人生の折り返し地点は過ぎましたが、明るく前向きに生きていきます♪
2015年04月10日 (金) | 編集 |
昔、小学校の教員をしていた頃
下校拒否(笑)の子どもがいました。

山の小中併設校で、その子を1,2年と担任していたのですが
家が遠いからか、そっち方面に帰る子がその子だけだったからか

授業が終わっても帰らず、どこかに隠れていて
上級生にかまってもらったりしていました。

私も1年生の授業が終わっても、高学年の音楽や家庭を受け持ったりしていたので、その子につきっきりというわけにもいかなかったのですが・・・。

その子は結局、教室で宿題もやって、年の離れたお兄ちゃんと帰ったり、たまには家の人が迎えに来たりしていました。

2年間受け持って、担任が変わる時、おうちの人が
「お世話になりました」ということで
春蘭の鉢植え を下さったのです。

30年ほど前の話です。

その春蘭がこれなんですが↓
2015-04-10 2015-04-10 001 001 (640x480)

家の門柱の上に置いたきり、水も肥料もやらず、株分けもしていないのですが
毎年春になると花を咲かせます。

2015-04-10 2015-04-10 001 002 (640x480)

ちょっと手が届かないのですが、20~30は咲いています。

鉢物を育てるのは全く苦手で、人様から頂いたり、自分で買ったりしても絶対、枯らしてしまいます。
水をやりすぎて根腐れをしたり、水が足りなくて枯れてしまったり・・・

12月の誕生日に友達に貰ったシクラメンも2つあった内1つは早々に根腐れを起こしました。

それを思うと、この春蘭は無敵!
何しろ、30年

日照りの夏も枯れず
大雪の冬も凍えず
台風にも飛ばされず・・・

毎年、咲くんです。
まさに奇跡の春蘭

せっかく、門柱の上の過酷な環境に適応しているのでそのままにしておきます。
下手に水をやったら腐ってしまいそうだし。

もし、私より長生きしたら娘にやろうと思います。

ぽちっとしてね↓
にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村

日記・雑談(60歳代) ブログランキングへ
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
逞しい生命力
30年も前の想い出のある春蘭 逞しいですね
確かに鉢植えを育てるのは難しく私もシクラメン バラなど失敗しました
現在ベランダにあるのは 寒さにも暑さにも耐えたものばかりです(笑)
2015/04/11(Sat) 17:44 | URL  | のびた #UyDaNXrA[ 編集]
のびた様
コメントありがとうございます。
鉢物は難しいですね。
生き残っているのは生命力の強いものなんでしょうね。
門柱の上の春蘭は手が届かないので放置ですが、アマリリスとクレマチスがどうやら生き残っていたようで芽が出てきました。花が咲くかな♪
2015/04/11(Sat) 22:25 | URL  | かのん #nVpog6Qw[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック