人生の折り返し地点は過ぎましたが、明るく前向きに生きていきます♪
2015年07月31日 (金) | 編集 |
7月19日

世界遺産白神山地の十二湖を見に行きました。
↑クリックしてね

白神山地は、青森県南西部から秋田県北西部にまたがる130,000haに及ぶ広大な山地帯の総称です。このうち原生的なブナ林で占められている区域16,971haが1993年12月に世界遺産として登録されました。

2015-07-19 2015-07-19 001 032 (640x480)

2015-07-19 2015-07-19 001 028 (640x480)


白神山地にある十二湖
青森県側の白神山地西部に位置するブナ林に囲まれた33の湖沼群です。江戸時代に発生した大地震による山崩れによってできたといわれています。その際、大小33の湖沼ができましたが、崩山から眺めると12の湖沼が見えたことから十二湖と呼ばれるようになりました。青いインクを流したような色といわれる青池が特に有名です。

2015-07-19 2015-07-19 001 029 (640x480)
向こうに見えるのは鶏頭場の池 (けとばのいけ )

2015-07-19 2015-07-19 001 030 (640x480)
鶏頭場の池 です。

2015-07-19 2015-07-19 001 039 (640x480)


2015-07-19 2015-07-19 001 026 (640x480)

青池の水の成分がシャネルの香水と同じ成分なのだと聞きました。

2015-07-19 2015-07-19 001 034 (640x480)

十二湖の中でこの青池だけがなぜか青いのです。

なぜ青いのかは科学的に解明されていないそうです。

青池

山の中で鳥発見!
金沢ではあまり見かけない鳥です。
名前は分かりません。

2015-07-19 2015-07-19 001 041 (640x480)

ひろさきYHへGO!

さすが青森なのでリンゴ園があちこちにありました。

2015-07-19 2015-07-19 001 043 (640x480)

ひろさきYH到着、入り口が少し分かりにくかった。

2015-07-20 2015-07-20 002 004 (640x480)

晩御飯は付かないので近くの居酒屋に食べに行きました。

2015-07-19 2015-07-19 001 044 (640x480)

地物のホヤ

2015-07-19 2015-07-19 001 047 (640x480)

2015-07-19 2015-07-19 001 045 (640x480)
途中から写真を撮り忘れていました(-_-;)

2015-07-19 2015-07-19 001 046 (640x480)
珍しい地酒だそうでおいしかった!

他にもいろいろ頼んだのですが3人で6550円
実に良心的なお値段でした。

YHにはフランス人の家族が泊まりに来ていました。
田沢湖YHにはアメリカ人の夫婦が泊まっていたし、国際的ですね。
日本人は我々だけ・・・

ぽちっとしてね↓
にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村

日記・雑談(60歳代) ブログランキングへ
スポンサーサイト

2015年07月30日 (木) | 編集 |
7月19日

宿泊した森のあかりはその名の通りたくさんのランプを集めている。
2015-07-19 2015-07-19 001 002 (640x480)

2015-07-19 2015-07-19 001 003 (640x480)

ここはお風呂は温泉で素泊まり3390円でしたが、JAFの会員だったらもっと安くなったそうです。

千畳敷に向かう途中の道の駅にホヤを売っていました。
旦那が買いたそうだったけれど、生ものを買ってもねぇ・・・

2015-07-19 2015-07-19 001 006 (640x480)

道の駅の隣に↓こんな建物がありました。
2015-07-19 2015-07-19 001 007 (640x480)

津軽市有形文化財、旧増田家住宅母屋だそうです。

2015-07-19 2015-07-19 001 008 (640x480)

千畳敷へ

2015-07-19 2015-07-19 001 009 (640x480)

津軽出身の作家太宰治の小説『津軽』に出ているそうです。

2015-07-19 2015-07-19 001 010 (640x480)
大町桂月の文学碑もありました。

2015-07-19 2015-07-19 001 012 (640x480)

千畳敷

旦那と息子は千畳敷の潮が吹きあがる所を見に行きましたが、私は足が痛いので待っていることにしました。

すると・・・ウミネコが
2015-07-19 2015-07-19 001 014 (640x480)

直ぐ近くまで来て、逃げません。
2015-07-19 2015-07-19 001 015 (640x480)

カモメかウミネコか迷ったのですが、今調べると
嘴・・・ウミネコは黄色で先が赤と黒。カモメは黄色で下嘴の先に赤斑。
足・・・ウミネコは黄色。カモメは黒。
だそうで、この写真は明らかにウミネコですね。

この後、海の家でサザエ、ウニ、ホタテを食べました。
2015-07-19 2015-07-19 001 016 (640x480)

2015-07-19 2015-07-19 001 017 (640x480)

そして、目的地不老不死温泉←クリックしてね

2015-07-19 2015-07-19 001 018 (640x480)

2015-07-19 2015-07-19 001 019 (640x480)


ここは海辺の混浴露天風呂が有名
海に沈む夕日を見たいところですが、日帰り客は4時までなので、宿泊客しか見られません。

泉質 含鉄-ナトリウム-マグネシウム-塩化物強塩泉
お湯の色は鉄が参加した黄土色

海辺の露天風呂が有名ですが、まずは内湯でからだを流し、本館出口に置いてある脱衣かごを持って海辺の露天風呂へ。

そこは浸かるだけです。

瓢箪型の混浴風呂と女性専用のちょっと小さい風呂があります。
ながめは混浴風呂の方がいいですね。

酸ヶ湯で買った湯あみ着を着て混浴へGO!
ちょうど、ウチの家族しかいなくて・・・というか、もう一人の親切な人が写真を撮ってくれましたが、それは息子のカメラだったのでここにはなし。

2015-07-19 2015-07-19 001 020 (640x480)

本館から露天ぶろまでは少し歩いていきます。

2015-07-19 2015-07-19 001 021 (640x480)

2015-07-19 2015-07-19 001 022 (640x480)

まぐろステーキ丼、1350円 おいしかったです。

不老不死温泉

続きは明日。

ぽちっとしてね↓
にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村

日記・雑談(60歳代) ブログランキングへ

2015年07月29日 (水) | 編集 |
7月18日

八甲田山の続きです。

2015-07-18 2015-07-18 001 034 (640x480)

かつての爆裂火口跡に近くから湧き出る温泉水がたまったもの。噴気口から硫黄を含んだガスや温泉が噴出している。

2015-07-18 2015-07-18 001 035 (640x480)

夏なので分かりにくいのですが、大きな温泉のように湯気?が、出ています。
あるいは、硫黄が噴出しているのかも・・・?

そして、もうしばらく行くと本日3軒目の温泉

酸ヶ湯温泉←クリックしてね

酸ヶ湯(すかゆ)は青森県青森市(旧国陸奥国)南部にある八甲田山系の火山起源の温泉。湯はその名の通り強い酸性を示す。元の温泉名は鹿湯(しかゆ)で、すかゆは読みの“しかゆ”が変化したもの。

泉質 酸性硫黄泉(含石膏、酸性硫化水素泉)。源泉温度48 - 64度。

2015-07-18 2015-07-18 001 038 (640x480)

名物は「千人風呂」。総ヒバ造りの体育館のような巨大な建物で、大きな浴槽2つ(「熱の湯」、「四分六分の湯」)と打たせ湯(湯滝)がある。「熱の湯」と「四分六分の湯」は隣同士であるが泉源が異なる。また名前から受ける印象と実際の湯の温度が異なっている。「熱の湯」は源泉の湯をそのまま使っているが、ややぬるめ(名前の由来は、熱の湯の方が体の芯から温まるから、あるいは源泉の湯をそのまま使っているから)。一方、「四分六分の湯」は源泉の湯に水を混ぜているが、もともとの源泉の湯が高温であるため、熱の湯より高温である(名前の由来は「熱の湯にくらべて体の芯から温まらないから」あるいは「湯と水の混合比による」とされている)。

私は男女別の玉の湯でいいと思ったけれど、息子がここの名物の「千人風呂」に入らなければ意味がない?云々・・・

仕方なく、1000円で「湯あみ着」というものを買って着用の上、入ることにした。
この「湯あみ着」はなかなかのスグレモノで、丈夫で透けず、乾きも早い。
その後も活躍しました。

男女別の脱衣場から浴槽までは仕切りがあって、大丈夫
浴槽もほんの入り口までならば、湯あみ着なしでもOKの仕切りがあった。

でもせっかくだから、熱い方とぬるい方、両方入ってきました。
浸かるだけで、洗い場はないのですが、泊まる所も温泉なのでここは浸かるだけにしておく。

硫黄泉のいいお湯でした。

2015-07-18 2015-07-18 001 039 (640x480)

宿泊は森のあかり
1泊朝食付き、入湯税込みで 3390円でした。

ぽちっとしてね↓
にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村

日記・雑談(60歳代) ブログランキングへ


2015年07月28日 (火) | 編集 |
7月18日
二軒目は

日本三大秘湯 谷地温泉←クリックしてね
公式HPが見当たらなかったので、リンクフリーの温泉ブログにリンク貼りました↑

2015-07-18 2015-07-18 001 029 (640x480)

2015-07-18 2015-07-18 001 030 (640x480)

日帰り入浴 大人500円

泉質 単純硫黄泉(硫化水素型)(低張性弱酸性温泉)

谷地温泉には、下の湯(38℃霊泉)、上の湯(42℃白濁泉)、あがり湯(36℃の湯量の多い源泉2ヵ所)の4つの源泉がある。

縦長の総ヒバ造りの鄙びた浴室に、2つの浴槽があり衝立で区切られている。はじめての方は・・を読むと、谷地式入浴法は下の湯に30分つかり上の湯に5~10分とのこと。

「下の湯」は、湯船の真下から湧き出る38℃の霊泉。入り初めはぬるい水の様な下の湯だが、20分程から汗が出て体はポカポカしてくる。
透明に近い白濁した湯で、浴槽の底はスノコになっていて、その隙間から温泉が湧き出ている。ゆっくりと長湯を楽しむとよい。

「上の湯」は、42℃の白濁しててあたたまる引き湯の硫黄泉。サッパリした浴感の、硫黄臭のするいい湯だ。

洗い場は、カランがあるがシャワーはない。石鹸・シャンプー類も備え付けられている。

2015-07-18 2015-07-18 001 031 (640x480)

子犬ほどの大きなネコが玄関先に繋がれていました。

2015-07-18 2015-07-18 001 032 (640x480)

このあたり、あの有名な八甲田山なんですね。

八甲田雪中行軍遭難事件(はっこうだせっちゅうこうぐんそうなんじけん)は、1902年(明治35年)1月に日本陸軍第8師団の歩兵第5連隊が青森市街から八甲田山の田代新湯に向かう雪中行軍の途中で遭難した事件。訓練への参加者210名中199名が死亡(うち6名は救出後死亡)するという日本の冬季軍事訓練における最も多くの死傷者が発生した事故であるとともに近代の登山史における世界最大級の山岳遭難事故である。

これを題材として
八甲田山(1977年映画)
ドキュメンタリー八甲田山(2014年映画)
八甲田山(1978年テレビドラマ)
八甲田山死の彷徨 新田次郎(1971年小説)
などがある。

地獄沼などもあるのですが、続きは明日!

ぽちっとしてね↓
にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村

日記・雑談(60歳代) ブログランキングへ

2015年07月27日 (月) | 編集 |
7月18日

蔦温泉←クリックしてね

蔦温泉(つたおんせん)は、青森県十和田市(旧国陸奥国)にある温泉。

一軒宿の「蔦温泉旅館」が唯一営業している。十和田樹海と呼ばれるブナの原生林の中にある。大正時代に建造された本館と、源泉が足元から湧出するヒバの浴槽「久安の湯」が自慢だそうです。

立ち寄り湯は10時~16時
大人800円

2015-07-18 2015-07-18 001 027 (640x480)

平安時代に開湯された
源泉が足元(湯船の床板)から湧きだす「千年の秘湯」

泉質はナトリウム-硫酸塩・炭酸水素塩-塩化物泉
透明で、柔らかいお湯です。

以前混浴だった「久安の湯」は時間帯で男女別入浴となり、私たちが行ったときは男性の使用時間でした。

それとは別に男女別の「泉響の湯」があります。

ブナトヒバを使った浴室は天井が高く開放感があります。
水道なんかはなくて、掛け湯も手桶で汲んで使います。
秘湯の雰囲気たっぷりです。

2015-07-18 2015-07-18 001 028 (640x480)

浴室の写真は撮れませんでしたが、休憩所からのお庭の眺めはいいですね。
生憎の雨でしたが、それもまた風情があっていい感じでした。

ぽちっとしてね↓
にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村

日記・雑談(60歳代) ブログランキングへ

2015年07月26日 (日) | 編集 |
7月18日(土)
田沢湖YH発

田沢湖YH玄関先にネコの親子、子猫が6匹w(゜o゜)w
触ろうとしたら逃げられましたが・・・・

2015-07-18 2015-07-18 001 002 (640x480)
可愛いです♪

が、ネコに気をとられ、田沢湖を見に行くのを忘れたΣ( ̄ロ ̄lll)

ま、いいか・・・

大湯環状列石を見に行くことになり
通りすがりのダム湖?
2015-07-18 2015-07-18 001 003 (640x480)

大湯環状列石←クリックしてね

大湯環状列石は、秋田県鹿角市にある縄文時代後期(約4,000年前)の遺跡です。
遺跡の中心には万座・野中堂のふたつの環状列石があり、石の下にはお墓とみられる穴が見つかっています。
また、環状列石のまわりにはたくさんの貯蔵穴や柱穴などが見つかっています。
遺跡からは土器や土偶、鐸型土製品などがたくさん出土しており、祈りとマツリの場であると考えられています。

2015-07-18 2015-07-18 001 013 (640x480)

ストーンサークルですね。

2015-07-18 2015-07-18 001 009 (640x480)

これらは縄文時代の遺跡だそうです。

2015-07-18 2015-07-18 001 010 (640x480)

台風11号の影響で雨が降ってきたので、屋根の下に避難

2015-07-18 2015-07-18 001 011 (640x480)

次は十和田湖へ

十和田湖(とわだこ)は、青森県十和田市、秋田県鹿角郡小坂町にまたがる湖。十和田八幡平国立公園内にある。日本の湖沼では12番目の面積規模を有する。

2015-07-18 2015-07-18 001 020 (640x480)

乙女の像のところまで歩きました。

2015-07-18 2015-07-18 001 016 (640x480)

2015-07-18 2015-07-18 001 017 (640x480)

2015-07-18 2015-07-18 001 015 (640x480)

十和田湖1

乙女の像の前で記念写真
十和田湖2

私は結構疲れたのですが、次は奥入瀬へ←クリックしてね

深い自然林におおわれた奥入瀬渓流。そこには、千変万化の水の流れが生む躍動感あふれる景観が展開しています。両岸に迫る断崖は、軽石や火山灰が高温の状態で堆積し、熱と自重によって生成された溶結凝灰岩といわれるもので、奥入瀬の景観に迫力をもたらしています。
渓流に沿って流れとほぼ同じ高さに車道と歩道がつくられ、尾根や山腹の道から渓谷を眺めるのとは、また趣の異なった景観を味わうことができます。
大木の梢が幾重にもかさなり大空をおおい、緑のトンネルが続く散策道。森林美に魅せられて歩く約14キロの道のりは、感動の連続です。

以前行ったときは綺麗なセセラギでしたが
台風11号の雨のために濁流になっていました。

2015-07-18 2015-07-18 001 021 (640x480)

銚子の大滝だけ見てくることにしました。

2015-07-18 2015-07-18 001 022 (640x480)

2015-07-18 2015-07-18 001 024 (640x480)

十和田八幡平国立公園です。

このあと、また温泉3か所入りに行くのですが・・・
続きは明日。

ぽちっとしてね↓
にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村

日記・雑談(60歳代) ブログランキングへ



2015年07月24日 (金) | 編集 |
7月17日
3つ目の温泉

後生掛温泉←クリックしてね

2015-07-17 2015-07-17 001 047 (640x480)


早朝3時に出発した私はもう十分だから宿に生きたかったのですが・・・

古くから「馬で来て 足駄で帰る 後生掛」と言われる程、お湯の効能には定評があるそうです。

日帰り入浴の受け付けは5時までだったのですが、少し過ぎてしまいました。
でも「石川県から来たんです。是非、お願いします」と、頼んだらOKでした。

他のお客さんもいなかったので写真も撮ることが出来ました。

火山風呂
2015-07-17 2015-07-17 001 044 (640x480)

神経痛の湯
2015-07-17 2015-07-17 001 043 (640x480)

露天風呂
2015-07-17 2015-07-17 001 045 (640x480)

箱蒸風呂もありました。

でも、なんといってもこれ

泥風呂
2015-07-17 2015-07-17 001 046 (640x480)

2015-07-17 2015-07-17 001 042 (640x480)

この泥風呂が気持ちよくって、ずっと浸かっていました。
体中に泥を塗り、顔にも少し塗りました。
目に入ったら大変なんだそうですが・・・


もっと入っていたかったけれど、時間外なので早めに上がりました。

外には無料で入れる足湯もあります。
2015-07-17 2015-07-17 001 048 (640x480)

自然研究路

2015-07-17 2015-07-17 001 049 (640x480)

玉川の自然研究路は硫黄が噴出していましたが、
後生掛では泥が噴出しています。

2015-07-17 2015-07-17 001 050 (640x480)

2015-07-17 2015-07-17 001 051 (640x480)

2015-07-17 2015-07-17 001 052 (640x480)

2015-07-17 2015-07-17 001 053 (640x480)

2015-07-17 2015-07-17 001 054 (640x480)

2015-07-17 2015-07-17 001 055 (640x480)

2015-07-17 2015-07-17 001 057 (640x480)

2015-07-17 2015-07-17 001 058 (640x480)

2015-07-17 2015-07-17 001 059 (640x480)

2015-07-17 2015-07-17 001 060 (640x480)

息子が言うには奥にもっとすごいものがあるんだそうですが、何しろ朝3時に出て温泉3つも回ったんだからこれで十分です。

で、ここで切り上げて
田沢湖YHへ、GO!

写真忘れていました。

晩御飯はこれ
2015-07-17 2015-07-17 001 065 (640x480)

夕食・朝食が付いて一泊5120円(会員価格)
おいしかったです (*^-^)b

ぽちっとしてね↓
にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村

日記・雑談(60歳代) ブログランキングへ



2015年07月23日 (木) | 編集 |
7月17日
二つ目は玉川温泉♪←クリックしてね

ここは十和田八幡平国立公園の一部なのだそうです。

2015-07-17 2015-07-17 001 023 (640x480)


焼山の麓にある玉川温泉。「大噴」(おおぶけ)と呼ばれる湧出口から、塩酸を主成分とするpH1.05(日本で一番pHの数値が低い)の強酸性泉が毎分9,000リットル湧出。単一の湧出口からの湧出量としては日本一を誇っています。

まずは、自然研究路を一巡

2015-07-17 2015-07-17 001 020 (640x480)


2015-07-17 2015-07-17 001 022 (640x480)

大噴の下流側には湯の花を採取する樋が設置されています。

2015-07-17 2015-07-17 001 021 (640x480)


2015-07-17 2015-07-17 001 024 (640x480)

2015-07-17 2015-07-17 001 026 (640x480)

あちこちから硫黄が噴出しています。凄い臭い。

2015-07-17 2015-07-17 001 025 (640x480)

ここが大噴と呼ばれる源泉
PH1.2 日本一の強酸性の源泉が大量に湧き出しています。

2015-07-17 2015-07-17 001 029 (640x480)

自然研究路の通路わきからも硫黄が噴出していますw(゜o゜)w

2015-07-17 2015-07-17 001 031 (640x480)

2015-07-17 2015-07-17 001 032 (640x480)

岩盤浴はどこでもできるのですが、こんな小屋が3つあって、その中がベスト
陽射しも防げるし、荷物も置けるし。

2015-07-17 2015-07-17 001 033 (640x480)

息子がダイソーで150円の敷物3枚とタ古いオルシーツを用意してくれましたが
ちょっと短い。

常連さん達はちゃんとしたイグサのゴザを持参していました。

2015-07-17 2015-07-17 001 034 (640x480)

40分くらい、寝ます。
大量に汗をかくので、汗をかいてもいい服で
熱いので、たびたび体の向きを変えます。

2015-07-17 2015-07-17 001 035 (640x480)

小屋からの眺めはこんな感じ。

玉川温泉

40分、たっぷり汗をかいたので、玉川温泉大浴場←くりっくしてね に汗を流しに行きました。

2015-07-17 2015-07-17 001 039 (640x480)

写真は撮れませんでしたが
源泉50%の浴槽
源泉100%の浴槽(ぴりぴり!)
ぬる湯
打たせ湯
浸頭湯・寝湯
蒸気湯・箱蒸し
弱酸性の湯
気泡湯

などいろんな浴槽があります。

なにしろ酸性が強く、硫黄の匂いも凄いので、ここで使ったタオルや岩盤浴で着ていた服装は洗濯が大変でした。
水に漬け置き、二度洗い。

捨てたほうがいいのかもしれません。

玉川温泉を堪能したのですが、もう1軒行くのです。
続きは明日。

ぽちっとしてね↓
にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村

日記・雑談(60歳代) ブログランキングへ

2015年07月22日 (水) | 編集 |
東北温泉めぐり、行ってきました。
昨日帰ってきました。

温泉8か所
田沢湖、十和田湖、奥入瀬
駒ヶ岳、白神山地、八甲田山
・・・
三泊四日の短い間にたくさんまわってきました・・・

7月17日(金)
午前3時金沢発
午前4時、富山の息子宅で合流

ひたすら北上、秋田へGO!

秋田は杉の産地ですね。
あちこちに杉の集積所がありました。
2015-07-17 2015-07-17 001 001 (640x480)

秋田は花粉症の人が多いのか、慣れていて少ないのか、気になります。

12:06 乳頭温泉鶴の湯←クリックしてね

2015-07-17 2015-07-17 001 002 (640x480)

鶴の湯は乳頭温泉の中でも最も古い温泉宿です。

2015-07-17 2015-07-17 001 003 (640x480)

まずは、入り口で記念写真。

乳頭温泉鶴の湯1

鶴の湯には源泉の違う4つの湯があります。

白湯
美人の湯。別名冷えの湯
含硫黄ナトリウム・カルシウム塩化物・炭酸水素泉(硫化水素型)

2015-07-17 2015-07-17 001 008 (640x480)

黒湯
ぬぐだまりの湯・子宝の湯
ナトリウム塩化物・炭酸水素泉

2015-07-17 2015-07-17 001 009 (640x480)

黒湯からは直接、女性専用露天風呂に行けるのでGOOD♪

2015-07-17 2015-07-17 001 010 (640x480)


露天風呂は結構広くて私の好きな白濁湯で湯加減もいい感じなのですが
白湯へ行くには、また服を着て移動するのが面倒

あと、滝の湯
打たせ湯
含硫黄ナトリウム塩化物・炭酸水素泉

中の湯
眼っこの湯
含重曹・食塩硫化水素泉

がありますが、混浴なのでやめました。

別館近くを流れる先達川
2015-07-17 2015-07-17 001 013 (640x480)


2015-07-17 2015-07-17 001 011 (640x480)

この乳頭温泉鶴の湯が、あの「冬のソナタ」のロケ地になったのだそうで
こんな看板がありました。↓

2015-07-17 2015-07-17 001 012 (640x480)

しばらく行くと駒ヶ岳

駒ヶ岳

遅いお昼ご飯は
通りがかりの小さなラーメン屋で

2015-07-17 2015-07-17 001 017 (640x480)

650円のざるそばに天ぷらを付けて貰ったら700円
ほかの小鉢4つは初めから付いてくるようです。

チャーシューメンを頼んだ人にももれなくついていました。

明日に続く

ぽちっとしてね↓
にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村

日記・雑談(60歳代) ブログランキングへ


2015年07月16日 (木) | 編集 |
明日+3連休の三泊四日、東北温泉めぐりに行きます。

旦那も連れて、息子と3人です。

秋田の乳頭温泉
玉川温泉
宿泊は田沢湖YH、YHのお風呂は原泉掛け流しだそうです。

温泉旅館に泊まりたいけれど
旦那がYHのファミリー会員賞を持っているので。

二日目が青森
十和田湖、奥入瀬
蔦温泉
谷地温泉
酸ヶ湯温泉
森のあかり宿泊

三日目は未定
岩手か山形・・・?

明朝3時出発 (*^-^)b

ぽちっとしてね↓
にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村

日記・雑談(60歳代) ブログランキングへ

2015年07月15日 (水) | 編集 |
C型肝炎をインターフェロン(ペグインターフェロン+リバビリン)で治療してもらって、9年経ちます。
高血圧の薬も処方されているので2か月に1回は受診していました。

でも、『高血圧はほっとくのが一番』という本を読んで

歳を取れば顔にしわが出来るように血管も傷んでくる。それをコレステロールで補強している。動脈硬化は加齢現象。その通りにくい血管を通って脳や手足のすみずみに血液を届けるためには血圧を上げなければならない高血圧は当然。これを降圧剤で下げると、脳梗塞になったり、免疫が下がって癌になりやすくなったりする。そのデータはある。

ということらしくて、降圧剤止めようか・・・と思ったんです。

肝臓健診はいつも異常なしなので、ま、いいか・・・と

で、前回受診は3月ですが、それから降圧剤は飲んでいません。

でも、この週末から旅行に出かけるので、環境が変わると眠れなくなるからマイスリーを処方してもらいに行きました。
ついでに肝臓のエコーや腫瘍マーカーの血液検査もしてもらいました。

エコーは異常なしで、脂肪肝も大丈夫
以前腫れていた脾臓も基準内(10cm以下)に収まっているようです。

肝臓の線維化は4段階で
F1 軽度
F2 中度
F3 高度
F4 肝硬変

と、なっていますが、肝炎が治ると4年ごとに1段階下がるそうです。
だから私はF1か正常か・・・
F1だと、肝がんの発生率は0.5%だそうです。

治癒後10年経って肝がんが発生したという学会発表があったそうですが
逆に言えば滅多にないことだから発表したんだろうとのことでした。


で、高血圧の方は・・・↑153で↓が90・・・高いですね。

私「『高血圧はほっとくのが一番』という本を読んで、降圧剤を止めたくなりました」

医「昔は60代くらいの人が脳溢血でよく亡くなっていましたが、寿命が延びたのは降圧剤の進歩のおかげですよ」

私「はい、でも、脳出血で亡くなる人は減っていますが、脳梗塞の後遺症で苦しんでいる人は増えています」

医「そうですか。私は降圧剤の効果を信じていますよ」

私「血圧が150くらいあって、かなり血管が傷んでいるかと思ったのですが、5月に〇〇病院で血管年齢を調べて貰ったら45歳でした」

医「それはすごいですね。じゃ、今日は降圧剤の処方は止めておきますか」

私「・・・やっぱり、出してください。それと、旅行に行くのでマイスリーをお願いします」

医「マイスリーは14日分でいいですね」


診察・エコー・血液検査・・・・5,300円
ユニシア、マイスリー・・・・・・3,430円

結構お高いのですよ。
と言っても、超高価な肝臓の薬(1錠6万円)に比べれば屁でもありませんが(失礼)

ぽちっとしてね↓
にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村

日記・雑談(60歳代) ブログランキングへ

2015年07月14日 (火) | 編集 |
今日の最高気温は33.9℃
暑いけれど、昨日よりはわずかにましか。

午前は同窓会事務局
8月上旬には会報の発送があるので、今日は住所シールや封筒を分担。


午後4時過ぎて、暑さもようやく陰りを見せ始めた頃
新盆墓参り、出発

旦那の実家のお墓は歩いて数分の所
近くていいのだけれど、旦那は次男だから私たちはこのお墓には入れない。

私の父方のお墓は、以前は海のそばにあり、郊外だから旧盆の8月参りだったのに
本家の跡継ぎの都合で、お墓を移転。

野田山の霊園に移転したので、新盆の7月参りになりました。
金沢の風習で、キリコ灯籠に名前を書いて下げるのですが・・・

kiriko.jpg

ここ数年、板キリコが主流になってしまいました。
キリコ灯籠は木で枠組みが作られ、紙が貼ってあって、中にろうそくを灯すのですが

お盆が終わって廃棄するとき、クギを分別しなければならない!とか・・・
いろいろ難しい問題があるらしく

この板キリコなら雨や風にも強く、持ち運びも楽、そして安い!
風情はないが、お参りに来た人の名前は書けるので用をなす。

今日見ると、もう殆どが板キリコでしたね。
ちょっとさびしいですが・・・

しかし、このキリコを下げる風習は金沢だけなのだとか。
いずれは消えてしまう風習かもしれません。
個人情報、云々とかで・・

ぽちっとしてね↓
にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村

日記・雑談(60歳代) ブログランキングへ

2015年07月13日 (月) | 編集 |
今日の金沢は37.4℃だとか
とにかく、くそ暑い。

車に乗っていると外気温40℃と表示されており
アスファルト近くはそのくらいの温度は軽く超えています。

そして、金沢は今日から新盆
何でだか、旧市内は7月の13,14,15日がお盆です。

金沢市でも郊外の方は旧盆で8月のお盆なので
ご先祖様も、戸惑うのではないかしら。

野田山墓地に向かう道路は平日と言うのに朝から大渋滞
困ったもんです。

やっぱりお盆は8月に、夏休みになってからにしてほしいですね。

先月、母の一周忌、お参りしたばかりですが
明日にでもお参りしてこなくては

旦那の方の実家の墓はウチの近くなので歩いていけますが、
私の方の実家の墓は野田山にあるので大渋滞の中を車で向かうことになります。

明日も暑そうですね。

ぽちっとしてね↓
にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村

日記・雑談(60歳代) ブログランキングへ

2015年07月09日 (木) | 編集 |
最近はオカリナに凝っているので、今日もレパートリーを増やすことに専念していました。

昨夜、布団の中で10曲ほど思い浮かんだのに、今日、書こうとしたら3曲しか覚えていない。
しかもそのうち1曲は記録済み。

友達に貸してもらっているオカリナ、アルトのC管で
低いラから高いファまで出ます。

その音域で吹ける曲をレパートリーノートに書きだしています。
今日で341曲♪

ふと、校歌なら多分この音域に収まるんじゃないかと思い立ち

自分の小学校の時の校歌、転校したから2校分
中学校の時の校歌
高校の校歌
大学の校歌

いやいや、よく覚えていたもんです。
えらいぞ、私♪

ちゃんとオカリナで吹けました。

そして小学校に勤めてから
1校目から4校目までの校歌も難なく吹けました。
すごいぞ、私♪


ところが・・・
その後の5校目から・・・??

あれ、どんな校歌だったっけ
5校目から最後の8校目まで撃沈Σ( ̄ロ ̄lll)


いや~~~~、ひどいもんです┐(´д`)┌

最後の学校なんて、去年か一昨年卒業式に招待されて
一緒に校歌も歌ったはずなのに、全く、1フレーズも思い浮かびません。

多分、聞けば思い出すとは思うのですが・・・

これって、あのよく言う
年取ると昔のことはよく覚えているけれど、最近のことは全部忘れてしまうのよ・・・って、アレですか。


まさか、この年で認知症・・・ってわけじゃないと思うけれど


多分、頭の中の校歌の記憶容量が一杯になってあとは溢れちゃってるんでしょうね。

溢れているのは校歌だけか??

ちょっと心配になりますが・・・

読んだ本は読書メーターに登録して感想を書いたら、多分忘れていると思います。

片づけ本や、健康本を山ほど読んでいますが
多分、次々忘れていると思います。

・・・・・ま、いいか

ぽちっとしてね↓
にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村

日記・雑談(60歳代) ブログランキングへ

2015年07月08日 (水) | 編集 |
なんでだか、よくそう言われます。

最近3回も言われました。

「同級生よね?」とか
「同い年くらいよね?」とか

でも絶対その人の方が5つ6つ年上だと思うんです。

で、「〇年生まれです」と言うと

「あら~、私の方が少しお姉さんだったわね (^^; 」

という事になるのですが・・・

なんでかな、若い人から
「同い年くらいね?」
と、言われたことは一度もありません。

私が、老けて見えるのか・・・

いや、先日の同窓会の写真を見ても、実際若く見える方です。

性格も大人げないし、落ち着きもないし・・・


うん、きっと

そういう人たちの頭の中では

ご自分の姿を5年前くらいの状態で認識しておられるのではないかしら?


私も、あと5年くらいしたら

「同い年くらいよね?」

と、5つくらい若い人に言っているのではないかな。

ぽちっとしてね↓
にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村

日記・雑談(60歳代) ブログランキングへ

2015年07月04日 (土) | 編集 |
2015年6月の読書メーター
読んだ本の数:53冊
読んだページ数:9701ページ
ナイス数:4786ナイス

太陽の塔 (新潮文庫)太陽の塔 (新潮文庫)感想
森見氏の本を読むのは3冊目。これが日本ファンタジーノベル大賞を受賞したデビュー作。本人曰く「腐れ大学生の日常と意見」を書いたものなのだそうだが、ご本人の日記かと思うような描写だが、何にせよ、前述の大賞を受賞したのだからファンタジー・・・?という部類に入るモノなのですね。感想の文体まで回りくどくなってしまった。こんな変わった文を書く人はどんな人かと画像検索でググってみたら意外にも爽やかな好青年といった雰囲気の人だった。Gのエピソードが強烈で笑えましたがドアノブにかけられる袋から何故にゴミ袋一杯の死骸・・・
読了日:6月30日 著者:森見登美彦
はじめの一歩 オカリナ入門ゼミ 知っている曲で楽しく上達!はじめの一歩 オカリナ入門ゼミ 知っている曲で楽しく上達!感想
巻末の練習曲めあて。
読了日:6月29日 著者:
はじめの一歩 オカリナ入門ゼミ 知っている曲で楽しく上達!はじめの一歩 オカリナ入門ゼミ 知っている曲で楽しく上達!感想
オカリナの練習のために。巻末の練習曲目あて。
読了日:6月29日 著者:橋本愛子
チア男子!!チア男子!!感想
いろんなスポーツ小説や漫画を読んだけれど、チアは初めて。面白かったです。大学生だけれど、それぞれが家族や友達との人間関係の悩み不甲斐ない自分に対する悩みを抱えながらも、協力し、チームとして成長していく。正直、出来過ぎだと思うけれど、爽やかでいいお話でした。朝井リョウ、これで7冊目ですが面白い。全冊読破決定。
読了日:6月28日 著者:朝井リョウ
ねこのにくきゅうねこのにくきゅう感想
かわいい、かわいい♪ずっと見いていくと知ってるネコ発見w(゜o゜)w 毎日お邪魔しているネコブログ「短足だっていいじゃん♪」のルーク、レオン、ロレン、リーア姫。まだラムはいなかったんだな。どの子もかわいいです。癒されます。
読了日:6月27日 著者:
リンパケア革命―耳たぶ回しで顔も身体も生まれ変わる!リンパケア革命―耳たぶ回しで顔も身体も生まれ変わる!感想
佐藤先生の『アゴをゆるめると健康になる!』に出ていた耳回し+あごゆらしが顎関節症に効き目があるというので続けています。それはこの本にも出ていて、基本ですね。それとウエストシェイプ体操をやってみようと思います。つい力を入れてしまうので、20gのよわい力で、筋肉をゆるめてリンパを流すイメージでするのが大切。
読了日:6月26日 著者:木村友泉
猫弁 天才百瀬とやっかいな依頼人たち (講談社文庫)猫弁 天才百瀬とやっかいな依頼人たち (講談社文庫)感想
面白かった。シリーズ読破したいです。百瀬の母の謎はいつか明かされるのでしょうか。楽しみです。施設に預けられ苦労してきたと思うのに、真っ直ぐで純真で天才の39才貧しい弁護士。百瀬のキャラクターもいいけど、靴屋の会長のばあさんが素晴らしい。この人を探偵役にした方が早く謎が解けそう。亜子さんとはその後どうなるのか楽しみです。
読了日:6月25日 著者:大山淳子
100歳まで安心して暮らす生活設計100歳まで安心して暮らす生活設計感想
老後を60~75歳、75~85歳、85~100歳に分け、それぞれのお金、住居、生活について詳しく書かれている。2013年の本だけれど、この先年金はもっと支給額が減り、介護施設はますます入りづらくなるんだろうな。母の時、病院を出された後入る施設探しに苦労した。自分が年老いたら子どもはあてにならないし、やはり介護施設に入ることになるんだろうな。自宅で24時間ヘルパーを頼むと3交代で月200万かかるw(゜o゜)w と書かれていた。要介護3以上は施設の方が安上がり。でも今から探したってね、状況は変わるだろうし。
読了日:6月24日 著者:藤村紀美子,鈴木暁子
不思議の国のトットちゃん不思議の国のトットちゃん感想
先日TVで戦後最大のベストセラーは700万部を超えた『窓ぎわのトットちゃん』だったことを知りました。私も持っています。トットちゃんのその後に興味を持ちこの本を読みました。黒柳さん素晴らしいです。ユニセフの視察で悲惨な現地の子どもに話しかけ、子ども達が心を開いていくのがすごい。障害児で知恵おくれと言われていた少女が「大きくなったら国連で働いて世界中の子ども達を守りたい」と言った言葉に胸を打たれました。ザ・ベストテンの水中ヨガや本物のような大きな胸の映像を思い出し、ATMや一円玉のエピソードも面白かった。
読了日:6月23日 著者:黒柳徹子
目、耳、歯、足腰、内臓を鍛えて健康になる 宝彩有菜の朝起き体操目、耳、歯、足腰、内臓を鍛えて健康になる 宝彩有菜の朝起き体操感想
いいと思います。五感を鍛える体操というのが斬新ですね。目がいつまでも良く見えるように、耳がいつまでも良く聞こえるように、歯がいつまでも丈夫なように、内臓がいつまでも丈夫なように。15分位の体操なので覚えてやってみようと思います。ボーカロイド?みたいな音声でyou tubeにもアップされています。筆者はこれで加齢性黄斑変性を治したそうです。貝原益軒の『養生訓』が元になっているそうです。
読了日:6月22日 著者:宝彩有菜
健康は「時間」で決まる健康は「時間」で決まる感想
人間の体を構成する約60兆個の細胞すべてが時計遺伝子を持っている。その体内時計の一日は24時間と11分。だから毎朝太陽の光を浴びて体内時計をリセットしなければならない。健康に生きるためには夜12時前に寝て、7時間眠るのが一番良い。起きたら日の光を浴びる。コップ一杯の水を飲む。そして1時間以内に朝ご飯を食べる。昼食は遅くても1時までに終わらせる。適度のストレスは心身の健康に必要。ストレスは笑いの力でコントロールする。筋トレは夕方。夕食は6時から7時。遅くても9時までに終わらせる。
読了日:6月21日 著者:根来秀行
おほしさま かいて!おほしさま かいて!感想
お話会の絵本。「おほしさまかいて」絵描きは言われるままに星を描く。「おひさまをかいて」星にいわれてお日様を描く。木、人間、家、犬・・・そうやって世界はどんどん広がり、絵描きは年を取っていく。最後にまた絵描きは星を描き。その星につかまって夜空を旅する。短い話の中に深い内容を秘めている。そして、普通より少しゴージャスな星の書き方も教えてくれる。
読了日:6月21日 著者:エリックカール
おばけでんしゃ (絵本・こどものひろば)おばけでんしゃ (絵本・こどものひろば)感想
おばけの世界を楽しんで、「にんげんえき」に着いたら、おばけたちも人間に化けておりてゆくのがいいですね。
読了日:6月21日 著者:内田麟太郎
とてもおおきなサンマのひらきとてもおおきなサンマのひらき感想
お話会の絵本。ナンセンス絵本になるのかな。インパクト大です。「ええなあ」と買ってきて、酷い目に遇って逃げられてしまうパターン。こりないまたやさん。読んだ子どもたちが「またや~」と言いそう。それでまたやさんなのかも。
読了日:6月21日 著者:岡田よしたか
がちょうときつね (復刊みんなで読みたい絵本)がちょうときつね (復刊みんなで読みたい絵本)感想
お話会の本。かしこいのはどっち?というところだが、がちょうさんの心の広さにかんしんする。キツネ君はいつ改心するのやら。
読了日:6月21日 著者:ジャックケント
武士道エイティーン武士道エイティーン感想
剛の香織と柔の早苗。香織が圧倒的なキャラクターでカッコいいがソフトに見えて芯の強い早苗もいい。なんといっても唯我独尊のような香織が惚れ込んでいるんだもの。二人の対戦をピークに持って行くのかと思ったら違いました。このおわり方もいいですね。そして、最初はイヤな教師だと思った吉野先生のエピソードがすごく良かった。桐谷道場の兄弟の話も良かった。庭が濡れていた理由がまだ分かりませんが(-_-;)こういうスポーツものでも「のだめ・・」のような音楽でも「ヒカルの碁」とかでも「憧れ」を感じる物語が好きだ。
読了日:6月21日 著者:誉田哲也
5日間の休みで行けちゃう!美しい街・絶景の街への旅5日間の休みで行けちゃう!美しい街・絶景の街への旅感想
うわぁ、行きたいわぁ~♪予算も割とリーズナブルですが、これって東京から成田発・羽田発のお値段なので、この田舎からそこまで行くには往復で結構なお値段がするのですけど。それでも生きているうちに行きたい。ギリシャ、チェコ、オーストリア、この本じゃないけれど、オーロラを見にイエローナイフも行きたい。
読了日:6月20日 著者:A-Works
ドキドキしちゃう―岡本太郎の“書” (小学館クリエイティブビジュアルブック)ドキドキしちゃう―岡本太郎の“書” (小学館クリエイティブビジュアルブック)感想
「芸術は爆発だ」の岡本太郎氏の書。まさに、1ページ目から爆発していますw(゜o゜)w 書が絵のように描かれており、添えられている詩のような言葉がまたカッコいい。比類なき人ですね。男女に添えられている奥様の言葉がまたいいですね。こういう方でないと、この天才とは付き合っていけません。私が一番好きな字は「遊」ほとんど踊っています。それられた文を読んで、ふと、岡本太郎氏の家はどんなのだろうか、と猛烈に興味がわきました。画像検索したら出てきたこれは家?それとも記念館?華々しいものです。
読了日:6月19日 著者:岡本太郎,平野暁臣
フォークソング―されどわれらが日々フォークソング―されどわれらが日々感想
ねこも杓子もギターを弾いていたフォーク世代ですから、懐かしくて読みましたが・・・。この人選はどうなの?よしだたくろうや岡林信康が入っていないし、かわりにフォークでもないような人が入っている。高田渡、あがた森魚、齋藤哲夫、泉谷しげる・・・とか、ガロとか猫とか入れてほしかったな。まあ、ここに出ている人達も一応知っているから楽しく読みましたけど。副題になっている『されどわれらが日々』 芥川賞を受賞した柴田翔の小説で、昔読みました。また、読んでみたくなりました。
読了日:6月19日 著者:
レッツゴー・ばーさん! (単行本)レッツゴー・ばーさん! (単行本)感想
読メのレビューで面白そうだったので読みました。初読みの作家さんです。でも私の一つ上で内容も還暦あるある話。小説ですがエッセイみたいなもんですね。群ようこさんのエッセイだってこんなもんじゃないですか。群ようこさんとは同じ年です。顔は浮かぶのに名前が思い出せないとか、老化話やボケ話はまさにあるある。老眼と加齢臭はまだ分かりませんがあとは全部身につまされます。あと20年、元気に生きよう(^^)v
読了日:6月18日 著者:平安寿子
教育力 (岩波新書)教育力 (岩波新書)感想
まえがきがカッコいい。教育の基本原理は「あこがれにあこがれる関係づくり」である。「自分ははたして今、あこがれの熱意に燃えて飛ぶ矢であろうか?」こう自問する習慣を持つ人はすでに教育の門の内側に立っている。・・・というくだり。「~したい」というあこがれが学ぶ意欲に火をつける。教育の中で一番大事なのは、相手の学ぶ構えをつくるという事である。学ぶ構えさえできれば、後は何をやっても大丈夫なのだ。・・・教え込むんじゃなくて、自ら学ぶ心を育てるのが大事ということですね。
読了日:6月18日 著者:齋藤孝
猛スピードで母は猛スピードで母は感想
芥川賞受賞。芥川賞は難解でつまらないものが多いと思っていたが、これは読みやすく面白かった。多分小学生の視点で書かれているからだろう。『サイドカーに犬』は4年生の女の子。『猛スピードで母は』は5年生の男の子。『サイドカー・・』ではダメダメな父親に惚れている洋子さんがカッコいいし、『猛スピード・・・』では母親がカッコいい。でもこの表紙のイラストはちょっとイメージ違うんですけど。作者は女性だと思っていたら男性でした。
読了日:6月17日 著者:長嶋有
武士道セブンティーン (文春文庫)武士道セブンティーン (文春文庫)感想
『武士道シックスティーン』の続き。相変わらず、マンガのように面白い。1巻では尖りまくっていた香織が懐いてくる後輩の存在もあってか、随分丸く、かわいらしい感じになってきた。そして福岡に転校した早苗。戸惑いながらも心の中に「武士道」という一本の芯を持っているのは素晴らしい。玄人受けする才能も持っていて、早苗の成長にも目が離せない。さて、次は『武士道エイティーン』へ続きます。
読了日:6月17日 著者:誉田哲也
「強運に生きる人」必ずうまくいく61の習慣: 新しい生き方、出会いが手に入る! (単行本)「強運に生きる人」必ずうまくいく61の習慣: 新しい生き方、出会いが手に入る! (単行本)感想
とくに目新しい内容ではないけれど、なるほどと思うことが書かれている。画像検索で見ると綺麗な人ですね。1952年生まれ。元モデルとか女優とか。華のある人です。啓蒙本も何冊か書いていらっしゃるようです。
読了日:6月16日 著者:浅野裕子
元気回復 足もみ力 (美人開花シリーズ)元気回復 足もみ力 (美人開花シリーズ)感想
癌から不妊症まで、克服できない病はない。・・・と、なんとも強気の内容。リフレクソロジーにはフルタイムで働いていた頃、通ったことがありますが、やはりお高くて続かなかった。要は、足の反射区を棒でぐりぐり押せばいいんだな。でも続かなそう。ついうっかりと、おすすめのローラーをポチってしまった(-_-;)。ローラー、今日届きました。痛いです。お蔵入りにならないよう頑張って毎日使うぞ~~。これで、血圧が下がって、スリムになって、不眠症も治るといいんだけど。かなりなお値段だったので、せめて元を取るまで使い倒します。
読了日:6月16日 著者:近澤愛沙
ダ・ヴィンチ 2015年 04 月号 [雑誌]ダ・ヴィンチ 2015年 04 月号 [雑誌]感想
『みをつくし料理帖』高田郁特集めあて。1巻から10巻までのふりかえり。ロングインタビューも。いずれ出される予定の特別編ではそれぞれのカップルのその後も書いていただけるようで楽しみです。坂村堂さん清右衛門さん種市さんの大阪旅行?も楽しみですね。そしてあの小松原様は最初は登場予定ではなく編集者の一言から生まれたとか。
読了日:6月15日 著者:
死都日本 (講談社文庫)死都日本 (講談社文庫)感想
医師である著者のデビュー作。メフィスト賞、宮沢賢治賞奨励賞受賞。霧島火山帯が破局的噴火を起こし、南九州壊滅。その噴火の被害の中を妻を助けに行く主人公の地震学者と新聞社の友人の詳しい描写がすごい。しかしこの大災害はその直接の被害だけにとどまらず円の急落など経済的破綻、食糧危機の到来。アメリカや中国も絡んで社会的な立場も難しい。『古事記』や『ヨハネ黙示録』も引用して火山と人類の関わりにも触れる。一大スペクタクル。でも終わり方が、あの首相の演説ですべてが上手く行くのか。東海地震・東南海地震・富士山噴火は・・?
読了日:6月15日 著者:石黒耀
エッシャー: ポップアップで味わう不思議な世界 (しかけえほん)エッシャー: ポップアップで味わう不思議な世界 (しかけえほん)感想
だまし絵として広く知られているエッシャー。平面なのに立体的に見える作品が、ポップアップになった!立体になったものをあちこちから見て味わってください。まさに不思議な世界です。
読了日:6月14日 著者:コートネイ・ワトソン・マッカーシー
花の神殿―恋人たちの時間 (とびだししかけえほん)花の神殿―恋人たちの時間 (とびだししかけえほん)感想
大人のための飛びだす仕掛け絵本。7つの花束、15編の詩が書かれています。美しい絵本です。
読了日:6月14日 著者:キース・モーズレー
おれたちゃ かいぞく (しかけえほん)おれたちゃ かいぞく (しかけえほん)感想
三角形のしかけ絵本。怖いもの知らずの海賊たち。サメも大ダコも恐竜も怖くなんかありません。でもね、実はたった一つ怖い生き物がいた!そしてその理由は! 面白いです。
読了日:6月14日 著者:キースモアビーク
土のふえ (えほん・ハートランド)土のふえ (えほん・ハートランド)感想
高い山を挟んで羊飼いの国と牛飼いの国。お互いを知らないために不要に恐れ、戦争になってしまった。お互いに相手を恐れ、こう着する中で羊飼いの国の一人の若者が作った土の笛。その音色は故郷を思い出し・・・相手の国の戦士の心にも響く。牛飼いの国の若者も土の笛をつくる。二つの笛の音色はたがいに響きあい、お互いが心を開くきっかけとなる。思わず涙ぐむいいお話だった。
読了日:6月14日 著者:今西祐行
おばけやしき (大型しかけえほん)おばけやしき (大型しかけえほん)感想
ダイナミックな飛び出す絵本。小さい子は怖がるんじゃないかしら。大きい子は喜ぶと思います。
読了日:6月13日 著者:ジャンピエンコフスキー
ノアのはこぶね (大型しかけえほん)ノアのはこぶね (大型しかけえほん)感想
大型しかけ絵本。絵が緻密できれいに書かれています。ストーリーも分かりやすい。仕掛けもあるので楽しめると思います。
読了日:6月13日 著者:ブライアンワイルドスミス
『Angel Ring シロイルカからの贈りもの』 (地球の歩き方books)『Angel Ring シロイルカからの贈りもの』 (地球の歩き方books)感想
島根県立しまね海洋館(AQUAS)の3頭のシロイルカの写真集。わっかをつくるのが上手。表情や仕草がかわいらしい。
読了日:6月13日 著者:写真:水口博也/文・イラスト:しろ
ほねほね がいこつ やってきた (しかけえほん)ほねほね がいこつ やってきた (しかけえほん)感想
ほねほねがいこつのしかけ絵本。ユーモラスで怖くはない。子どもは喜ぶと思います。
読了日:6月13日 著者:ジャネット・ローラー
ことばはいらない 〜Maru in Michigan〜ことばはいらない 〜Maru in Michigan〜感想
柴犬のマルちゃんと2歳の一茶君の写真集。ほんとに言葉がなくても心が通じ合っています。一茶君を見るマルちゃんの目の優しいこと。マルちゃん、欲しい。ラブです。
読了日:6月13日 著者:ジョンソン祥子
いっしょがいいね。いっしょがいいね。感想
写真集。エゾフクロウやタンチョウヅルのつがいや親子のツーショット。求愛ダンスなど。フクロウの写真には癒されるし、幻想的な自然の中のタンチョウヅルの写真も美しい。
読了日:6月13日 著者:間山公雅
神様のカルテ0神様のカルテ0感想
一止の学生時代から本庄病院で研修医になるまで。それとは別に榛名は冬山で人助けをしている。この時の榛名は一止と出会って一年。二人の出会いを詳しく書いたのってありましたっけ?一応神カルは全部読んだはずなんだけど。國枝氏の「本を読むことによってたくさんの人生を体験できる。そうするとたくさんの人の気持ちも分かるようになる。優しい人間になれる。”優しさというのはね、想像力のことですよ”」という言葉がいいですね。
読了日:6月12日 著者:夏川草介
芥川症芥川症感想
作者は医師。芥川龍之介の代表作にちなんだ7つの短編・・・いずれも医者や医療に関係のあるお話。ブラックだけど面白いです。最後の『或利口の一生』で医療を否定しながらもいざとなると医療のベルトコンベアーに乗ってしまう。うん、普通そうなるよな・・・。
読了日:6月11日 著者:久坂部羊
365日 誕生日全書365日 誕生日全書感想
全部じゃなくて、関係ある所だけ。わたしは「好奇心の赴くまま何にでも首を突っ込むやんちゃ小僧」だそうで・・・むむ、否定できない(-_-;)確かに好奇心は強く、なんでも首を突っ込んでいます。
読了日:6月10日 著者:はづき虹映
あずかりやさん (一般書)あずかりやさん (一般書)感想
語り手がのれん、自転車、ガラスケース・・・などと変わり、ファンタジーっぽい内容は児童文学かとも思わせる内容ですが、心温まるいいお話です。主人公の店主、目の見えない美しい青年が、17歳で一人ぼっちになって、どうやって生きて来られたのだろうとか、どうやって美しい心情を持ち続けることが出来たのだろうか。とか、疑問は残りますが、いいお話でした。最後、石鹸さんは回復されたようで良かったです。結婚の話はどうなったんでしょうね。
読了日:6月10日 著者:大山淳子
最後の恋 MEN’S―つまり、自分史上最高の恋。 (新潮文庫)最後の恋 MEN’S―つまり、自分史上最高の恋。 (新潮文庫)感想
『僕の舟』はなんだか既視感があるのだけど、なんでかな。こういう作品、好きです。どれも素敵な恋でしたが、朝井リョウ氏の『水曜日…』がいいですね。爽やかで繊細でいい恋だと思います。最後の恋としてはどうかなと思うけど、いずれ二人は上手く行きそうな気もするから、最後の恋でもいいか。
読了日:6月9日 著者:朝井リョウ,石田衣良,荻原浩,越谷オサム,伊坂幸太郎
身近な雑草のゆかいな生き方身近な雑草のゆかいな生き方感想
路傍600種と言われる雑草。なかでも身近な50種類をとりあげ、それぞれの雑草がいかに逞しくしたたかに生き抜いているか、熱くユーモラスな筆致で書かれている。これを読むと植物も頭脳や心を持っていて様々に知恵を絞って生きているように思われる。筆者の植物に対するなみなみならぬ愛情がうかがえる。殆どは名前と姿かたちは知っている植物でしたがこんなに深いことは知りませんでした。各章の最後の一文の落とし方も秀逸。
読了日:6月8日 著者:稲垣栄洋
みをつくし献立帖 (ハルキ文庫 た 19-9 時代小説文庫)みをつくし献立帖 (ハルキ文庫 た 19-9 時代小説文庫)感想
みをつくしシリーズを読み終わってからですが、お勧めされて読みました。このシリーズに出てくる料理は高田さんのオリジナルなのですね。料理人でもないのにいろいろ工夫されて美味しいお料理を捜索される熱意はさすがです。料理にまつわる作中の名言もいい感じだし、レシピの間のエッセイや短編も楽しめました。高田郁さん素敵な方ですね。
読了日:6月7日 著者:高田郁
みさおとふくまるみさおとふくまる感想
田舎で元気に畑仕事をしているみさおさんと飼いネコのふくまるくん。殆ど一心同体のように心が通い合っているように見受けられる。ふたりともとても穏やかで幸せそうだ。心通う相手がいるということは幸せなことだな・・・と素直に思える。あたたかないい写真集です。
読了日:6月6日 著者:伊原美代子
アゴをゆるめると健康になる!  肩こり、腰痛、疲れも吹き飛ぶ間質リンパの整え方アゴをゆるめると健康になる! 肩こり、腰痛、疲れも吹き飛ぶ間質リンパの整え方感想
疲れにくい体、こりのない体を作るために必要なのは、マッサージでもなくストレッチでもなく、筋トレでもない。大切なのは筋肉を緩め体液の循環する体を作ること。重要なのは顎。あごをゆるめるのは①耳たぶ回し(耳たぶを回す・頬ナデ・アゴゆらし)②肩回し・・・それも20g以下のよわい力で回したりなでたりすることが大切。やり方はイラストで丁寧に描かれています。以前読んだ「深層筋リンパマッサージ」で力を入れてマッサージしてましたが、間質リンパケアには力を入れちゃダメなのね。顎関節症も治り、小顔効果や老化防止もある(^^)v
読了日:6月6日 著者:佐藤青児
花々花々感想
『カフーを待ちわびて』の明青と幸のその後を知りたくて読みました。いい話だけど、明青と幸が出てこないじゃないかと心配しながら読みました。最後の方に2行だけ、いい報告がありました。物足りないけれど、まあよかったよかった。本当はどこで幸をみつけて、どうやって連れてきたかじっくり書いてもらいたかったんですけどね。あと、てんさぐの花の歌は知っていましたが、ホウセンカのことだとは知りませんでした。
読了日:6月5日 著者:原田マハ
怪談えほん (10) はこ (怪談えほん10)怪談えほん (10) はこ (怪談えほん10)感想
あれ?怪談えほんは『おんなのしろいあし』に続いてこれが8巻かと思ったら10巻なのですか。8巻と9巻は何?それはさておき、この絵本でははこが開かなくなって、次に開いたときは何かがいなくなっている。メダカ、ハムスター、犬・・・。はこはどんどん大きくなる。次にいなくなるのは?鍵を掛けた家でいなくなるのは私?こんな絵本を読んだら、もうひとりでお留守番できませんね。
読了日:6月5日 著者:小野不由美
泣き童子 三島屋変調百物語参之続泣き童子 三島屋変調百物語参之続感想
「三島屋」シリーズ第三巻。どれも面白い怪談でした。宮部さん本当にいろいろな話のタネを持っていらっしゃる。この本には6編の物語が収められていましたが、『小雪舞う日の怪談語り』には4つのお話が入っていたのでカウントはどうなんでしょう。もう百物語の内20くらいにはなったのでしょうか。宮部さんには頑張って百物語を達成していただきたいですね。第四巻、待っています。
読了日:6月4日 著者:宮部みゆき
2週間で一生が変わる魔法の言葉(まほうのじゅもん)(魔法の言葉のパワーを上げるCD付き)2週間で一生が変わる魔法の言葉(まほうのじゅもん)(魔法の言葉のパワーを上げるCD付き)感想
一気に読んでしまいました。斎藤一人さんとよく似た考え方ですが、落ち込んでいる時はまず普通の立ち位置に戻ることから・・・などの工夫が見られます。9つの呪文(笑)を覚えました。私のよわい所は要らないものを捨てられないところと人の好意を素直に受けられないところ。素直に受けて無邪気に喜ぶ。それが大切。そして笑顔と感謝を惜しみなく。すみませんじゃなくてありがとうございます。忘れないうちに9つの呪文を魔法のノートに書いておこう。
読了日:6月3日 著者:はづき虹映
武士道シックスティーン (文春文庫)武士道シックスティーン (文春文庫)感想
面白かった。マンガを読んでいるような展開。柔道マンガの『帯をギュッとね』を思い出した。中学から剣道を始めた早苗がいくら日本舞踊をしていたからって強すぎるような気がするが、いいキャラクターです。セブンティーンも読みますよ。
読了日:6月2日 著者:誉田哲也
わたしのウチには、なんにもない。4 はじめての遺品整理。さすがのわたしも辛かった・・・わたしのウチには、なんにもない。4 はじめての遺品整理。さすがのわたしも辛かった・・・感想
そうか、本当は手ごわいおばあちゃんだったんだな。東日本大震災で家が被害を受けて住めなくなるという出来事が無かったら、片づけはずっと難航していたかもしれない。でも頑張って多くのものを処分してよかったですね。高価な頂き物を取っておいても結局は無駄になるから使った方がいい。どんな大切なものも死んでしまえば不用品になってしまう。ウチもステラレネーゼの旦那のモノはともかく、自分の物は子どもの負担にならないように処分しようと思う。
読了日:6月2日 著者:ゆるりまい
天の梯 みをつくし料理帖 (ハルキ文庫)天の梯 みをつくし料理帖 (ハルキ文庫)感想
泣けました。素晴らしい終わり方でした。山積みの問題をどうやったらうまく解決できるか予想も付きませんでしたが、高田郁さん素晴らしいです。それぞれのその後をまとめた特別巻を心待ちにしています。
読了日:6月1日 著者:高田郁

読書メーター


ぽちっとしてね↓
にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村

日記・雑談(60歳代) ブログランキングへ

2015年07月03日 (金) | 編集 |
温泉めぐり二日目
長野県、白骨温泉です。

息子は晴れ男で、昨日も今日も雨の確率80~90%のところ、ちゃんと晴れています。

富山県、神通川
2015-06-28 2015-06-28 002 001 (640x480)

神通川といえば、カドミウムによるイタイイタイ病が有名ですが
神岡鉱山前駅というのがありました。

2015-06-28 2015-06-28 002 002 (640x480)

安房トンネルから白骨温泉へ
ナビが安房峠越えのルートを指示してきましたがΣ( ̄ロ ̄lll)
峠の道は閉鎖されていました。

無事、トンネルを通って白骨温泉へ

白船荘新宅旅館←クリックしてね

2015-06-28 2015-06-28 002 004 (640x480)

2015-06-28 2015-06-28 002 008 (640x480)

日帰り入浴 750円也

2015-06-28 2015-06-28 002 013 (640x480)

さすが、白骨温泉ですから白濁したお湯です。
浴槽にも板の間にも湯の花がびっしり付着して固まっています。

露天風呂に行くのはちょっと遠い階段を通ります。
登り階段です。

2015-06-28 2015-06-28 002 012 (640x480)

そして露天風呂
2015-06-28 2015-06-28 002 011 (640x480)

2015-06-28 2015-06-28 002 010 (640x480)

ここも、湯の花がびっしりついて固まっています。
円盤状に張りだしています。

相客が居たので一部しか写せませんでした。

いいお湯です。
草津温泉も白濁しているけれど、ここよりは透明。
このいかにも温泉らしい濁った感じがいいですね。

石川県にも温泉はたくさんありますが
単純泉とか塩化物泉が多く
硫黄泉は多分ありません。

白骨温泉いいわぁ。
「小梨の湯」「泡の湯」に続いて3つめです。

愛知から家族できたという人は、旦那が温泉好きで、一日に3~4か所入るらしい。
今日も「泡の湯」に入ってきて、このあと2つぐらい回るとのことでした。

関西から来た新婚さんは混浴はイヤだからここだけ・・・と言ってました。

息子もたくさん回りたい人ですが
私はゆっくりしたい。
せっかく来たのに、脱いだり来たりせわしないのより
ゆっくりぼ~っと浸かっているのが幸せです。

2015-06-28 2015-06-28 002 015 (640x480)

2015-06-28 2015-06-28 002 016 (640x480)

せっかく長野に来たのだから信州そばを食べなくちゃ

2015-06-28 2015-06-28 002 017 (640x480)
鴨そばを食べました。

2015-06-28 2015-06-28 002 018 (640x480)

空模様も何とか持ったようです。
草津よりは近いので息子の宿舎に帰り、

大掃除
一度も外したことの無さそうな換気扇
手ごわい油汚れがびっしりついていましたが
スチームナントカ?という器械を買ったらしく(一度も使っていない)
初めて使いました。

すっかり綺麗になりました。

トイレの天井の換気扇を外すと
真っ黒で、なんとコウモリの死骸が・・・Σ( ̄ロ ̄lll)

すすも死骸もばんばんと新聞紙にはたいてくるんで処分
ここは油汚れじゃないからたわしで磨いてすっきり

風呂マットも汚くなっていたので4つに切って処分
新しいのを敷いて綺麗になりました。

あ~疲れた。

晩御飯は
切っただけの刺身
焼いただけの焼き肉
ちぎっただけのサラダ
なめこととうふの味噌汁・・・という手抜き料理

ワインで乾杯・・・お疲れ様でした。



2015-06-28 2015-06-28 001 001 (640x480)

ぽちっとしてね↓
にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村

日記・雑談(60歳代) ブログランキングへ

2015年07月02日 (木) | 編集 |
26日にスケートを見た後
翌日から息子のところへ

温泉めぐり&息子の部屋の掃除

6月27日(土)
草津温泉大滝の湯←クリックしてね

金沢から草津温泉に行こうとすると結構遠いのですが
富山からだと1時間半くらい短縮できます。

で、私が息子宅まで行き、そこから温泉へ

初めは長野の温泉に行く予定だったのですが

「ここまで来たら、草津はすぐ近くだよ」
ということで、急遽草津へGO!

以前、万座温泉に行ったときも通った国道の最高地点2172m

2015-06-27 2015-06-27 001 001 (640x480)

この辺りは白根山の国有林となっています。

2015-06-27 2015-06-27 001 002 (640x480)

硫黄を噴き上げています。
これ、噴火したら怖いですね。

2015-06-27 2015-06-27 001 005 (640x480)

2015-06-27 2015-06-27 001 010 (640x480)

標高が高いので、もうすぐ7月だというのに雪が残っています。

2015-06-27 2015-06-27 001 008 (640x480)

霧が晴れて、少し見通しが良くなりました。

2015-06-27 2015-06-27 001 006 (640x480)

草津温泉大滝の湯到着!

人が多くて写真は撮れなかったので、↑のHPをご覧ください。

源泉・・・煮川源泉
泉質・・・酸性硫黄泉
効能・・・神経痛、関節痛、うちみ、ねんざ、やけど、慢性消化器病、病後回復期、美肌、 慢性婦人病など


2015-06-27 2015-06-27 001 011 (640x480)

少し白く濁った硫黄泉です。
露天風呂も気持ちイイのですが
ここは合わせ湯というところがあって
4つの浴槽の下から順にぬるいお湯が熱くなっていきます。
一番熱い所は45~46℃

せっかく来たんだから、一番熱い所にも入ってきました(^^)v

恋の病以外、効かぬ病はないと言われるほど効能高い草津温泉です。


2015-06-27 2015-06-27 001 012 (640x480)

お昼はここの名物だという「舞茸天ざる熊笹うどん」を食べてきました。
美味しかった。

2015-06-27 2015-06-27 001 014 (640x480)

2015-06-27 2015-06-27 001 015 (640x480)

それから、湯畑を見に行きました。
熱い源泉を水で薄めることなく冷ますためのものだそうです。
湯の花が採れるので湯畑と呼ばれるそうです。


2015-06-27 2015-06-27 001 016 (640x480)

2015-06-27 2015-06-27 001 018 (640x480)

2015-06-27 2015-06-27 001 019 (640x480)

2015-06-27 2015-06-27 001 020 (640x480)

2015-06-27 2015-06-27 001 022 (640x480)

ここで湯もみが見られるのですが
待ち時間が長かったので諦めました。

2015-06-27 2015-06-27 001 021 (640x480)


2015-06-27 2015-06-27 001 023 (640x480)

2015-06-27 2015-06-27 001 026 (640x480)

2015-06-27 2015-06-27 001 028 (640x480)

息子はここまできたのだから
西の河原露天風呂御座の湯も入って行こうと言いましたが
大滝の湯で露天風呂も合わせ湯もたっぷり浸かってきたのでやめました。

やっぱり入ってきた方が良かったかな。

でもまた富山まで帰るのでゆっくりはしていられません。

晩御飯は「ステーキの〇」のタダ券があるというのでそこで食べてきました。

ぽちっとしてね↓
にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村

日記・雑談(60歳代) ブログランキングへ