人生の折り返し地点は過ぎましたが、明るく前向きに生きていきます♪
2013年09月05日 (木) | 編集 |
毎週、木曜日には義父を乗せて母の施設へ行くのですが、義父の家の前の家が建て替え中です。

取り壊しや資材搬入の時には看板も立っていて当然のように「通行止め」でした。

でも建前が済んでからは、通れるようになっていたはずなのに、今日行くと、大きなトラックが止まっていて通れそうにない。

交通整理の格好をしたおじさんが立ってはいるが、ただいるだけ。

「ここ、まだ当分通れませんか」と聞くと

「向こう側から回ってくるこっちゃ」と、平然としている。

「そんな事したら、バックで細い道を戻らなくちゃいけないし・・イヤですよ」

結局、義父の家のある小路には入らずに義父がお世話になっているデイケアの駐車場に止めさせてもらって、義父にはそこまで歩いてきてもらった。

全く、ムカつきます。

私が義父の家の前に車を止めて待っている時に、他の車が来たらちゃんと移動して道を開けているのに、いったい何の権利があって道をふさいでいるわけ?

取り壊しや、地盤づくりの大型車が何台も止まっているなら仕方がないし、その時は看板も立っていたからあきらめもするけれど、今日は1台だけだし、移動しようと思えば出来るのに。

しかも「迷惑を掛けてすみません」の一言もなく、「向こう側から回ってくるこっちゃ」とはなんだ!

陶芸の友達ならそこでバトルになる所だけれど、小心者の私はすごすごと引き下がってしまいました(-_-;)

あ~ムカつく!


今日のジムは休館日

ぽちっとしてね↓
にほんブログ村 シニア日記ブログ 50歳代へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
テーマ:ひとりごとのようなもの
ジャンル:日記
コメント
この記事へのコメント
こう言う状況ってクレーマーにはなりたくないけど、
納得できませんね。

警備のおじさんの教育をしてほしいです。

私もムカつくけどすりむままさんと同じ行動をとっていると思います。
2013/09/06(Fri) 09:33 | URL  | あのん☆5 #-[ 編集]
あのん様
こんばんは~、コメントありがとうございます。
警察の許可を取っているなら看板を立てるか、せめて、「すみません」の一言がほしいです。
駐車場もない家で細い通りなので仕方がないのですが、ホントに迷惑です。
怒ると体に悪いそうで、怒りたくないのですがね。
2013/09/06(Fri) 21:13 | URL  | すりむまま #nVpog6Qw[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック