人生の折り返し地点は過ぎましたが、明るく前向きに生きていきます♪
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2016年01月22日 (金) | 編集 |
ブログのタイトルを変えました。

日々是れ好き日なり
と、しました。

日々是好日という言葉からです。

意味は
「相対的な価値観を超越し、宇宙と一体となって悠々と生きる事が人間としての真実の生き方であるという境地に達すれば、 日々すべからく好い日である」
というもの。

そりゃ、生きていればいろいろ辛いことや悲しいことがあるけれど、誰かを恨んだり、愚痴を言っていても仕方がない。
マイナスの感情は血液をドロドロにし、寿命を縮めるだけ。

一日一日を大切に、今ある命に感謝して生きて行こうと思います。

でもね。
それとは相反するのかもしれませんが、

いい人をやめることにしました。

私はこれまで結構いい人でした。
同僚や、弱い立場の人につらく当たったことは決してありません。
頼まれたことは、出来ることなら大抵引き受けてきました。

「いい人ね」と、言われていました。

でも、結局、いい人とは相手にとって都合のいい人であり、頼みやすい人ということなんです。

先日、プール友達が水泳中に急死したこともあって、人の命はいつどうなるか分からないと思いました。

一日一日を自分に正直に、好き日にして行きたいと思います。


実は、高校時代の担任の先生から英会話教室を手伝ってほしいと頼まれました。

英会話教室と言っても、私が教えるわけではなくて、別の外国人の先生が教えるので、英語の歌の簡単な伴奏をしたり、子ども達に日本語のヒントを与えたりするだけです。

先生は84歳と高齢で心臓の病気もあり、歩くのも不自由。
先生のご自宅は同じ町内にあり、教室も歩いて数分の所。

でも、歩けなくなったので車で送り迎えをしてほしいとのこと。

心臓の重い病気で、いつ死んでもおかしくないと医者に言われているけれど、最後まで好きなこと(英語の指導)をしていたい。

お気持ちは分かります。
私は家も近いし、期待されている内容はそれほど難しくないのかもしれません。

でも・・・・・
一昨年、同じ84歳で亡くなった母。

先生は、英語の手助けよりも介護要員としての働きを期待されているのかもしれません。

いつ死んでもおかしくないと言われている
それ、私が最期までお世話するのは・・・・・

迷ったけれど、やっぱりお断りすることにしました。
薄情かもしれないけれど。

私は、今やっている2つのパートだけで精一杯。
あとの時間は自分のために使いたい。
子ども達がSOSを出して来たら、助けてやりたい。

だから、英語教室の話はお断りすることにしました。

「いい人」はやめます。

自分の納得できる生き方をしていきます。
スポンサーサイト

2016年01月06日 (水) | 編集 |
新年早々、申し訳ないのですが
スポーツクラブのお仲間さんが、年末に亡くなったと聞きました。

プールで背泳ぎをしていて浮いたまま、動かなくなっていたそうです。
プールにはご主人も来ておられて、すぐ救急車で運ばれたのですが
脳梗塞だとか、大動脈りゅう破裂だとか・・・

65歳、元気でよく喋る人でした。
お風呂やサウナでよく喋りました。
季節ごとのランチ会でもご一緒しました。

息子さん二人はもう結婚されて県外に住み
ご夫婦二人であちこち旅行に行っておられました。

幸せな人生だったと思います。
「ぴんぴんコロリでいいじゃないか」と、旦那は言うけれど

65歳、早すぎますよね。
病気だったのなら仕方ないけれど。

血圧は高かったらしいけれど、薬は飲んでいると言ってました。
大動脈りゅうのことは知っていたのかどうか・・・

体調が悪かったのなら、運動は控えたほうがいいけれど
脳梗塞とか、大動脈りゅう破裂とかって、予兆はあるんでしょうかね。

私も怖くなったので、ご無沙汰しているかかりつけ医院へ行ってみようかと思います。
近頃、お風呂上りに鼻血が出たりするのは血圧のせいか・・・?

放置している血圧の薬はやはり飲んだ方がいいのか。
『高血圧はほっとくのが一番』という本も読んだのですけど。

あと20年は生きるつもりですが、人生いつどうなるか分からないものですね。

ご冥福をお祈りします。


2016年01月01日 (金) | 編集 |
2015年12月の読書メーター
読んだ本の数:50冊
読んだページ数:10120ページ
ナイス数:5203ナイス

なりたいなりたい感想
しゃばけシリーズ第14弾。生まれ変わったら何になりたいか、その答えが気に入れば神様が叶えてくれると言われた若旦那。自分は何になりたいのだろう・・・。妖になって空を飛びたい甚兵衛。人になりたい道祖神。猫になりたい人。親になりたい娘。りっぱになりたい万之助。そして、若旦那が考えた答えは・・・。なりたいにちなんだ5つの話。どれも複雑に絡んでいるが、病弱な若旦那が妖達と協力しながら解決していくのが面白い。若旦那は若いのに落ち着いていて、優しく、芯がしっかりしている。分からない点をはっきりさせていくところもいい。
読了日:12月31日 著者:畠中恵
過ぎ去りし王国の城過ぎ去りし王国の城感想
宮部みゆきさんらしいファンタジーで、社会問題も含んでいる。表紙の絵、すごいですね。モデルになった「ベネディクト修道院」を画像検索してみました。『ソロモン・・・』を分厚い3部作にした宮部さんだから、この話も本当はいくらでも引き延ばせるのでしょうけど、案外あっさり終わりましたね。でも、楽しませてもらいました。後味も悪くなかったし。珠美をいじめていた奴らを何とかしてもらいたかったが、珠美は強く生きて行くと思う。いい友達もできたことだし。
読了日:12月30日 著者:宮部みゆき
羊男のクリスマス羊男のクリスマス感想
学生時代、村上春樹氏が盗んできたという佐々木マキさん制作のビートルズフェスティバルのポスターを是非見てみたかった。調べるうちに、なんと佐々木マキさんは男性だった!ビックリ。ところで、ドーナツが好きな羊男の話をどこかで読んだと思ったら『図書館忌憚』(ふしぎな図書館)で読んだのだ。そして『羊をめぐる冒険』も確かに昔読んだが、忘れたのでまた読んでみよう。この『羊男のクリスマス』はあまり子ども向けとは思えないが、ファンタジックで面白い。ハッピーエンドのような、切ないような終わり方。結構好きな話だった。
読了日:12月29日 著者:村上春樹
ねこ背は治る! ──知るだけで体が改善する「4つの意識」ねこ背は治る! ──知るだけで体が改善する「4つの意識」感想
①呼吸を深くする(肋骨は前にも横にも背中にも鎖骨方向にも広げる)ことで、運動能力が向上し、心が安定する。②立つ時は、しっかり大腿骨に乗り、重心を足の裏の衷心より後方に乗せ、力を抜く。座るときはしっかり坐骨に乗ることで猫背が治る。③腕を動かすときは肩甲骨ごと動かすことで腕力が上がる。④足は股関節からではなく鳩尾のすぐ下の大腰筋から動かすことで速く軽快に歩けるようになる。①~④は訓練ではなく知識を持つことで体得することが出来る。・・・やってみよう (*^-^)b
読了日:12月29日 著者:小池義孝
短歌で紡ぐ架空の恋 vol.2 第21首〜40首短歌で紡ぐ架空の恋 vol.2 第21首〜40首感想
2巻やっと読めました~。待ち遠しかったよ。2巻を読む前に1巻をまた再読してから読みました。2巻、すぐに出来上がりそうな感じだったのに、随分かかりましたね~。ああ、でも恋の歌だから、すぐ出来上がっちゃったらつまらないか・・・。障害は15歳の歳の差だけでしょうか。清史がんばれ!でも、まだまだじらされたい気もしますね。次巻も楽しみにしています。短歌も勿論素敵ですが、写真もとてもいいですね。短歌入りの写真絵はがき、売れるかも (*^-^)b
読了日:12月29日 著者:麗+優
すえずえすえずえ感想
幼馴染の栄吉にも春が来たみたいだし、若旦那にも多くの縁談が。そうなると離れに集まる妖達の処遇は・・・。というところで、仁吉と佐助の決断。そうよねぇ、人の命は短いから。そして、若旦那にも許嫁が出来た。
読了日:12月28日 著者:畠中恵
安倍「壊憲」政権に異議あり: 保守からの発言安倍「壊憲」政権に異議あり: 保守からの発言感想
安全保障環境が厳しくなっているのは事実だが、ならば自衛隊と海上保安庁の装備を強化していけばよい。米国の二軍のように世界に軍事展開したら①日本全体の国力が経済的に疲弊し②自国の防衛が手薄になり③新たにイスラム諸国を敵に回し、テロ攻撃を受ける危険が生じる。・・・どう考えても得策ではない。
読了日:12月28日 著者:
ねーねーのしっぽ (こどもプレス)ねーねーのしっぽ (こどもプレス)感想
おたまじゃくしのねーねー。大きくなって強大なみんなカエルになったのに、ねーねーだけはそのままの形。・・・というか、オオサンショウウオって見たことがありますが、かなり大きいのですけど。70cm以上あったと思いますよ。
読了日:12月27日 著者:はやしますみ
日経PC21(ピーシーニジュウイチ)2016年2月号日経PC21(ピーシーニジュウイチ)2016年2月号感想
子ども達を撮影した古いビデオとか、デジタル保存しなくちゃ。
読了日:12月27日 著者:
Have You Seen My Cat?: A Slide-and-Peek Board Book (The World of Eric Carle)Have You Seen My Cat?: A Slide-and-Peek Board Book (The World of Eric Carle)感想
たまたま英語版で読みました。エリックカール独特の絵の手法がきれいです。ネコといってもヒョウやらチーターやらいろんなネコ科の動物が出てきます。そして・・・。
読了日:12月26日 著者:EricCarle
ぴったりのクリスマスぴったりのクリスマス感想
王様が王女様に赤いマントを作るための布を買いました。残りの布を裏口に出しておくと・・・。次々と残りの布で大切な誰かにプレゼントを思いつく人が現れ、赤い布はたくさんの人たちの思いのこもったぴったりのプレゼントになりました。クリスマスプレゼントがテーマだからか、誰ひとり「私の〇〇を作ろう」と思わずに大切な人を思い浮かべるのが暖かいですね。
読了日:12月26日 著者:バーディブラック
人生をガラリと変えるメンタルトレーニング オーラのまとい方人生をガラリと変えるメンタルトレーニング オーラのまとい方感想
モデル出身の彼女のポージングをした写真が7枚も(表紙を含めて)あるあたり違和感のある本でしたが、心に響いたのは「『はっきりしたビジョンを持つ』ということはとても大切です。ビジョンを持つとは『そこへ行く』という明確な自分の意思を確認するという事なのです。これによって潜在意識が眠りから覚めます。」とか「自信なんてものは実はあってもなくてもどっちだっていいんです。必要なのは自分が自分を信じる勇気を持ち続けているかどうか。『いつからだって人生は変えて行ける』と、信じつづけていけるかどうか」など。
読了日:12月26日 著者:久瑠あさ美(メンタルトレーナー)
自分をリセットして、願いを叶える! 「引き寄せ」練習帖 奇跡を実感する!自分をリセットして、願いを叶える! 「引き寄せ」練習帖 奇跡を実感する!感想
水谷さんの引き寄せ本4冊目、先日から立て続けに読んでいます。強い意志の人ですね。ビジュアライゼーションで期待する結果をイメージし、喜び、感謝し、信じて待つ。というのは解りました。水谷さんは真っ直ぐで、女性だけれど大変男らしいというか潔い、きっぱりした性格。目先の損得勘定や常識にとらわれず、本当に大事にしたい事を目指して強い意志で決断する姿勢は素晴らしいです。人生で最も大切なことは「決断」すること。そうすれば、必ず目の前に道が開ける。71歳の男性が数年で開脚前屈が出来た話や企画のたまごのサイトの情報もいい。
読了日:12月25日 著者:水谷友紀子
質素な性格 欲は小さく野菊のごとく質素な性格 欲は小さく野菊のごとく感想
「わが欲よ野菊のごとく小さくあれ」・・・いいですね。ちなみに「質素な性格」というのは著者のモットーだそうで、生活ではなくて性格です。性格を質素にしておけば、あれが欲しいこれが欲しい、あの人が羨ましいとか思わなくて済みますからね。しかし、全然欲がないのはダメ。だから野菊くらいは要ります。・・・とのことで、気に入りました。素敵です。90歳を過ぎたお母様(107歳で亡くなられた、あの朝のTV小説の「あぐり」さん)も連れて海外旅行にあちこち行かれたとか。お母様も凄いです。マンションのお部屋も個性的で素敵です。
読了日:12月24日 著者:吉行和子
今日を「いい気持ち」で生きるレッスン―「いやな気分」をやっつける魔法の言葉 (知的生きかた文庫―わたしの時間シリーズ)今日を「いい気持ち」で生きるレッスン―「いやな気分」をやっつける魔法の言葉 (知的生きかた文庫―わたしの時間シリーズ)感想
著者は女性のストレス性疾患の治療に携わる医師。3~4ページくらいの長文と1ページに数行の名言のようなアドバイスで構成されている。そのワンポイントアドバイスだけでも役に立ちそうです。例えば「どちらが正しいか」という論争からは何も生まれないのです。とか、人は皆、それぞれ大変な思いをして生きていることを知りましょう。とか、あなたの「正論」はあなただけの「正論」の可能性もあります。とか、簡単なことです。「あんな言い方」をしなければいいのです。etc. あと、アロマテラピーもやってみたいなと思いました。
読了日:12月23日 著者:海原純子
私も運命が変わった!超具体的「引き寄せ」実現のコツ私も運命が変わった!超具体的「引き寄せ」実現のコツ感想
良いことを思えばよいことが起きる。悪いことを思えば悪いことが起きる。これが「引き寄せの法則」自分の可能性の邪魔をしているのは自分。ネガティブな考え方の癖を改め、自分の日々の思考をもっと上手にコントロールできるようにする。美しいもの豊かなもの的なものになるべく注意を向ける。まず、リラックスし、1回に一つの望みに集中する。現在形または完了形でイメージする。鮮明に具体的にイメージする。嬉しい楽しいという感情も味わう。必ず感謝する。要するに①イメージを見る②喜ぶ③感謝するの3つ。
読了日:12月22日 著者:水谷友紀子
誰でも「引き寄せ」に成功するシンプルな法則誰でも「引き寄せ」に成功するシンプルな法則感想
『やればやるほど実現する! 「引き寄せ」に成功する人がやっている小さな習慣』を先に読み、面白そうだったので何冊か読んでみようと思います。著者が高校に入学してすぐ、父親が仕事を辞めてしまい、大学は諦めてくれと言われた。しかし筆者はビジュアライゼーションで①ミズーリ大学のジャーナリズム学部に入る(来年8月末まで)②パートナー(今年のクリスマスイブまで)③100万円(留学に必要来年の7月まで)を全て叶えることが出来た。やり方はリラックスして、達成された状態をありありと想像する、手に入れた喜びを味わう、感謝する。
読了日:12月22日 著者:水谷友紀子
整形前夜整形前夜感想
「共感」と「驚異」について、「共感」は人間の生存本能の一種だという。そうかもしれない。それに対して「驚異」志向は生存に不利。「驚異」に触れようとする若者は死にやすい。冒険家、ギャンブラー、ロックミュージシャン、詩人も死にやすい。小説家の中でも「共感」寄りのエンターティンメント作家よりも「驚異」寄りの純文学作家の方が死にやすい。なるほど、太宰治や芥川龍之介も若くして亡くなっている。でも近年の若者は「ありのままの君でいいんだよ」「幸せは自分の心が決める」的な「共感」寄りにシフトしている。確かに。
読了日:12月21日 著者:穂村弘
「疲れたカラダ」のヘルシー回復術―ズボラでOK! (AC mook―NHKためしてガッテン)「疲れたカラダ」のヘルシー回復術―ズボラでOK! (AC mook―NHKためしてガッテン)感想
指圧・・・私の場合は疲れやすい腕と指。お風呂・・・温泉!宿泊付きで行きたいものです。いつも日帰りだし。クエン酸・・・酢1カップ、はちみつ大匙3~4杯を電子レンジで2~3分あたため、ビンなどで保存。これをいろんな飲み物に大匙3杯いれるとヘルシードリンクの出来上がり。冷蔵庫で10日ほど保存可能。
読了日:12月20日 著者:NHK科学・環境番組部,季刊「NHKためしてガッテン」編集班
殺人の門 (角川文庫)殺人の門 (角川文庫)感想
登録していなかったけれど、以前読んだ本でした。エピソードは覚えているけれど、結末を覚えていないので、最後まで読みました。正直、気分の悪い物語なのですが。やはり、没落しても田島は所詮いいとこのお坊ちゃまで倉持のしたたかさに比べれば赤子の手をひねるようなものだったのでしょうね。田島の父親がホステスに手玉に取られていたのも全く同じ。倉持が詐欺の被害者に襲われたのは身から出たさびで、遅かったくらい。倉持が田島に生涯付きまとったのは、田島のお坊ちゃん体質が許せなかったのだろうか。
読了日:12月20日 著者:東野圭吾
舟を編む (光文社文庫)舟を編む (光文社文庫)感想
以前、単行本で読んだのですが、文庫版に「馬締の恋文」が全文掲載されていると知り、読んでみました。はぁ、なるほど、この恋文で香具矢さんを落としたのか。ちなみに、馬締さんにはモデルがいらっしゃるとのことですが、この恋文はその方のオリジナルなのか、しをんさんの創作なのか、気になります。でもやはり、しをんさんの創作なのでしょうね。
読了日:12月19日 著者:三浦しをん
見た目が20歳若返る!  血管健康法見た目が20歳若返る! 血管健康法感想
あら、1年前に読んだ本だったのに、また借りてきてしまいました。今回はシミ対策に5つの約束①外出時には必ず、日焼け止めクリームを塗ること②夜寝る前には洗顔石鹸のみを使用して色々なものを使わない③12時前に寝る④ビタミンCを摂る⑤青魚を努めて摂る。スキンケアには運動。ほうれい線対策は、たくさんの野菜を摂り、甘いものを控える。太ももを鍛えると見た目が若くなる。エアロバイクを30分こぐ。
読了日:12月19日 著者:伊賀瀬道也
職業は武装解除職業は武装解除感想
素晴らしくまっすぐで強い、行動力のある人。きっかけは、高校3年の時に新聞で見かけたルワンダの大量虐殺、虐殺を逃れてきた母親がコレラで亡くなりそうになっているのを泣きながら起こそうとしている3歳くらいの子どもの写真。進路を決め、紛争解決について学べる大学を探した。20歳の時、目標の地ルワンダに行ったが技術や経験の不足を思い知った。「肩書きも所属も関係なく、身一つで現場に放り込まれても、変化を生める人間になる」と決意する。かつて、戦争で欧米にボロボロにされ、立ち直った日本のいう事だからこそ信用される。
読了日:12月18日 著者:瀬谷ルミ子
たぶんねこたぶんねこ感想
病弱な若旦那だけれど、肝が据わっていて知恵が回る。そして、人情に篤い。兄や達と5つの約束をしたけれど、守れず筈も無く巻き込まれる事件の数々、気持ちよく解決して良かった。ああでも、若旦那は約束通り・・・。5つの話の中では仁吉の記憶喪失の話が新鮮だった。
読了日:12月17日 著者:畠中恵
100にんのサンタクロース100にんのサンタクロース感想
先日読んだ『おおきいサンタとちいさいサンタ』がリーダーで、100人のサンタクロースが助け合って暮らしている。一人一人紹介されていますが、お話の中で全員が一回活躍の場があります。リーダーの大きいサンタと小さいサンタはたびたび出てきます。森サンタにくっついている妖精サンタが小さくて、最後の方の場面で見落としそうになりました。イブの晩だけじゃなくて、一年中やプレゼントを届け終わったクリスマスのサンタのお話は楽しいですね。100までの数を数えたがる小さい子にも楽しめます。
読了日:12月17日 著者:谷口智則
引き寄せの法則 実効篇―あなたの強い心が取引に及ぼすプラス面とマイナス面引き寄せの法則 実効篇―あなたの強い心が取引に及ぼすプラス面とマイナス面感想
なんか期待したのと違っていましたが、営業などのビジネスマン向きかも知れません。それと、眼力やテレパシー、集中力を高めるエクササイズが載っていました。テレパシー?例えば、通りで前を歩く人に注目する。2~3m以上離れる。相手の首の後ろ、大脳基底核に視線を集めます。この部分を強く見つめていると、相手は振り返ります。・・・みたいなエクササイズがいくつか載っていました。ほお~、試してみるか。
読了日:12月16日 著者:ウィリアム・W.アトキンソン
短歌という爆弾―今すぐ歌人になりたいあなたのために短歌という爆弾―今すぐ歌人になりたいあなたのために感想
短歌が人を感動させるために必要な要素のうち一つは共感「その気持ちわかる」というもの。もう一つは驚異「いままで見たことがない、なんて不思議なんだ」という驚き。歌作りには「入力」と「出力」がある。入力は外界を感受すること。出力は感受したものを実際に言葉で表現すること。それまでに誰も考えなかったような、自分だけの呪文を意識して歌を作る。
読了日:12月16日 著者:穂村弘
やればやるほど実現する! 「引き寄せ」に成功する人がやっている小さな習慣やればやるほど実現する! 「引き寄せ」に成功する人がやっている小さな習慣感想
ビジュアライゼーションの方法①望むものがたった今手に入ったところを見る②その時の喜びの感情を味わう③宇宙に感謝する。望みはなるべく具体的に思い浮かべるのが大切。愚痴や変な口癖はやめる。悪いことが起こるのではないかと心配したり病気の本を読んだりするのも控えたほうがいい。どうせ無理とか思わないで、絶対出来ると信じる。もし、腹の立つようなことがあっても「あんまり気にしない」と受け流す。なんにでもすぐ妥協しない。本当に欲しいものを買い、本当に行きたいところへ行く。「うれしい」「楽しい」を自分の物差しにして生きる。
読了日:12月15日 著者:水谷友紀子
100個チャレンジ  生きるために必要なモノは、そんなに多くない!100個チャレンジ  生きるために必要なモノは、そんなに多くない!感想
私物を100個以内に絞って1年間生活する。ただし本は本棚1つと数える。筆者は趣味のアウトドア用品がかなり多い。アウトドアの先割れスプーンはカウントしているのに自分の食器はカウントしないんだな。家族共有ということか。食器や家具をカウントしないとしても、私の私物はかなり多い。1年間に使っていないものはかなり多いと思われる。100個は無理としてもまだまだ減らせるな。
読了日:12月14日 著者:デーブ・ブルーノ
ああ息子ああ息子感想
男の子と女の子ってなんでこんなに違うんでしょうかね。そりゃ、世の中には小さいころからしっかり者の男の子もたくさんいるだろうけれど、手を焼くのは大抵男の子。「12年間忘れっぱなし」と「宇宙人二人」がツボでした。ウチの子も1年生の頃はランドセル忘れて登校したり、つっかけ履いたまま登校したり・・。学校がすぐ近くなので着いてから気付いて帰ってきましたが(笑)下校途中に用水にランドセルを落としたり(どこまで行ったんだ)家の鍵を二回も無くしたり(T_T)姉は一度もそんなことはなかった。
読了日:12月14日 著者:西原理恵子,母さんズ
おおきいサンタとちいさいサンタおおきいサンタとちいさいサンタ感想
おおきいまちには身長200cmの大きいサンタさんが、ちいさいまちには身長64cmの小さいサンタさんが住んでいました。あるクリスマスの夜、二人がリクエストされたプレゼントは・・・。というわけで、それからは二人は仲良く協力するようになったそうな。なるほどね。
読了日:12月14日 著者:谷口智則
きょうはこどもをたべてやる! (ほるぷ海外秀作絵本)きょうはこどもをたべてやる! (ほるぷ海外秀作絵本)感想
いつもはあまいバナナを食べているワニの親子。ところがチビワニのアチーユが「バナナなんか食べないよ。きょうは人間のこどもを食べてやる」と言い出したので、ワニのお父さんお母さんは心配しておろおろ。川辺にいた人間の女の子に襲い掛かったアチーユは・・・w(゜o゜)w 物騒な題名ですが、面白いですよ。
読了日:12月13日 著者:シルヴィアンドニオ
毒出し「黒豆」ダイエット ラクに50kg減、ニキビや宿便も一掃!毒出し「黒豆」ダイエット ラクに50kg減、ニキビや宿便も一掃!感想
画像検索したら、ビフォアー・アフターがまるで別人。すっかりイケメンホストみたいになってます。これはすごい。朝は蒸した黒豆と豆腐だけ。昼はGI値の低いものを。夜は軽めに。運動は週3回ショッピングモールを30分歩くだけ。ちなさん情報では業務スーパーで黒豆が安く入手できるそうなので、是非試してみたい。問題は蒸し黒豆もお豆腐も味付けなしだそうで、濃い味好きの舌をリセットしなくてはならない。豆腐に醤油ちょっとくらい掛けてもいいよね・・・ (^^;
読了日:12月13日 著者:チョン・ジュヨン
朝2分&1分骨盤ダイエット スーパーDVD付き朝2分&1分骨盤ダイエット スーパーDVD付き感想
DVDが分かりやすいです。ダイエットだけでなく、しわ取りやつや髪 ふさふさなど、魅力的なエクササイズが!これ、本当に効き目があると嬉しいです。まず、続けなきゃダメだけど。
読了日:12月13日 著者:大庭史榔
夫婦は話し方しだいで9割うまくいく夫婦は話し方しだいで9割うまくいく感想
題名に釣られましたが、実は『最初は良かったのに・・この人、いったい何考えているの』という本の改訂版だそうで、そんな感じの本でした。相手の立場に立って相手の話を否定しないで聴く。お互いに自分のことでコップの水がいっぱいいっぱいになっているのだから、まず、相手の話を聞いてそこに潜んでいる気持を受け止めてあげ、コップの中にたまった水を少し取り除いてあげる。その上で自分の気持ちを伝える。人は自分を分ってくれる人の話なら聞きたいと思う。いい耳で相手の言い分を聞き、いい目で相手のいい所を見、思いやりのある言葉を言う。
読了日:12月12日 著者:高橋愛子
ひなこまちひなこまち感想
シリーズ11作目。ずいぶん久しぶりに読みました。相変わらず病弱な若旦那ですが、優しさと推理力は素晴らしい。短編が5つ。でも全部繋がっていました。木札の謎が最後に解決して、良かった良かった。
読了日:12月11日 著者:畠中恵
その女アレックス (文春文庫)その女アレックス (文春文庫)感想
フランス文学なのにこの人気。読んでみて理由が分かりました。誘拐されたアレックスを救出する話かと思ったらそれは第一部でその後怒涛の展開。真相は最後に明らかになるのですが・・・。そういうストーリー展開のうまさもあり、カミーユ達の凸凹トリオ+上司達もキャラがはっきりしていて面白い。実は気前が良かったアルマンのエピソードとか・・・。ところで、アレックスの母親はもうちょっと何とかならなかったものかしら・・・。面白かったけれど、読んで気分の良くなるものではないですよ。
読了日:12月10日 著者:ピエールルメートル
人間、最後はひとり。人間、最後はひとり。感想
姑も夫も見送り、一人暮らしになってからの話。これだけ元気に生きて来られたのは吉沢さんの場合、仕事があったからでしょうね。誰でもが真似できる生き方ではないけれど、孤独で寂しいというんじゃなくて、一人でもというか一人だからこそ楽しめることを見つけていく。ぼけないまま死ねたらいいけれど、そうなった時の準備だけはしておきたいと書かれていましたが、準備って?どこどこの施設に入れてほしいと頼んでおくとか?96歳でこれだけ聡明でいらっしゃるのだから多分大丈夫でしょうけれど、その年でひとり暮らしって凄いですよね。
読了日:12月9日 著者:吉沢久子
にょにょっ記にょにょっ記感想
言葉に関する独特の感受性が面白い。薬局の看板ネタ、広告ネタ、昔の話ネタ、古本ネタ・・・。昭和2年発行の『性的誘惑の種々相とその對策』の中の「不良少年の見分け方」という項目があって・履物を揃えて脱がない・敷居を踏む・机の上に腰掛ける・・・は分かるけれど、・飯を茶碗に盛る時、山のように淵よりも高く盛る?? って、縁より高く盛ると不良少年なんですかw(゜o゜)w 知らなかった。他のネタも面白いです。解説の西加奈子さんの偽ょ偽ょっ記も面白かったです。
読了日:12月8日 著者:穂村弘
居酒屋ぼったくり〈3〉居酒屋ぼったくり〈3〉感想
ぼったくり、近くにあったら是非行ってみたいですね。青いビンの澪、スーパーやコンビニにあるらしいので、飲んでみたいです。「芋煮」を晩御飯に作りましたよ。勿論、豚肉に味噌味です。ショッピングセンターの話は特に進展はなく、要さんとの仲も進展はなし。ウメの幼馴染のシイちゃんが見つかってよかった。4巻も出たらしいので読んでみたい。
読了日:12月7日 著者:秋川滝美
夫の転がし方 (角川oneテーマ21)夫の転がし方 (角川oneテーマ21)感想
本当に芯のしっかりした、強い人ですね。子どもをいじめから守るために教室に乗り込み「この中に、うちの息子に毎日金を持ってこいと言っている者がいる。そういう事は金輪際許さない。もし次に金を要求したら、私が必ず叩きのめしに来るぞ!覚えておけ!」と、どなり、いじめはなくなり一躍クラスの人気者になったとか。やはり大人の真剣さは子どもにも通じるのですね。夫の転がし方としては、まず夫を立てる。しっかり働かせる。愚痴は言わない。夫に余計なお金は持たせない。カカア天下がいい。
読了日:12月6日 著者:野村沙知代
居酒屋ぼったくり〈2〉居酒屋ぼったくり〈2〉感想
美味しい料理と人情話。いいね。こういう一人で行ける行きつけの安くておいしい居酒屋があったらいいね。厚揚げ肉詰め、風邪ひきスープ、はんぺんの付け焼き、餃子、イワシの生姜煮、アサリにんにくバター・・・簡単そうに書いてあるので作ろうか。食べたいですね。
読了日:12月6日 著者:秋川滝美
人間関係にうんざりしたときに読む本人間関係にうんざりしたときに読む本感想
基本「過去と他人は変えられない。自分と未来は変えられる」ですね。キツイ人というのは相手の間違いを人格も絡めて叱責し、相手の自尊心を傷つける人。そういう人はそういう人なんだと思うしかない。人との軋轢を消すためには、相手を批判するのを止める。気安くほめるのは止める。「気持ちは分かります」「無理もない」を繰り返す。苦情処理のように相手に接する。思い込みや期待感を捨て、ゼロベースで相手を見る。減点主義は相手の欠点を批判する。加点主義は相手の長所を承認する。問題点を指摘されても必要以上に反応しない。
読了日:12月6日 著者:杉本良明
まったなしまったなし感想
まんまことシリーズ5作目。結婚にまつわる話はいろいろ難しいですね。好いた惚れたといっても相手のあること。まして家と家のつり合いとか家業を誰が継ぐのか・・・。清十郎にいいお相手が見つかってよかったが、麻之助は何とも切ないですね。お由有とはお互いに思い合っていたのに、年齢やタイミングや邪魔、いろいろあって結ばれない。お由有は子どもの為にも再婚を急がねばならないし、麻之助は妻を失った悲しみが癒えていない。この二人に結ばれて欲しいのに。
読了日:12月5日 著者:畠中恵
ときぐすりときぐすり感想
まんまこと(真真事)シリーズ4作目。どれも面白かったが、『ともすぎ』と『ときぐすり』が特に良かった。悪名高い高利貸しの丸三。60歳過ぎてできた友達の有難さ。なんだか泣けます。『ときぐすり』もいいですね。私も滝助と同じように思っていました。そして病で息子を失った数吉と一人暮らしのむめ婆と賊の飯炊きだった滝助は家族のように暮らすことになった。「お互いに気にかけて、毎日話して、一緒に過ごしていく人があの三人には出来たからね」・・・人の幸せは損得じゃなくて、そういうことなのかもしれない。
読了日:12月4日 著者:畠中恵
こいわすれこいわすれ感想
お気楽とか言われながら、相変わらず冴えわたる麻之助の推理。でもまさかお寿ずが死んでしまうなんて、お腹の咲ちゃんも・・・・どうする麻之助。
読了日:12月3日 著者:畠中恵
朝夕15分 死ぬまでボケない頭をつくる!朝夕15分 死ぬまでボケない頭をつくる!感想
ああ、またこの手のシニア本を読んでしまった。ボケ防止には普段から頭を使う。運動、食事に気を付ける。テレビの見たい番組表を作る。朝晩の鏡チェック。朝夕の散歩。踏み台昇降。ラジオ体操。月に一度は映画館に行く。野菜を食べる。青魚を食べる。週に一度はカレーを食べる。赤ワインを1杯。とにかく80才まではボケないように心掛ける。ボケは生活習慣病だと思えば間違いない。
読了日:12月2日 著者:須貝佑一
あなたが生きる今日が素晴らしい (〔今日より明日輝く自分に逢いに行こう〕)あなたが生きる今日が素晴らしい (〔今日より明日輝く自分に逢いに行こう〕)感想
生き生きとした写真と温かい詩。イスラム問題の本を読んだ後にこれを読んだから、日本ってなんて幸せな国なんだ、と思った。中に「幸せな人ほど不満が出る。人間には欲があるけどたまにはね、今ある幸せ数えてみたら両手両足じゃ絶対に足りんで」そうやな。
読了日:12月2日 著者:きむ,矢谷知仁
イスラームから世界を見る (ちくまプリマー新書)イスラームから世界を見る (ちくまプリマー新書)感想
無差別に人を殺すテロは勿論、イスラムでも厳禁されている。2011.9.11の同時多発テロ、ビン・ラディン率いるアル・カイダは15億のイスラム教徒の中でも一握りの過激派。それがアメリカの貿易センタービルなど同時多発テロを行ったことで、アメリカは直ちにサウジアラビアのタリバン(ビン・ラディンを匿った)政権を倒し、イラク戦争に突入。アメリカは年間1000億ドルもの戦費を費やした。この事件以来イスラム教徒が敵視されることが多くなった。中東が戦場となり、多くの一般市民が犠牲になった(10万~60万調査により差あり)
読了日:12月2日 著者:内藤正典
負け犬の遠吠え (講談社文庫)負け犬の遠吠え (講談社文庫)感想
酒井順子さんが面白い・・ということで読みました。2003年一世を風靡したベストセラー。負け犬の定義は「未婚、子なし、30代以上の女性」美人で仕事が出来てお金持ちで男に不自由していなくても・・・だそうです。酒井さんすごいですね。このテーマで352頁、よくこれだけ書けるね。なるほどそうなのかと感心して読みましたが、勿論そういう人も多いだろうけれど、一方でごく普通の女の子が普通に暮らしていたら出会いが無くていつの間にかそんな年になっていたという例が私の回りには多いです。息子はオス負け犬┐(´д`)┌
読了日:12月1日 著者:酒井順子

読書メーター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。