人生の折り返し地点は過ぎましたが、明るく前向きに生きていきます♪
2013年04月08日 (月) | 編集 |
どうも母の認知症が進んでいるような気がするんです。

私は月曜日と木曜日は必ず母の老健に行っているし、そのことは何度も話しているのに
行くたびに、
「ああ、〇〇ちゃん、来てくれた・・・嬉しい」
と、泣きそうになりながら言うのです。

前日には義父がSちゃんに連れてきてもらっているのに、そのこともすっかり忘れています。

「まんまは?」
と、必ず言うので大好きなホット缶コーヒーとキャラメル、おかきをあげているのに、5分も経たないうちに忘れます。

私や姉や義父、ウチの旦那の事は分かりますが、娘や息子のことは名前を言ってもピンとこないようです。


両方のポケットに大量にティッシュを畳んで入れています。
ベッドにはティッシュの箱があるし、食堂のテーブルにも母用のティッシュの箱が置いてあるのに。

こんなにたくさん入れておかなくてもいいでしょと言っても必ず入れています。

今日はさんざん
「家に帰りたい、ここにいてもすることもないし、寂しい」
と言いました。

その気持ちはわかるけれど、母は腰椎の圧迫骨折3回と大腿骨頸部骨折もしています。
どれも特に何をしたからでもなく、転んだのも何もない廊下です。

骨折をしたことも胃がんの手術をしたことも全部忘れています。

家にいても夏の暑さや冬の寒さですぐ具合が悪くなり
点滴してもらったり、入院したいと言った事も全部忘れています。

熟年再婚の難しさで同居もできないし、90歳の義父に介護は無理だし入所は仕方がないんです。

家の箪笥に入れてある指輪を義娘のKさんが持ち出したのではないかとか、物盗られ妄想もあります。

79歳で圧迫骨折2回と胃がんの手術をするまでは家事もちゃんとできていたし、自転車にも乗っていたのに・・・と残念です。


ここの老健は広くて明るくて、スタッフも親切だしとてもいい所だと思うのだけど
また行くたびに「帰りたい、帰りたい」と言われるんだろうな。(-_-;)

すごく苦労して入所したのに、こんなところに入れられているのは私のせいだと思っているんだろうな(-_-;)

ボケる前のしっかりした母に会いたいです。


ぽちっとしてね↓
にほんブログ村 シニア日記ブログ 50歳代へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
テーマ:ひとりごとのようなもの
ジャンル:日記
コメント
この記事へのコメント
親がだんだん変わっていくのを見守るのは、お辛いですよね。
すりむままさんの、せいじゃないですよ。
うちの祖母のように8人も子供がいても、結局、ケアハウスに入っていました。まぁ、毎日、誰かが会いに行ってましたが、孫くらいだと、すぐにわからなくなるのはしょうがないかなぁ。ご自分の毎日に直接関わらないのは、忘れても仕方ないです。

どんなに良い施設でも、自宅より居心地の良い所がないのは、誰でも同じだと思います。それを仰るのは仕方ないと覚悟された方がいいかと思います。
お母様もご自身が歯痒いのかもしれませんね。家に帰れば、もっと動けるとかの、心の奥の願望が現れているのかもしれませんね。

ところで、外出って頻繁にできないのですか。
お体の都合で難しいのかしら。
2013/04/09(Tue) 10:56 | URL  | miya #GUY0.o1c[ 編集]
miya様
有難うございます。
熟年再婚じゃなくても亡くなるまで家で介護するのは難しいでしょうね。
母は胃癌手術後、要介護認定を受けデイケアに週3回通っていたのですが、大腿骨骨折になる前からケアマネさんには入所する施設を見学して順番ついておくように言われていました。

外出は出来ると思います。
気候がいい時に家に連れて行ってあげたらいいかと思います。
2013/04/09(Tue) 18:15 | URL  | すりむまま #nVpog6Qw[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック