (640x480)
そば粉を使用したおやき(各200円)

2015-03-22 乗鞍高原湯けむり館 015 (640x480)
野沢菜とくるみ味噌のを買いました。

2015-03-22 乗鞍高原湯けむり館 016 (640x480)
左がくるみ味噌、右が野沢菜
くるみ味噌が意外に美味しかった。

せっかく来たんだから滝でも見て来ようと思ったのですが
2015-03-22 乗鞍高原湯けむり館 018 (640x480)

熊が出ます。滝を見に行くのは自己責任で。
2015-03-22 乗鞍高原湯けむり館 019 (640x480)

冬季閉鎖中でした。残念
2015-03-22 乗鞍高原湯けむり館 020 (640x480)

せっかく信州まで来たのだから蕎麦でも食べて行こう
2015-03-22 乗鞍高原湯けむり館 021 (640x480)

2015-03-22 乗鞍高原湯けむり館 022 (640x480)

2015-03-22 乗鞍高原湯けむり館 023 (640x480)
これは「とろろ蕎麦」 おいしかったです(^^)v

2015-03-22 乗鞍高原湯けむり館 024 (640x480)

で、また3時間かけて帰ってきました。
雨が降りそうな予報だったのに降らなくてラッキーでした。

ぽちっとしてね↓
にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村

日記・雑談(60歳代) ブログランキングへ
スポンサーサイト

2015年03月30日 (月) | 編集 |
3月21日
正月以来、久しぶりに息子が帰ってきて、日帰り温泉へ

富山県の天然温泉海王へ ←クリックしてね

加水加温なしの本物の源泉100%だそうです。

2015-03-21 海王 001 (640x480)

2015-03-21 海王 002 (480x640)

泉質は日本屈指の高張性ナトリウム塩化物『強塩泉』
海王の湯は家庭用に市販されている炭酸入浴剤の約10倍の溶存ガスを含んでいるそうです。

2015-03-21 海王 003 (640x480)

温泉成分が大変濃いので、通常は3~5分の入浴で充分あたたまります。
5分以上入浴される場合は半身浴がおすすめ

神経痛・五十肩・慢性婦人病・虚弱児童・冷え性・打ち身くじき・切り傷・疲労回復などに効果あり

ゆらんグループ総合ランキング2年連続北陸1位、全国11位

結構人気のある温泉です。

3~5分ということで、ちゃんと時計も設置されている露天風呂
泥水みたいな濁ったお湯で段差が分かりづらいので要注意

「段差に注意」の札が手すりにかかっていますが見えないのでそろそろと・・・
汚そうな色ですが、お湯は毎日入れ替えているそうで、毎日色が違うそうです。

うん、なんだか効きそうなお湯でした。

洗い場もたくさんあって満足です。

ところで、富山県って信号が縦型なんですね。
2015-03-21 海王 004 (640x480)

息子曰く「雪国だから当然」とのこと。
金沢も雪国だけど、基本横型ですね。
ちょっと新鮮でした。

ぽちっとしてね↓
にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村

日記・雑談(60歳代) ブログランキングへ

2015年03月29日 (日) | 編集 |
職場の非常勤パート仲間の送別会
卒業する学生さんが二人と旦那の転勤で退職する人一人

プレーゴの中にある『ぶどうの木』でランチをしました。
参加者14人。

日頃、お昼休みなんかに結構喋っているんですけど、
あらためて会を設定するとやっぱりいいですね。

よく似た年代の人も多いので話が盛り上がりました。
楽しかった。

急な転勤で辞められる方はとても残念なのですが、また、金沢に帰ってきたら是非戻って来てもらいたいです。
新幹線通勤が認められればいいのに・・・と残念そうでした。

話に夢中で、せっかくのフレンチが・・・
写真を撮ろうと思っていたのに、サラダのあと、最後のデザートまで撮るのをすっかり忘れていました。

その2枚だけでもアップしようとしたのに、携帯で撮った写真なので、なぜか縦長になってしまい残念な結果に・・・。
や~めた。

ぽちっとしてね↓
にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村

日記・雑談(60歳代) ブログランキングへ

2015年03月27日 (金) | 編集 |
何しろ当選してタダだから行ってきたという旅行で
大須って?

知らずに行ってきましたが、今調べました。
名古屋市中区 大須商店街←クリックしてね

名古屋市だったんだ・・・
名古屋と言えば、日本特殊陶業市民会館大ホール「フォレストホール」で名古屋の人達と一緒に第九を歌ってきた・・・あれがもう2年前になるのですね。

それはさておき、大須と言えば、大須観音が有名で
アーケード通りに様々な国のファッション・グルメに触れることが出来るごった煮の街だそうです。

大須観音
2015-03-18 犬山城・大須 022 (640x480)
2015-03-18 犬山城・大須 023 (640x480)
2015-03-18 犬山城・大須 030 (640x480)
これは神社じゃなくてお寺ですよね。

もう一つ、女性の病気に効くというお寺?
鳥瑟沙摩明王 お線香の煙を体に塗ってきました。
2015-03-18 犬山城・大須 028 (640x480)
2015-03-18 犬山城・大須 029 (640x480)

で、肝心の大須アーケード街の写真が一つもないのですが

触ると一生着るものに不自由しないという箪笥のばあば
2015-03-18 犬山城・大須 025 (640x480)
2015-03-18 犬山城・大須 024 (640x480)

しっかり撫でまわしてきました(^^)v

そして名物信号機
2015-03-18 犬山城・大須 027 (640x480)
2015-03-18 犬山城・大須 026 (640x480)
交差点のど真ん中にこれが一つだけあって、4方向からの車両・歩行者すべてを取り仕切っています。
エコなのか?

時間があまりなかったので見どころを見るだけで精一杯、アーケードのショッピングはできませんでした。
残念。
食べ歩きは何か食べたんですがね。
写真がないともうすっかり忘れてしまいました (^^;

当選旅行はこれにて終了。
座席で隣になったYさんとは仲良くしていただき、家の建て替えの話や独身の次男さんの話、いろいろ勉強になりました。

ぽちっとしてね↓
にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村

日記・雑談(60歳代) ブログランキングへ

2015年03月26日 (木) | 編集 |
ノルマの宝石店見学を終え
国宝犬山城←クリックしてね

国宝犬山城は、室町時代の天文6年(1537)に建てられ、天守は現存する日本最古の様式だそうです。
三層四階、地下二階

お城に行くには二通りの道がありまして
一つは三光稲荷神社通称倍返し神社を通る道。
こちらが近道です。
2015-03-18 犬山城・大須 002 (640x480)

もう一つは針鋼神社コース
2015-03-18 犬山城・大須 003 (640x480)

入り口で550円也を払って入城!
2015-03-18 犬山城・大須 004 (640x480)

こちらが国宝犬山城天守閣です。
2015-03-18 犬山城・大須 007 (640x480)

いつも思うんですけどね。
お城の急な階段。
現代人より多分足が短かった昔の人は上り下り、大変じゃなかったのかしら。
お姫様も着物を着て、こんな階段を上り下りしたのかしら。
2015-03-18 犬山城・大須 008 (640x480)

江戸時代に入り、元和3年(1617年)尾張徳川家の重臣成瀬正成(なるせまさなり)が拝領。このとき改良が加えられ、現在の天守の姿ができたそうです。
2015-03-18 犬山城・大須 012 (640x480)

4階からの眺め。眼下に木曽川が見えます。
2015-03-18 犬山城・大須 009 (640x480)

2015-03-18 犬山城・大須 010 (640x480)

お城を出て、来る時通った赤い鳥居を通り抜け、
2015-03-18 犬山城・大須 014 (640x480)

三光稲荷神社
倍返し神社と言われ、ここで銭を洗うと倍になって返ってくるw(゜o゜)w
2015-03-18 犬山城・大須 016 (640x480)

2015-03-18 犬山城・大須 015 (640x480)

やってみたかったけれど、銭洗い用のザルにお金が掛かるのでパス
2015-03-18 犬山城・大須 017 (640x480)
「倍返しだ!」で有名な東京中央銀行の半沢直樹氏の名刺が貼ってありました( ´艸`)

犬山城下町
2015-03-18 犬山城・大須 018 (640x480)
なんだか空が広く感じて・・・・あ、電柱がない!

昔の家並みが続いていい感じですね。

ところが、火事の跡があって7,8軒燃えたようだ。
長屋仕様で繋がっているから、火事は怖いですね。
住人の無事を祈ります。

団子のような五平餅を食べ
2015-03-18 犬山城・大須 019 (640x480)
城下町の散策終了。

今日はここまで
ぽちっとしてね↓
にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村

日記・雑談(60歳代) ブログランキングへ

2015年03月25日 (水) | 編集 |
旅行話の途中ですが、ちょっと息抜き
なんかね、最近休みがない。
何も予定の入っていない日が無くて、少々疲れ気味です。
今日は、久々の休みだったのに、いきなり仕事の電話で呼び出されたし・・・

ところで、ウチに30年近く経つサクランボの木があるのですが
今、満開です。
サクラは4月上旬ですが、サクランボは3月下旬
今が盛りです。
ちょっと過ぎたかな。

2015-03-23 さくらんぼ花 002 (640x480)

さっき、外に出たら月がきれいでした。
月齢4.7
手持ちのコンデジじゃ手振れできれいに映りませんでしたが

2015-03-25 2015-03-25 001 001 (640x480)

今じゃ二階の窓に届くほど大きくなったサクランボですが
植えたのはついこの間のような気がします。
三十年、あっという間ですね。

この先、どれだけ生きられるか分かりませんが
限りある、手持ちの時間と手持ちのお金
何とか、元気に幸せに過ごしたいものです。

ぽちっとしてね↓
にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村

日記・雑談(60歳代) ブログランキングへ

2015年03月24日 (火) | 編集 |
旅行ブログじゃないのですが、なんだかこの頃旅行づいていて
息子が宿泊券をくれたから、2月末のUSJと京都
陶芸卒業旅行の山陰
1000円カットの店の抽選で当たった日帰り旅行・・・

昨日、この日帰り旅行の記事をながなが書いていたら、PCがフリーズしてせっかく書いた記事が消えてしまいました。
今日は短く!

集合場所の金沢駅
2015-03-18 金沢駅 001 (640x480)

鼓(つづみ)門
2015-03-18 金沢駅 002 (640x480)

もてなしドーム
2015-03-18 金沢駅 003 (640x480)

リニューアルされた駅の中
2015-03-18 金沢駅 004 (640x480)

駅西団体バス乗り場からバスに乗って
行先は名古屋方面

一人旅♪
と、思っていましたが、バスを待っている時喋っていた人と偶然隣の席で
結局、二人で楽しく過ごしましたとさ (^^;

国宝犬山城、大須・・・は、いいとして
その前に、ビーナスという宝石店見学が入っているんですよ。

私は買いませんよ。
母の形見の宝石類たくさん貰いましたし、もともと宝石は付けないし

隣りの席で仲良くなったYさん、66歳女性、武家屋敷付近にお住いのお金持ち(多分?)
とても気さくでよく喋る面白い方。
お友達が数年前、やはりビーナスで遠赤外線磁気ネックレスを13万だか?で買ってきたらしく

「旅行に行ってそんなもの買うなんてバカみたい。私は絶対買わないわよ」
と、見学の時も男の人達がいる後ろの方に座ったのです。

遠赤外線を発生するというスーパー炭素でできた黒い板(触ると冷たい)、ガラス板、木炭
の3種類に氷を乗せる実験

ガラス板と木炭に乗せた氷に変化は無いのに、
スーパー炭素の黒い板に乗せた氷はたちまち融け、動き出した。

「遠赤外線の波動で動いているんです」とのこと。
その融けた水を手に塗るとすっと浸み込む。
ついでに顔にも塗りました。

スーパー炭素でできたネックレス(磁石も4つついている)を付けると
血行が良くなり、肩こりや冷え症、その他いろいろな不具合がが改善するとの事。

実験が終わり、販売の部屋に・・・
すると、絶対買わないと言っていたYさんが真っ先に話を聞きに行くではないか

数年前の13万よりかなりお高くなっていたのですが、値引きしてあのスーパー炭素の板もおまけに付けて15万円。
「私、冷え症だから」
2年前に旦那様が脳梗塞になり、日常生活に支障はないが言語障害が残ったらしい。
健康が何より大切、一生使えるなら15万円は高くない・・と思われたらしく
お買い上げ~~~w(゜o゜)w
あらあら・・・

他にも何人かの方がお買い上げになり、旅行社も損はしないようになっているんでしょうね。

私は買いませんよ。
結構、心が動きましたが、前歯のブリッジにお金が掛かったし
車も買い換えなきゃいけないし
何よりせっかくタダの旅行なんだもの。

自分と友達のお土産用にブレスレットを買いました。

お昼はバイキングでした。
2015-03-18 犬山城・大須 001 (640x480)

特に美味しいわけでもないのについたくさん食べてしまうんですよねぇ・・・
写真の他にもカレー、ソフトクリーム、コーヒーを頂きました。

ということで第一部ここで終了

ぽちっとしてね↓
にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村

日記・雑談(60歳代) ブログランキングへ

2015年03月16日 (月) | 編集 |
3月9日(月)
昨日はいいお天気だったのに、朝から雨。
朝ご飯もバイキング。
2015-03-09 足立美術館 001 (640x480)

そして、いよいよ足立美術館へ ←公式ホームページ クリックしてね

足立美術館と言えば、横山大観、平山郁夫、北大路魯山人など大作家のコレクションもさることながら、あの素晴らしい庭園が有名。

庭園もまた一幅の絵画

窓を額縁に見立て、庭園も絵画の作品として愛でるのだそうです。
よって、庭園は歩けません。

枯山水庭・苔庭・寿立庵の庭・白砂青松庭・池庭・亀鶴の滝・・・があります。
写真はどれがどれやら・・・?

2015-03-09 足立美術館 002 (640x480)

2015-03-09 足立美術館 003 (640x480)

2015-03-09 足立美術館 004 (640x480)

2015-03-09 足立美術館 006 (640x480)

2015-03-09 足立美術館 008 (640x480)

整然と手入れされた美しい庭園です。
一杯1000円のコーヒーを飲みながら眺める場所が一番いいのかも?
でも、そこはパスしちゃったので・・・・

いやでも、全部素晴らしいです。

日本画・・・よく分かりませんが
横山大観の作品がたくさん集められています。

やはり、一度は訪れたいところですね。

秋の紅葉も美しいそうです。


そして、次は出雲大社←公式HP

大國主大神をお祭りしています。
平成の大遷宮がありまして・・・・?
2015-03-09 出雲大社 005 (640x480)

難しくてよく分かりません。詳しくは上記HPを参照してください。

2015-03-09 出雲大社 001 (640x480)

2015-03-09 出雲大社 002 (640x480)

2015-03-09 出雲大社 003 (640x480)

2015-03-09 出雲大社 006 (640x480)

2015-03-09 出雲大社 008 (640x480)


いやぁ、わたしは出雲大社と言えば縁結びの神様
独身の息子に是非良縁を・・・と、そればかり願っておりました。

ちなみに、縁結びに関しては

「出雲大社におまつりされております大国主大神様は「〝縁結び〟の神様」として古くから信仰されていますが、これは単に男女のご縁だけではありません。人々を取り巻くあらゆる繋がりのご縁です。広く人々と幸せのご縁を結んで下さる縁結びの神様です。」
とのこと。

どこでお参りするのか、よく分からなくて、とりあえず、賽銭箱と鈴がある所全部お参りしました。
三か所ありました。

三番目が一番いいのかしら?

出雲大社の正式な参拝作法は2礼4拍手1礼です。
住所・名前・生年月日・年齢もしっかり伝えてきました。

おみくじを引きましたが、吉とか凶とかは書かれていませんでした。
内容は良かったので持ち帰りました。

お守りも購入しました。

願いがかなって、良縁が結ばれたら、お礼参りに来なくちゃ♪
ぜひぜひ、よろしくお願いいたします。

お昼は
2015-03-09 出雲大社 004 (640x480)


その後、バスは新大阪へ
乗車予定のサンダーバードが強風のため、湖西線を通れず、米原回りとなり30分遅れ

新大阪駅で熱々のたこ焼きを3人で4こずつ分けて頂き、おいしかった(^^)v

夕食は但馬牛のお弁当、これもおいしかった。
2015-03-09 但馬牛 001 (640x480)

強風で米原回りとなり、結局1時間以上遅れ、金沢駅到着は夜の11時過ぎとなりました。
次の日は仕事なのにね・・・

でも、楽しかったから、行ってよかったです。

ぽちっとしてね↓
にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村

日記・雑談(60歳代) ブログランキングへ

2015年03月15日 (日) | 編集 |
少し前ですが、陶芸の友達3人で山陰旅行に行きました。
陶芸教室は3月で卒業なので、卒業旅行もかねて。

「足立美術館に行きたい」と言う友がいて、そっち方面に決まりました。
JR+バスのツアー、一泊二日で約3万円。

全員に声を掛けましたが、親の介護や孫の守りで一泊はなかなか難しく、3人だけ。
ランチならほぼ全員参加できるのですが・・・残念です。

私も、去年だったら宿泊は難しかった。
やはり、旅行は行けるときに行っておかなくちゃね。

というわけで、70歳のお姉さま(一番仲良し)と60歳の私、一番若い50代の子と3人でGO!

3月8日
金沢駅からサンダーバードで新大阪へ
金沢駅は新幹線開業を控え、リニューアルした柱にまだ養生が巻いてありました。
金沢出発組17人のうち、何と偶然知り合い夫婦が二組もw(゜o゜)w

何はともあれ、久しぶりの汽車の旅、駅で買ったおにぎりを食べながら楽しみました。
福井駅であらw(゜o゜)w

恐竜が服を着てホームのベンチに座っていました(笑)
2015-03-08 福井駅 002 (640x480)

新大阪からは富山出発組も合流し、2台のバスで鳥取砂丘へ
バス駐車場からリフトで砂丘まで移動するのですが、70歳のお姉さまは
「私、地面に足がつかないのはイヤなの。ここで見ているからあんた達だけで行ってきて」
「手をつないであげるから大丈夫」と言っても
「ダメ、絶対だめ」と、強固

しょうがないから若い子と二人で行くことにしました。
2015-03-08 鳥取砂丘・水木しげるロード 044 (640x480)
怖くないのにねぇ・・・

砂丘


砂丘に着くと
「ラクダに乗ろう!」と若い子
こんな機会はめったにないから乗ることにしました。
ラクダ1

私が乗ったラクダはモモちゃん、17歳。人間だと50代だそうです。
ラクダ2
大人しいいい子で手触りもよかった。

ちょっと時間を食ったけれど、やはり「馬の背」まで行かなくちゃ・・・
いそいで砂のがけを登り・・・・
2015-03-08 鳥取砂丘・水木しげるロード 001 (640x480)

砂のがけを登るの大変でした。
何とか登って・・・

下を見ると、登ってくる人たち
2015-03-08 鳥取砂丘・水木しげるロード 037 (640x480)

向こうは海、こんなに青く見えるのは久しぶりだそうです。
2015-03-08 鳥取砂丘・水木しげるロード 036 (640x480)

続く砂丘
2015-03-08 鳥取砂丘・水木しげるロード 041 (640x480)

写真は撮りたいし、集合時間までにバスに乗らなくちゃだし・・・
下りはずっと駆け足・・・疲れました(-_-;)

展望台で待っていたお姉さまと合流し、バスへ
「馬の背」まで上がったのは少なかったようだ。

次は水木しげるロードへ

途中、車窓から大山がきれいに見えました。
こんなに綺麗に見えるのは珍しいとの事でした。
2015-03-08 鳥取砂丘・水木しげるロード 047 (640x480)

2015-03-08 鳥取砂丘・水木しげるロード 050 (640x480)

水木しげるロード到着、時間が遅くなったので、お店は殆ど閉まっていました。
ネズミ男

2015-03-08 鳥取砂丘・水木しげるロード 053 (640x480)

2015-03-08 鳥取砂丘・水木しげるロード 058 (640x480)

2015-03-08 鳥取砂丘・水木しげるロード 061 (640x480)

JR境港駅から妖怪列車に乗って米子駅へ
2015-03-08 鳥取砂丘・水木しげるロード 063 (640x480)

列車の天井も妖怪
2015-03-08 鳥取砂丘・水木しげるロード 065 (640x480)

座席も妖怪
2015-03-08 鳥取砂丘・水木しげるロード 066 (640x480)

無事、大山ロイヤルホテルに着き、バイキングの夕食
2015-03-08 鳥取砂丘・水木しげるロード 069 (640x480)
疲れました。やっぱり食事はお部屋に運んでもらうのが一番。

ホテルだけれど、3人だったからか、お部屋は和室
温泉に入り、露天風呂や壺湯も楽しんで、ゆっくり休みました。

砂丘で疲れたから、ぐっすり眠れました。

ぽちっとしてね↓
にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村

日記・雑談(60歳代) ブログランキングへ

2015年03月14日 (土) | 編集 |
随分先の話だと思っていましたが、北陸新幹線、本日開業です。←クリックしてね

地元紙である北國新聞の朝刊が、正月並かそれ以上に分厚くて、広告も満載でウチの郵便口が狭かったのか、表面が破れていました。

北陸にとっては百年に一度の重要な日だそうです。

そして金沢駅が世界で最も美しい駅14選 ←クリックしてね
6位にランクインしています♪

金沢から東京まで2時間半、14,120円で行けるらしい。
グランクラス←クリックしてね
飛行機のファーストクラスみたいに豪華で、アテンダントによる、食事や飲み物のサービスが無料で受けられる
金沢~東京 グランクラスだと26,970円だそうです。

たった2時間半で食事や飲み物ってどうよ・・・とも思いますが
一生に一度でいいからその豪華なのに乗ってみたいですね。

出来れば新しいうちに乗ってみたいですね・・・・グランクラス、いいなあ♪

昔は東京出張と言えば、二泊三日でしたが、これからは日帰り中心になるのではないかな。
でも、金沢に旅行で来られるなら、泊まって、ゆっくりして行ってもらいたいですね。

ぽちっとしてね↓
にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村

日記・雑談(60歳代) ブログランキングへ

2015年03月13日 (金) | 編集 |
初診が11月20日だから、約4か月かかりました。

元はと言えば「すこやか検診」
昨年は受けていませんが、60歳だから肺のヘリカルCTだの緑内障検診だの、骨密度測定だのいろいろ節目の検診があるからちゃんと受けないとダメだよと友達に言われ、さっさと捨ててしまった受診票を再発行してもらって全部受けてきたのでした。

歯の検診で「気になることはありませんか」と言われ、つい、12年ほど前に治療してもらった前歯の3本ブリッジがぐらつくようだと言ったところ、

「片方の支えになっている歯の根っこが虫歯になっていてこれはもう抜くしかない」
というわけで、2本抜けたところを支えるために、4本ブリッジかと思いきや、

「それだと弱いので片側2本ずつ、計6本のブリッジになります」
とのこと、しかも治療しているうちに、その隣の歯も虫歯になっているからこれもいっしょにブリッジにしてしまおうという事で、7本のブリッジになりました。

前にも書いたように気に入ったようにするには自費治療になり、1本7万円7本分で49万+税で529,200円(T_T)

ぼったくりか!?
と思いましたが、先日会った友達は前歯のブリッジ1本8万5千円×5本+税で459,000円だったそうな。
とすれば、1本7万円は決して高くない良心的な値段と言えます。

で、昨日やっと入れてもらったのを見ると、さすが高いだけあって本物そっくり、色も綺麗で歯並びも良くなってなかなかいい感じ。
これを最低10年以上、出来るだけ長く持たせたいものです。

やはり、歯は大事。
32本あった歯のうち、親不知4本と奥歯1本、前歯2本を抜いたので残りは25本。
といっても、今回のブリッジや奥歯の銀冠など治療した歯も多いので安心はできません。

80歳までに20本は自分の歯を残したい。
歯磨きをもっと熱心にしなくては!

ぽちっとしてね↓
にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村

日記・雑談(60歳代) ブログランキングへ

2015年03月11日 (水) | 編集 |
金曜日のランチの時、友達に貰った試写会に行ってきました。

風に立つライオン←公式ホームページ クリックしてね

子どもの頃読んだシュバイツァー博士の伝記に感銘を受け、アフリカに赴任した若い医師。

五島列島の島の診療所を継ぐ恋人と別れ・・・

研究所から1か月の派遣要請で現地の赤十字病院へ

そこで見たのは両親を惨殺され、麻薬を打たれて少年兵として戦わされていた子ども達

心を閉ざすウドゥング少年

若い医師航一郎とウドゥング少年や子ども達との心の交流そして・・・


とても感動的な映画でした。
原作となったさだまさしの歌「風に立つライオン」(1987年発表)には実在のモデルがいる。
この作品に惚れ込んだ大沢たかおが映画化を希望し長年かけて作り上げた映画だそうです。

誘って一緒に観に行った友達は、従兄弟がJICAでアフリカのザンビアで体育教師をしていて、2年前に現地へ8日間ほど旅行に行ってきたそうです。
アフリカの映像が懐かしかったとか
その話も今度ゆっくり聞きたいと思いました。

ぽちっとしてね↓
にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村

日記・雑談(60歳代) ブログランキングへ

2015年03月07日 (土) | 編集 |
40代の頃の職場の同僚6人
結構、気が合って、年に3回湯涌温泉お泊り会をしていました。

10年以上続いていたのですが、学校現場も忙しくなり、退職組も親の介護や孫の守りで忙しく、ここ数年温泉の会はできませんでした。

今日は、最年長72歳のお姉さまが企画してくれて、久しぶりに6人全員が集まることが出来ました。
ランチですけど。

現役組はあと二人だけ。
やはり、現場の状況はどんどん厳しくなっているようです。

指導に定評のあった素晴らしい方が、体を壊して昨年、早期退職していたと聞き、残念に思いました。

全国学力テストの弊害、普通学級に在籍している知的障害児や長欠児の扱いや、県平均点を下回る学校への締め付けなど・・・大変ですね。

学力以前の問題も多く、本当に大変そうです。
2年後、定年になる彼女は温泉で慰労会をしてあげたいです。

天麩羅定食
てんぷら (640x360)
ぽちっとしてね↓
にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村

日記・雑談(60歳代) ブログランキングへ

2015年03月06日 (金) | 編集 |
6年間楽しませてもらった陶芸教室も、3月で卒業。
今日が最後の釉薬がけでした。

お残りしたり、家に持ち帰って作ったりと熱心な人も多い中、私とKさんはいつも「お先~」とさっさと終わって毎週あちこちランチに行ったりカラオケに行ったり、楽しく遊んでいたのでした。

というわけで、最後の釉薬掛けといっても素焼きが上がっているのはたったの3つ
わっはっはさんのところで見かけた顔の花瓶
欠けたから作り直したネコ茶碗
大中小の3匹のトトロ

花瓶は全体に瀬戸黒を掛けた後、スポンジで部分的に拭き取って、そこに青萩を吹き付けました。

ネコ茶碗は呉須でネコの顔の絵を描き、廻りも呉須で薄く彩色し、透明釉にじゃぼん。

3匹のトトロ(赤土・白土)は目だけ白化粧に黒絵具で目を入れ、透明釉を吹き付けました。

来週本焼きなので仕上がるのは再来週となります。
楽しみ。

でも、いよいよ終わるとなると後悔しますね。
もっと熱心に、たくさん作って置けばよかった・・・
青いガラスを入れて溶かしたものを作ろうと思っていたのに、作らなかった。
瑠璃釉が縮れて難しいからと使わなかった
・・・あ、オカリナの吹付に少しだけ使いました。

オカリナもたくさん作りたかったのに、一つしか作らなかった。

けど、まあ6年間も楽しませてもらったのだからそれでいいと思います。

5年間楽しんだ合唱団は母の介護と子育て支援が忙しくて昨年末辞め、自分でできるピアノ練習に切り替えたように、陶芸をやめた代わりに何か新しい楽しみを見つけられたらいいな。

というか、家の片づけ?
築40年近い、一度も引っ越したことの無いこの家の片づけをするべきですね(-_-;)

ぽちっとしてね↓
にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村

日記・雑談(60歳代) ブログランキングへ

2015年03月05日 (木) | 編集 |
今日は何も予定が入っていなかったので、溜まっていた雑用を処理

1.互助会の医療補助申請に県庁へ
終わった後はいつも19階の展望ロビーをひと廻りして、喫茶コーナーでソフトクリームを食べます。
クッキーアンドクリーム、おいしかった(^^)v

2.今度陶芸の友達と山陰旅行に行くので、車を止める時計駐車場を事前調査。
信号を一つ間違えましたが、場所は分かりました。

3.易学の本をくれた知人にUSJみやげのクッキーを渡しに。

4.勤務先じゃなくて、近くの予約受け取り図書館へ予約本の受け取りに。

5.前歯のブリッジ自費治療にしたので53万円(T_T) 銀行で引き出し。

あ~、もう一つあったのを忘れました。
年金事務所のアンケート葉書。ま、これは今度でいいか。

何もない日に家の掃除や不用品の処分をしたいのですが、寒いし・・・
つい、炬燵でごろごろ本を読んでしまいます。(-_-;)

やや近視だけど、老眼ではないので読書は大丈夫です。
でもね、聴力が心配。
若い人の小さい声が聴きづらい。
困ったもんです。

ぽちっとしてね↓
にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村

日記・雑談(60歳代) ブログランキングへ

2015年03月04日 (水) | 編集 |
忘却防止のために、予定はすべてカレンダー形式の手帳に記入しています。

仕事の予定、医者の予約、遊びの予定・・・

ところが、明日の予定欄に

14:00~16:00 3270円

これは何だっけ?

時間と金額が書いてあって、場所や要件が書いてない(-_-;)

普通は要件・場所・時間を書きますが・・・(T_T)

なんだっけ、なんだっけ、なんだっけ・・・・?

・・・・!! 思い出しました!!

例の、友達の娘さんが勤めている食品会社の社長が昔の教え子だった話で

何か買ってと言われて、注文して家に届けてもらう時間指定と代引き料金でした。

場所は自宅だから書かないとしても、やはり要件は書いておかなくちゃ。

たった2週間前くらいに書いたメモを忘れるとは(T_T)

実は、これを忘れたのは理由があって、家に届けると代引き手数料がかかるから、友達の家に娘さんが届け、料金は立て替えてもらって陶芸の日に取りに行く・・・と、予定が変わっていたのを直していなかったから。

結局明日のその時間の予定はなしになっていたのですが、
いやはや、ひどい記憶力です。

これからは要件・場所・時間を抜かりなくメモすることにしました。

ぽちっとしてね↓
にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村

日記・雑談(60歳代) ブログランキングへ

2015年03月02日 (月) | 編集 |
2015年2月の読書メーター
読んだ本の数:73冊
読んだページ数:8413ページ
ナイス数:5088ナイス

パンツは ちきゅうを すくう (講談社の翻訳絵本)パンツは ちきゅうを すくう (講談社の翻訳絵本)感想
これを最初に読んでしまったが、クレア・フリードマンとベン・コートのパンツシリーズの最新刊だったらしい。面白かったです。宇宙人の使命はパンツを集める事。地球のパンツを集めに行ったら、地球は巨大な隕石が近づいて大変なことになっていた。地球のパンツを守るために宇宙人が大活躍。
読了日:2月28日 著者:クレア・フリードマン,ベン・コート
サン=テグジュペリと星の王子さま: 空に幸せをもとめてサン=テグジュペリと星の王子さま: 空に幸せをもとめて感想
サン=テグジュペリの生涯を描いた大人向け絵本。貴族の家に生まれたアントワーヌ。空を飛ぶことに憧れ、家族に反対されながらも飛行士になった。飛行士の経験を生かした本も書いている。星の王子様に出てくるバラは妻であるコンスエロという女性のことを表しているらしい。星の王子様が作られた背景など。
読了日:2月28日 著者:ビンバ・ランドマン
ユニバーサル・スタジオ・ジャパンよくばり裏技ガイド ハリポタ速報版ユニバーサル・スタジオ・ジャパンよくばり裏技ガイド ハリポタ速報版感想
行ってきました、USJ。Eパスを買うかどうか迷いましたが、冬場、平日、早朝だったので買いませんでしたが、一番見たかった「ウィザーディング・ワールド・オブ・ハリー・ポッター」も整理券なしで2回乗ってきました。でも、気候が良くて休日ならばEパスを買った方が確実かもしれませんね。
読了日:2月28日 著者:
AERA (アエラ) 2014年 11/10号 [雑誌]AERA (アエラ) 2014年 11/10号 [雑誌]感想
表紙の羽生選手の写真で手に取りました。「新富裕層とブラック化する社会」も興味深い。というか、先行きあまりいい展望ではないですね。日銀が二度の金融緩和を行ったおかげで円安株高が起こっているが、バブルのようなものではないか。このままモノの値段が上がっていくと、貧困層や年金暮らしには辛い世の中になる。それでなくても、低所得層がどんどん増えていっている。
読了日:2月27日 著者:
AERA (アエラ) 2014年 11/24号 [雑誌]AERA (アエラ) 2014年 11/24号 [雑誌]感想
儲かる会社は整理が行き届いている。机の上にはパソコンのディスプレーとキーボードのみ。ティッシュも文房具も資料もすべて共有。すべてのものに定位置が決まっている。紙の資料はスキャンしてデータで持つ。古いデータはどんどん削除。すごいですね。いかにも仕事が出来そうです。『佐藤可士和の超整理術』を読んでみたいと思いました。
読了日:2月27日 著者:
三人暮らし (角川文庫)三人暮らし (角川文庫)感想
いろんな場合の三人暮らしのお話。どれもなかなか楽しそうでしたが、期間限定ならともかくずっとはどうだろうか。近くに友達がいるのは嬉しいけれど一緒に暮らすのは難しいかもしれない。
読了日:2月26日 著者:群ようこ
親の家の片づけ 決定版 (小学館実用シリーズ LADY BIRD)親の家の片づけ 決定版 (小学館実用シリーズ LADY BIRD)感想
まず、各部屋ごとの問題点、困っていることを書きだす。同じものがいくつあるか把握する。ウチの場合はストック食品の数も把握しなくては。押し入れの天袋にあるものは捨ててもいいのでは?
読了日:2月24日 著者:安東英子
(株)貧困大国アメリカ (岩波新書)(株)貧困大国アメリカ (岩波新書)感想
知らずに読みましたが、シリーズ第3巻だったようですね。これだけでもわかったことは大企業は金儲けの為なら手段を択ばないこと。GMという遺伝子組み換え食品をヨーロッパでは禁止にしているのに、日本では規制されていないので知らずに食べている可能性が大きい。なんだかイヤな話が多かった。日本がアメリカの真似をしていていいことがあるのだろうか。
読了日:2月24日 著者:堤未果
紙つなげ!  彼らが本の紙を造っている紙つなげ! 彼らが本の紙を造っている感想
感動のノンフィクション。石巻湾に面して建っている日本製紙石巻工場。日本の出版用紙の4割が日本製紙で作られており、石巻工場はその基幹工場である。2011.3.11の大震災で壊滅的な津波の被害を受けながら半年で奇跡の復活を遂げた感動の記録。震災当日の様子がありありと描かれている。全従業員は向かいの日和山に避難して無事だったが、工場の建屋に入った津波に運ばれた近隣の家屋の二階部分18棟、自動車約500台、を含む瓦礫で埋め尽くされ、41名の遺体も発見された。水も電気も来ない中での復旧作業。復活の様子に涙が出る。
読了日:2月23日 著者:佐々涼子
北陸ぶらり日帰り立ち寄り湯 改訂版北陸ぶらり日帰り立ち寄り湯 改訂版感想
改訂版は2007年。富山・石川・福井県内131か所の日帰り温泉が紹介されている。その内、行った事があるのは45か所。忘れているところもあったかもしれない。近場は全部行ったのだが、遠くの方にはまだまだ行っていない所があるので行きたい。表紙の写真の「ぬく森の郷」はもう10回以上行っていると思う。
読了日:2月22日 著者:新潟日報事業社
セクシーな整理術―片づけられる女になる55のルールセクシーな整理術―片づけられる女になる55のルール感想
片付ける=捨てる(捨てるところから始まる)。いいモノを取っておかないで使う。決断に迷った時、物を捨てると答えが出る。探し物をする前に捨てる。一旦全部出してから捨てる。モノの上に物を置かない。捨てられない人に相談しない。捨てるために会話を増やす。捨てることで生まれ変わる。受信メールは読んだら捨てる。使わない電話番号は捨てる。パソコンのごみ箱を空にする。「僕はジャガーを捨てました」w(゜o゜)w そこまではいかないけれど、きっぱりと潔く生きたいものです。捨てるぞ~~ (*^-^)b
読了日:2月22日 著者:中谷彰宏
3時のアッコちゃん3時のアッコちゃん感想
「3時のアッコちゃん」「メトロのアッコちゃん」「シュシュと猪」「梅田駅アンダーワールド」の4編。4つとも面白かったです。特に「メトロ」と「猪」が好き。疲れ果てた心や体にやはり大切なのはちゃんとした食べ物ですね。アッコさんのスムージーを飲んでみたいです。来週大阪に行くので阪急梅田駅の地下も徘徊してみたい。
読了日:2月21日 著者:柚木麻子
ばあちゃんのなつやすみ (新・創作絵本)ばあちゃんのなつやすみ (新・創作絵本)感想
田舎に住んでいるじいちゃんとばあちゃん。夏休みに都会から孫たちが遊びに来るのを楽しみにしている。ばあちゃんが子どもの頃を思い浮かべて、あんなこともさせてやろう、あそこにもつれて行ってやろうとわくわくしながら待っている。こんな田舎があったらいいな。
読了日:2月21日 著者:梅田俊作,梅田佳子
じてんしゃに のろう (講談社の創作絵本)じてんしゃに のろう (講談社の創作絵本)感想
自転車に乗るための練習の仕方から始まって、自転車に乗る時のいろいろなルールなどを教えてくれる本。親子でじっくり読んだらいいですね。
読了日:2月21日 著者:斉藤洋,田中六大
ぼくのトイレ (わたしのえほん)ぼくのトイレ (わたしのえほん)感想
子どもの想像力を刺激する絵本。こんなトイレだったら・・・?
読了日:2月21日 著者:鈴木のりたけ
おばあちゃん ひとり せんそうごっこおばあちゃん ひとり せんそうごっこ感想
おばあちゃんがひとりで戦争ごっこをする話かと思ったら、「おばあちゃん」「ひとり」「せんそうごっこ」という三編のお話の入った本だった。表紙の絵はどうなのって感じだが・・・。どの話も心にグサッと突き刺さるお話。さすが谷川俊太郎です。
読了日:2月21日 著者:谷川俊太郎
まゆとおに―やまんばのむすめ まゆのおはなし (こどものとも傑作集)まゆとおに―やまんばのむすめ まゆのおはなし (こどものとも傑作集)感想
まゆはやまんばのむすめ。おにはまゆをゆでて食べようとしたが、まゆのバカ力にびっくり。ゆでて食べようとしていたかまで、自分がやけどをして、まゆの母であるやまんばに手当てをしてもらう。このやまんばが意外に優しいおかあさん。力持ちだけれど優しいまゆは鬼と友達になった。
読了日:2月21日 著者:富安陽子
ムツゴロウとゆかいな仲間たち―畑正憲珠玉の写真集 (10)ムツゴロウとゆかいな仲間たち―畑正憲珠玉の写真集 (10)感想
猫の写真集。意外に外国種のネコが多かった。
読了日:2月21日 著者:畑正憲
猿蟹合戦猿蟹合戦感想
青空文庫にて。猿蟹合戦の後日談。この話では猿に青い柿を投げつけられた蟹は死んでおらず、蜂・臼・卵(w(゜o゜)w )が協力して蟹は復讐し、猿を殺した・・・という話の後日談。猿の悪意は証拠不十分で蟹は死刑となり、蟹の家族は崩壊する。なんだかシビアな話だな。
読了日:2月20日 著者:芥川竜之介
猿かに合戦猿かに合戦感想
昆布も仲間と聞いて、青空文庫で読んでみました。これ、なかなか過激ですね。猿が柿の実を投げつけて蟹を殺し、泣いていた子蟹のために栗・蜂・昆布・臼が協力して猿を懲らしめ、最後に子蟹が猿の首をハサミでちょん切って殺す。子ども向けのおとぎ話のはずなのにR18のような過激な殺戮が行われていたのでした。昔話、恐るべし。
読了日:2月20日 著者:楠山正雄
おとこのるつぼおとこのるつぼ感想
著者は私と同じ年なんだけれど、記憶力の良さ、人間観察眼の鋭さ、ほどよく力が抜けてユーモラスな語り口が面白いです。心当たりのある男性諸君は多いのではないかしら。「おんなのるつぼ」も読んでみたいです。
読了日:2月20日 著者:群ようこ
ジンジンするZINEジンジンするZINE感想
2巻でやっと『表紙をクリックしたら中身が読める』ことに気付いたので、1巻も読みました。いいですねぇ、素敵です。芸術的な写真に心をつかまれ、自分もやってみたくなり、おいしそうなケーキや和菓子をみて食べたくなり、短歌や詩や小説も・・・いいなぁ・・・。素敵でした (*^-^)b
読了日:2月20日 著者:coral♪,sin,瀬理,ぽにょりん,masa,nikko,明那,まーちゃん,みやや,nekono
六十歳から家を建てる (新潮選書)六十歳から家を建てる (新潮選書)感想
2007年の本で少し古いかもしれないが、子ども達も巣立ち古くなった家を快適な終の棲家にするには・・・。定年後の住まいとしてはいろんな選択肢がありますがそれらのリスクも述べられていた。家を売ってマンションに引っ越したが資産価値がほとんどなくなった。管理費や建て替えの問題。田舎に帰ったら、人付き合いや不便さの問題。老人マンションに入ったら、意外に高い食費や人付き合いの問題。二世帯住宅、近くにいるのに孤独。娘夫婦と同居したら金銭も子守もおんぶにだっこ。難しいですね。よく考えなくては。
読了日:2月19日 著者:天野彰
マザコン (集英社文庫)マザコン (集英社文庫)感想
60~70代の母親と、30~40代の子どもとの関係がテーマ。特に娘の目から見た母との関係。母になる前の母とか母をやめた母とか、母による娘支配とか・・・。はっきりいって面白い話ではないが、なんとなく身につまされる切ない話。
読了日:2月19日 著者:角田光代
僕の仕事は YouTube僕の仕事は YouTube感想
You Tubeが今ほどメジャーじゃない頃から、英語でアカウントを取り、結果を出してYou Tubeパートナーになった凄い人。今ではもっと簡単らしいが。それでも毎日動画をアップし続けるのは大変だと思う。You Tubeでの収入が会社員としてのそれを上回るまでは仕事を辞めなかったというのも凄いと思った。hikakinTVを見てみました。毎日7:00pmにアップされるそうです。その努力もすばらしい。面白そうだから私も一つくらいアップしてみたくなりました。
読了日:2月19日 著者:HIKAKIN
ジンジンするZINE2ジンジンするZINE2感想
表紙をクリックすると読めるんですね。いろんなジャンルがあって楽しめました。
読了日:2月19日 著者:文那,帽子屋,coral♪,takashima,yamaneko*,masa,Nekono,ハミング,mike,とりあえず・・・,かみのさかな,nonたん,neimu,みやや,tica,keipan,hasemi,たいこ,夜,コットン
『幸せが舞い込む「ゆる片づけ」の本』 (3万人の人生を変えた「風水環境科学」の真髄!)『幸せが舞い込む「ゆる片づけ」の本』 (3万人の人生を変えた「風水環境科学」の真髄!)感想
期待はずれ。片付けの本じゃなくて風水の本でした。ダメな家は古い暗い昭和の家。いい家は新しい豪邸。これは片づけ以前の問題です。ウチみたいな昭和の家に住んでいる人は風水的にいい家に住み替えるしかない。これじゃせっかく読んで身もふたもないので、せいぜい、トイレ掃除と玄関掃除を毎日頑張るという点を取り入れよう。
読了日:2月18日 著者:松永修岳
ザ・シークレットザ・シークレット感想
先日読んだ『こうして、思考は現実になる』に出ていた本。腑に落ちない所もあるけれど、すごく前向きで、人生とても生きやすくなります。①お願いする②願いがかなったと信じて感謝する③受け取る。スポーツクラブの駐車場、いつも行くところがちゃんと空いていました。心配したり悪いことを考えるとそれを引き寄せてしまうので注意。マザーテレサは反戦集会には出なかった。平和集会には出た。なるほど。まず、自分を好きになることが大切。自分が気持ちいいことが大事。こんまりさんのときめくものだけにするという考え方と似ているかも。
読了日:2月18日 著者:ロンダ・バーン
ねえだっこしてねえだっこして感想
赤ちゃんが生まれて、お母さんのおひざを占領されてしまった。「ねえだっこして」と言っているのは前からいたペットのネコ。ネコの切ない気持ちが画面いっぱいに溢れています。ネコの表情が雄弁に語っています。赤ちゃんが生まれてちょっとさびしい思いをしているちいさなお兄ちゃんやお姉ちゃんもきっとこんな気持ちなのでしょうね。愛しくて、涙が出ます。
読了日:2月17日 著者:竹下文子
旅するベッド旅するベッド感想
中古で買った古いベッド、「このベッドがあれば、どこへでも旅ができます」と書いてあった。お祈りの言葉を唱えると、ベッドはどこへでも飛んで行けるのだった。ところがジョージが留守にしている間におばあちゃんが古いベッドを捨てて新しいきれいなベッドを買ってしまった。ジョージは・・・。こんなベッドがあるといいですね。ドラえもんの道具みたい。
読了日:2月17日 著者:ジョンバーニンガム
わたしから、ありがとう。 (レインボーえほん)わたしから、ありがとう。 (レインボーえほん)感想
昨年(2014年)亡くなったオペラ歌手の中島啓江さんの絵本。ブラッキーにいじめられているももちゃん。他の子もブラッキーを恐れてももちゃんから離れていく。ももちゃんが引っ越すことになった時、お母さんの手作りのプレゼントを、みんなの目を見て心から「ありがとう」と言って渡すんだよ。と言われたけれど、ももちゃんはそんな事したくない。けど、お母さんと約束したからがんばって目を見てありがとうと言ってみた。するとみんなが・・・。あのブラッキーまでも・・・。子ども達の心に響いてほしい絵本です。
読了日:2月17日 著者:河原まり子,中島啓江
人生はZOO(ずー)っと楽しい! ―毎日がとことん楽しくなる65の方法人生はZOO(ずー)っと楽しい! ―毎日がとことん楽しくなる65の方法感想
犬版「人生はワンチャンス」ネコ版「人生はニャンとかなる!」に続き、シリーズ3作目。ZOOから65種類の動物たちが人生訓を語ってくれます。そして、ヤラセのようなぴったりの写真がこれまたかわいい!言葉が先か、写真が先か。なんといっても「自分より大切な人を持とう」のシロクマの親子が大好きですが、「愛はゴリ押し」のゴリラ君、「バカにされても気にしない」カバ君、「ありがとうにバリエーションを」のうさぎさん、「飼われない強さを」のオオカミ、「子どもに胸を張れるか」のニワトリのお父さん好きですね (*^-^)b
読了日:2月17日 著者:水野敬也,長沼直樹
あつい!!あつい!!感想
真夏の暑い日、アイスに変身した夢を見たタヌキの話。しかけ絵本です。
読了日:2月16日 著者:木曽秀夫
くるみのもりのチューさんくるみのもりのチューさん感想
絵じゃなくて手作りの人形の写真で構成されている。小物も素敵。人形たちの表情も場面によってちゃんとそれらしく変って凄いです。こんなの作れる人、憧れます。
読了日:2月16日 著者:山田亜友美
10わのインコどこいった! (世界の絵本コレクション)10わのインコどこいった! (世界の絵本コレクション)感想
かくれんぼ絵本。親子や少人数で楽しむのにいいですね。
読了日:2月16日 著者:クェンティンブレイク
じゅうにんのちいさなミイラっこ―エジプトしきかずのほん (にいるぶっくす)じゅうにんのちいさなミイラっこ―エジプトしきかずのほん (にいるぶっくす)感想
エジプトしき数の本。10人のミイラの子どもたちが遊んでいると、いろんなトラブルがあって一人ずつ減ってしまう。絵が面白くてつい数えたくなりますね。減ってしまっても死んだわけではないので(?)最後に・・・。面白いです。
読了日:2月16日 著者:フィリップイエーツ
しかめっつらあかちゃんしかめっつらあかちゃん感想
だれがあやしてもにこりともしない赤ちゃん。でもね・・・。外国にもにらめっこがあるんだな。
読了日:2月16日 著者:ケイトペティ
パパのしごとはわるものです (えほんのぼうけん27)パパのしごとはわるものです (えほんのぼうけん27)感想
パパの仕事が悪役レスラーだと知ってしまった子どものショック。「でも、悪役がいないと正義の味方が活躍できないだろう」ですよね。子どもは割り切れないながらも最後には「パパみたいなわるものになる」とのこと。殆どの子どもは正義の味方が好きだけれど、パパの仕事の役割はわかったようだ。「わからないけど、わかったことにする」らしい (^^;
読了日:2月16日 著者:板橋雅弘
COURRiER Japon (クーリエ ジャポン) 2014年 09月号COURRiER Japon (クーリエ ジャポン) 2014年 09月号感想
巻頭の世界ランキングでわかるNIPPONの実力が面白い。こんまりさんの片づけの魔法は海外にも進出している。片づけは「過去に片を付ける事」「何を捨てるか選ぶのではなく、何を残すか」を選ぶ。ときめくものだけを残す。アドラー心理学の話もよかった。
読了日:2月16日 著者:
韓国のむかしばなし いぬとねこ韓国のむかしばなし いぬとねこ感想
韓国の昔話。おばあさんがスッポンを助けて竜宮城につれて行ってもらい、何でも望みがかなう魔法の玉を貰う。浦島太郎みたいな始まりで、願いがかなう宝物ってあたりがジャックと豆の木か一寸法師みたい。で、となりの意地悪ばあさんが出てきて持って行ってしまうのが舌切り雀か花咲かじいさんみたい。で、ネズミの力を使ってというのがイソップかなんかにあった気がする。だからネコは家の中で、犬は家の外で・・・というのが昔話あるあるっぽい話。いろんな昔話の集大成のようなお話で読み聞かせても面白いと思います。
読了日:2月16日 著者:ソジョンオ
パンダとしろくまパンダとしろくま感想
春の国に住むパンダと冬の国に住むしろくま。その間には高い崖があります。好奇心の強いしろくまの子どもが覗き込んで落ちてきて、泥んこの上に落ちたもんだから泥でパンダ模様になります。そしてパンダの子どもと出会い、友達になる。素敵なお話でした。でも、これまさか動物園じゃないよね (^^;
読了日:2月16日 著者:マシュー・J.ベク
アイネクライネナハトムジークアイネクライネナハトムジーク感想
面白い。軽妙な文体が癖になりますね。恋愛ものだけど、こんな伊坂さんも好きですよ。6つのお話が全部絡み合っていて登場人物に伏線が張ってあったり、このエピソードはあのときのあれだ・・・とか考えるのが楽しいです。
読了日:2月15日 著者:伊坂幸太郎
尾木ママの「凹まない」生き方論尾木ママの「凹まない」生き方論感想
さらっと読める本です。イヤなことがあっても「ま、いっか」と受け流す。失敗したって地球がひっくり返るわけじゃない。そして「今日が一番若い日」明るく優しく前向きに生きようと思える本ですね。お父さん、お母さん、お姉さん、弟さんを次々失いますが、それぞれの思い出を温かく胸に秘めていらっしゃるようです。オネエ言葉だけど奥さんやお子さんがいらっしゃるそうです。
読了日:2月14日 著者:尾木直樹
石川あるある石川あるある感想
石川県人必読の書!というわけではないけど、笑えます。方言の所なんか全部心当たりありまくりで、「これを標準語だと思っている」という文に激しく同意してしまいました。「かたがる」とか「かきやま」とか歌の「1題目、2題目・・・」とか若い人も普通に使うでしょ。「しましまにしまっしま(縞々にしなさいよ)」「ねじねーじ(ネジないよ)」「ねがねーがんねーが(ネガがないんじゃないの)」とか「さ、なんや(それ何)」「か、なんや(これ何)」若い人は使わないかな。
読了日:2月14日 著者:宮本南吉
いやいやにゃんこ (にゃんこちゃんえほん)いやいやにゃんこ (にゃんこちゃんえほん)感想
お風呂が嫌いなネコのお話。しつけ絵本っぽいですね。
読了日:2月14日 著者:東君平
サンタクロースとあったよるサンタクロースとあったよる感想
200年近く前に書かれた詩をもとに作られた絵本。柔らかく優しい絵が素敵です。イヴの夜遅く、なんとお父さんと末っ子の坊やがサンタクロースを目撃してしまうお話。隠れてこっそりサンタさんを観察しているのが面白い。サンタさん、見たいよね。
読了日:2月14日 著者:クレメント・クラークムーア
「掃除が苦手」と思っていたけれど。「掃除が苦手」と思っていたけれど。感想
コミックエッセイ仕立てになっていて、読みやすく、内容も理解しやすい。沖幸子さんの「タオル一本で家中ピッカピカ」と似た感じで、東さんはタオルの代わりにきれいな所用のマイクロファイバークロスと汚れの酷い所用の使い捨てウェス。感性は似ていると思う。しかも合理的。拭き掃除意欲が高まります。
読了日:2月14日 著者:東いづみ
明日の子供たち明日の子供たち感想
久しぶりに有川さんの本を読みました。読みやすく、共感しやすく好きですね。個人的には有川さんのベタ甘のが好きなのですが、これも面白かったです。児童養護施設のお話。施設にいる子は「かわいそう」というのは間違っている。「大変だね」は言ってもいいかもしれないけれど。親元で虐待されたり、育児放棄されたりしているよりも施設で育つ方が幸せだ。酷い親と思うけれど、親としての能力が足りなかった・・・ととらえるべきらしい。いずれにせよ、この世に生まれてきた命が幸せにまっすぐに育って行くために行政も力を尽くしてほしい。
読了日:2月13日 著者:有川浩
何が困るかって何が困るかって感想
黒坂木さんでした(-_-;)黒坂木さんを知ったのは『短劇』からですが、やはり本来の日常のミステリーの中に人情味のあるものを期待してしまいます。『洗面台』は良かったですが、このまま黒路線を行くとなるとちょっと付いていけないかも。湊かなえさんはこの頃白路線に転換しているみたいですが、作家の皆さんは幅を広げようとしていらっしゃるのか・・・。
読了日:2月12日 著者:坂木司
「未納が増えると年金が破綻する」って誰が言った? ~世界一わかりやすい経済の本~ (扶桑社新書)「未納が増えると年金が破綻する」って誰が言った? ~世界一わかりやすい経済の本~ (扶桑社新書)感想
前半はリーマンショックの仕組み。後半は年金問題の解説。どちらもキャラクターのセリフによるフローチャートで理解しやすい。2009年から支給年金の半分は税金が当てられていると初めて知った。未納が増えたといってもサラリーマンや公務員は給料から国民年金分も天引きされているので全体からみると未納者は5%。また、国には将来に備えて約200兆円の年金積立金がある。そして未納者には支給しないのだから破綻はしない。ただ、国民年金だけの場合、全額支給されても生活保護よりはるかに安いからわざと払わない人もいると思う。
読了日:2月12日 著者:細野真宏
きんじょのらぶちゃんきんじょのらぶちゃん感想
ご自身がアスペルガーの当事者だというフワリさんの絵本。3作目なのですね。主人公のらぶちゃんは中学校の教頭先生なのだそうです。とても生徒を愛している人です。実在の人物なのかな。これまでの2作も読んでみたいです。
読了日:2月11日 著者:フワリ
あけなかったよ!あけなかったよ!感想
一人でお留守番の時、知っている人でもドアをあけちゃダメ。子どもを誘拐する事件が起きているからって。でもね・・・。この絵本、読者の賛否両論を狙っているのでしょうか。
読了日:2月11日 著者:ビーゲンセン
猫びより 2015年 01月号 [雑誌]猫びより 2015年 01月号 [雑誌]感想
追跡!猫の一日・・・かわいい♪いいな、ネコ飼いたい。
読了日:2月11日 著者:
99%の人は歌がうまくなる!99%の人は歌がうまくなる!感想
短期間に上達するには抑揚を磨く。抑揚ね。カラオケでいう「表現力」ってやつで私はこれがいつも足りません(-_-;)。音程が高い所は強く、低いところは弱く歌う。それとプロミネンス。歌詞の中でどの言葉を重要視するかということだそうです。前半は弱めに、後半は強く!「んーまーんーまー」で鼻に響かせる練習。リップロールや巻き舌で力を抜く練習。滑舌よく。
読了日:2月10日 著者:海沼実
家を修理する本 (THE修理 なんでも自分で直す本)家を修理する本 (THE修理 なんでも自分で直す本)感想
簡単にできそうに書いてあるけれど、やっぱり難しそう。私がしたことがあるのは障子の張り替え位ですね。あ、廊下のニス塗と風呂の壁塗りも以前やりました。すぐ落ちてしまうので外してしまった網戸を、ここに出ているやり方で調整できるかもしれません。こういうのが得意な旦那だといいなぁ。
読了日:2月9日 著者:
ヴァン・ショーをあなたに (創元クライム・クラブ)ヴァン・ショーをあなたに (創元クライム・クラブ)感想
『タルト・タタンの夢』の続編。面白かったです。日常のミステリー。よくこんなにいろいろ思いつくものですね。謎の多い三船シェフのエピソードも載っていて興味深く読みました。ミリアムおばあちゃんのヴァン・ショーを是非飲んでみたいものです。ただのホットワインじゃないのですね。
読了日:2月9日 著者:近藤史恵
やってはいけないストレッチ (青春新書インテリジェンス)やってはいけないストレッチ (青春新書インテリジェンス)感想
柔軟性に乏しい体は疲れやすい。躓きやすくなったら足首の柔軟性を疑え。体は何才からでも柔らかくできる。ストレッチは運動後や風呂上りなど体温の高い時に行う。呼吸を止めてはいけない。息を吐きながらだと伸びやすい。苦手な方を倍の時間かけてする。後ろの方に載っている「老けない体を作る基本ストレッチ12種目」を2セットずつ、毎日やってみよう (^^; 『やってはいけない筋トレ』というのも読んでみたい。
読了日:2月9日 著者:坂詰真二
ちくわのわーさんちくわのわーさん感想
図書館では結構人気のある絵本です。関西弁が面白いし、仲間のような仲間でないような穴あきの食べ物との会話や変身も面白い。
読了日:2月8日 著者:岡田よしたか
かみなりさまのさがしものかみなりさまのさがしもの感想
村のお天気おばさん、ろくろっくびのろくさんが雲の上を覗いてみると、かみなりさまがあめふらしのひしゃくをなくしてしまったとの事。このままでは雨を降らせることが出来なくなり村は干上がってしまう。ろくさんはいっしょうけんめいひしゃくを探します。手がかりが見つかったと思ったら・・・。随分手間取りますがまずはめでたしめでたし。
読了日:2月8日 著者:文:せんつるやよい絵:山口けい子
黒部 幻の滝 (「黒部からの言葉」words from “KUROBE”シリーズ)黒部 幻の滝 (「黒部からの言葉」words from “KUROBE”シリーズ)感想
日本最大の峡谷・黒部、その深奥部に黒部の象徴“剱沢大滝”音はすれども姿は見えず、そこを突破した人は十指に満たないらしい。その幻の大滝の写真集。素晴らしいです。文章も詩的で美しい。
読了日:2月8日 著者:志水哲也
誰も教えてくれなかった卵子の話誰も教えてくれなかった卵子の話感想
私が若い頃は平均初産年齢は25歳くらいだったけれど、今は30歳を超えたそうです。ただ、卵子は生まれる前に卵巣に蓄えられているが生まれてからは作られることがなく、ひたすら老化(数が減って質が低下)するのみ。35歳ころまでには出産したほうがいい。40歳超えると不妊治療をしても妊娠する確率がかなり低くなるらしい。卵子だけでなく精子も老化するらしい。今の世の中、みんな忙しくて若い人の経済状況もあまりよくなくて子どもを作るのをためらう人が増えているらしい。
読了日:2月8日 著者:杉本公平,鴨下桂子
しっぽのきらいなネコ (日本傑作絵本シリーズ)しっぽのきらいなネコ (日本傑作絵本シリーズ)感想
くろねこのしっぽが黄色くなって独自の人格を持つようになってしまった。しっぽは黒猫の思い通りにならない。腹を立てた黒猫はしっぽを痛い目に遇わせてやろうとしますが・・・。最後のページがいいですね。
読了日:2月7日 著者:南部和也
まばたき (えほんのぼうけん67)まばたき (えほんのぼうけん67)感想
穂村氏作というから短歌っぽいものを想像していましたが、思っていたのと違いました。3枚組で写真の連写のようにいろんな場面を切り取っているのですが、最後がちょっとびっくりw(゜o゜)w 酒井駒子さんの絵は素晴らしいですね。
読了日:2月7日 著者:穂村弘
美雪晴れ―みをつくし料理帖 (時代小説文庫)美雪晴れ―みをつくし料理帖 (時代小説文庫)感想
芳は一柳へ「つる家」には一柳から新しい料理人を紹介してもらい、澪が巣立つ準備はできた。野江を身受けする四千両、鼈甲珠で稼げるのか。芳の息子佐兵衛も料理人として生きる道が開けそうだし、次の最終巻で雲外蒼天突き抜けられるのか。楽しみです。
読了日:2月6日 著者:高田郁
わたしのウチには、なんにもない。3 モノとの上手なつき合いかたわたしのウチには、なんにもない。3 モノとの上手なつき合いかた感想
もうすっかり家は片付いていて、厳選されたお気に入りのバッグや靴を手入れしているのが幸せとかなりハイレベルな暮らしで参考にならないが、なりたい自分やファッションのテーマを決め、欲しいものがそれにふさわしいか考えてから買うというのはいいですね。
読了日:2月5日 著者:ゆるりまい
クロワッサン 2014年 10/10号 [雑誌]クロワッサン 2014年 10/10号 [雑誌]感想
リビングやキッチンに置くものはどうしても置きたいものに厳選する。阿部絢子さんとやましたひでこさんの対談「親の家の片づけ」が面白かった。心理面での葛藤など。阿部さんは「親の家は片づけなくていい。亡くなってからブルドーザーで更地にするのが一番」とのこと。ま、考え方が違えば良かれと思っても親は自分を否定されたように受け取ってしまいがちですからね。収納に無印良品のメイクボックスがよさそう。
読了日:2月5日 著者:
ザ・マジックザ・マジック感想
「こうして、思考は現実になる」に引用されていた「ザ・シークレット」の著者の書いた本。「ザ・シークレット」の方はまだ順番待ちです。この本が言う魔法とは『感謝すること』願い事があったら実現する前に感謝する。実現した状況をリアルに思い描いて感謝する。一日ひとつ、魔法の使い方が書かれており、28日間それにそって行動すると魔法の様に望みがかなうという。図書館本だけど買おうかと思ってしまった。
読了日:2月4日 著者:ロンダ・バーン
悪党悪党感想
Our Homeislandさんのお勧め本。薬丸缶氏、初読みです。気に入りました。重い内容ですが、惹きつけられて一気に読みました。犯罪で姉を失った主人公。そのためにすっかり人生を狂わされてしまったのに、犯人たちは改心したようにも見えずのうのうと生きている。この悪党たちを許すことが出来るのか。警察官を首になり探偵事務所で働きながら、様々な犯罪被害者の家族から依頼を受け、出所した加害者のその後を探る。探偵事務所の所長が意外にいい人だった。主人公も明るい未来を迎えられるといい。
読了日:2月3日 著者:薬丸岳
ゆる猫びよりゆる猫びより感想
かわいい~♪癒される~♪ホントにかわいい動物の写真は無敵です。ネコ、飼いたい。飼えないけど飼いたい。
読了日:2月2日 著者:mixiコミュニティ「にゃんこ組」
あまからカルテットあまからカルテット感想
ピアノ講師の咲子、専業主婦で料理ブログが人気の由香子、大手出版社の編集をしている薫子、デパートの化粧品売り場の主任満里子。中学生のころからの仲良し4人組。30歳近くの年齢になり、それぞれが恋や仕事に迷いながらも一生懸命生き、4人の友情が支え合って問題を解決する日常のミステリー仕立て。20代、30代って本当にいろんな選択を迫られることが多くて大変だと思う。一人一人が自立しながらも弱みをさらけ出し、頼りあって生きる姿はいいモノです。でてくるお料理もおいしそう。恋する稲荷寿司食べたいです。
読了日:2月2日 著者:柚木麻子
おかんメール2おかんメール2感想
1の順番待ちですが、2をぱらぱらと読みました。『娘「模試終わったから迎えに来て」母「今むかついてる」(今向かっている)』強烈パンチで笑いが止まりませんでした。じっくり読むのが楽しみです。
読了日:2月1日 著者:『おかんメール』制作委員会編
老いてこそ上機嫌老いてこそ上機嫌感想
題名に心惹かれて図書館で借りてみたら、昨年7月に読んだ本でした。田辺女史86歳でまだまだお元気。それに比べれば私はひよっこなのに早くも物忘れが・・・。 『お心にまかせて、先のとりこし苦労をせず、昔のことは忘れて、今を元気に楽しく、というのが私の方針である』という人生訓が心に残りましたが、うわぁ、前回もこの言葉を抜き出しながら忘れていました(-_-;)
読了日:2月1日 著者:田辺聖子
40のエクササイズで魅力的な女性になれる! 「美人脳」のつくりかた40のエクササイズで魅力的な女性になれる! 「美人脳」のつくりかた感想
医師である著者の写真が美人です。160cm、45~6kgというスマートな体型。素晴らしいです。美人脳の基本は「睡眠・運動・食事」そしてこだわらず明るく落ち着いて前向きに生きる事。恋をすること。
読了日:2月1日 著者:霜田里絵

読書メーター

ぽちっとしてね↓
にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村

日記・雑談(60歳代) ブログランキングへ

2015年03月01日 (日) | 編集 |
大阪に一泊
息子が株主優待で貰ったシングル無料券に追加料金を払ってツインに変更

二日目は、京都へ
京都と言っても山科

昔、小学校4年生まで住んでいました。
父が4年生の3月に亡くなり、母の故郷の金沢に転居。

50年前に住んでいた山科。
通っていた小学校や住んでいたところを見に行くのが、今回の旅行の目的の一つ。

JR快速30分くらいで山科に着きました。
生憎の雨でしたが、山科駅前から小学校、住んでいたところへと歩きます。

2015-02-26 2015-02-26 001 008 (640x480)
学校の建物は変わっていましたが、訳を話すと敷地内の見学を許してもらえました。

2015-02-26 2015-02-26 001 001 (640x480)

下の運動場の広さはそのままで、大きな2本のポプラの木も健在でしたが、芝生の斜面がコンクリートの観覧席になっていました。

斜面の上から運動場まで伸びていた長いパイプ滑り台も無くなっていて残念。

2015-02-26 2015-02-26 001 004 (640x480)

2015-02-26 2015-02-26 001 005 (640x480)

上の運動場があったところには新しい?校舎が建っていました。

2015-02-26 2015-02-26 001 002 (640x480)

2015-02-26 2015-02-26 001 003 (640x480)

大きなプラタナスの木はそのままでした。
泰山木の木もあったはずだけど、見当たらず・・・

2015-02-26 2015-02-26 001 006 (640x480)
創立百十周年記念の棕櫚の木

2015-02-26 2015-02-26 001 007 (640x480)
昭和十四年度卒業生寄贈の大時計が変わらず、時を刻んでいました。
私がこの学校にいたのは東京オリンピックが開かれた1964年(昭和39年)までなので、当時で25年経っていたのですね。
今で75年。
あと25年で百歳だから頑張って動いてもらいたいですね。

校内で出会った子ども達は
「こんにちは」と挨拶をしてくれました。

昔は1学年5クラスもあったのに、今では2クラス、1年生は1クラスです。

山階小HPを見つけました。←クリックしてね
「山階小のうつりかわり」のところに懐かしいパイプ滑り台の写真もありました (*^-^)b

お礼を言って、学校に別れを告げ、家のあったところへ

2015-02-26 2015-02-26 001 009 (640x480)

山科川だったか、音羽川だったか、川は多いです。
昔は木の橋で、大雨が降ると橋が流されたこともありました。

2015-02-26 2015-02-26 001 010 (640x480)

学校からの帰り道は覚えていましたが、残念ながら官舎は無くなっていて、普通の家が建っていました。
たまたまいた人に聞くと
「もうずいぶん前ですね」とのことでした。

官舎の隣の広い畑(菜の花やらサツマイモやら)だったところは公園になっていました。

2015-02-26 2015-02-26 001 011 (640x480)

道路わきの工場?はそのままでした。
2015-02-26 2015-02-26 001 012 (640x480)

ふるさと探検を終え、近くのお店でお昼ご飯を食べて、また山科駅に戻り

今度はバスに乗って京都へ
途中にあったはずの東山トンネル?が無くなっていました。
狭かったからでしょうか。

四条河原町で降りて、高島屋、藤井大丸を散策
お土産を買ったりしました。

昔は高島屋・大丸・藤井大丸・丸物の4つのデパートがあったはずですが、丸物が見当たらず。
廃業したのでしょうか。

京極通りの居酒屋で晩御飯をたべ、人だかりのしているたこ焼きを食べ、夜行バスの時間までサイゼリアで暇つぶしをして帰ってきました。

お寺を回る時間はなかったのですが、当初の目的は遂行できて満足しました。

ぽちっとしてね↓
にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村

日記・雑談(60歳代) ブログランキングへ