人生の折り返し地点は過ぎましたが、明るく前向きに生きていきます♪
2013年12月19日 (木) | 編集 |
義父を連れて、まず老健に11月分の支払いを済ませ、病院に

姉が先に来ていました。

姉は肉うどんを持参していて母に少し食べさせていた。
母は「細巻が食べたい」と意欲を見せたので、明日持って行きます。

お昼御飯用のゼリーに薬を掛けて食べさせたら苦かったらしく、2口3口で「もういい」と言われた。
薬を掛けたのはまずかったか・・・
でもお薬をどうやって飲ませるかも難しい。

姉はDR.に「胃瘻は適さ無いようだから高カロリー輸液を早めに進めようと思う」と言われたそうだ。

胃瘻と高カロリー輸液ではこの先の受け入れ先が変わってくると言うことで、相談員さんの説明を聞きました。

胃瘻だと介護施設でも受け入れてくれるところがあるし、勿論療養型の病院でもいい。
高カロリー輸液は療養型の病院しか受け入れてもらえない。らしい。

この病院に2か月はいられるし、その間に相談員さんが受け入れ先を探してくださるらしい。
決まらない内は出て行けとは言われないらしいので、少し安心。

胃瘻の方が管理が楽なようだが、母は胃癌の手術で胃を半分摘出しており、逆流性食道炎もあるので胃瘻は難しいらしい。

担当医は高カロリー輸液の処置をする線で考えているらしい。

こうなったらもうお任せするしかないので、Dr.の説明を聞いて承諾書を書こうとしたが、あいにくDr.は他の担当施設の往診に出かけてしまい、3人揃うのは来週の木曜日という事になった。

処置を急ぐなら3人揃わなくても承諾書を書くことはやぶさかではない。

ぽちっとしてね↓

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 シニア日記ブログ 50歳代へ
にほんブログ村 
スポンサーサイト
テーマ:頑張れ自分。
ジャンル:日記
コメント
この記事へのコメント
こんばんは
輸液と合わせて、お口からも食べられる量が増えるといいですね。
食事やゼリーにお薬をかけると不味くなるので、(ご存じかと思いますが)逆に、お薬をゼリーに包むという発想で、らくらく服薬ゼリーというようなものがあります。
飲み込みにくいせいか、いつまでも口の中で転がしたりするので、錠剤を飲んで貰うのが難しいですね。

こちらも寒くなりました。そちらはもっとでしょう。
すりむままさんも気をつけてくださいね。
2013/12/20(Fri) 21:23 | URL  | miya #GUY0.o1c[ 編集]
miya様
こんばんは。コメントありがとうございます。
ゼリーにお薬を掛けたのは失敗でした。
ゼリーにお薬を包む、のがあるのですね。知らなかった。
今日は細巻を食べられたので、ちょっと希望が持てました。
2013/12/20(Fri) 21:28 | URL  | すりむまま #nVpog6Qw[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック