人生の折り返し地点は過ぎましたが、明るく前向きに生きていきます♪
2015年02月24日 (火) | 編集 |
今夜、夜行バスで大阪に行きます。
明日は早朝からUSJ (*^-^)b
エクスプレスパスを買っていませんが、早朝に着くので大丈夫じゃないかな。
お目当てはもちろん、ハリーポッター
あとは行ってから考えます。

ということで、ウキウキワクワクなのに

仕事から帰ったら旦那がいない。
風呂にでも行ったか・・・と思って、私もスポーツクラブのお風呂に行きました。

7時になっても帰ってこない。
どういうつもり?

昨日、散々迷惑かけて、少しは反省したかと思ったのに!

携帯で呼び出しました。
「すぐ、帰ってきて!」

やがて帰ってきた旦那
「11:10のバスに乗ればいいんやろ?」

それはそうだけど、何の用意もしていない様子。
「おれ、なんも持って行かんでいいんやろ?」

ちゃんと着替えて、行く用意して。
「え?このままでだめなん」
よれよれのネルシャツに、穴の開いたジーパンに長靴はいて行くつもりだったらしい。

ダメに決まっているでしょう。
「全部脱いで下着も着替えて」
「長靴はダメだからね」

はぁ・・・。
やはり一人で行けばよかったか・・・(-_-;)

予約もチケット購入も全部私です。
ネットで時刻表や地図を印刷したり(スマホは持っていないので)

まあ仕方がない。
行くからには楽しんできます。

ところで、「全部脱いで着替えて!!!」
と、怒っている時に、私の携帯に着信

こんな時に!と、つい、怒った口調で出てしまいましたが
陶芸の友達からでした。

旦那がまた出かけて(バス停集合)から
ごめんね~と、かけなおすと

「あら、ちゃんと覚えていたわよ~」
何の話かというと、その友達の娘さんが勤めている食品会社の社長が昔の教え子だった話。

「マコちゃんもミユキちゃんもチャンと覚えていたわよ。やさしい先生で大好きだったって。私も嬉しかったわ」
そりゃあ、どうも。
なにしろ小学校の話なので、忘れているかもしれないと思ったのです。

覚えていてくれたのは本当にうれしいです。
私も、頭を撫でた手触りまで覚えていますとも。

と、いうことで旦那への怒りは静めて、いってきま~す(^^)v

追記
その後、旦那から電話があり、
「オレの黒い鞄に傘と薬とタオルと・・と・・・と入れて持ってきて」
だから、用意をしろと言ってるんだよ!!

ぽちっとしてね↓
にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村

日記・雑談(60歳代) ブログランキングへ
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック