人生の折り返し地点は過ぎましたが、明るく前向きに生きていきます♪
2013年09月26日 (木) | 編集 |
私じゃなくて、母です。

先日火曜日に行ったときは食べる量が少ないからと、点滴を受けていました。

今日は、一応テーブルについていたので安心していたのですが・・・

スタッフの方から要望が
「食事の量が半分くらいになって心配なので、おやつを与えないでほしい」
「ベッドでおせんべいなどを食べると、粉がこぼれて不衛生になる」
「糖尿もあるので、甘いものは控えてもらいたい」

要するに、差し入れのおやつをやめてほしい。ということらしい。

ご意見は一々ごもっともですが、
胃を半分取ったので一度にたくさんは食べられなくておやつも欲しくなるんです。
寂しがり屋なので、寂しくなるとお菓子で気を紛らわせているんです。
糖尿だけどHBa1cも5.1くらいでそれほど悪いわけではなく、低血糖で気分が悪くなったことはあっても、高血糖で具合が悪くなったことは(ここに入ってからは)ない。

他の人達が我慢しているのに母だけ我慢が足りないのかもしれませんが、
寂しい思いをして長く生きられるよりおやつで心が満たされるなら食べさせてあげたい。

今84歳。
7月に4回目の腰椎圧迫骨折をして、1か月ほぼ寝たきりだったので、筋力が落ち、今までの4点歩行器で歩けなくなりました。
今は手押し車タイプの歩行器でトイレに行っていますが、3か月前より明らかに体力が落ちてきています。

それでもちゃんと食べられれば長生きできると思いますが、食欲がない。

ここの食事は色々工夫されていておいしそうなのですが、母はおいしくないと言う。

「おいしくなくてもね、食べないと点滴になるよ」
「せめて半分は絶対に食べてね」

と言うと、母は子どもの様に箸で半分の線を引き
「半分、多いねえ・・・」とため息をついていた。

先週までは梅干しさえあればとにかくお粥は全部食べられたのに、どうしたのだろう。

以前大好きだった果物もほとんど食べなくなったし、心配です。

おでこを触っても熱はないのですがねえ・・・(-_-;)


今日のジムは休館
お片付けをがんばりました。2袋分

ぽちっとしてね↓

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 シニア日記ブログ 50歳代へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
テーマ:ひとりごとのようなもの
ジャンル:日記
コメント
この記事へのコメント
こんばんは
お母さま、食欲がないそうで・・・ご心配ですね。
ちょうど季節の変わり目、夏の疲れも出てきたのでしょうか。

お母さまをお預かりしている施設側の要望は、その責任上もっともかもしれませんが・・・
>寂しい思いをして長く生きられるよりおやつで心が満たされるなら食べさせてあげたい。
・・という、すりむままさんのお気持ちも、よくわかります。

年を重ねると、食の好みも量も変化していくようですね。
私の母も89歳になりますが、大好きだった果物やケーキ、パンなども食べなくなりましたよ。

お母さまの食欲が、少しずつでも戻られるといいですね!

2013/09/26(Thu) 23:32 | URL  | まりも #uVQqvgsg[ 編集]
まりも様
こんばんは~、コメントありがとうございます。
優しいお言葉、痛み入ります。

まりもさんのお母様はウチの母の5歳上なのですね。
ケーキは駄目でもまだどら焼きはお好きでいらっしゃるから、大丈夫だと思います。
ウチの母は、おやつでも少ししか食べられないので、禁止するほどの事もないと思うんですがねえ。
責任ある立場としては、しょうがないでしょうか。
本当は出される食事を残さず食べられたら一番いいのですけどね。
母曰く「言うは易く、行うは難し」だそうです。
2013/09/27(Fri) 17:47 | URL  | すりむまま #nVpog6Qw[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック