人生の折り返し地点は過ぎましたが、明るく前向きに生きていきます♪
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012年11月09日 (金) | 編集 |
現役時代、仕事でいろんな人に出会いました。
笑える(失礼)エピソードも多かったので、時々書いていこうと思います。

酒豪のN女史
その頃彼女は50代半ばだったと思います。

お酒が好きで毎晩旦那と晩酌。
ウオッカを飲んでも悪酔いしない酒豪

飲み会の二次会でもカラオケなんか目もくれず
ウィスキーの水割りをグイグイ
いくら飲んでも乱れないのは流石です。

彼女とは仕事でペアを組んだまさに「戦友」
というか、私がお世話になっていたんですけどm(__)m

これは本人から聞いた話で、私が異動してくる前のことです。


忘年会で散々飲んで、〇〇車庫行きの最終バスにようやく間に合ったNさん
安心してつい眠り込んでしまったそうです。

目が覚めたらナント車庫の中
バスには誰もいません

運転席の後ろの窓側の席で死角になる上、終点まで乗る客がいなければ運転士の点検もおざなりになってしまったようです。

Nさんはバスから出ようとしたけれど分からなくて
ま、いいか・・・と諦めて朝まで寝ることにしたそうです。

夜中に見回りの人が巡回してきたので
窓をドンドン叩いて合図して出してもらった。

バス会社の人は平謝りで家まで送ってくれた上
翌日には上司が菓子箱を持って家まで訪ねてきたそうです。

これにて1件落着

実は同じバス会社で知恵遅れの女の子がバスの中に置き去りにされ翌朝見つかったという話が新聞に大きく取り上げられており、その時にNさんの武勇伝が露呈しました。

泥酔女性、車庫で凍死」なんて出なくて良かったね。
と、笑い合いました。


この話には後日談があって、数年後に会ったところ
「実はね、またやっちゃったのよ」

飲み会の後、終バスで眠り込んだのだが、その時は終点で降りる人がいて親切に起こしてくれた。

営業所でタクシーを呼んでもらって家まで帰ったそうです。
懲りない人です。

一方〇〇車庫には車内点検の張り紙が大きく掲示されたそうです。

ぽちっとしてね↓
にほんブログ村 シニア日記ブログ 50歳代へ
にほんブログ村
にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
テーマ:面白
ジャンル:お笑い
コメント
この記事へのコメント
すりむままさん、こんばんは~。
すりむままさんのお仕事もお忙しそうでしたね。

私も、バスの車庫まで行ったことありますよ~。やっぱり、運転席の真後ろ、窓際です。
私は酔っ払ってじゃなくて、旅行先まで仕事の後に夜行で行って、朝バスに乗って、爆睡してしまいましたぁ(^^ゞ
車庫に着いた時に目覚めたので置き去りにはされずに「え~っ!お客さん、車庫まで来ちゃったんですかぁ!?!?」と恥をかいて、1時間に1本くらいしかない次の列車に乗り遅れました。若い頃の一人旅の失敗談です。
海外の一人旅(飛行機と宿はセットだったりはします)では、さすがに絶対眠ったりできませんね。もう、一人では絶対海外には行かないだろうなぁ。
2012/11/09(Fri) 17:58 | URL  | miya #ihMNMLjo[ 編集]
miya様
こんばんは( ´∀`)ノ
miyaさんもお仕事忙しそうでしたよね。
優しく頭のいい人という印象は今も変わりません。
治療中は本当にお世話になりましたm(__)m

そうか、miyaさんも車庫まで行かれましたか。
若い頃の一人旅っていいですね。
失敗もみんないい思い出になりますね。
私は旅行は大抵友達と一緒で、人に頼っていました。
出張はいつも一人でしたが、
緊張して寝るどころじゃなかったです。
海外一人旅なんて絶対無理。
パック旅行の添乗員同行なら可能かもしれませんが。
国内でいいからのんびり一人旅、してみたくなりました。
2012/11/09(Fri) 20:41 | URL  | すりむまま #nVpog6Qw[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。