人生の折り返し地点は過ぎましたが、明るく前向きに生きていきます♪
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015年08月31日 (月) | 編集 |
今日は久々に何もない普通の日なので耳鼻科に行くことにした。

近頃、声の小さい人の会話が聞きづらいことがあり気になっていた。

you tubeの耳年齢診断で左耳は10000Hzまで聞こえるのに、右耳は9000Hzまでしか聞こえない。



で、耳鼻科へ行って
「右耳が聞こえにくいんです」

耳垢を取って、鼓膜を観察
「左の方充血していますよ」

「あれ?」

とにかく、聴力検査を3種類してもらった結果。

「やはり、左の方が少し悪いですね。内圧も低くなっています」
ということで

鼻から空気を送り込む痛い治療を・・・
一応、両方ともしていただきました。

鼻の吸引もして、薬の処方もしてもらって、明日も行くことになりました。

トコフェロールニコチン酸エステルカプセル
メコバラミン錠500「トーワ」
プレドニン錠5mg
トファルコン錠50mg
メニレット70%30g (コーヒーゼリーのような薬)

補聴器をつけるほどではないが聞こえにくくはなっているという。

水泳はしてもいいということで今日も1km泳いできましたが、
耳に水が入るのはかまわないのだろうか。

とにかく、明日また検査をするそうです。
スポンサーサイト

2015年08月29日 (土) | 編集 |
8月11日 続き

二見ヶ浦からの帰り道『天岩戸』の立札を見つけました。

天の岩戸(恵利原の水穴)

2015-08-11 2015-08-11 001 065 (640x480)

天の岩戸は天照大神が隠れ住まわれたと伝えられています。木立に囲まれ水穴から湧き出る岩清水は名水百選に選ばれ、禊滝と呼ばれる滝は修行者を迎えています。

2015-08-11 2015-08-11 001 066 (640x480)



2015-08-11 2015-08-11 001 067 (640x480)

2015-08-11 2015-08-11 001 068 (640x480)

天岩戸の伝説←クリックしてね

2015-08-11 2015-08-11 001 069 (640x480)

↑禊滝

2015-08-11 2015-08-11 001 076 (640x480)

2015-08-11 2015-08-11 001 070 (640x480)


あらあら、今写真を見ると、『この水を生水で飲むことは控えてください』と書いてあるではありませんか。
でも、柄杓もあったし、飲みましたとも。

2015-08-11 2015-08-11 001 071 (640x480)

さすが、名水百選に選ばれた水。おいしかったです。
生水を飲んでしまいましたが、特に問題はなかったです。

2015-08-11 2015-08-11 001 072 (640x480)

2015-08-11 2015-08-11 001 075 (640x480)

これが天の岩戸です。
まあ、人が入ろうと思えば入れるかも。

しかし、先程の立札に洞窟内は危険なので入らないで下さい。と、書かれていました。

300mほど先に風穴があるというので見に行きました。
だんだん細くなる山道。
とても遠く感じました。

やっと風穴到着。

2015-08-11 2015-08-11 001 073 (640x480)

すごく冷たい風が吹き出しており、汗が一瞬で引きました。

予定外の見学で遅くなりましたが「天岩戸・風穴」を見られて良かったです。

車に戻って、榊原温泉へ

榊原温泉←クリックしてね

2015-08-11 2015-08-11 001 079 (640x480)

日帰り入浴はこちら

2015-08-11 2015-08-11 001 078 (640x480)

2015-08-11 2015-08-11 001 080 (640x480)

その昔、清少納言が枕草子に詠った「七栗の湯」。その歴史ある源泉を榊原温泉で唯一敷地内に有し
常に新鮮な温泉をお楽しみいただけます。
平成15年には源泉かけ流しの宿として日本温泉遺産を守る会に認定されました。
なめらかな肌ざわりのまろやかな湯がお肌を優しくしっとりと包み込む美人の湯をぜひご堪能下さいませ。
・・・・とのことでした。

大人 1000円

いつもは露天風呂が好きなのですが、ここは『32.5度のぬるめの温泉が心地いい源泉かけ流し風呂』が気持ちよくて、長い間浸かっていました。

美人の湯です。

翌日は朝から仕事が入っているので、ひたすら帰宅
二泊三日に盛りだくさんの内容でたくさん歩いて疲れたけれど楽しかった!
連れて行ってくれた息子に感謝!

2015年08月28日 (金) | 編集 |
8月11日続き

伊勢神宮の次は二見ヶ浦を目指したのですが、途中に見えるあの派手なお城は、織田信長のお城?
安土城?・・それって、滋賀県では?

2015-08-11 2015-08-11 001 036 (640x480)

どうやら、伊勢安土桃山文化村というものらしい



2015-08-11 2015-08-11 001 035 (640x480)



二見ヶ浦到着

二見興玉神社←クリックしてね

この神社は伊勢神宮に次いで三重県で二番目に参拝者の多い神社だそうです。

2015-08-11 2015-08-11 001 039 (640x480)

御祭神に猿田彦大神(さるたひこのおおかみ)を祀り、縁結び・夫婦円満・交通安全などにご利益のある神社。

2015-08-11 2015-08-11 001 037 (640x480)

2015-08-11 2015-08-11 001 038 (640x480)

二見興玉神社は、海の側にある神社です。

2015-08-11 2015-08-11 001 041 (640x480)

夫婦岩の沖合700mの海中に鎮まる猿田彦大神縁りの霊石と伝えられる「興玉神石」

2015-08-11 2015-08-11 001 043 (640x480)

さて、これが有名な夫婦岩

2015-08-11 2015-08-11 001 045 (640x480)

2015-08-11 2015-08-11 001 044 (640x480)

夫婦岩ですし、縁結び・夫婦円満などにご利益があるとのことで、しっかりお参りしました。
「息子にいい嫁があたわりますように!」

伊勢神宮で買い損ねたおみくじを買いました。
私は小吉でしたが、息子は大吉だったそうです (*^-^)b

2015-08-11 2015-08-11 001 047 (640x480)

よろしくお願いいたします。m(__)m

2015-08-11 2015-08-11 001 049 (640x480)

2015-08-11 2015-08-11 001 048 (640x480)

2015-08-11 2015-08-11 001 051 (640x480)

境内には、猿田彦大神のお使いとされる二見蛙(無事にかえる、貸したものがかえる)が多数奉納されています。
カエルには。「無事かえる」「貸した物がかえる」「若がえる」などの意味があるそうです。

2015-08-11 2015-08-11 001 050 (640x480)

塩ラムネを飲み、塩ソフトを食べました。

2015-08-11 2015-08-11 001 052 (640x480)

次は展望台巡り。まずは、横山展望台。

2015-08-11 2015-08-11 001 053 (640x480)

英虞湾が見えます。リアス式の複雑な海岸線が美しい。

2015-08-11 2015-08-11 001 055 (640x480)

リアス式海岸として有名であり、真珠養殖も盛んで奈良時代から阿古屋貝から採れる真珠を出荷していたそです。

2015-08-11 2015-08-11 001 061 (640x480)

次は、英虞湾(あごわん)展望台

2015-08-11 2015-08-11 001 060 (640x480)

向こうに見えるのは、志摩スペイン村でしょうか。

2015-08-11 2015-08-11 001 063 (640x480)

2015-08-11 2015-08-11 001 064 (480x640)

たくさん歩いて展望台三つ回りましたが、大して変わらなかったみたい・・・。

続く

2015年08月28日 (金) | 編集 |
8月11日

子どもの頃、京都に住んでいました。田舎の方ですが・・・
そこの小学校では6年生になると修学旅行で伊勢神宮や二見ヶ浦に行くのです。

姉が行ったときの夫婦岩の飾り物が家にありました。
残念ながら、父が亡くなって、母の実家がある金沢に転居。
私はその修学旅行には行けませんでした。

初めての伊勢神宮・二見ヶ浦です。

まずは伊勢神宮←クリックしてね

一口に「伊勢神宮」と言っても、内宮と外宮があるのですね。

まずは外宮へ

2015-08-11 2015-08-11 001 001 (640x480)

霊感の強い知人はこのあたりへ来ただけで何か感じるものがあるとか

2015-08-11 2015-08-11 001 002 (640x480)

鳥居に何かの枝が打ちつけられています。魔除けか?

2015-08-11 2015-08-11 001 010 (640x480)


2015-08-11 2015-08-11 001 003 (640x480)

外宮は豊受大御神(とようけのおおみかみ)をお祀りしています。

豊受大御神は御饌都神(みけつかみ)とも呼ばれ、御饌、つまり神々にたてまつる食物をつかさどられています。このことから衣食住、ひろく産業の守護神としてあがめられています。

2015-08-11 2015-08-11 001 005 (480x640)

樹齢は分かりませんがかなり古そうな杉の大木

2015-08-11 2015-08-11 001 006 (640x480)
風宮(かぜのみや)

2015-08-11 2015-08-11 001 007 (640x480)

なんか昨日から石段をかなり歩いています。

2015-08-11 2015-08-11 001 008 (640x480)
多賀宮(たかのみや)

2015-08-11 2015-08-11 001 009 (640x480)
広々とした池もありました。

2015-08-11 2015-08-11 001 011 (640x480)

猿田彦神社←クリックしてね

佐留女神社(さるめじんじゃ)

2015-08-11 2015-08-11 001 012 (640x480)

猿田彦神社の中には「佐留女神社(さるめじんじゃ)」という神社があります。

この神社は、猿田彦大神の妻でもある天宇受賣命をご祭神としており、彼女が天照大御神を岩戸から出すために、神楽を舞った逸話から、芸能の神が祀られている神社とされています。

そういった理由から、役者やミュージシャンなど芸能関係の人も多く参拝する場所だとか。また猿田彦大神と結婚したことで「猿の女(さるめ)」と呼ばれていたという説があります。もし、それが本当だとしたら、天宇受賣命は結婚して名前を変えた女性の元祖と言うことになります。よって、縁結びを願う女性の姿を多く見かけます。


2015-08-11 2015-08-11 001 013 (640x480)

「みちひらき」の神様とされる猿田彦大神が祀られている「猿田彦神社」

2015-08-11 2015-08-11 001 014 (640x480)

猿田彦大神が何故「みちひらき」の神様と言われるようになったかというと、天孫降臨の際に、高千穂に瓊瓊杵尊(ににぎのみこと)を御案内した神様だから。天宇受賣命(あめのうずめのみこと)と共に、伊勢の地から全国へと開拓を進めた神様だと言われています。

2015-08-11 2015-08-11 001 015 (640x480)

本居宣長の石碑を見つけましたが・・・?読めません。

2015-08-11 2015-08-11 001 016 (640x480)

おかげ横丁は伊勢神宮へのおかげ参りブームが起こった江戸から明治期の伊勢路の建築物を移築などで再現、三重県や伊勢地方の魅力を凝縮しています。


2015-08-11 2015-08-11 001 017 (640x480)

2015-08-11 2015-08-11 001 019 (640x480)

2015-08-11 2015-08-11 001 020 (640x480)

やっと、内宮到着

2015-08-11 2015-08-11 001 021 (640x480)

伊勢神宮1

宇治橋

2015-08-11 2015-08-11 001 023 (640x480)

伊勢神宮2


ご祭神は、天照大御神

内宮の宮域は、5,500ヘクタールの広さで、大別して神域と宮域林とに区分され、さらに宮域林を第一宮域林、第二宮域林に分けているそうです。

2015-08-11 2015-08-11 001 026 (640x480)

2015-08-11 2015-08-11 001 028 (640x480)

皇大神宮(こうたいじんぐう)通称「正宮」
2015-08-11 2015-08-11 001 027 (640x480)
垂仁天皇26年にご鎮座されてから、2000年。5重の御垣に囲まれた一番奥にあるご正殿に、天照坐皇大御神(あまてらしますすめおおみかみ)がお鎮まりになっています。・・・とのこと。

荒祭宮(あらまつりのみや)
2015-08-11 2015-08-11 001 029 (640x480)

神楽殿(かぐらでん)
2015-08-11 2015-08-11 001 025 (640x480)

おみくじを買おうと思っていたのですが、そんなものは売っていなかった(-_-;)

2015-08-11 2015-08-11 001 031 (640x480)

2015-08-11 2015-08-11 001 032 (640x480)

宇治橋から見ると、シラサギやアオサギが見えました。


お昼ご飯はさっきのおかげ横丁で

2015-08-11 2015-08-11 001 033 (640x480)

手こねセット800円
マグロ丼と太い伊勢うどん、おいしかったです。

続く

2015年08月26日 (水) | 編集 |
8月10日 続き

那智の大滝を見に行きました。

那智の滝←クリックしてね

那智大社1

2015-08-10 2015-08-10 001 050 (640x480)

2015-08-10 2015-08-10 001 057 (640x480)

那智の滝は飛瀧神社のご神体になっています。

2015-08-10 2015-08-10 001 052 (480x640)

落差133m、銚子口の幅13m、滝壺の深さは10mの落差日本一の名瀑で、熊野の山塊、その奥方より流れ落ちる姿は圧巻です。
日本三大名瀧の一つになっています。

2015-08-10 2015-08-10 001 053 (480x640)

さて、ここから山の中の長い長い階段を上って、那智大社へ向かいます。


2015-08-10 2015-08-10 001 056 (640x480)


熊野那智大社←クリックしてね

熊野那智大社は、那智山青岸渡寺とともに熊野信仰の中心地として栄華を極め、古来より多くの人々の信仰を集めました。
今なお多くの参詣者が訪れ、熊野速玉大社・熊野本宮大社とともに熊野三山の一つです。


2015-08-10 2015-08-10 001 051 (640x480)

467段におよぶ石段の上に建つ6棟からなる社殿は、標高約500mに位置し、夫須美神(ふすみのかみ)を御主神としてそれぞれに神様をお祀りしています。
伊弉冉尊(いざなみのみこと)とも言われる夫須美神は、万物の生成・育成を司るとされ、農林・水産・漁業の守護神、縁結びの神様また、諸願成就の神としても崇められています。

2015-08-10 2015-08-10 001 058 (640x480)

両側に商店が並ぶ石段が続きます。

那智黒の碁石
硯なんかが有名です。

2015-08-10 2015-08-10 001 059 (640x480)

果てしない石段を上がっている途中に昔のポストがありました。

2015-08-10 2015-08-10 001 061 (640x480)

さて、ここからが那智大社入口。
まだまだ石段は続きます。

2015-08-10 2015-08-10 001 062 (640x480)

右の石段を上がっていくと、西国第一番札所 那智山青岸渡寺

2015-08-10 2015-08-10 001 063 (640x480)

こちらですね。

2015-08-10 2015-08-10 001 064 (640x480)

2015-08-10 2015-08-10 001 065 (640x480)

これが西国第一番札所 那智山青岸渡寺

2015-08-10 2015-08-10 001 067 (640x480)

左側に続いているのが那智大社

2015-08-10 2015-08-10 001 068 (640x480)

麓から石段をたくさん登って来ました。

2015-08-10 2015-08-10 001 069 (480x640)

那智大社の境内に立派な楠(くすのき)があります。ご神木で、平重盛お手植えだそうです。

樹齢700年を超えるというとおり、見る物を圧倒する大きさでした。幹の根元が空洞化し「胎内くぐり」が出来ますが有料です。木札に願い事を書いてくぐり出口でお札を納めます。

そしてこちらが那智大社の拝殿?本殿?
時間が遅いのでしまっていました。

2015-08-10 2015-08-10 001 071 (640x480)

2015-08-10 2015-08-10 001 072 (640x480)

ここにも八咫烏が!

2015-08-10 2015-08-10 001 073 (640x480)

八咫烏(やたがらす)は、日本神話において神武東征の際、高皇産霊尊によって神武天皇のもとに遣わされ、熊野国から大和国への道案内をしたとされるカラス。一般的に三本足のカラスとして知られています。

2015-08-10 2015-08-10 001 077 (480x640)

2015-08-10 2015-08-10 001 074 (640x480)

2015-08-10 2015-08-10 001 075 (640x480)

参拝時間を過ぎているので、人影もまばら

2015-08-10 2015-08-10 001 076 (640x480)

2015-08-10 2015-08-10 001 078 (640x480)

やっと下りてきました。

2015-08-10 2015-08-10 001 080 (640x480)

マグロ丼をたべた熊野の郷で温泉に入って行きました。

那智山 蓬莱の湯500円
露天風呂もあっていいお湯でした。

2015年08月25日 (火) | 編集 |
8月10日

2015-08-10 2015-08-10 001 024 (640x480)

これは熊野川。
瀞峡で有名ですが、なんだか水が少ないですね。

2015-08-10 2015-08-10 001 026 (640x480)

東光寺←クリックしてね
長寿祈願の寺、小栗判官ゆかりの地だそうです。

2015-08-10 2015-08-10 001 027 (640x480)

2015-08-10 2015-08-10 001 028 (640x480)

2015-08-10 2015-08-10 001 030 (640x480)

湯の峰温泉 つぼ湯←クリックしてね

湯の峰温泉のほぼ中心地に位置する公衆浴場とつぼ湯。
公衆浴場は一般湯、くすり湯、貸切湯、休憩場があります。

つぼ湯は熊野詣の湯垢離場として世界遺産に登録されました。
世界遺産に登録された入浴できる温泉です。

天然岩のお風呂を板で囲っただけの、2~3人が入るといっぱいになるつぼ湯は、30分交替制です。
また、一日に七回もお湯の色が変化するといわれている不思議な温泉です。

770円でつぼ湯と薬湯または一般の湯にはいれます。
受付で料金を払い、番号札を貰って順番を待ち、
入り口に番号札を掛け、外に履物を並べておきます。

2015-08-10 2015-08-10 001 029 (640x480)

2015-08-10 2015-08-10 001 031 (640x480)

2015-08-10 2015-08-10 001 032 (640x480)

泉質
含硫黄-Na-炭酸水素塩泉 92℃ 無色

効能
リウマチ性疾患、神経痛、皮膚病、糖尿病など


2015-08-10 2015-08-10 001 033 (640x480)

2015-08-10 2015-08-10 001 037 (640x480)

2015-08-10 2015-08-10 001 034 (640x480)

2015-08-10 2015-08-10 001 035 (640x480)

ところが、何としたことか、私が入っているときに小屋の外に外人さん達ががやがややってきて
戸をどんどん叩くやら、ギシギシ開けようとするやら・・・

「ダメですよ」と大声で叫びました。
息子は温泉玉子を作りに行ったらしい。

なんとか外人さん達は去って行ったようです。

2015-08-10 2015-08-10 001 036 (640x480)

つぼ湯のあと、一般の湯に入りました。

2015-08-10 2015-08-10 001 038 (640x480)

2015-08-10 2015-08-10 001 039 (640x480)

2015-08-10 2015-08-10 001 041 (640x480)

2015-08-10 2015-08-10 001 043 (640x480)

2015-08-10 2015-08-10 001 042 (640x480)

瀞峡めぐりのジェット船乗り場がありましたが
川の水が少ない。

20代の頃、来たときは瀞峡巡りをしました。


2015-08-10 2015-08-10 001 044 (640x480)

2015-08-10 2015-08-10 001 045 (640x480)

2015-08-10 2015-08-10 001 080 (640x480)

ここでマグロ丼を食べました。800円

2015-08-10 2015-08-10 001 046 (640x480)

パソコンの調子がとても悪いです。
もう5年経つので・・・

今日はここまで





2015年08月24日 (月) | 編集 |
旅行記の続き

8月10日

世界遺産の熊野三山参り

「熊野」は、和歌山県南部~三重県南部の地域を指します。和歌山県南部に「熊野三山」と呼ばれる三つの大きな神社があり、熊野三山へお参りするための道を熊野古道といいます。

古くから神々が鎮座する特別な地域として崇められた紀伊山地。
和歌山・奈良・三重にまたがって険しい地形が連なり、独自の発展を遂げた「高野山」「吉野・大峯」そして「熊野三山」の三つの霊場が誕生し、それらを結ぶ参詣道が形づくられました。
今も自然と人間の営みが紡ぎだす「文化的景観」が人類共有の財産として認められ、平成16年7月、世界遺産に登録されました。

まずは道の駅に立ち寄って
2015-08-10 2015-08-10 001 001 (640x480)

世界遺産熊野速玉大社←クリックしてね

2015-08-10 2015-08-10 001 002 (640x480)

2015-08-10 2015-08-10 001 004 (640x480)

熊野速玉大社(くまのはやたまたいしゃ)は、和歌山県新宮市新宮1にある神社。熊野三山の一つ。
熊野速玉大神(くまのはやたまのおおかみ)と熊野夫須美大神(くまのふすみのおおかみ)を主祭神とする。
境内地は国の史跡「熊野三山」の一部。2002年(平成14年)12月19日、
熊野三山が史跡「熊野参詣道」から分離・名称変更された際に、
御船島を含む熊野速玉大社境内が追加指定された。
2004年(平成16年)7月に登録されたユネスコの世界遺産『紀伊山地の霊場と参詣道』の
構成資産・大峯奥駈道の一部。

2015-08-10 2015-08-10 001 005 (640x480)

熊野速玉大神は、熊野速玉大社では伊邪那岐神とされ、
熊野本宮大社では同じ神名で日本書紀に登場する速玉之男(はやたまのを)とされる。
また、この速玉之男神の名から神社名がつけられたといわれる。

2015-08-10 2015-08-10 001 007 (640x480)

2015-08-10 2015-08-10 001 008 (640x480)


2015-08-10 2015-08-10 001 006 (640x480)

2015-08-10 2015-08-10 001 009 (640x480)

天然記念物 梛(なぎ)の大樹

2015-08-10 2015-08-10 001 010 (480x640)

梛の大樹 - 国指定名は「熊野速玉神社のナギ」(1940年〈昭和15年〉2月10日指定)
高さ20m、幹周り6m
推定樹齢1,000年、ナギとしては国内最大であるとされる。ナギはマキ科の常緑高木であり、
よく神木として植樹された。本樹は雄株であるが、
幹に分岐が見られることからもとは数株であったともされ、
平治元年(1159年)社殿の落成において熊野三山造営奉行であった平重盛の手植と伝えられる。
ナギは凪に通じることから、ナギの実を束ねたものやナギの枝を護符にする。
ナギの木は、熊野杉や天台烏薬とともに新宮市の「市の木」に指定されている。


続いて、熊野本宮大社←クリックしてね

熊野三山の一つで、社殿が国の重要文化財。家津御子大神(素蓋鳴大神)を主祭神とし、商売繁昌、開運招福、衆災消除、無病息災、交通安全、大漁満足のほか、特に心願成就にご利益がある。世界遺産の「熊野古道」が続き、山里の暮らしが感じられる情緒豊かな雰囲気を楽しめる。

2015-08-10 2015-08-10 001 011 (640x480)

家都美御子大神(けつみみこのおおかみ、熊野坐大神〈くまぬにますおおかみ〉、熊野加武呂乃命〈くまぬかむろのみこと〉とも)を主祭神とする。

2015-08-10 2015-08-10 001 012 (640x480)

明治22年の大洪水により、大斎原は大きな被害を受けました。当時は能舞台などもあり、今の8倍の規模を誇っていましたが、明治24年に上四社が現在地へ移されました。

2015-08-10 2015-08-10 001 015 (480x640)

2015-08-10 2015-08-10 001 016 (640x480)

2015-08-10 2015-08-10 001 018 (640x480)

八咫烏とは、当社の主祭神である家津美御子大神(素盞鳴尊)のお仕えです。日本を統一した神武天皇を、大和の橿原まで先導したという神武東征の故事に習い、導きの神として篤い信仰があります。

2015-08-10 2015-08-10 001 019 (640x480)

八咫烏の「八咫」とは大きく広いという意味です。八咫烏は太陽の化身で三本の足があります。
この三本の足はそれぞれ天・地・人をあらわす、といわれています。

2015-08-10 2015-08-10 001 021 (640x480)


2015-08-10 2015-08-10 001 020 (640x480)

2015-08-10 2015-08-10 001 022 (640x480)

熊野本宮大社 旧社地「大斎原」

神が舞い降りたという大斎原。近年はパワースポットとして多くの人が訪れています。

熊野本宮大社はかつて、熊野川・音無川・岩田川の合流点にある「大斎原(おおゆのはら)と呼ばれる中洲にありました。
当時、約1万1千坪の境内に五棟十二社の社殿、楼門、神楽殿や能舞台など、現在の数倍の規模だったそうです。

2015-08-10 2015-08-10 001 023 (640x480)

続く

2015年08月23日 (日) | 編集 |
旅行記はちょっと置いておいて

辻井伸行
≪自作&クラシック≫
オーケストラ・コンサート
←クリックしてね
に行ってきました。

【第1部】
― 辻井伸行 作曲 - 

[以下 ピアノ&室内オーケストラ版]
いま日本は
川のささやき
神様のカルテ
マエストロ!
はやぶさ
ジェニーへのオマージュ
コルトナの朝
美の巨人たち

【第2部】
―ガーシュウィン 作曲 -
パリのアメリカ人 [室内オーケストラ版]
ラプソディ・イン・ブルー[ピアノ&室内オーケストラ版]
※ガーシュウィンは室内オーケストラのための新編曲版による演奏です[編曲:山下康介]

期待通り素晴らしい音色と迫力でした。
今回、自作の曲でオーケストラアンサンブル金沢との共演だったのですが

ピアノだけの音色をゆっくり楽しみたいと思いました。
アンコールの時、短いジャズピアノを弾いてくれたのですが
今度はピアノリサイタルを聴きたいですね。

彼の演奏スタイルなのか、ずっと頭を振っているのはちょっと落ち着かない気分になりますが、音色はとても軽やかで透き通っていて綺麗でした。

自作の曲では「川のささやき」を知っていましたが、
今日初めて聴いた「美の巨人たち」が、すごく良かった。

演奏だけでなく映画音楽を作ったり、作曲家としても活躍していらっしゃるのですね。
今日は思い切って聴きに行けて良かったと思いました。

オーケストラ・アンサンブル金沢の指揮をした田中祐子さんもすごくカッコ良かった。
以前見た西本 智実さんの指揮もすごくカッコ良かったけれど、田中さんもすごい。
1978年生まれ、まだ若くて将来が期待されます。

2015年08月21日 (金) | 編集 |
8月9日

南紀に船でしか行けないホテルがあって、そこの洞窟風呂がとてもいいらしい。
と、言うことで南紀に出発♪

2015-08-09 2015-08-09 001 001 (640x480)

金沢に比べれば南国の雰囲気

南紀勝浦

まぐろと温泉の町、那智勝浦
この船着場からホテルの送迎船に乗って行きます。

2015-08-09 2015-08-09 001 003 (640x480)

2015-08-09 2015-08-09 001 005 (640x480)

ホテル浦島・・・大きいですね。山の上の建物も繋がっているんです。

亀のような浦島丸に乗っていざ行かん!

2015-08-09 2015-08-09 001 006 (640x480)

着きました。

浦島玄関

ホテル浦島←クリックしてね

日帰り温泉1000円!

何しろ、とても大きな温泉ホテルで、温泉が6つもあり、それがまた随分離れているんですよ。

忘帰洞(洞窟風呂)
玄武洞(洞窟風呂)
本館、ハマユウの湯(女湯)、滝の湯(男湯)
磯の湯
山上館、遙峰の湯
山上館、天海の湯

最初に行ったのが忘帰洞(洞窟風呂)
2015-08-09 2015-08-09 001 009 (640x480)

2015-08-09 2015-08-09 001 010 (640x480)

この忘帰洞だけでも十分広くて
洞窟の中にいくつも湯船があるし、洗い場もたくさんあります。
なんといても太平洋の荒波がかかりそうな大迫力


泉質
含硫黄ーナトリウム カルシウムー塩化物泉
(弱アルカリ性低張性高温泉)

浴用適応症
神経炎、筋肉痛、関節炎、五十肩、運動麻痺、うちみ、切り傷、火傷、慢性消化器病、痔疾、冷え性、疲労回復、慢性皮膚病、慢性婦人病、糖尿病

浴用禁忌症
急性疾患(特に熱のある場合)、活動性の結核、悪性腫瘍、重い心臓病、呼吸不全、腎不全、出血性疾患、高度の貧血、その他一般に病勢進行中の疾患、妊娠中(特に初期と末期)、皮膚・粘膜の過敏な人(特に光線過敏症の人)

山上館32,33Fに行くにはエレベーターが早いのですが
エスカレーターに乗ってみました。

この果てしなく長いエスカレーターを3本乗り継いで、やっと32階

2015-08-09 2015-08-09 001 011 (640x480)

山上館のお風呂も眺めがよかったです。
32階と33階では窓の向きが違って、内海と外海が見られました。

ただ、順番に清掃タイムがあるのですぐには全部入れません。
待ち時間に和歌山ラーメンを食べました。

2015-08-09 2015-08-09 001 012 (640x480)

粘り強く待って、6つの湯全部入ってきました。
広いホテルを何度も行ったり来たりしたので、疲れました。

2015-08-09 2015-08-09 001 013 (640x480)

この模型を見るだけでもその広さが分かります。
というか、写真に納まりきらなかった。

疲れたけれど、いいお風呂でした。
硫黄泉ですが、原泉が12もあるのでどれも微妙に違うお湯でした。

遊覧船

また、送迎船に乗って帰ります。

勝浦の民宿に予約を入れて
潮岬へ

2015-08-09 2015-08-09 001 016 (640x480)

潮岬灯台

2015-08-09 2015-08-09 001 018 (480x640)

潮御崎神社

2015-08-09 2015-08-09 001 020 (480x640)

2015-08-09 2015-08-09 001 021 (640x480)

この神社の裏から海に下りる道があると言って、息子が下りて行きました。

2015-08-09 2015-08-09 001 024 (640x480)

ロープを伝って降りる危険な道です。
私は勿論遠慮しておきました。

2015-08-09 2015-08-09 001 022 (640x480)

2015-08-09 2015-08-09 001 027 (640x480)

2015-08-09 2015-08-09 001 028 (640x480)

雲が多くて夕日は見えませんでした。

で、予約した勝浦の民宿に行ったのですが・・・
勝浦駅前のはずなのに、なくて・・・
よく見たらば、なんと千葉県の勝浦市だった┐(´д`)┌

仕方なくキャンセルし、マンガ喫茶に泊まったのでした。

2015年08月20日 (木) | 編集 |
石川富山は結構行っているので、今回は福井へ

通りすがりに見えたこのお城は?丸岡城?
2015-08-08 2015-08-08 001 001 (640x480)

2015-08-08 2015-08-08 001 003 (640x480)

九頭竜温泉平成の湯←クリックしてね

2015-08-08 2015-08-08 001 002 (640x480)

2015-08-08 2015-08-08 001 005 (640x480)

2015-08-08 2015-08-08 001 004 (640x480)

初めてきたと思ったけれど、恐竜の足跡風呂で思い出しました。
確かに、以前来たことがありました。

2015-08-08 2015-08-08 001 006 (640x480)


開放感のある露天風呂がいいですね。
大人 600円

種別 天然温泉加温循環
泉質 アルカリ性単純泉
適応症 疲労回復・健康促進・神経痛・筋肉痛・関節痛・慢性消化器病・痔疾・冷え性・病後回復期など

さて、お次は永平寺へ
隣県に居ながら一度も行った事がなかった。

お寺に行く前に、まずは腹ごしらえ

2015-08-08 2015-08-08 001 008 (640x480)

名物のおろしそばを頂きました。800円

2015-08-08 2015-08-08 001 007 (640x480)

永平寺←クリックしてね

2015-08-08 2015-08-08 001 009 (640x480)

大本山永平寺は1244年、道元禅師が45歳のとき、波多野義重(はたの よししげ)公の願いによって、越前(福井県)に大仏寺(だいぶつじ)を建立し、2年後に永平寺と改められたことに始まります。
深山幽谷の地にたたずむ山門(さんもん)、仏殿(ぶつでん)、法堂(はっとう)、僧堂(そうどう)、庫院(くいん)、浴室(よくしつ)、東司(とうす) の七堂伽藍(しちどうがらん)では、修行僧が道元禅師により定められた厳しい作法に従って禅の修行を営んでいます。

永平寺1

永平寺2

境内は約10万坪(33万平米)、樹齢約700年といわれる老杉に囲まれた静寂なたたずまいの霊域に、七堂伽藍を中心に70余棟の殿堂楼閣が建ち並んでいます。

2015-08-08 2015-08-08 001 013 (640x480)

ここが入口です。参拝料、大人500円

2015-08-08 2015-08-08 001 014 (640x480)

まずは、参拝者たちに寺院の概要が説明され
順路に従って、見学していきます。

お参りの心得

 1 参拝にふさわしい服装で静かに左側通行を願います。
 1 酒に酔った人、他人に迷惑をかける行為をなす者の参拝はお断りします 。
 1 喫煙所(吉祥閣ロビー)以外は禁煙です。
 1 鐘、太鼓など鳴らし物には触れないでください。
 1 カメラを修行僧に向けないでください。ただし建物や風景は差し支えあ りません。

というわけで、修行僧を写さなければ、写真撮影はOK

傘松閣の天井には、一面に230枚の絵が埋め込まれてます。鯉2枚・唐獅子2枚・リス1枚の5枚を見つけると願いが叶うと言われています。

2015-08-08 2015-08-08 001 015 (640x480)

2015-08-08 2015-08-08 001 017 (640x480)

2015-08-08 2015-08-08 001 018 (640x480)

この天井画が素晴らしいですね。
同じ絵は一つもありません。

2015-08-08 2015-08-08 001 020 (640x480)

これはなんという名前でしたか・・・叩いて知らせるものだったと思います。

2015-08-08 2015-08-08 001 019 (640x480)

2015-08-08 2015-08-08 001 022 (480x640)
2015-08-08 2015-08-08 001 023 (640x480)


2015-08-08 2015-08-08 001 026 (640x480)

2015-08-08 2015-08-08 001 025 (640x480)

2015-08-08 2015-08-08 001 027 (640x480)

2015-08-08 2015-08-08 001 028 (640x480)

2015-08-08 2015-08-08 001 029 (640x480)

山門には四天王が守りを固めています。

2015-08-08 2015-08-08 001 030 (640x480)

2015-08-08 2015-08-08 001 032 (640x480)

2015-08-08 2015-08-08 001 031 (640x480)

お堂の入口上には、信徒さんからのご寄進のあった大きな数珠が掛けられている。長さ18m、重さ250kgにも及ぶ。

2015-08-08 2015-08-08 001 033 (640x480)

七堂伽藍を全部廻ったはずなのですが、どれがどこの写真か?
このあと、宝物殿(撮影禁止)を見学してお終い

なにしろ、境内は約10万坪(33万平方メートル)の広さをもち、樹齢700年といわれる鬱蒼とした老杉に囲まれた静寂なたたずまい。
広すぎて、階段もたくさんあって疲れましたが、見る価値のある所でしたね。

2015-08-08 2015-08-08 001 034 (640x480)

永平寺名物 ごまどうふソフト300円
お疲れ様でした。

2015年08月20日 (木) | 編集 |
8月は夏休みなので普段以上に図書館パートが入っているのですが・・・

8月8日~16日、息子が帰ってきていました。
その間はパートはお休み。
といっても最終日はどうしても人が足りないから、出勤したのですがね。

息子が帰ってくると、温泉めぐりに行きます。
以前は県内や近場だったのに、だんだん遠くまで出かけるようになって

基本、日帰りなのですが、今回はマンガ喫茶ナイトパックにおとまり~

息子が帰って、パートが続いて・・・
やっと三日間お休みなのですが

溜まっている本を読んだり・・・
水泳やバドミントンに行ったり
忘れていた白髪染めに行ったり(5週間以上たってしまい増額されてしまった)
随分と伸びてしまった草むしりをしたり・・・

で、今日からボチボチ、旅行記?をアップします。
ボケ防止です。

2015年08月07日 (金) | 編集 |
知り合いのお嬢さんのピアノリサイタルがあるので、友達にお誘いメールを送ったら

「今、病院。内視鏡の検査待ち」w(゜o゜)w

「ごめん。おだいじに」

昨年、大腸がんの手術を受けられたのですが、もうすっかりお元気になられて普通の日常生活を送っていたのですが・・・

後から、電話がありました。

「出血して、再発かと思って、生きた心地がしなかったよ
でも、内視鏡検査で、ただの痔だって」

「よかった~~」

「痔は誰でもなるもんだから、心配しなくていいって」

「びっくりだよね。よかったよかった」

「リサイタルは行けると思うよ。チケットとっておいて」

「うん、お大事に・・・」


というわけで、ホッと一安心。

でも、誰でもいつ癌になるかなんて分かりませんよね。
ホントに多くの身内や知人が癌にかかっています。

無事、治った人も、残念な結果になった人も・・・

私だってC肝ウィルスは完治できたけれど
肝がんやその他の癌にならない保証はない。

そんな事を思うと

今、いろいろな問題を抱えていても

命にかかわるより大きな問題が起きたら
今の問題は些細な事・・・になるのでしょうね。

2015年08月06日 (木) | 編集 |
C肝のお仲間アンテナを卒業して
シニアブログに参加したのは
同じような年の方々と交流したかったから。

コメントを貰うと嬉しかったし、遠い地に心が通うお友達が出来るのも嬉しかった。

でも、この頃ブログはただのボケ防止か備忘録になっている。
ま、それでもいいか~~と思い、ランキング参加を止めま~す。

さて、サイドバーのランキングをうまく消せるかどうか。
今から奮闘します(^^)v

下に貼り付けてた、ぽちっとしてね もやめます (*^-^)b

2015年08月05日 (水) | 編集 |
同窓会の業務で大変なのが
総会と会報発行

今日は暑い中、無事発送終了しました。

約2万通送って
300通くらい、迷子になって戻ってきます。

そして、会費の振り込み処理
転居や死亡のお知らせ・・・
これから一気に忙しくなります。

ぽちっとしてね↓
にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村

日記・雑談(60歳代) ブログランキングへ

2015年08月04日 (火) | 編集 |
暑いけれど、行ってきました(^^)v

今日は沖縄出身の二人の若い女性(学生さん)が新入会でした。

若い人が多くていいですね。

ちなみに、60代は多分私だけ?
でも、みなさん親切です。

失敗しても怒らないし♪

「バドミントンじゃ痩せないよ」
と、誰か言っていましたが

私は痩せています。

バドミントンのお蔭か、どうかはわかりませんが

始めた頃より2kgぐらい減って
体年齢も3歳くらい若返っています。

ちなみにさっき測ったのでは
体重54.8kg 体脂肪30.4% 体年齢56歳 BMI23.9

このオムロンカラダスキャンを買った10年前は体年齢64歳でした。
10年経って8歳若返っています(^^)v

たまには55歳と表示されることもあります (*^-^)b

実年齢は昭和29年生まれで60歳です。

頑張っているのは週3回プールで1km泳ぐ。
それとこの週1回のバドミントン
週1回のフラダンス・・・これはあまり痩せそうじゃない。


バドミントン、楽しいです。
ドシロートですが^_^;

絶好球!を空振りしたり┐(´д`)┌
ネット際で粘り負けしたり・・・散々ですが
楽しいです (*^-^)b

このサークルは20代、30代、40代が中心で60歳のおばちゃんは多分私だけですが
楽しい (*^-^)b

来週も行きますよ(^^)v
息子が帰ってきますが、息子もつれて行こうと思います。

ぽちっとしてね↓
にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村

日記・雑談(60歳代) ブログランキングへ

2015年08月02日 (日) | 編集 |
2015年7月の読書メーター
読んだ本の数:45冊
読んだページ数:7443ページ
ナイス数:4460ナイス

僕は老けるのをやめた!  100歳まで輝くために 始めたこと・やめたこと僕は老けるのをやめた! 100歳まで輝くために 始めたこと・やめたこと感想
う~ん、どうなんでしょう。なにしろこれを書いていらっしゃる白澤先生が私より若いからイマイチ説得力に欠けます。南雲先生と似ているところもありますね。朝は野菜ジュース500ml、糖質制限。食材を丸ごと摂る。おすすめのバイタミックスのミキサーが欲しくなって、でも高い・・・迷います。ところで、殆ど振り仮名が付いていない本なのに、「褥瘡」にわざわざ(ひょうそう)とおかしな振り仮名が付けてあるのは何故?どう考えても(じょくそう)ですよね。(P183)
読了日:7月31日 著者:白澤卓二
新装版 おじいちゃんのまち (講談社の創作絵本)新装版 おじいちゃんのまち (講談社の創作絵本)感想
おばあちゃんに先立たれ、一人暮らしになったおじいちゃん。僕の家族と一緒に暮らそうと言っても頷かないおじいちゃん。おじいちゃんと一緒に銭湯に行ったら、途中の商店街でも銭湯でもおじいちゃんの知り合いがたくさんいて、声をかけてくれる。おじいちゃんは一人ぼっちじゃないんだ。おじいちゃんは元気でいる限りこの町で暮らすのが幸せだと思う。
読了日:7月31日 著者:野村たかあき
ゆっくりハリー (児童図書館・絵本の部屋)ゆっくりハリー (児童図書館・絵本の部屋)感想
ゆっくりしているカメのハリーはペースの速いウサギや他の動物と遊べません。でも、ちょうどいいゆっくりのカタツムリと友達になって良かった良かった。マイペースでいいのだし、友達が出来たらうれしい。きっと自分に合う友達がどこかにいるはず。
読了日:7月30日 著者:マーティンワッデル
書店ガール 4 (PHP文芸文庫)書店ガール 4 (PHP文芸文庫)感想
理子さんや亜紀さんはもう立派なキャリアウーマンとして活躍中。主人公は若い彩加とバイトの愛奈に変わったが、楽しめた。沼津のパン屋さんの青年も気になるし、愛奈の同級生の意外な読書家に気付いたりこれからの進展も気になりますね。たくさん紹介されていた本も幾つか読んでみたいです。
読了日:7月29日 著者:碧野圭
猫弁と魔女裁判猫弁と魔女裁判感想
最終巻、素晴らしいハッピーエンドでした。百瀬の母については多分そういう事なんだろうなと思っていましたが、最終巻、これまでの伏線を全部回収してお見事でした。でも百瀬と亜子の結婚式や周りの皆さんのその後も知りたいから、続編希望!
読了日:7月28日 著者:大山淳子
中学生でもわかる経済学中学生でもわかる経済学感想
分かりやすく書かれており、大人の私が読んでもとても勉強になりました。経済はやはり知らないことが多すぎる。
読了日:7月27日 著者:永濱利廣
すてきなぼうし (えほん、よんで!)すてきなぼうし (えほん、よんで!)感想
お気に入りの赤い帽子が風に飛ばされて次々と他の人(動物)の手に渡って役に立つ話。おなじ作者の「なまえをみてちょうだい」を思い出しました。
読了日:7月27日 著者:あまんきみこ
だいすき、ママ! (主婦の友はじめてブック―おはなしシリーズ)だいすき、ママ! (主婦の友はじめてブック―おはなしシリーズ)感想
ママとはぐれてしまったブタの子ども。ママをさがしにで掛け、みんなが良くしてくれるんだけれど、「やっぱりママがいい!」そうね、こういう時期にしっかり抱きしめてもらえる子は幸せですね。最後ママに会えて良かった良かった。
読了日:7月27日 著者:マーガレットワイルド
図解でわかるスタンフォードの自分を変える教室図解でわかるスタンフォードの自分を変える教室感想
「どうしたら悪い習慣を捨てて健康的な習慣を身に着けられるか」「物事を先延ばししないようになれるか」についての本。見開きでまとめてあり、イラスト入りで分かりやすい。本書には意志力を上げるための方法が40くらい書かれている。その中でやってみたいと思ったのは「瞑想で自分を目標に引き戻す練習をする(1日5分~15分)」「難しい方を選ぶことを繰り返す」「何故という理由を思いだす」「やる力とドーパミンを結びつける」「お手本にしたい人の事を考える」「同じ目標を持つ仲間を見つける」「やらない力をやる力に変える」
読了日:7月26日 著者:ケリー・マクゴニガル
ラプラスの魔女ラプラスの魔女感想
面白かった!ちょっとガリレオテイストが入っていましたね。甘粕才生は完璧主義というだけでなく、遺伝的に脳に欠陥がある。父性欠落症とでもいうべきものである。残虐な凶悪犯というものは大なり小なり脳にその種の欠陥を抱えている。というくだりは昨年のあの事件を思い出させた。謙人にも欠落しているのだから、彼にも幸せな未来は望めない。物理的な未来を予想できても悲しいことである。登場人物で一番共感できるのは青江教授で彼がいるからこの途方もない話が成立しているともいえる。
読了日:7月26日 著者:東野圭吾
杉原千畝と命のビザ―自由への道杉原千畝と命のビザ―自由への道感想
息子さんの視点で書かれている、1940年、リトアニアの領事館に外交官として赴任していた杉原氏一家。ナチスドイツの迫害から逃れてきた数千人のユダヤ人が日本を通過して外国に逃げるためのビザを発行してほしいと詰めかけた。外務省訓令に違反してまでも彼らの命を救うために毎日手書きで通過ビザを書き続けた。結果、約6000人の命を救うことが出来たが、日本帰国後、外務省を退職させられた。この杉原千畝氏の話は娘の英語の教科書にも載っていたのを読んだことがある。
読了日:7月25日 著者:ケン・モチヅキ
地球とは思えない世界の絶景地球とは思えない世界の絶景感想
素晴らしい写真。本当に、地球とは思えません。SF映画のロケが出来そうです。とても綺麗な写真です。
読了日:7月25日 著者:世界の絶景調査委員会
「怒らない体」のつくり方――自律神経を整えるイライラ解消プログラム「怒らない体」のつくり方――自律神経を整えるイライラ解消プログラム感想
怒りは血液をどろどろにし、血管を傷つけ、病を引き起こし、老化を促進する。怒らなければ、他の健康法はいらない。怒らないためには、口角を上げ、笑顔でいる。背筋を伸ばしゆっくり歩く。「ため息」をつく。息を3~6秒吸って、4~8秒吐く。丁寧に字を書く。寝不足や暴飲暴食をしない。ゆっくり水を飲む。気持ちを静める色や香りを持つ。お気に入りの音楽。怒っている相手の話には乗らず、相づちを打つ、黙る、話題を切り替える。相手を言い負かさない。人は間違うものだと理解し、信用し過ぎなければ、相手が失敗しても腹が立たない。
読了日:7月24日 著者:小林弘幸
年齢を魅力に変える48のルール年齢を魅力に変える48のルール感想
思っていたのと違って、ちょっと若い人向きだったかな。でもやってみようと思ったのは「もっている生活技術を数えてみてください。その数を1年に2~5くらい増やしまよう」マンネリのメニューを増やしてみるか。
読了日:7月23日 著者:加藤ゑみ子
猫弁と少女探偵 (講談社文庫)猫弁と少女探偵 (講談社文庫)感想
猫弁の『卒業』w(゜o゜)w やったね♪映画『卒業』のあの結婚式場からエレーンと手に手を取って逃げ、長距離バスに飛び乗ったシーンを思い出します。いきなりの急展開です。赤坂プリンスが吉と出ましたね。子ども達もいい子で、隣人の社長夫人もちょっと変わっているけれどいい人だ。怪しい自称「弟」は何者・とか、なぞは残るが、次巻が楽しみです。
読了日:7月23日 著者:大山淳子
火花火花感想
本日(7.16)芥川賞選考会ですね。又吉さん、受賞するといいですね。主人公徳永の気持ちは理解できるが、師匠、神谷はスケール大きすぎて理解不能。でもこの人は自己破産しても懲りずに芸人として生きて行くのでしょうか・・・。理解不能だけれど心の熱いいい人だ。いい人と言えば一番いい人は真樹さん。神谷と結ばれなかったのは残念だが、真樹さんにとってはその方が幸せだったのかもしれない。芸人の世界で生き残るのは、才能と努力と、運と・・・かなり厳しそうだ。
読了日:7月16日 著者:又吉直樹
星やどりの声星やどりの声感想
いい話だった。朝井リョウ氏、基本悪人は出てきませんね。それぞれが様々な悩みを抱えていながらも悪人はいない。家族にこんな人がいたら救われるだろうな。それが父親であっても兄や弟であっても子どもであっても。一家に一人朝井リョウ(笑)後、読んでいないのは順番待ちの『武道館』だけ。楽しみです。
読了日:7月15日 著者:朝井リョウ
世間のドクダミ (ちくま文庫)世間のドクダミ (ちくま文庫)感想
群さんの祖母モモヨさんのその後の話が面白かった。95歳で入院。食道に腫瘍が出来ていると言われたが、結局何もなくて退院。その1年後、老人施設に入所。「家に帰れないなら今すぐ死んでやる」とベランダの手すりに馬乗りになったところを取り押さえられて、帰宅。伯父の家で平穏に暮らしていたが、ある日、朝食を食べて自分の食器を洗い、ソファーでくつろいでいた。洗濯ものを抱えた伯母が「干してきますね」「はい、ご苦労さん」・・・と、干して戻ってきたらソファで寝ていると思ったモモヨは息絶えていた。なんて素晴らしい最期。死因は?
読了日:7月14日 著者:群ようこ
なんにもない部屋のもの選びなんにもない部屋のもの選び感想
捨て魔になったゆるりまいさんが厳選したお気に入りの品が紹介されています。ちょっと私の好みではありませんが、スッキリしたお宅にお似合いの素敵な品々です。わたしは真鍮とか琺瑯とか重いものはパスだけどね。ウチもごちゃごちゃした物をスッキリ捨てて本当に使うものだけにしたいものです。
読了日:7月13日 著者:ゆるりまい
猫弁と指輪物語 (講談社文庫)猫弁と指輪物語 (講談社文庫)感想
ひとの死なない日常のミステリー。猫弁、百瀬太郎、お人よしで少しずれていますがいい人です。まこと動物病院がらみの訴訟で亜子との秋田行きをドタキャンしてしまったのはお気の毒だったが、すべては上手く行ってよかった。エンゲージシューズの赤い靴はもちろん素晴らしいものですが、やはり指輪が欲しかったよね。七重さん、ナイスでした。百瀬の母の話も少し出てきて、いずれはその問題もうまくいくんだろうなと期待しています。
読了日:7月13日 著者:大山淳子
居酒屋ぼったくり居酒屋ぼったくり感想
初読みの作家さん。「みをつくし料理帖」の現代版かと思うような、よく似た設定。面白くて下町の人情味もよい。真似して作ってみたい料理もいろいろあった。続きも読みます(^^)v
読了日:7月13日 著者:秋川滝美
いちねんせいの1年間 がんばれ、なみちゃん! (講談社の創作絵本)いちねんせいの1年間 がんばれ、なみちゃん! (講談社の創作絵本)感想
小さな島から転校してきて不安でいっぱいのなみちゃん。「プールでおよいだこともない」なみちゃんでしたが・・・。さすが島の海で泳いでいただけあって6年生にも負けない泳ぎっぷり。もう、なみちゃんこわくないね。
読了日:7月12日 著者:くすのきしげのり,宮澤ナツ
おばけイカにきをつけろ おとうとうさぎ!おばけイカにきをつけろ おとうとうさぎ!感想
不思議な雰囲気の絵本。スウェーデンの人気絵本だそうです。最初は弱虫だった弟うさぎが兄や姉を助けるために大活躍。でもおばけイカをやっつけるのではなくて、相手の身になってみるという解決方法がいいですね。このおばけイカもなかなか話の分かるイカでした。ハッピーエンド。きっと子ども達の気に入る絵本になると思います。
読了日:7月12日 著者:ヨンナ・ビョルンシェーナ
まじょがかぜをひいたらねまじょがかぜをひいたらね感想
子どもに語りかけるように話が展開していくのがいい。こう思うでしょ、でも違って・・・。で、結局どうなるかというと・・・。
読了日:7月12日 著者:高畠じゅん子
?あつさのせい? (日本傑作絵本シリーズ)?あつさのせい? (日本傑作絵本シリーズ)感想
今日はとても暑い日でこの絵本にぴったりでした。あまりの暑さにうまは帽子を忘れ、その帽子を拾ったきつねはカゴを忘れそれを拾った・・・は・・・を忘れ・・・と、連鎖していく。拾ったものを私有化していいのか!!という突っ込みどころはあるが、何かを拾って喜び、自分の物を一つ忘れて行くという話は子どもにウケると思います。最初のうまが何も拾っていないんですけどね。しかも、あとで自分の忘れた帽子をキツネがかぶっているのを見たのに「あつさのせい」と思ってしまうのも面白い。
読了日:7月12日 著者:スズキコージ
パンケーキをたべるサイなんていない?パンケーキをたべるサイなんていない?感想
デイジーのパパとママはいつも「いそがしい、いそがしい」と言って、デイジーの話を聞いてくれません。あるとき、デイジーの家に大きな紫色のサイが入ってきて、パンケーキを食べてしまうのですが・・・。子ども達の共感を得そうな設定です。展開や結末も面白い。「あとでね」と言われたことがない子なんているかな。みんなデイジーの気持ちになって味わえるお話だと思います。
読了日:7月12日 著者:アンナケンプ
ぞうくんの あめふりさんぽ (こどものとも傑作集)ぞうくんの あめふりさんぽ (こどものとも傑作集)感想
「ぞうくんのさんぽ」の第2弾。こんどは泳げないぞうくんが一番上に乗っかって水の中をお散歩。前回とは逆の順番になっています。最後にえ~~っということになって・・・・でも、ハッピーエンド。子ども達もホッとすることでしょう。
読了日:7月12日 著者:なかのひろたか
CHANTO(ちゃんと) 2015年 08 月号CHANTO(ちゃんと) 2015年 08 月号感想
「1日1分からできる!疲れがス~ッととれる心と体の健康術」と「物が多くてもスッキリ暮らせる」を読みました。
読了日:7月11日 著者:
ゆうだちゆうだち感想
トリニダード・トバゴの民話をもとにした絵本。ヤギとオオカミの命がけの歌合戦。というか、必死なヤギとびびりまくりのオオカミ。もし、歌が得意ならてきとーなメロディをつけて臨場感たっぷりに歌ったら、面白いと思います。オオカミとヤギという組み合わせでこんな展開は面白いですね。
読了日:7月11日 著者:あきびんご
快眠したければ「首」を緩めなさい (小学館新書)快眠したければ「首」を緩めなさい (小学館新書)感想
首をゆるめるポイントは4つ①首を温める②ツボを押す③ストレッチ・エクササイズなど簡単な運動をする④正しい姿勢を意識する・・・ということで、この本にそのやり方が書かれています。首は大切な所です。昨年夏、あまりの寝苦しさに保冷剤で首を冷やしたため、神経根症になり酷い目に遇いました。首は絶対に冷やしちゃダメ。本当は長時間パソコンに向かっているのもダメなんだけどね。ストレートネックになっていると医者に言われました(-_-;)上記4つのやり方で首を緩めれば自律神経も整い快眠も得られるとのこと (*^-^)b
読了日:7月11日 著者:小林弘幸
風に舞いあがるビニールシート風に舞いあがるビニールシート感想
直木賞受賞作。国連難民高等弁務官事務所に勤める男女の話。風に舞いあがるビニールシート、誰かが手を差し伸べて引き留めなければならない。エドは各地の難民キャンプで被災者の救済に携わっている。里佳はエドを誇りに思いながらも子どもを産み育てたいと願っている。コソボやアフガン、現地は今もこういった状況なのだろうか。最後にアフガン行きを決意した里佳。重い内容で二人の愛が切ないが前向きな終わり方。表題作以外の短編もどれも良かった。どれも葛藤があるが、ジェネレーションXの石津が爽やかで好き。
読了日:7月10日 著者:森絵都
家族の悪知恵 (身もフタもないけど役に立つ49のヒント)家族の悪知恵 (身もフタもないけど役に立つ49のヒント)感想
前作『生きる悪知恵』に続き、悪知恵シリーズ2冊目。優等生の回答ではないが、本当に役立ちそうなやや怪しい回答で小気味よくバッサリと一刀両断。お見事です。そこには歯に衣着せたような曖昧な物言いは一切なく、「子供の手をしっかり握ってダンナは川に流しましょう」「子どもは北朝鮮と思ってネゴシエイトすべし」とか、気持ちいいほどはっきりした回答ばかり。それがいいか悪いかは読み手に任せるけれど、カッコいい生き方だと思う。
読了日:7月9日 著者:西原理恵子
世界地図の下書き世界地図の下書き感想
朝井氏直木賞受賞後第一作。まずは、太輔が一班の5人と出会えて本当に良かった。太輔が両親を事故で失ったエピソードは誰にも起こりうることであり、太輔に感情移入して読むことが出来る。最後、佐緒里だけでなく、それぞれが違った道を歩くことになって太輔は一人残される形になるが、それぞれが決心して自分の道を決められたのが良かった。佐緒里が弟の為にも東京に出る夢が閉ざされたのが切ないがアリサ作戦が成功し、励ますことが出来たのは良かった。いつの日か大人になった太輔が佐緒里を「佐緒里」と呼ぶ日が来ることを願う。
読了日:7月9日 著者:朝井リョウ
クロワッサン 2015年 4/10 号 [雑誌]クロワッサン 2015年 4/10 号 [雑誌]感想
片付けというと読まなくちゃ!と思うけれど、状況や環境が違うからさほど役に立たない。でも、「お片付けノート」をやってみようとか、数ある衣服や食器の中でもよく使うものとあまり使わないものをちゃんと把握しようとかモチベーションは上がる。
読了日:7月8日 著者:
100%幸せな1%の人々100%幸せな1%の人々感想
なかなかできないけれど、全くその通り!という感じで、不平不満を言わず、掃除・笑い・感謝♪・・・すべてシナリオ通りというのが納得しかねるが、著者は超常体験から全く健康な知人が3か月後に亡くなるのを予知し、人の死もシナリオ通りなんだと確信。ある事象を幸福とみるか不幸と見るか、それはそう感じた人にはそうなる。「ありがとう」という魔法の言葉の力を実践したい。著者のお嬢さんの運動会での天使のようなエピソードに泣けた。
読了日:7月7日 著者:小林正観
猫弁と透明人間 (講談社文庫)猫弁と透明人間 (講談社文庫)感想
天才なのにお人よしで欲がない百瀬。今回も大活躍でした。亜子さんとの仲も少し前進。誰でもいい、じゃなくてこの人と、という感情を持てて良かったです。引きこもりの天才沢村もいい味出しています。オウムにうつされた?関西弁のおかげで人と喋られるようになったようで、次回からも出てきてほしいキャラです。ひまわりちゃんのお父さんが目覚めて良かった。
読了日:7月6日 著者:大山淳子
私たちがプロポーズされないのには、101の理由があってだな (一般書)私たちがプロポーズされないのには、101の理由があってだな (一般書)感想
かなりの収入もあり、女友達も多く、付き合っている男もいる。「結婚していない」という一点以外はまさに意のままに人生を謳歌しているパワフルな女たち。自身が人生の主体として確立しており、男の人生に寄り添うような生き方は望まない。強い女たちだから、今つきあっている男たちも結婚しようとは思わない。・・・ということですかね。結婚しない人生、これだけパワフルに生きている彼女たちならそれも幸せかもしれません。
読了日:7月6日 著者:ジェーン・スー
ストレスが消える「しない」健康法 (角川SSC新書)ストレスが消える「しない」健康法 (角川SSC新書)感想
ストレスを体に悪いと決めつけない。ストレスを気持ちで何とかしようとしない。ガマンしない。頑張らない。悩まない。で、ストレスに面したら、行動する。トイレに行く、水を飲む、階段昇降など。ストレスがあるときはいつも以上にゆっくり丁寧に行動する。引き出しを一つ片付けるなど、小さな範囲を片付ける。どうでもいい人に言われた悪口は放置する。みんなに好かれようと思わない。
読了日:7月5日 著者:小林弘幸
最後の恋 プレミアム―つまり、自分史上最高の恋。 (新潮文庫)最後の恋 プレミアム―つまり、自分史上最高の恋。 (新潮文庫)感想
う~ん、なるほどそうきたか。自分史上最高の恋っていうんだからすごく期待したけれど、ちょっとどれも肩すかし。どれも個性的な作品でした。一番好きなのは乃南アサさんの『それは秘密の』です。作品としては好きだけれど、これが史上最高の恋かというとちょっと物足りない。
読了日:7月5日 著者:阿川佐和子,大島真寿美,島本理生,森絵都,乃南アサ,井上荒野,村山由佳
30000このすいか30000このすいか感想
食べられちゃうのは大変!と、畑から逃げ出した30000このすいかたち。この先の結末を誰が想像できるでしょうか。あっと驚くどんでん返し?があります。びっくりです。
読了日:7月4日 著者:あきびんご
きょうりゅうといぬどっちがつよい?きょうりゅうといぬどっちがつよい?感想
どっちが強いか、何で比べるかによって勝ち負けが変わる。自分の得意な事で勝負すればいいし、何がいいか悪いかの答えはさまざまである。たくさんの女の子の中で誰が一番素敵か。それはその子を選んだ人にとってはその子が一番素敵なのだ。幸せになる方法を教えてくれる絵本。
読了日:7月4日 著者:ひすいこたろう,のぶみ
気品のルール (お嬢さま講座シリーズ特別編集)気品のルール (お嬢さま講座シリーズ特別編集)感想
まず姿勢。指は揃える。目線はまっすぐ。微笑み。声は相手にだけ聞こえる音量で話す。普段と違う窮地に陥った時に試されるのが気品。スクワット3分、1か月続ける。家はスッキリ片付ける・・・これが難しい。とりあえずのものではなく気に入った良いものを持つ。
読了日:7月4日 著者:加藤ゑみ子
モモヨ、まだ九十歳 (ちくま文庫)モモヨ、まだ九十歳 (ちくま文庫)感想
なんてキュートなおばあちゃん!是非、その生き方にあやかりたいものです。それにはまず丈夫な足腰が必要ですね。そして好きなものは好き、嫌いなものは嫌いとはっきり言える事。・・・しかし、モモヨさんは口が悪くてもみんなに愛されていらっしゃるようで、人格者なんですね。90歳で一人で新幹線に乗って東京にやってきた。目的は5つ①ホテルにひとりで泊まる②上野動物園でパンダを見る③東京ドーム見学④東京ディズニーランドで遊ぶ⑤おばあちゃんの原宿で買い物。好奇心が強く頭の回転も速い。こんなおばあちゃんになりたいものです。
読了日:7月3日 著者:群ようこ
少女は卒業しない少女は卒業しない感想
廃校が決まった地方の高校を舞台に繰り広げられる7つの別れと旅立ちの話。さすが現役大学院生だけあって高校生の日常がくっきりと描かれている。どれも爽やかないい話だったが、最後の話だけは切なすぎて・・・。こういうのって誰のせいでもないのに関係者皆が自分が〇〇しなかったら・・・。と、思ってしまいがちなんですよね。その試練を乗り越えて行ってほしい。
読了日:7月2日 著者:朝井リョウ
3652: 伊坂幸太郎エッセイ集 (新潮文庫)3652: 伊坂幸太郎エッセイ集 (新潮文庫)感想
伊坂氏のエッセイを読むのは初めて。面白い。脚注が入っているのが目新しい。伊坂氏のお父さんがすごく面白そうな人。お父さんネタで作品に生かせるものも多いと思う。奥様も伊坂氏が仕事を辞めて執筆に専念しようと思うと相談を持ちかけたら「いいんじゃない」と即答してしまうあたり、かなり太っ腹。いい人だ。奥様との出会いをもっと読みたかった。何度か出てきた大江健三郎の『叫び声』を図書館に予約した。
読了日:7月1日 著者:伊坂幸太郎

読書メーター


ぽちっとしてね↓
にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村

日記・雑談(60歳代) ブログランキングへ

2015年08月01日 (土) | 編集 |
7月20日(月)

ひろさきYHの朝食
2015-07-20 2015-07-20 002 001 (640x480)
素晴らしいです♪
これがYHの朝食だなんて、信じられません。
イカ焼きやホタテの焼き物も付いており、郷土の野菜料理もおいしい♪

一泊朝食付きで、部屋が狭い(8畳)からと負けてくれて3人分で11000円w(゜o゜)w
有難うございました(^^)v

今日で最終日
青荷温泉に行って、あとはいくつか道の駅によってひたすら帰るだけ。

2015-07-20 2015-07-20 002 005 (640x480)

2015-07-20 2015-07-20 002 006 (640x480)

道沿いに津軽弁の立札がいくつも立っていて面白い

2015-07-20 2015-07-20 002 007 (640x480)

オケナ・・・って?

青荷温泉

青荷温泉←クリックしてね

青荷温泉(あおにおんせん)は、青森県黒石市(旧国陸奥国)黒石温泉郷にある温泉である。

2015-07-20 2015-07-20 002 011 (640x480)
よぐきたねし・・・ようこそ、いらっしゃいました♪

大昔学生時代、地学の巡検で東北北海道を旅行した時、汽車の中で津軽弁を話すおじさんに話しかけられて、全く分かりませんでした。┐(´д`)┌

それを思えば、今回の青森の人の話はちゃんと分かりました殆ど標準語です。


ランプの宿「青荷温泉」とは・・・

開湯 昭和4年、秘境青荷渓谷の渓流沿いに本館と3棟のはなれが散在する青荷温泉は、 ランプの宿として知られる、ひな びた風情の秘湯です。
2001年より通年営業となり、雪の多い冬期間も営業しております。
四つのお風呂健六の湯 ・露天風呂 ・本館内湯・滝見の湯を、 「ゆったど・じったど」湯巡りしながら、青荷渓谷の豊かな自然を楽しみに「来いへぇ~!」

泉質 炭酸泉。源泉温度45度から60度
効能 神経痛、リューマチ、疲労回復

4つあるお風呂をいちいち服を着てめぐるのが面倒ですが、どれもいいお湯でした。

着いたときは滝見の湯が清掃中で、まずは露天風呂から
混浴ですが、酸ヶ湯で買った湯あみ着着用で

2015-07-20 2015-07-20 002 014 (640x480)

2015-07-20 2015-07-20 002 015 (640x480)

確か11:00~レディスタイムだったかな・・・

2015-07-20 2015-07-20 002 016 (640x480)
露天風呂はここまで

次に滝見の湯へ

2015-07-20 2015-07-20 002 019 (640x480)

でもまだ清掃のために抜いたお湯を張るのに時間が掛かるらしい

で「健六の湯」へ
青森のヒバ材をふんだんに使用した頑丈な造りの風呂。
男女別になっていて、女湯には露天風呂をもうけ、広く、明るく、清潔にしたそうです。
これを津軽では「あずましい湯ッコ」と言うそうです。

2015-07-20 2015-07-20 002 020 (640x480)

2015-07-20 2015-07-20 002 022 (640x480)


2015-07-20 2015-07-20 002 021 (640x480)

女湯だけ露天風呂が付いているんです♪
2015-07-20 2015-07-20 002 023 (640x480)

次は本館内風呂へ
『ランプの宿』というだけあって、あちこちにランプがあります。

2015-07-20 2015-07-20 002 024 (640x480)

本館内湯は狭いけれど、総ヒバ造りの綺麗なお風呂でした。

2015-07-20 2015-07-20 002 025 (640x480)

やっと「滝見の湯」へ
外の露天風呂で滝を見ながら山口県から来た人や東京から来た人と喋っていたら、滝の写真を撮るのを忘れました。

↓は「滝見の湯」の内風呂

2015-07-20 2015-07-20 002 026 (640x480)

帰り道、坂を上って行くとまた立札が・・・

2015-07-20 2015-07-20 002 027 (640x480)

道の駅で食べたご当地ソフト・・・何だったっけ、しし唐アイス?
2015-07-20 2015-07-20 002 028 (640x480)

ひたすら帰ります。

金沢まで帰るはずだったのに遅くなったので、富山の息子の宿舎で一泊
翌朝帰ってきました。
仕事があるんです。

連れて行ってくれた息子に感謝♪

ぽちっとしてね↓
にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村

日記・雑談(60歳代) ブログランキングへ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。