人生の折り返し地点は過ぎましたが、明るく前向きに生きていきます♪
2013年12月03日 (火) | 編集 |
2013年11月の読書メーター
読んだ本の数:52冊
読んだページ数:7093ページ
ナイス数:3775ナイス

6TEEN (新潮文庫)6TEEN (新潮文庫)感想
4TEENの2年後の16歳になった4人組の話。4TEENも以前読んだはずだけど、個性の全く違う4人がどうしてこんなに仲良くなったのか覚えていない。テツローは普通と書かれているがかなり上等な普通だし、後のキャラはかなり珍しい個性の持ち主。学校や家庭の描写はほとんどなくて、現実感が乏しいが読みやすく面白い話だった。
読了日:11月30日 著者:石田衣良
心配事の9割は起こらない: 減らす、手放す、忘れる「禅の教え」 (単行本)心配事の9割は起こらない: 減らす、手放す、忘れる「禅の教え」 (単行本)感想
禅僧にして大学教授、庭園デザイナーとしても活躍していらっしゃる方です。禅の話や論語を引き合いにとてもためになることが書かれています。顔淵が孔子に一生守るべき最も大切なことは何か聞いたら、孔子は「それ恕か。おのれの欲せざるところ人に施すなかれ」と答えた話は有名ですが、それを一歩進んで「己の欲するところを人に施すことためらうなかれ」なるほど。いまここにある幸せに気付く。「いま」やらないでいつやる。「どうにもならないこと」にこころをそそがない。足るを知る。感謝の言葉。色眼鏡を外す。etc.
読了日:11月29日 著者:枡野俊明
憤死憤死感想
長さがバラバラな短編集。どれもちょっと不気味というか怖い話。いや、表題の「憤死」は怖くはなかったけれど、あまり付き合いたくはない人物ですね。違ったテイストで読みやすかった。ところで、「トイレの懺悔室」のゆうすけになにがあったんだ・・・どうしてこうなっちゃったんだろう。
読了日:11月27日 著者:綿矢りさ
娼年 (集英社文庫)娼年 (集英社文庫)感想
石田衣良氏の本は7冊目。娼夫が仕事の20歳の学生。そういう内容だからやたら性描写が多いがドロドロはしていない。私はあまり性描写の多いのは好きではないが、まあこれはこれでいい本だと思う。リョウの素質は母から受け継いだものかもしれない。こういう男がモテるのでしょうね。
読了日:11月26日 著者:石田衣良
約束 (角川文庫)約束 (角川文庫)感想
池田小学校の事件で傷ついた子供たちに「みんな、今はうつむいてもいいけれど、いつかは顔をあげて前に進もう」と言うメッセージを伝えたいために書いた本だという。7つの短編が入っている。どれも病気や大切なものの喪失から、生きることに立ち戻ってくる人間を描いている。切ないけれど温かい、いいお話でした。
読了日:11月25日 著者:石田衣良
ダ・ヴィンチ 2012年 04月号 [雑誌]ダ・ヴィンチ 2012年 04月号 [雑誌]感想
昼休みに。ちょっと古いデータだけど、面白そうな本がたくさんありました。
読了日:11月24日 著者:
ラリーはうそつき (こころを育てる絵本シリーズ)ラリーはうそつき (こころを育てる絵本シリーズ)感想
辛い思いをしたけれど、ハッピーエンド?
読了日:11月24日 著者:クリスティアーネ・ジョーンズ
だいすき、でも、でもね (えほんのもり)だいすき、でも、でもね (えほんのもり)感想
片思いがつながって、最初のまいちゃんに戻ってきたと思ったらw(゜o゜)w そうきますか。
読了日:11月24日 著者:二宮由紀子
氷菓 (角川文庫)氷菓 (角川文庫)感想
若者に人気の米澤穂信氏初読み。アニメになった作品らしい。主人公の口調に不自然さを感じるが、まあそういうキャラなんだろう。ミステリーとしては大したことはないが面白かった。ついでにネットで動画を調べたらアニメありました。しかも、この本に出ていない分まで・・・多分続きがあるんだろうな。それも読んでみよう。
読了日:11月23日 著者:米澤穂信
人間通 (新潮選書)人間通 (新潮選書)感想
昭和4年生まれの著者、若干中身が古いような気もした。おまけのような桂文珍さんとの対談でイチローは野球通、新庄は人間通と言うのが心に残った。新庄が「記録より記憶に残る選手になりたい」と言ったのが印象的。おすすめの本の中の「恋愛なんかやめておけ」松田道雄著を読んでみたい。
読了日:11月22日 著者:谷沢永一
オレたちバブル入行組 (文春文庫)オレたちバブル入行組 (文春文庫)感想
池井戸氏の著作は4冊目。TVドラマは見ていないが凄い視聴率だったようで、是非読んでみたいと思っていた。「十倍返しだ」というセリフは1回しか出てこなかったような。下町ロケットのような感動とは違うが、ハッピーエンドで、これだけの窮地からよくも立ち上がり勝利を収めたのは見事というしかない。池井戸さんのはどれも(今まで読んだ中では)ハッピーエンドで安心して読める。面白かった。
読了日:11月21日 著者:池井戸潤
パン屋を襲うパン屋を襲う感想
カット・メンシック氏のイラストがふんだんに入った、綺麗な装丁の絵本。以前読んだことがあるパン屋襲撃を書き直したものだとか。大人向きの絵本なのかな。空腹のためにパン屋を襲うがタダでは貰いたくない。でも呪われるのもいや。で、ワーグナーを聴くのと引き換えにパンを思い切り食べていいことになる。変な話なのだが、村上氏らしいともいえる。気の利かないおばさんが迷っているのを待っている描写が面白い。第2部の方では2週間前に結婚した奥さんが不思議。襲撃に慣れているような手際の良さ。いったい何者。
読了日:11月20日 著者:村上春樹
狂人失格 (本人本)狂人失格 (本人本)感想
わぁ・・・と驚いたけれど、作中の「優花ひらり」さんには実在のモデルがいて結婚し、今もブログを続けている。さっき読んできました。ひぇ~。すごい人です。本当に阪大卒なんですかね。お父様も大学の先生(助教授?)だそうだから頭はいいのでしょうけど。やはりこの人はリンゴを食べる前のイヴなんでしょうね。
読了日:11月19日 著者:中村うさぎ
死神の浮力死神の浮力感想
相変わらずマイペースでぶれない千葉さん、ナイス。キャンペーンでサイコパスの犯人が20年死なないと言うのを聞いて理不尽を感じたが、成程、これなら納得。山野辺さんもその死に方は納得かもしれない。いや、納得する時間もなかったかもしれないが少なくとも怖くはなかったと思う。サイコパスの本城、本当に25人に一人の割合でサイコパスが存在するのか・・・?長編も面白かったが、このシリーズは短編の方が好き。
読了日:11月18日 著者:伊坂幸太郎
日経 Health (ヘルス) 2013年 05月号日経 Health (ヘルス) 2013年 05月号感想
お昼休みに読みました。読みたいところがたくさんありましたが、リンパマッサージとお腹のマッサージだけ。しみを作らない方法とか。
読了日:11月17日 著者:
ねぎぼうずのあさたろう〈その1〉とうげのまちぶせ (日本傑作絵本シリーズ)ねぎぼうずのあさたろう〈その1〉とうげのまちぶせ (日本傑作絵本シリーズ)感想
正義感の強いねぎぼうずのあさたろう。最強ねぎじるで悪いヤツをやっつける。時代劇風、勧善懲悪絵本。手書きの字もいい。
読了日:11月16日 著者:飯野和好
クロワッサン 2013年 1/10号 [雑誌]クロワッサン 2013年 1/10号 [雑誌]感想
ロングブレスは以前チャレンジして3日坊主。でもこの本を読んでロングブレスもそうですが、丹田を意識した腹式呼吸でダイエットやストレス解消、美肌にもなれるそうで、また継続して頑張ろうと思います。寝てできるのもいいかも。息を吐いてお腹と背中をくっつけるくらいぺしゃんこにする。体幹の筋肉を鍛える。
読了日:11月16日 著者:
へびのクリクターへびのクリクター感想
ヘビは大嫌いだけど、この本を小さいときに読んでもらっていたら嫌いにならなかったかもしれません。優しく役に立つ、英雄のヘビ、クリスター。銅像までつくられて公園の名前にも付いたんだ。「良い絵本シリーズ」
読了日:11月16日 著者:トミー・ウンゲラー
ぼくのくれよん (講談社の創作絵本)ぼくのくれよん (講談社の創作絵本)感想
猫より大きなくれよん、ぞうのくれよんだった。なかなか迫力があります。
読了日:11月16日 著者:長新太
オニたいじオニたいじ感想
森絵都さんの絵本。節分にまかれた豆が一粒一粒自分でよく考えて、本物のオニを退治するお話。段々スケールが大きくなって、しまいには地球を救う!子どもにウケると思います。
読了日:11月16日 著者:森絵都
にひきのかえるにひきのかえる感想
新美南吉の絵本。黄色いカエルと緑のカエル。ケンカをしていたが、冬眠から覚めたらすっきりして相手のよさが分かった。
読了日:11月16日 著者:新美南吉
からすたろうからすたろう感想
とてもいい絵本だった。たろうは今でいうLDだったのだろうか、勉強にもついていけずみんなに馬鹿にされていたが、1日も休まず学校に来た。自ら楽しみを見つける術を知っていた。いそべ先生が来てたろうの良さを見出し、みんなに広めた。この先生がまた素晴らしい。
読了日:11月16日 著者:八島太郎
一度でも悩んだことのある人はきっと素晴らしい心理カウンセラーになれる 「あなたも20代、30代で心理カウンセラーになれる」新装改訂版一度でも悩んだことのある人はきっと素晴らしい心理カウンセラーになれる 「あなたも20代、30代で心理カウンセラーになれる」新装改訂版感想
期待していた内容ではなかった。
読了日:11月16日 著者:浮世満理子
55歳からのハローライフ55歳からのハローライフ感想
いい本でした。同年代の私には何だか身につまされます。セカンドステージに立った人たちの経済面の問題、夫婦の問題が中心だったと思う。この年まで夢中で走り続けてきて、ちょっと立ち止まるタイミングではある。そこで自分の生き方や幸せについて考える手がかりになると思う。
読了日:11月15日 著者:村上龍
「さしすせそ」ですべて解決!家がみるみる片づく本「さしすせそ」ですべて解決!家がみるみる片づく本感想
さしすせそとは、さっと取り出せる理想を持つ。出ているものはしまう。いらないモノは捨てる。使いやすいように整理する。すっきりしてから掃除する。まあ、おっしゃる通りですが、モデルになっているものがちょっと現実感なくて。日本語表示を隠す(笑)でも、頑張ります。
読了日:11月14日 著者:土田登志子
自衛隊メンタル教官が教える 心の疲れをとる技術 (朝日新書)自衛隊メンタル教官が教える 心の疲れをとる技術 (朝日新書)感想
ムリ・ムダ・ムラを避けるのが大切と分かったが、それが出来ないからウツになる。結局、ムリやムラは無理やり休ませてもらって精神科のお世話になるしかない。自衛出来るのはムダだけ。ムダというのは感情の無駄で必要以上に怒ったり、警戒したり不安になったりするとそれだけで消耗してしまう。怒らないためには、怒りそうになったら席を外し、一人になる。他の人が敵意を持っているというより、自分が思い込んでいる場合が多い。理想と現実は違う。小さいころから様々な理不尽を知り、価値観を調整してこなければならない。
読了日:11月13日 著者:下園壮太
はげまして、はげまされて~93歳正造じいちゃん56年間のまんが絵日記~はげまして、はげまされて~93歳正造じいちゃん56年間のまんが絵日記~感想
家族の事を綴った56年間の絵日記。本当はマンガ家になりたかっただけあって素晴らしい絵と表現力。服装や生活様式の変遷も分かって貴重。著者がすごくいい人で子どもや孫にも慕われて幸せな人生を送っておられることがわかる。奥さんを早くに亡くされたのはお気の毒だが、お子さんお孫さん達との交流もあり、いい人生である。少しも偉ぶったところがなくて好感が持てる。
読了日:11月12日 著者:竹浪正造
一瞬で幸せになる方法一瞬で幸せになる方法感想
阿部さんの本3冊目。これが一番分かりやすくていいかもしれない。といっても優しい言葉で書かれてはいるが、「ホントに分かるのか」と聞かれたら「分からない(-_-;)」でもいいことが書いてあると思います。起きていることは淡々と起きているのであってそれがいいとか悪いとかは本人が過去の経験から評価している。自我を捨てれば一瞬で幸せになれる。あなたは既に救われている。
読了日:11月11日 著者:阿部敏郎
ペコさんの 暮らしを楽しむ、お掃除エッセンスペコさんの 暮らしを楽しむ、お掃除エッセンス感想
いいな~、こんな素敵な家に暮らしたい。だいたいウチみたいに全室和室の昭和の家は今時少数派。まずはマイクロファイバー雑巾を買って来よう。重曹はもう使っています(^^)v曜日ごとに掃除箇所を決めておくのもいいかも。
読了日:11月10日 著者:おそうじペコ
5年3組リョウタ組 (角川文庫)5年3組リョウタ組 (角川文庫)感想
茶髪にドクロのペンダント?う~ん・・・と思ってしまいましたが、良太先生素敵でした。染谷先生とはタイプが違うけれど、どちらも素敵ですね。染谷先生の若いのに素晴らしく周りが見えている頭の良さ…これは著者の石田衣良氏の頭の良さなんでしょうね。こんな先生、各校に一人は欲しいですね。石田衣良さんの本は「チッチと子」に引き続き読みましたが、いいですね。泣かされました。当分石田衣良さんの本を読破しようと思います。ところで小学校の先生のユニフォームがジャージって変でしょう。それなら生徒だって一日中体操服ですよ。
読了日:11月10日 著者:石田衣良
おばあちゃんはかぐやひめ (ポプラ社の絵本)おばあちゃんはかぐやひめ (ポプラ社の絵本)感想
たけのこ山の祖父母の家に一人でお泊りしたさきちゃん。おばあちゃんが滑って足を捻挫してしまうが、さきちゃんはお手伝いをがんばる。おばあちゃんは昔美人でかぐや姫と呼ばれていたんだって。祖父母との交流。
読了日:11月9日 著者:松田もとこ
かようびのよるかようびのよる感想
お話会の絵本。文字は少ないが絵がリアルですごい。不思議な世界だが楽しいお話。
読了日:11月9日 著者:デヴィッドウィーズナー
だめよ、デイビッド (児童図書館・絵本の部屋)だめよ、デイビッド (児童図書館・絵本の部屋)感想
いたずらぼうずのデイビッド。毎日ママに「ダメよ」と叱られていますが、最後は暖かくてホッとします。お話会の絵本
読了日:11月9日 著者:デイビッドシャノン
すてきな奥さん 2013年 12月号 [雑誌]すてきな奥さん 2013年 12月号 [雑誌]感想
収納特集だけ。
読了日:11月9日 著者:
静おばあちゃんにおまかせ静おばあちゃんにおまかせ感想
中山七里氏の本は4冊目。静おばあちゃん、最高です。でもあっと驚く結末でしたね。若い二人が幸せになるといいですね。そして、円がおばあちゃんのような有能な裁判官or検事or弁護士になれますように。この続きをもっと読みたかったけれど、あの結末では無理。円の成長に期待しましょう。
読了日:11月8日 著者:中山七里
チッチと子チッチと子感想
優しく温かないい作品でした。妻に先立たれた子持ちの作家。10年間増刷はナシだけど、何とかやってきた。初めての直本賞ノミネート、そして2回目で受賞。作家の生活ってこんなものかな。カケル君がいい子で、頭もよく人の心をよく分かって優しい。きっとモテるだろう。チッチもいい感じだ。作者石田衣良氏もこんな感じの人なのかな。
読了日:11月7日 著者:石田衣良
心理サプリ―本物の心理テストまんが編心理サプリ―本物の心理テストまんが編感想
「ジーパンをはく中年は幸せになれない」の著者の本。「ジーパン・・・」が面白かったから読みましたが、若者向きの本でした(-_-;)漫画は面白かったけれど、それと心理テストの関係は微妙。
読了日:11月6日 著者:津田秀樹
眠っているうちに病気にならない体をつくる本眠っているうちに病気にならない体をつくる本感想
睡眠中に「成長ホルモン」と「メラトニン」を使ってアンチエイジングしよう(*^-゚)bそのためには、①11時就寝6時起床(または12時就寝7時起床)②朝は太陽の光を浴びる③無酸素運動5分+有酸素運動15分④筋トレ(無酸素運動)は腕立て伏せ・腹筋背筋・スクワットを日替わりで⑤間食を止め空腹を意識する⑥トリプトファンを多く含む納豆やチーズを食べる⑦食事は就寝2時間前までに⑧就寝前のアルコール、カフェイン、パソコン等はNG⑨リズム運動(ガムをかむ、ウォーキングなど)⑩笑う
読了日:11月5日 著者:根来秀行
めだま―落語絵本めだま―落語絵本感想
インパクトのある絵。面白かったです。中学年・高学年の読み聞かせにいいと思います。
読了日:11月4日 著者:山田洋次
インディアンのティーチングストーリー 古井戸に落ちたロバインディアンのティーチングストーリー 古井戸に落ちたロバ感想
高学年用の読み聞かせにいいと思います。インディアンに語り継がれてきたお話。何を言いたかったのか、話し合ってみるといいと思います。
読了日:11月4日 著者:北山耕平,oba
おとうさんにもらった…おとうさんにもらった…感想
お父さんに貰ったのはナイフ、マッチ、ロープ・・・ちょっと危険で大人しか持てないような魅力的なもの。怒っているお母さんとちょっとしょんぼりしているお父さんの姿も面白い。
読了日:11月4日 著者:えびなみつる
ちいさなあなたへ (主婦の友はじめてブックシリーズ)ちいさなあなたへ (主婦の友はじめてブックシリーズ)
読了日:11月4日 著者:アリスン・マギー
4ページえほん あはっ! (おひさまのほん)4ページえほん あはっ! (おひさまのほん)感想
4ページでオチがくる面白い絵本。小さい子にさりげないユーモアのセンスを育てるのに役立ちそう。最初の骨の話で十分ひきつけられました。
読了日:11月4日 著者:高畠純
Another(下) (角川文庫)Another(下) (角川文庫)感想
上巻に引き続き下巻も一気に読みました。夜中の4時まで(-_-;)結末は意外でしたが伏線はいくつもありましたね。面白かったです。綾辻氏の他の作品も読んでみようと思います。
読了日:11月3日 著者:綾辻行人
Another(上) (角川文庫)Another(上) (角川文庫)感想
読メでレビューをみて面白そうだと思って読みました。綾辻さんは初めて、ホラーは久しぶりですがとても読みやすい文章で惹きこまれました。一気に下巻まで読みました。
読了日:11月3日 著者:綾辻行人
よるのむこうよるのむこう感想
大人向きですね。夜汽車に乗って故郷に帰る。素敵な絵本です。
読了日:11月2日 著者:nakaban
どうしたのぶたくん (チューリップえほんシリーズ)どうしたのぶたくん (チューリップえほんシリーズ)感想
お父さんに叱られて泣いているぶた君に、友達がそれぞれのお父さん自慢をする。そしてぶたくんも自分のお父さんが大好きだったことに気付く。父の日の読み聞かせにいいですね。
読了日:11月2日 著者:みやにしたつや
いのちの木 (ポプラせかいの絵本)いのちの木 (ポプラせかいの絵本)感想
キツネの死を悼み、キツネとの思い出を語り合う。キツネは仲間の心の中に生きている。
読了日:11月2日 著者:ブリッタ・テッケントラップ
おにより つよい およめさん (えほんのぼうけん58)おにより つよい およめさん (えほんのぼうけん58)感想
面白かった。最初は威張っていた鬼がおよめさんに命を助けられて随分かわいらしくなります。笑える。家事にいそしむ鬼、ナイスです。読み聞かせにいいと思います。
読了日:11月2日 著者:井上よう子
きちょうめんななまけものきちょうめんななまけもの感想
ユーモラスな絵本。昼間はのんびりしているなまけものも夜はナマケモノと言われないように様々な努力をしているんです。子どもにウケると思います。
読了日:11月2日 著者:ねじめ正一
山のいのち (えほんはともだち―立松和平・心と感動の絵本)山のいのち (えほんはともだち―立松和平・心と感動の絵本)感想
いせひでこさんの絵が素敵。「海のいのち」もいせひでこさんの絵だったな。素敵です。山に生きるお爺さんの知恵と孫との交流。山で生きるものにしか分からない命の実感を味わえる絵本である。高学年向き。
読了日:11月2日 著者:立松和平
私の名前は、高城剛。住所不定、職業不明私の名前は、高城剛。住所不定、職業不明感想
いわゆる天才?なかなか素敵な人だ。一般人にはまねのできない生き方だが、これだけ自由に生きてそれがストレスにならない人も珍しい。才能と行動力に恵まれている。
読了日:11月1日 著者:高城剛

読書メーター


ぽちっとしてね↓

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 シニア日記ブログ 50歳代へ
にほんブログ村 
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
こんばんは
今月も圧倒的な量とジャンルの広さに敬服です。
阿部さんの『一瞬で幸せになる方法』、読まれたんですね^‐^
なんか、うれしい~♪
ちなみに先月私が読んだのは2冊です(爆
そのうち1冊は厚すぎて、まだ終わってません・・(^‐^;
2013/12/04(Wed) 19:34 | URL  | まりも #57cQzzjc[ 編集]
まりも様
こんばんは。コメントありがとうございます。
殆ど活字中毒です。小説でも週刊誌でも漫画でもいいんで、何か読んでいるのが楽しいです。
読んでいれば美容院や病院や銀行、バスなどの待ち時間は全く苦になりません。
阿部さんの本、図書館で借りたのですが、結構な人気で予約待ちでしたよ。
人気の秘密が少しわかりました。
2013/12/04(Wed) 20:56 | URL  | すりむまま #nVpog6Qw[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック