人生の折り返し地点は過ぎましたが、明るく前向きに生きていきます♪
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013年09月28日 (土) | 編集 |
クロールを泳いでいて、残り25mの所で足がつりました。

めったに・・・というか泳いでいて足がつったことは記憶にないのでびっくりしました。
が、せっかくあと少しで1kmなので止まらず、足首を曲げ親指を引きつけるようにして泳ぎ切りました。


治った!と思って、今度は平泳ぎをしていたら
今度は膝がつりました。

膝がつる・・・という感覚が初めてだったので、またまたびっくり
でも、だましだまし、50m泳ぎました。

ジャグジー近くにいたコーチに
「泳いでいたら、足がつったんです。今まで攣った事なかったのに」と言うと
「力、入れ過ぎたんかねえ。揉まずに、ジャグジーで温めたらいいよ」と言われました。


いつもボケ~っと泳いでいるので、そんなに力を入れていないと思うのですが、

今日は図書館パートも、午後はずいぶん忙しく配架作業も大変だったし
プールの前にエアロにも参加してそのつもりはないけれど疲れたのかもしれません。

足が攣る原因をググりました。
(以下、引用)
筋肉がつる原因はいくつかあります。筋肉の長時間にわたる緊張や極度の疲労による筋肉の収縮、またはミネラル不足による筋肉の異常収縮、水分不足、冷え、血行不良などが代表的なものです。ただ実際には、これらが複合された場合に発生しやすいといえます。

水泳は足がつりやすい運動ですね。
特にクロールはふくらはぎや足指がつりやすい。

足首を曲げてふくらはぎを伸ばしたのは正解だったようです。

膝がつったのはなんで?
これはわかりません。
ま、無理は禁物ですね。

今日のジム
エアロ 30分
クロール 1km、平泳ぎ 50m

ぽちっとしてね↓

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 シニア日記ブログ 50歳代へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
テーマ:ひとりごとのようなもの
ジャンル:日記
コメント
この記事へのコメント
こんにちは
私は寝ているときに、よく足のふくらはぎや親指辺りがつりました。
寝る前に足首を前後に曲げる運動をするようになってからは、大丈夫です^-^
血行をよくするみたいです。

すごく痛いのに、泳ぎ切ったとはすごいですね。
つるのはクセになりやすいそうなので・・・無理しないでね!
2013/09/29(Sun) 14:25 | URL  | まりも #dvMEb7Rk[ 編集]
まりも様
こんばんは~、コメントありがとうございます。
寝ている時に足が攣ること、以前よくありました。
足首のストレッチがいいんですね。
ということは、膝がつるのも泳ぐ前にストレッチをした方がいいですね。
今まで、いきなり泳いでいました(-_-;)
2013/09/29(Sun) 23:48 | URL  | すりむまま #nVpog6Qw[ 編集]
おはようございます
膝がつったというの、普通の人(健康な)でもあるんですね。
全体に足が疲れていたのと、冷え(血行不良)からでしょうね。
太腿がつるのは辛いみたいです。
使いすぎで手指もつるし、わき腹もつりますよ(笑)

夏の就寝時は綿のアンクルウォーマーを使ってます。これで、随分軽減されました。私の場合は肝ちゃんのせいですが、、。

スイミング再開なさって3ヶ月、あまり無理はされないで、ほどほどに。(^_-)

あっ、前の記事に再コメ入れちゃいました。入れた時は次の記事がまだだったのですが、すりむままさん、素早いですね。すみません。
2013/09/30(Mon) 09:41 | URL  | miya #GUY0.o1c[ 編集]
miya様
こんばんは~、コメントありがとうございます。
膝がつるというのはやはり膝に繋がった太ももの筋肉がつったらしくて、痛かったです。
今でも少し痛くて違和感があります。筋繊維が何本か切れたのかも。

就寝時も筋肉がつりやすいようですね。
やはり水分補給と冷やさないのが大事でしょうか。
肝臓のせいでつるというのもあるんですね。
わたしは今でも時々鳩尾の辺りがつったりします。
アレは肋間神経痛?よく分かりません。攣ったような痛さです。

日曜日はジムに間に合わず、水泳なしでした。
ホドホドに頑張ります。
再コメント、ありがとうございました。
2013/09/30(Mon) 22:18 | URL  | すりむまま #nVpog6Qw[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。