人生の折り返し地点は過ぎましたが、明るく前向きに生きていきます♪
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2016年12月05日 (月) | 編集 |
2016年11月の読書メーター
読んだ本の数:49冊
読んだページ数:9214ページ
ナイス数:3749ナイス

NHKきょうの健康 100歳まで元気に歩ける体づくり 75のコツNHKきょうの健康 100歳まで元気に歩ける体づくり 75のコツ感想
100歳は欲張りすぎかもしれないけれど、寝たきりで長生きは勘弁してほしい。自分の足で歩けるのが一番。簡単な運動で老化を防ぎ、脳も活性化するならやるっきゃないよね。たくさん出ていますが、片足立ちやかかと上げ、スクワットなどちょっとした合間時間にできるのではないかしら。そして、座っているときも立っているときも歩く時も、背筋を伸ばしお腹を引っ込める。姿勢を良くするだけで筋肉は鍛えられます。椅子に座った時は足を組まないで両足とも床につけること。ちょっとした注意で体幹の筋肉を鍛えられる。
読了日:11月30日 著者:
サンキュ! 2016年 12 月号 [雑誌]サンキュ! 2016年 12 月号 [雑誌]感想
「必要なものだけに囲まれて暮らしたい」1ゴミの日の前日に捨てるものを探す。2帰宅後カバンの中を整理する。3買い物前にストック確認。4衣替えするときにハンガーの数を決める。530分時間があったら捨てるか迷っているものをまとめる。6寝る前にダイニングと寝室の不用品を片づける。7お買い得品を見たら低下でも買いたいかどうか考える。8紙類はその日のうちに処分や分類をする。とにかく実行あるのみ。
読了日:11月30日 著者:
幸運が向こうからやってくる簡単な習慣幸運が向こうからやってくる簡単な習慣感想
スピリチュアル本。やってみようと思ったのは「第三の目」を覚醒させる。寝る前に右手の人差し指・中指・薬指を合わせて額に直径5cmの円を描く。左回り、右回り各100回ずつ回す。直感力が高まり、潜在能力が発揮されるようになる。その他、相手と心を通わせるゴールドのボール。相手の話を聞きながら、自分の胸にゴールドに輝く10cmのエネルギーのボールをイメージする。そのボールが自分の頭上を抜けて相手の頭に入るのをイメージする。ボールは相手の胴体を通り抜け自分の体に戻ってくる。それを繰り返すとゴールドの光の輪ができる。
読了日:11月30日 著者:小島鳳豐
お家賃ですけどお家賃ですけど感想
物語だと思って読んでいましたが、途中で実話だと気づきました。エッセイだった (^^; 若い著者ですが、レトロな家が大好きでほとんど愛しているといってもいいくらい。築41年と、ありますが実際はもっと古いのではないでしょうか。カバー裏折り返しの階段、色つやがいいですね。表紙の著者の部屋のTV、大昔私が子供の頃こんなTVだったな。著者は海外で性転換手術を受け、その後も循環器の手術で入院。でもなんだか力みがなく飄々としていて、面白い。『オカマだけどOLやってます』も読んでみよう。
読了日:11月29日 著者:能町みね子
運がよくなる 月の習慣、太陽の習慣 もっともっと成功できる91の生き方術運がよくなる 月の習慣、太陽の習慣 もっともっと成功できる91の生き方術感想
夜のうちに次の日の用意をしておく。日の出後1時間以内に起きる。など、おっしゃる通りですというものが多いが、お気に入りの靴ばかり履かずに5つ用意して毎日替えるとか、時計も5つ用意して毎日替える、パジャマも安物ではなくいいものを5つ用意して毎日替える・・・。う~ん、それはパス。生まれて初めての経験をする。飲み会などでは普段喋らない人と話す。玄関やトイレを綺麗にしておくと運がよくなるのはよく言われていることですね。
読了日:11月28日 著者:松永修岳
免疫力がぐんぐんアップするカラダに効く食べ物 (日文実用PLUS)免疫力がぐんぐんアップするカラダに効く食べ物 (日文実用PLUS)感想
免疫力を上げるためには体温を上げて免疫細胞を活性化させるといい。50年前の日本人の平熱の平均は36度8分だった。が、現代人の殆どは平熱が35度台らしい。私はずっと36度4分だったので今測ってみたら36度3分でした。免疫力は高いけれど現代人らしくないってか (^^; 免疫力を上げるには食事が大切。これさえ食べればという12食材「トマト、大根、キャベツ、ニンジン、セロリ、生姜、タマネギ、海藻類、キノコ類、ニンニク、リンゴ、ごま」を、毎日食べるようにする。医療用漢方薬の7割以上に生姜が使われている。
読了日:11月27日 著者:石原結實
心屋仁之助のなんか知らんけど人生がうまくいく話: 「あの人」「あのこと」――考えすぎないでいこう (王様文庫)心屋仁之助のなんか知らんけど人生がうまくいく話: 「あの人」「あのこと」――考えすぎないでいこう (王様文庫)感想
「がんばる教」の反対「なんか知らんけど教」の心屋さん。この本を読むと肩の力が抜けてストレスが軽減されます。そんなわけないだろ!と、突っ込みどころ満載ですが、案外こちらが真実かもしれませんよ。なるほどと思う言葉がたくさんありました。「ま、いっか。あー損してもいいか」と言ってみる。相手は自分の鏡。『問題だ』と言っている人に問題がある。子どもが叫んでいることは小さい頃の自分が本当にやりたかったこと。イヤだったこと。「がんばらなくても愛される」と知ることで世界が変わる。
読了日:11月26日 著者:心屋仁之助
「強運に生きる人」必ずうまくいく61の習慣: 新しい生き方、出会いが手に入る! (単行本)「強運に生きる人」必ずうまくいく61の習慣: 新しい生き方、出会いが手に入る! (単行本)感想
目新しい内容ではないと思ったら、以前読んでいた本でした。「365日、どれだけ自分が気分良く過ごせるかで人生は変わります!」という表紙裏の言葉がすべてを物語っている。心と体の健康が一番。そして、私は運がいいと思い込む!
読了日:11月25日 著者:浅野裕子
オレの宇宙はまだまだ遠いオレの宇宙はまだまだ遠い感想
益田ミリさん、面白いです。「僕の姉ちゃん」からはまっています。哲学的?というか、人生について考えさせられますね。本の価値はハンディターミナルに現れる数値で測れるのかもしれませんが、人間の値打ちは年収だけでは測れない。土田君いい人です。こういう人が幸せな人生を築けると思います。
読了日:11月24日 著者:益田ミリ
寂聴訳 絵解き般若心経寂聴訳 絵解き般若心経感想
理解できるかどうかはともかく、読みやすくてきれいな本。横尾忠則氏がこんな絵を描かれるとは知りませんでした。分からないけれど、なんだかすごい。般若心経は最後の「羯諦 羯諦 波羅羯諦 波羅僧羯諦 菩提薩婆訶 般若心経」の部分しかしりませんが、力のあるマントラだそうです。 
読了日:11月24日 著者:瀬戸内寂聴
戦場のコックたち戦場のコックたち感想
第二次世界大戦のアメリカ軍のコック、ティモシー・コールを語り手に兵隊たちの人間模様、ミステリーを解く。1983年生まれと、まだ若い著者だが描写力に優れまるで見てきたかのように描かれているのがすごい。探偵役でありティムの親友エドの人柄がいい。敵にもいいやつはいるし、味方でもイヤな奴はいる。人と人が殺しあう戦争は決してあってはならない。大戦で戦死した人の中には餓死した人も多いと聞く。二年間だが死と隣り合わせの一日一日が重い日々だったのだろう。日本に徴兵制など二度とできてほしくないと思う。
読了日:11月24日 著者:深緑野分
ま、いっか!ま、いっか!感想
「ま、いっか」が口癖のテキトーさん。そうね、いちいちくよくよしなければ、世の中はもっと楽しい。テキトーさん、会社に遅刻しなくてよかったね。
読了日:11月23日 著者:サトシン
だって…だって…感想
ヨシタケさんの『理由があります』もそうだよね。子どもたちが喜ぶと思います。
読了日:11月23日 著者:石津ちひろ
おふろじゃ おふろじゃおふろじゃ おふろじゃ感想
初めて見るタイプの絵本だった。芝居がかった大げさな表現。絵は素晴らしく緻密で生き生きしている。お風呂から出てくれない王様を何とか出そうとみんなが知恵を絞って挑戦するのですが、撃沈。で、最後に小姓が採った手段は・・・(笑)面白いです。他の作品も読んでみたい。
読了日:11月23日 著者:オードリーウッド
たったこれだけで血管は強くなる!たったこれだけで血管は強くなる!感想
血管年齢チェックリストがあって、私は実年齢ー5歳でした。ようするに少しの時間にも体を動かせば血管を鍛えられるという話。靴下は立って履く、歯磨きしながらかかとの上げ下げ、目覚めたら思い切り伸びる。お風呂でストレッチ。食器は自分で丁寧に洗って拭く。階段を下りる。塩分は控えめに。食べすぎ注意。1kg増えれば血管年齢は1歳増える。
読了日:11月22日 著者:宮地元彦
フラダン (Sunnyside Books)フラダン (Sunnyside Books)感想
ゆみねこさんのお勧め本。古内一絵さんは初読みでしたが、読みやすく、面白かった。震災5年後の福島を舞台に、工業高校のフラ愛好会の生徒たちの人間模様、成長物語。一人一人のキャラが分かりやすくていい。豪快な浜子と真面目な健一の取り合わせがいいですね。表紙の絵、中央の女子は詩織だと思いますが、マヤのイラストも見たかったな。背景に震災の影響が色濃く出ているので、いろいろ考えさせられる。今朝も福島で地震がありましたが、震災の復興はまだまだ続いている。原発事故の終結はきちんと廃炉になるまで安心できないのでしょうね。
読了日:11月22日 著者:古内一絵
トランクひとつのモノで暮らすトランクひとつのモノで暮らす感想
シンプルライフに憧れます。旦那と独立した息子はステラレネーゼですが、自分のものは結構処分しています。普通の人よりは随分減らしたと思うけれど、エリサさんのワードローブリストを見ると、自分はまだまだ無駄が多いと思う。シャンプーは今は石鹸シャンプーを使っていますが、湯シャンってどうなのかな。ヘナで染めた翌日は湯シャンにしていますが、ずっとでも大丈夫なのか。ワセリンは先日別の雑誌でお勧めしていて買いました。ガーゼのバスタオルうちの母も愛用していました。いいものを少しだけ持つ。私はまだまだです。
読了日:11月21日 著者:エリサ
「ひきこもり」から子どもを救い出す方法「ひきこもり」から子どもを救い出す方法感想
引きこもる理由は人それぞれ。不登校だから学校に戻す、ひきこもりだから働かせるのがゴールという考えではうまくいかない。 将来的に「自立する」というゴールへ向かうために、人間的に社会で通用する土台を作ってあげる必要がある、という。粘り強く本人とコミュニケーションをとり、納得の上で本拠地鹿児島で寮生活、ゴルフを中心とした社会性をつける指導をしていく。実際多くの青少年を立ち直らせてきたらしい。著者自身が元ひきこもりだったらしい。効果があるのは素晴らしいが、ゴルフやグァム研修など費用はお安くないと思える。
読了日:11月20日 著者:内田直人
あなたのゼイ肉、落としますあなたのゼイ肉、落とします感想
『あなたの人生、片づけます』の大庭十萬里の妹、小萬里がダイエットの個人指導をしてくれる。見かけはダサいおばさんなんですが、太って見えるのは筋肉をつけているから。そして、個人指導もユニーク。どの話も感動的でしたが、最後の悠太君10歳の話がとても良かった。栄養不足で肥満することもある。強く生きる事。生きる力をつける事。意地を捨ててでも、人と繋がり悠太が将来孤立しないようにと絶縁関係になっていた実家ともいい関係を築けるようになった。いじめにもしっかり対応してくれた。ダイエットというより生きる力をつける本だった。
読了日:11月20日 著者:垣谷美雨
Christmas クリスマスChristmas クリスマス感想
美しいクリスマスの写真集。華やかなツリーの飾りは日本の商業施設でも見ることができますが、ヨーロッパの国々のクリスマスは街並みすべてが美しく荘厳な雰囲気。イルミネーションも雪景色もきれいです。
読了日:11月20日 著者:
まるで童話のような、世界のかわいい村と美しい街まるで童話のような、世界のかわいい村と美しい街感想
これも殆どがヨーロッパですね。こんな素敵なところに今も住んでいる人達がいるんだなぁ。ホント、ベストが決められません。『ハリーポッター』のロケ地になったイギリス、オックスフォードや『ロード・オブ・ザ・リング』のロケ地になったニュージーランドの歩ビット村も行ってみたい。サンタクロースが住む?フィンランドのロヴァニエミやアルプスの瞳、スロヴェニアのブレッドも幻想的で美しい。
読了日:11月19日 著者:
世界の美しい教会世界の美しい教会感想
『世界の美しい館』と同じシリーズ。クリスチャンではありませんが、美しい教会の写真を見ていると心が洗われます。また、ヨーロッパに行きたいけれど、近ごろ物騒ですからね。写真集で我慢。
読了日:11月19日 著者:PIEBooks
あの日あの日感想
誠実で優秀な研究者。前半の若くして、様々な研究者に引き立てられ研究にまい進していく姿は魅力的で、才能だけでなく運もいい人なんだと思える。が、途中からは泥沼の様相。問題になった画像は留学時代のもので小保方さんが作成したものではなく、アメリカから謝罪文が届いても業火を消せるものではない。博士論文を製本に出すときに誤って最終版ではなく草稿を提出してしまい、過ちに気付かず国会図書館に収められてしまった。若山教授には裏切られ、笹井教授は自殺。博士号の剥奪。まだ若い優秀な研究者を潰していいのか。小保方氏の復活を祈る。
読了日:11月18日 著者:小保方晴子
30日で人生を変える 「続ける」習慣30日で人生を変える 「続ける」習慣感想
古川さんの著書これで3冊目ですが、これが一番良かった。「いったん習慣化されれば少ない労力で続けられる」というもの。私の超苦手な片づけは行動習慣だから30日で習慣化できるはず。初めの1週間はハードルを下げ、たった5分でいい、時間帯もいつでもいいからやれれば一覧表に〇をつける。次の2,3週間目は時間帯を決め時間も15分間にする。できないときの例外ルールも決めておく。ご褒美も用意する。4週目は変化をつける。捨てるデーを決める。人を招く。など。片付け本200冊以上読んでもまだまだダメな私。これでやってみよう!
読了日:11月18日 著者:古川武士
生協の白石さん 学びと成長 (一般書)生協の白石さん 学びと成長 (一般書)感想
学生時代、男子寮での思い出話が面白い。女の子からの呼び出し電話が多いと、全裸にされ、布団で「すまき」にされて女子寮の玄関先にお届けされる「お仕置き」。お届けされた女子寮の方も困りますよね。白石さんのキャラは寮生活の中ではぐくまれたものも多いのでしょうね。
読了日:11月17日 著者:白石昌則
おとなの楽しいギター弾き語り曲集おとなの楽しいギター弾き語り曲集感想
少し古いけれど好きな曲がたくさん載っています。図書館で借りたけれど、買おうかな。
読了日:11月16日 著者:
思い出のとき修理します 4 永久時計を胸に (集英社文庫)思い出のとき修理します 4 永久時計を胸に (集英社文庫)感想
最終巻。秀司さん素敵ですね。スイスで修行してより高度な技術を身に着けたとして、またこの商店街に戻ってきてもそれにふさわしい仕事があるのかな。その才能ゆえにスイスから帰ってこられなくなったら寂しいですね。二人には幸せになってもらいたいですね。
読了日:11月16日 著者:谷瑞恵
自分を変える習慣力 (Business Life 1)自分を変える習慣力 (Business Life 1)感想
習慣化の最初の段階では成果を求めず、定着だけを心掛ける。ジムに通うなら極端な話風呂だけでもいいから続ける。ウォーキングなら500mでもいいから続ける。それから徐々に増やしていけばいい。良い習慣を一つ始めると悪い習慣がすべて変わる。習慣は努力せず無意識にできるところまでを目指す。
読了日:11月16日 著者:三浦将
みんなのスッキリ!みんなのスッキリ!感想
読者から募集した「スッキリ」。うんうんというのもへ~というのもあった。漫画だからサクサク読めます。「空を見上げる」「車の中で大声で歌を歌う」「ゲームをクリア」私はナンプレだな。「お風呂に入る」眺めのいい露天風呂なら大満足。そして、いつもいつも気になっている「身の回りからスッキリ」やっぱりこれだよなぁ。
読了日:11月15日 著者:上大岡トメ
続・僕の姉ちゃん続・僕の姉ちゃん感想
背景としたらテーブルでの会話とソファでまったりしている会話しかないので、コミックとしてはどうなのと思うが、このお姉さんの知恵や女子力はすごく勉強になります。素直な弟のキャラも好感が持てる。
読了日:11月14日 著者:益田ミリ
かしこいモリーかしこいモリー感想
ストーリーはハラハラドキドキで面白く、読み聞かせにもいいと思います。いろんな昔話の要素が混ざっている感じ。末娘モリーの機転で危機を免れ幸せをつかむ話。でも、けっこういい人のおかみさんがひどい目に合うのはお気の毒だし、何もしていない姉二人のために何度も危険な目に合うのもどうかと思う。
読了日:11月14日 著者:ウォルター・デ・ラメア
天才天才感想
反田中だった石原慎太郎氏が一人称で書いた田中角栄氏の生涯。田中角栄と言えば高等小学校卒の総理大臣でロッキード疑獄で失脚した政治家だが、やはり「天才」というべき素晴らしい人物だった。小学校5年で中学に入れると教師に勧められたが家が貧乏で高等小学校へ。一輪車を押して土方をしていたのが、建築会社を設立。29歳で国会議員初当選。44歳で大蔵大臣。学歴や縁故はないが、先見の明があり、六法全書を丸暗記する頭脳もあり、人を引き付ける魅力もあり、意志が強い。35もの議員立法を提案、成立させた。他に類を見ない天才である。
読了日:11月13日 著者:石原慎太郎
まよいが (えほん遠野物語)まよいが (えほん遠野物語)感想
えほん遠野物語。怖くないけれど、不思議な話です。「まよいが」って蛾の話かと思ったら「迷い家」だそうです。どこにあるのかは分からないけれど、「迷い家」のものを持ち帰ると幸せになるとか。迷い込んだ三浦の女房は欲がなかったから何も持ち帰らなかったけれど、椀の方から流れてきて、幸運を運んできた。
読了日:11月13日 著者:京極夏彦
世界の美しい館世界の美しい館感想
ヨーロッパのお城の中という感じですね。装飾も豪華で素晴らしい。実際住むとしたらどうかと思うが、目の保養になりますね。
読了日:11月12日 著者:アマナイメージズ
さよならドビュッシー 前奏曲(プレリュード)~要介護探偵の事件簿 (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)さよならドビュッシー 前奏曲(プレリュード)~要介護探偵の事件簿 (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)感想
3年前に読んだ『要介護探偵の事件簿』の文庫改題だった。でも、犯人を忘れているからしっかり楽しめました。香月玄太郎氏、かっこいいですね。権力にへつらわず、やんちゃな若者を怒鳴りつけながらも結局のところ面倒見がいい。こんな人、貴重な人材です。『さよならドビュッシー』の出だしにあんなことになってしまうのがわかっているから、なんともやりきれないですね。
読了日:11月12日 著者:中山七里
うさこちゃんうさこちゃん感想
うさこちゃん、かわいい!癒されます♪ぷっくりむくむくで、ふわふわ。ネコ本や犬本も好きですが、うさぎもこんなにかわいいんだ♪でもね、うさぎはトイレとか覚えるの難しそうだから部屋で放し飼いは無理なんじゃないかしら。この写真集のように屋外で遊ばせるのはいいかも。そういえば、『りすぼん』もかわいかったよね。
読了日:11月12日 著者:藤本雅秋,坂崎千春
たった1分でできて、一生が変わる! 魔法の習慣(文庫版): らくらく幸せに夢を叶える人の小さな約束56たった1分でできて、一生が変わる! 魔法の習慣(文庫版): らくらく幸せに夢を叶える人の小さな約束56感想
最も大切なことは、理由もなく「なんとなくいい気分」でいること。名言かもしれない。大きな夢も願望も結局はいい気分になりたいからなんだ。だから、いい気分になったもん勝ち。いろんないい習慣が書かれていましたが、すぐ実行したのは「携帯の待ち受け画面を変える」と「一万円札を先頭に持ってくる」。心がけたいのは「3S(掃除・整理・整頓)からスタートする」「嬉しい・楽しい・ありがとうを口癖に」などなど
読了日:11月11日 著者:佐藤伝
30秒ドローイン!腹を凹ます最強メソッド (カラダをつくる本シリーズ)30秒ドローイン!腹を凹ます最強メソッド (カラダをつくる本シリーズ)感想
リラックスした状態から思いっきり腹を凹ませると10cmは腹囲が短くなります。まずはいろんな場で30秒ドローインをやってみる。背筋を伸ばし、肛門を締め、お腹を凹ませて30秒!朝起きた時も寝る前もお風呂でも、電子レンジでチンするときもコピーを取るときも、歩きながらも。背中で手を組んで上げていきながらドローイン、スフィンクスのポーズでも、階段をのぼりながらでも!
読了日:11月10日 著者:植森美緒
7つの心のブレーキを外せばうまくいく「すぐやる」習慣7つの心のブレーキを外せばうまくいく「すぐやる」習慣感想
先延ばしは「危険」を回避する脳のプログラム。大きなこと未経験のこと複雑なことは先送りしがち。それをするための①骨太の理由をつくる②具体化する③小さなステップで始める。小さな一歩を積み重ねることを習慣にすれば何事も成し遂げることができる。行動を妨げているボトルネック(例えば夜遅くまでスマホをしている)を見極め、これさえできれば効果ありというセンターピン(例えば23時には絶対に寝る)を探す。ボトルネックとセンターピンの話は前著でも読んだな。
読了日:11月9日 著者:古川武士
片づけられない・捨てられない夫を変えて汚部屋がキレイになりました片づけられない・捨てられない夫を変えて汚部屋がキレイになりました感想
物は一軍二軍に分け、一軍だけを使いやすく収納。二軍は出しづらいところでもOK.片づけ場所に迷う家族のために、保留箱(カゴや引き出し)をあちこちに設定。旦那が片づけるようになったのは、1.片づいた部屋の快適さに気付いた。2.売りに行った古い服がタダ同然だった。3.新しい服を買っていいと言われていろいろ見てみたら自分がため込んでいた服の古さに気付いて潮時だと思った。4.(大病を患ったせいで)妻からうるさく言われなくなった。5.保留箱などで片づけが楽になった。などなど・・・
読了日:11月8日 著者:まきりえこ
1日の始まりに開く本―スピリチュアルモーニング (SPIRITUAL HEALING BOOKS (Vol.1))1日の始まりに開く本―スピリチュアルモーニング (SPIRITUAL HEALING BOOKS (Vol.1))感想
表紙に「今日も輝いて生きるために。言葉と写真のヒーリングブック。」と、書かれています。まさにそういった感じの素敵な写真と前向きな言葉が詩集のように書かれています。「良い種をまけば、幸せを刈り取ることができる。幸せになりたければ、人を幸せにすればいい」「今日一日を生きられる幸せを存分に楽しもう」などなど・・
読了日:11月7日 著者:江原啓之,渡部さとる
思い込みから解放されたらするっとやせて20年リバウンド知らず!  精神科医の脳ダイエット思い込みから解放されたらするっとやせて20年リバウンド知らず! 精神科医の脳ダイエット感想
思い込みとは「ご飯の時間だから食べなくちゃ」「残すともったいないから食べなくちゃ」「体のために3食きちんと食べなくちゃ」といったようなもの。子どものころから親や教師からそのように躾けられ、「好き嫌いせず残さず食べましょう」と、言われてきたんですよね。でもスリムな人は時間が来てもお腹が減っていなかったら食べない。「お腹がすっきりすいてから食べる」「腹8分目」「野菜→タンパク質→炭水化物」の順に食べる。夜の糖質を抜いてみる。
読了日:11月6日 著者:奥田弘美
ポジティブの教科書―自分も周りの人も幸運体質になる3つの基本と11の法則ポジティブの教科書―自分も周りの人も幸運体質になる3つの基本と11の法則感想
幸せになる3つの基本とは「幸せを与えること・幸せであることに「気づく」こと・幸せな言葉を発し、幸せな態度をとること」だそうです。そして11の法則、95の項目のスキルが書かれています。幸せになるのは技術であり、それはこの本を読むだけじゃなくて実際に何度も何度も実行していく中で身に着けていくスキルなんだそうです。もっとも簡単に人生を変えるには「態度」を変える。背筋を伸ばし、胸を張って堂々と歩く。口角を5mm上げる。紹介されていたサッカーの本田圭佑選手の小学校の卒業文章に載せた「将来の夢」が素晴らしい。
読了日:11月5日 著者:武田双雲
おトクなお金はどっち? こっち! クイズでわかる「貯まる!」「トクする!」お金の仕組みおトクなお金はどっち? こっち! クイズでわかる「貯まる!」「トクする!」お金の仕組み感想
貯める・教育・マイホーム・保険・老後の5つのテーマで小さなクイズにAかBか答える中でお金に関する知識がついていく。読みやすく分かりやすい。若い人にも是非お勧めです。マイナス金利でも預金を5%以上で運用する方法として、各種保険料や国民年金、NHKの受信料などのまとめ払いを勧めている。こうすると積立の運用利回りに換算すると4%~10%になるという。まとまった現金は投資よりローンの繰り上げ返済を。リボ払いは絶対にダメ。個人年金は昔はお宝、今は増えない。
読了日:11月4日 著者:荻原博子
人生を豊かにする 小さな1分の習慣人生を豊かにする 小さな1分の習慣感想
綺麗な人です。1969年神戸大学卒業だからもうかなりのお年のはずだけれど、年齢より15歳若く見えるよう努力していらっしゃるそうで、その努力は成功しています。「タオルでふく」という言葉がたくさん出てきますが、そのタオルはどうするのでしょう。その都度洗濯かごに入れるのか、からぶき用タオルをどこかに置いておいて決まったサイクルで洗濯するのか。お風呂の足ふきマットの洗濯は週2回だそうですが、使うたびに洗面台を拭いたり、見る前にテレビの画面を拭いたりするタオル・・・。
読了日:11月4日 著者:沖幸子
うめ版 新明解国語辞典×梅佳代うめ版 新明解国語辞典×梅佳代感想
野比玉子さんに教えてもらって「それは初耳」と、いさんで借りてきましたが、2年前に読んだ本でした。「思いのたけ」の犬を見て思い出した。新明解国語辞典の文章も面白いし、それを表現する梅佳代さんの写真も面白い。「芸」もすごいし、「分からず屋」の女の子もかわいい。「鑑」のお父さんがかっこいいし、「掟」にはドラマを感じる。やっぱり梅佳代さん面白いですね。
読了日:11月3日 著者:新明解国語辞典,梅佳代
ウメップウメップ感想
梅佳代さんの写真集。岩合光昭さんがネコを撮るように梅佳代さんは人間を撮る。心の動きがはっきり表れていて面白い。自然で気取らないところがいい。被写体が梅佳代さんに心を許してしまうんだろうな。
読了日:11月3日 著者:梅佳代
有限と微小のパン (講談社文庫)有限と微小のパン (講談社文庫)感想
S&Mシリーズ最終作。犀川先生と萌絵ちゃんの間にどんな結末がくるのか期待していたのに、圧倒的な四季パワーで振り回されました。4人が殺されたかと思ったミステリーは意外な結末だったが、動機はありきたりのものだったようだ。天才、真賀田四季。こんな話を作り出せる森博嗣氏も天才なんでしょうね。四季の話のシリーズがあるようだが、萌絵ちゃんはどうなるの。この終わり方では消化不良。あるいは、他のシリーズに出てくるのかな。
読了日:11月2日 著者:森博嗣
うめめうめめ感想
梅佳代さん、好きです。すごく自然ですごく刺激的でユーモラス。この写真、載せていいんですか。本人の了解はとれているんですか。と、聞きたくなるような写真多数。地中のUFO?から顔を出している少女の向こうに熊か狸が見えるのですが大丈夫なのだろうか。この写真集から好きな写真を選んで吹き出しにセリフを書かせたらきっと面白い国語の授業になると思う。高学年なら写真をネタにショートストーリーを作るとか。面白そう。最後の作者プロフィールが笑える。
読了日:11月1日 著者:梅佳代

読書メーター
スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。