人生の折り返し地点は過ぎましたが、明るく前向きに生きていきます♪
2016年08月04日 (木) | 編集 |
2016年7月の読書メーター
読んだ本の数:47冊
読んだページ数:8468ページ
ナイス数:3635ナイス

ねむいんだもん (そうえんしゃ日本のえほん)ねむいんだもん (そうえんしゃ日本のえほん)感想
写真絵本。寝ている姿はすごくかわいくて癒されますね。子どもたちも気に入ると思います。
読了日:7月31日 著者:ゆうきえつこ,福田幸広
教室 消えない虹 (ハートウォームブックス)教室 消えない虹 (ハートウォームブックス)感想
スカイエマさんの表紙が好きです。この教室にはいじめもないし、変な力関係もあまりなさそう。担任の先生も好感が持てる。そんな中であっても、一人一人の子はいろいろな悩みを抱えて生きている。両親の離婚で祖父母宅に行かされる子。親の期待が大きくて習い事が多く、大好きな祖父が孤独死したことを自分のせいのように引きずっている子。太っていて自信がない子。綺麗がゆえに変質者に誘拐され被害はなかったものの強いショックを受ける子。シングルマザーで貧しい暮らしをしている子。簡単にハッピーエンドではないけれど、強く生きていく子達。
読了日:7月31日 著者:真田コジマ
恋愛しない若者たち コンビニ化する性とコスパ化する結婚 (ディスカヴァー携書)恋愛しない若者たち コンビニ化する性とコスパ化する結婚 (ディスカヴァー携書)感想
30代の独身息子は「結婚なんかしたい人がすればいいんだよ」と言っています。昔は結婚するのが当たり前で身を固めるとか結婚してようやく一人前みたいに言われていたのですが。この本を読むと確かにいまどきの恋愛事情はめんどくさそうだし、本人は何が何でも結婚しなくてはというほどの必要感も無いようだ。でも、どうなんだろう。人間の歴史は長い間家族を中心に営まれてきたんだし、こんな風に結婚しない若者が増えていったのでは将来が心配だ。息子には幸せになってもらいたいし、やはり結婚して自分の家族を持ってもらいたいのですがね。
読了日:7月30日 著者:牛窪恵
夏のレプリカ (講談社文庫)夏のレプリカ (講談社文庫)感想
S&Mシリーズ7作目。前作と同時進行していた事件。死者も二人で、それも犯人グループの人間だったので事件としては地味な印象。でも、萌絵の友達がらみの事件だったので、萌絵は辛かっただろうな。最後東京駅で意外な人にぶつかってよかった。
読了日:7月29日 著者:森博嗣
光の「速読法」と「記憶法」が5日間で身につく本: 脳のレベルが一気に上がる簡単で楽しい「未来派学習法」 (単行本)光の「速読法」と「記憶法」が5日間で身につく本: 脳のレベルが一気に上がる簡単で楽しい「未来派学習法」 (単行本)感想
普通の人は本を読むとき頭の中で「音読」している。これは子供の時からの習慣でなかなか変えられないが、この「音」で読む限り速読には限界がある。光の速読法とは文字を音声変換せずに視覚的に映像としてとらえ心の3次元空間に記憶するという。この方法で10倍速く読めるという。トレーニングの方法が書かれているが、5日間というのは釣りですね。1日目はこれとか指定はない。それとは別に脳のレベルを上げる健康法がいくつかあって、指回し、二重指回し、手の運動(開閉屈伸)足の運動(足指の開閉、屈伸)肩回し、あごの運動(前後左右上下)
読了日:7月28日 著者:栗田昌裕
ボケない暮らし 30ヵ条ボケない暮らし 30ヵ条感想
母親が晩年認知症になったので自分もなるのではないかと心配です。声をかけてきた人の名前が思い出せないとか… (^^; 採血で認知症のリスクがわかる検査もあるのですね。2,3万円とか。とにかく、運動、睡眠、バランスの良い食事、生活習慣病にならないように、人と会って話す、楽器やダンス、シナプソロジー、デュアルタスク(~しながら)歩きながら短歌を詠む。料理もいい。筋肉痛が1~2日遅れで来るのも、徘徊老人が疲れを感じないのも老化現象。人と話すとき、必ず何か一つ質問するといいらしい。
読了日:7月27日 著者:朝田隆
「本当のこと」を伝えない日本の新聞 (双葉新書)「本当のこと」を伝えない日本の新聞 (双葉新書)感想
なぜ日本の新聞は国民が知りたい事実を伝えず、「権力者の代弁」ばかりをたれ流すような報道に終始するのか。ニューヨークタイムズ東京支局長である著者が3.11の大震災時に自分の足であちこち回ってインタビューした記事が秀逸。日本のメディアがどこも同じような報道内容になるのは記者クラブという方式のせいだ。フクシマの原発のメルトダウンの話も2か月も報道しなかった。
読了日:7月26日 著者:マーティン・ファクラー
にじいろのさかな (世界の絵本)にじいろのさかな (世界の絵本)感想
きれいな絵本です。わぁ、難しいところですね。にじうおが生まれつき持っていたきらきら光る美しいうろこ。それをほしがるほかの魚たちに1枚ずつ分けてやって、みんな仲良く幸せになりましたってことなんだけれど。いいものを独り占めは良くなって話なのかな。でも少し納得できないような・・・。まあ、にじうおさんにお友達がたくさんできて幸せになったからいいとするか。
読了日:7月26日 著者:マーカス・フィスター
おばけのバーバパパおばけのバーバパパ感想
このシリーズ結構人気がありますね。そうか、バーバパパって、庭の土の中から生まれたんだな。いろいろ形を変えられて便利。ユニークなお化けです。
読了日:7月26日 著者:アネット=チゾン,タラス=テイラー
部屋は自分の心を映す鏡でした。部屋は自分の心を映す鏡でした。感想
若い女性向けの片づけ本。やりたいこと探しに夢中の人はまずキッチンの片づけを。ダイエットがうまくいかない人は、洗面所とクローゼットを。理想の相手と出会いたい人はトイレと浴室を片づけ、床を磨く。言いたいことがはっきり言えない人は、玄関とリビングをまず片づける。仕事に自信が持てない人は本棚と冷蔵庫を片づける。毎日続けて21日間頑張ればもう習慣になっているでしょう。チャンチャン。
読了日:7月25日 著者:伊藤勇司
女性自身 2016年 7/26 号 [雑誌]女性自身 2016年 7/26 号 [雑誌]感想
待合室で。天皇陛下も美智子様も平和を望んでいらっしゃる。元首にされて、万が一にも戦争参加の指示を出したりする立場になることは絶対に望まれないと思う。
読了日:7月25日 著者:
日本会議の研究 (扶桑社新書)日本会議の研究 (扶桑社新書)感想
確かに安倍政権は右傾化している。そして安倍内閣のほとんどが参加している「日本会議」という組織。保守革命の具体的項目が「歴史認識」「夫婦別性反対」「従軍慰安婦問題」「反ジェンダーフリー」の4つらしい。改憲については1.「緊急事態条項」を追加し、緊急事態には「三権分立」「基本的人権」などの原則を無効化し、総理大臣に一種の独裁権を与えるというもの。2.家族保護条項の追加3.自衛隊の国軍化という順で進める。日本会議の母体は元は宗教団体の「成長の家」であった。宗教色が濃く、明治憲法に戻ろうとしている。
読了日:7月24日 著者:菅野完
絵本 化鳥絵本 化鳥感想
とても美しい絵本です。たぶん大人向けでしょう。泉鏡花文学賞制定40周年を記念して作られた絵本です。文章は100年以上前のものを読みやすいかなづかいに直されていて、独特の言い回しではありますが、読みやすいです。絵や装丁が宝物のように美しい。版画かと思ったのですがパソコンで描かれたものなんですね。物語は橋のたもとの小屋で橋銭を集めて暮らしている母子の話。坊やの目線で書かれています。この親子以外は鳥や獣に見立てられて書かれているのが面白い。最後の橋の風景が天神橋に似ていると思ったら、やはり天神橋がモデルらしい。
読了日:7月23日 著者:泉鏡花
だってだってのおばあさんだってだってのおばあさん感想
だってわたしは98さいだから・・・なんでも尻込みしていたおばあさんが、99歳の誕生日にローソクが5本しかなくて、5歳になってしまった。すると、5歳の私は、身軽でいろんなことに挑戦できてとっても楽しい。でも、おばあさんケーキの作り方は覚えているよね?とてもかわいらしい雰囲気で気に入りました。
読了日:7月22日 著者:佐野洋子
アリくんとゾウさん (ピートの絵本シリーズ (5))アリくんとゾウさん (ピートの絵本シリーズ (5))感想
心やさしいゾウが森じゅうの困っている動物を助けてくれる。後にゾウが窮地に陥った時、一番最初に助けてもらったアリが9万5千匹の仲間を呼び集めてゾウを助け、恩返しをする。ところで、途中にたくさん出てきた意地悪で恩知らずな動物たちは・・・?
読了日:7月21日 著者:ビル・ピート
ニューヨーク医大教授の「手の刺激」健康・長寿術 (血液の循環がよくなり全身の不調が改善!)ニューヨーク医大教授の「手の刺激」健康・長寿術 (血液の循環がよくなり全身の不調が改善!)感想
筆者は1934年生まれの医師。ずっとアメリカの大学で研究していらっしゃるようだ。「世界の医療関係者のトップ100人」に選ばれている。手にも足のように全身に関係する反射区があり、そこを刺激することで不調が改善する。中指の先が頭に該当するので、不眠や高血圧難聴もそのあたりを揉むとよい。便秘は手のひらの頭脳線と感情線の間を小指側から人差し指側に向かってつまんでいく。手のひらをこすり合わせるのもいい。足三里のツボ押しで疲労回復など。Oリングテストで科学的に証明されているらしい。
読了日:7月21日 著者:大村恵昭
驚くほど眠りの質がよくなる 睡眠メソッド100驚くほど眠りの質がよくなる 睡眠メソッド100感想
薬は飲んでいませんが不眠症です。年のせいかな。昔は電気を消したらすぐ眠れて、目覚ましが鳴るまで絶対に目が覚めなかったのに。というわけで読んだ本。小豆を100均のファスナー袋に入れて凍らせ、枕の中央に置いて頭を冷やすのは良さそう。片鼻呼吸と「ん~」を頭に響かせるのはヨガでやった。舌回し体操はいびきの他ほうれい線にも効果あり。認知症にも不眠にも効くアロマ、朝はローズマリー2滴とレモン1滴、夜はラベンダー2滴とオレンジ1滴を就寝1時間前から嗅ぐ。アロマやってみたい。いい寝具もほしい。人によって違うんだろうけど。
読了日:7月20日 著者:三橋美穂
輝く女性に贈る 中谷彰宏の運がよくなる言葉輝く女性に贈る 中谷彰宏の運がよくなる言葉感想
同じ出来事にどう反応するかで運は良くも悪くもなるんでしょうね。扉に直筆(印刷)で書かれている初デートの時のエピソード、自動販売機の故障でお金が出てこないのを笑って「お賽銭したから、今日はきっといいコトありそう」というのが素敵ですね。こういう人には必ずいいコトが起こると思います。「謙虚な人は素直になれない」というのも思い当ります。素直にならなきゃね。
読了日:7月19日 著者:中谷彰宏
スカイエマ (イラストレーション別冊)スカイエマ (イラストレーション別冊)感想
いいですね。『ぼくがバイオリンを弾く理由』の他にも『優しい大人』や『でーれーガールズ』や『はぶらし』なんかもそうだったんだ。2005年からで200冊以上の本の表紙や挿絵を手掛けている。なんで魅かれるかって、動きや感情がストレートに伝わってくるからかな。エマさん、実は看護学校を出ていらっしゃって看護師としても勤めていらっしゃったらしい。イラストはHPで公開するも、売り込みは一切なしでHPに仕事の依頼が来たらしい、すごい。0.9mmのシャーペンで描いたのをパソコンに取り込んで彩色、加工していらっしゃるとか。
読了日:7月18日 著者:スカイエマ
うれしい!たのしい!うた絵本100曲 (ブティック・ムックno.983)うれしい!たのしい!うた絵本100曲 (ブティック・ムックno.983)感想
子ども向けです。TV・映画の歌、心あたたまる歌、楽しい歌、元気になる歌、卒園入学の歌、季節にあう歌、生き物の歌、手遊び歌、という8つのジャンルで選ばれた100曲、すべて楽譜付きでオカリナのレパートリー開拓に。
読了日:7月17日 著者:エール出版社
みる (五感のえほん8)みる (五感のえほん8)感想
谷川俊太郎が人間の五感【視覚=みる】を追求した絵本。1983年の復刻版だそうです。20年以上前とは思えない新しく斬新な感覚の絵本です。隠れているゴリラを探すページが意外に難しかった。いい絵本だと思います。
読了日:7月17日 著者:谷川俊太郎
蘇生蘇生感想
1年から5年まで同じクラスで担任も同じだった仲良し6人組。2011.3.11東日本大震災でからくも生き残った6人だったが、親を亡くし家をなくし、放射能で故郷を追われ、全国各地に散り散りになった。それぞれが辛い思いをしている。比較的スムーズに東京の進学校に移れた星多も津波の時に母親を見殺しにしたと苦しんでいる。親戚宅で虐待され死を選んだ葉月。葉月を偲ぶために北海道の地の果ての岬に集まった5人と先生だが橋が崩れ遭難。夜の森を抜けて助けを呼びに行くも、次々と災難に襲われる。それぞれが持つトラウマ、心の叫び・・・
読了日:7月17日 著者:五十嵐貴久
スコーレNo.4スコーレNo.4感想
骨董品店の長女麻子の成長物語。骨董品店には馴染みがないので埃をかぶったような古道具しか思い浮かばないが、マルツは本当に良いものがここしかないという風に選ばれて陳列されていたようだ。妹の美しさにコンプレックスを持つ麻子だが、素敵な女性だ。幼い頃から良いものを見る目を養ってきたから、靴の値段がわかったり、絶妙のディスプレーができたり、イタリアで買い付けできたり、素敵な人と巡り合ったりしたのだろうな。茅野さん、出来過ぎの設定だけど、ハッピーエンドは大好きです。
読了日:7月16日 著者:宮下奈都
夜な夜な短歌集 2016年夏号第8巻夜な夜な短歌集 2016年夏号第8巻感想
わぁ、夏号出たのですね。何このおどろおどろしい雰囲気は!『妖』がテーマだそうで、いつもと雰囲気が違います。怖い。難しいテーマですね。でも暑い夜ににぴったりかも。レイ姫の体験!w(゜o゜)w 。ふみさんの『菜々子とトチノヒコ』シリーズが好きです。特に「屋根裏に小人がいると確信す今日も茶匙がひとつたりない」うん、ウチも屋根裏か床下に小人がいるんだと思います。
読了日:7月15日 著者:夜な夜な短歌コミュ
まどろみ消去 (講談社文庫)まどろみ消去 (講談社文庫)感想
短編集。11の中で『誰もいなくなった』だけは過去に何かで読んだことがあり、結末を覚えていた。これも含めS&Mシリーズの登場人物の出てくるのが2編あり、嬉しい。その他では最初の『虚空の黙禱者』が面白かった。幻想的な話や登場人物の性別の思い込みによるミステリーなども。最後のキシマ先生も浮世離れした人物だが、沢村さんとの関係や研究の軋轢など、それはそれで中編か長編にもなりそうなのにたった24ページ。なんだか消化不良だ。長編はいつもかなり長いのに。
読了日:7月15日 著者:森博嗣
シンプル暮らしのお片づけシンプル暮らしのお片づけ感想
若い二人暮らし。50㎡に満たないコンパクトなマンションですっきり快適に暮らす。ウチは子供が巣立った二人暮らしだけれど、長年蓄積した物が多すぎる。本当はこれくらい少ないもので暮らせるはずなんだ。
読了日:7月14日 著者:柳沢小実
全面改訂 超簡単 お金の運用術 (朝日新書)全面改訂 超簡単 お金の運用術 (朝日新書)感想
生活費3か月分は普通預金に置いて、残りをリスク運用と無リスク運用に分ける。無リスク運用のおすすめは個人向け国債(10年満期)またはMRF。NISA及び確定拠出年金を利用する。ローンがあるなら繰り上げ返済。リボ払いは絶対ダメ。毎月配当の投資信託もダメ、営業の人に言いなりになるな。手数料の安いところがいい。リスク運用のおすすめも書いてありますが、怖いからここには書けない。興味がある人は読んでみてください。
読了日:7月14日 著者:山崎元
早稲女、女、男早稲女、女、男感想
面白かった。高校時代陸上部のキャプテンをしていた香夏子、強くて潔い性格がカッコイイですね。ダメ男っぽい長津田もなんだかんだ言いながら香夏子を忘れられず戯曲も書いていたのだからハッピーエンドでよかったよかった。捨てても捨てても帰ってくるカリオストロの指輪、いいな。実はウチも父親が姉が13歳私が10歳の時に病気で亡くなったのですが、地元の国立大に入るしかなかった私に比べ香夏子たちは早稲田、学習院と私大に入り、オートロックのマンションで暮らしている。それが羨ましかった。
読了日:7月13日 著者:柚木麻子
残酷な世界で生き延びるたったひとつの方法 (幻冬舎文庫)残酷な世界で生き延びるたったひとつの方法 (幻冬舎文庫)感想
著者曰く、すべては遺伝子次第で努力しても能力は増強できないし、わたしは変えられない。引き寄せ本とか大好きなんですけど。他人の心を操る方法が書かれていた。たとえばお返しの力、権威を利用、希少性、好意、社会的証明(みんなが)、コントラスト効果など。伽藍(会社など)を捨ててバザール(参加も撤退も自由な市場)に向かえ。人気が集中している商品は恐竜の頭、人気がそれほどでもない商品がロングテイル。好きなことを仕事にし、収益化の仕組みを自分で設計する。新時代のサービスを利用して幸福の可能性を見つける。
読了日:7月12日 著者:橘玲
ニャンダフル! 日本の名作100選ニャンダフル! 日本の名作100選感想
ネコ本百選かと思ったら、ネコが紹介する?日本の名作100選でした。何をもって名作とするかは人それぞれですが、有名な作品、おなじみの作品というところでしょうか。小説をメインに作者が物故者であることという縛りがあるそうです。作品の一説が抜粋され、解説も書かれています。そして全国の名優のネコ達がワンシーンを再現しています。115ページ『八甲田山死の彷徨』雪の中で遭難しかかっているサンちゃん、大丈夫なのか!名優たちのネコ写真はどれも力作ぞろいで写真集としても楽しめます。
読了日:7月11日 著者:
ビアトリクス・ポターとかわいそうなテンジクネズミのはなしビアトリクス・ポターとかわいそうなテンジクネズミのはなし感想
ピーターラビットシリーズ生みの親であるビアトリクス・ポター。子どものころからたくさんの動物を飼い、その絵を描くのが上手だった。ある日、お隣の奥さんが大事に飼っているテンジクネズミ、エリザベス女王を一晩借りて絵を描くことに。でも途中で不幸な出来事が・・・。ビアトリクスはお詫びに描いた絵をお隣の奥さんに差し上げたそうです。その絵が後に700万円の値がついたとか。どんな絵だったのでしょう。でも大事なペットを預かって、目を離しちゃいけませんね。
読了日:7月11日 著者:デボラホプキンソン
一〇三歳、ひとりで生きる作法 老いたら老いたで、まんざらでもない一〇三歳、ひとりで生きる作法 老いたら老いたで、まんざらでもない感想
103歳で昔のことをよく覚えていらっしゃるなと思いましたが、後ろを見ると第一章以外は1978年~2000年までに書かれた書籍から抜粋、修正したものだった。1956年、プロペラ機で初めてアメリカに行った時の話に感動した。日本人は男性1名と篠田さんだけ、あとは外国人。途中、太平洋のただなかのシェミア島という無人島で給油。その時の話。篠田さんの作品は大英博物館、ニューヨークのメトロポリタン美術館など世界中の有名な美術館に所蔵されている。そして103歳の現在も制作を続けていらっしゃるのがすごい。
読了日:7月10日 著者:篠田桃紅
60歳で家を建てる60歳で家を建てる感想
築年数の経った自宅をリフォームか建て替えかと悩む年代。著者は1000万あるなら(土地も)新築のほうがいいという。『500万円で家を建てる』の著者。実際は現在は500万円では難しいらしいですが。著者の提案する60ハウス、いいとは思うけれど、ウチの敷地の形では無理。でも、ハウスメーカーや工務店ではなく建築家に頼んでみたいという気にさせられる。家の話以外に、コタツロケで作成する年賀状の話や50万円くらいの中古車を次々乗り換えるとかの話が面白かった。ミニクーパーいいですね。45万w(゜o゜)w
読了日:7月10日 著者:湯山重行
耳は1分でよくなる!─薬も手術もいらない奇跡の聴力回復法耳は1分でよくなる!─薬も手術もいらない奇跡の聴力回復法感想
年の割に視力にはかなり自信があるのだが、聴力は・・・ (^^; この本では難聴の原因として①血流の悪化②内臓疾患③自律神経の乱れを上げ、それを改善するエクササイズを紹介している①4つの耳マッサージ・耳シェイク・耳さすり・耳の穴刺激・耳ひっぱり②エア縄跳び③チョッピング呼吸法④お腹ウェービング⑤頸椎シェイキング⑥スプーン熱針療法⑦サウンドメディテーション・・・たくさん紹介されています。1分って?①の4つの耳マッサージだけでも効果がありそうですね。
読了日:7月9日 著者:今野清志
幻惑の死と使途 (講談社文庫)幻惑の死と使途 (講談社文庫)感想
S&Mシリーズ6作目。前回の婚姻届のあと二人の仲はあまり進行していない。今回は箱モノから脱出するイリュージョンにまつわる事件。またしても、真犯人は予想外の人物だった。萌絵の推理が冴えるが、一枚上を行く犀川先生。でも犀川は事件の謎ときには乗り気でないのがイライラする。第1章の最後に杜萌が事件に巻き込まれると書かれていて、それはどうなったのか気になっていたが、その話は『夏のレプリカ』という本に時系列でいえば偶数章として書かれているらしい。そちらも読んでみよう。
読了日:7月9日 著者:森博嗣
OVER60 Street Snap ―いくつになっても憧れの女性OVER60 Street Snap ―いくつになっても憧れの女性感想
すごくカッコイイ!この人たちモデルじゃなくて、街で見つけた素敵な人なんですよね。さすが東京、というべきか。表紙を飾る蓮音(はすね)さん、素敵です。憧れます。他の人たちも素敵です。お金持ちのマダムって感じ。そして白髪を染めていない人は多いのにも驚く。白髪でも美しいというか、白髪だからこそ美しいのかもしれません。
読了日:7月8日 著者:MASA&MARI
このあと どうしちゃおうこのあと どうしちゃおう感想
いつもと少しテイストが違う真面目な本。亡くなったおじいちゃんが書いた自分が死んだらどうなりたいか、どうしてほしいか書かれたノート『このあとどうしちゃおう』お茶目なおじいちゃんで楽しい内容なんだけど、主人公はおじいちゃんはもしかしたらほんとはすごくさみしくてすごく死ぬのが怖かったのかもしれない。と考える。そして自分もどうしちゃおうノートを書こうとして、死んじゃったあとよりも生きているうちにやりたいことがいっぱいあることに気付く。いいね。でも最後のブランコで空を飛ぶ練習は危ないから、真似しませんように。
読了日:7月7日 著者:ヨシタケシンスケ
手作りスキンケアで透明美人肌になる!手作りスキンケアで透明美人肌になる!感想
たまたま手にして読んでみた。なんだか良さそうですね。5月に作ったドクダミ化粧水が1.8リットルあって8月には使えるから、他に作らなくても十分なんですが、作り方も簡単そうだし、アンチエイジング、透明美人肌!魅かれますね。とりあえずラベンダーを作ってみようか・・・ネロリもいいなぁ。
読了日:7月7日 著者:うつろあきこ,前田京子
片づけられる人は、うまくいく。: 人生を変える「捨てる」習慣65片づけられる人は、うまくいく。: 人生を変える「捨てる」習慣65感想
読みやすく、あっという間に読めて何も残らない?お代官様おっしゃる通りです。全く異論はございません・・って感じ。何かメモるとしたら、整理とは捨てること。捨てるのは物より思い込みを捨てる。回数を多くする。1gでも、紙1枚でも捨てて家の重さを軽くする。流行が終わったものは捨てる。物より空間を確保する。家を倉庫にしない。ああ、買い物依存症の旦那に読んでもらいたい。
読了日:7月7日 著者:中谷彰宏
なぜか誰も教えない60歳からの幸せの条件なぜか誰も教えない60歳からの幸せの条件感想
著者は1990年「単身けん」(ひとりで生きるために、単身者の生活権を検証する会)を立ち上げ、事務局長をしている。この本はお金・防犯・病気・介護・住宅・死後・知恵の7項目に分けてアドバイスが書かれている。私が気になるのは介護や終の棲家ですが、一人暮らしなら要介護3になったら施設に入ったほうがいい。生き方上手は頼み上手。幸せな人は「仲良く生きる術を体得している」他人を当てにしない、他人の話を聞く、他人に少しずつ知恵を借りる、他人に自己を押し付けない。そろそろ始めたい持ち物処分。やっぱりね。
読了日:7月6日 著者:石川由紀
うちの犬(ムク)、知りませんか?うちの犬(ムク)、知りませんか?感想
たかぎさんが小5の時、学校で出会った野良犬のムク、両親に反対されながらもしぶとく居座り、ついにはなくてはならない飼い犬になった。ムクと過ごした16年を振り返って描かれたコミックエッセイ。漫画家になろうと思いつき、漫画の好きな友達と「おこうかんノート」に毎日絵をかいて触発し合っていた。そんなたかぎさんの16年。ムクは幸せに過ごしたと思う。この頃の犬はたいてい室内飼いだから、庭先や玄関先につながれている犬は見なくなったなぁ。
読了日:7月5日 著者:たかぎなおこ
大人が知らない! 最新 日本史の教科書大人が知らない! 最新 日本史の教科書感想
松岡圭祐氏の小説で聖徳太子が厩戸の皇子(今では厩戸王)と変わったことや1192作ろう鎌倉幕府が変わったことは知っていたが、その根拠なども書いてあった。残念ですね。昭和時代の憧れ一万円札の顔だった聖徳太子がフィクションだとは。あの肖像も教科書から消えたそうです。世界最大の仁徳天皇陵が大仙陵古墳になっていたり、日本初の通貨和同開珎が富本銭になったり、元寇は2回とも神風が吹いて撤退したというのが変わったり、江戸時代に藩はなかったとか、日露戦争で日本が勝利したという文がなくなったり・・・いやもう、眼から鱗ですね。
読了日:7月5日 著者:
あなたのお部屋がイライラしないで片づく本あなたのお部屋がイライラしないで片づく本感想
片づけにアドラー心理学を?片づけをすることによって「自己受容・他者信頼・貢献感」というアドラー心理学でいうところの「幸せになる3つの条件」のレベルが自然に統合的に上がっていくそうです。取り組み方①その部屋で何をしたいかイメージする②全部出していらないものを整理③使う場所に収納④使ったら戻す⑤掃除⑥見直す。だそうです。収納は「棚・引出し・吊るす」のみ。床置き禁止。家族に物を減らしてほしければ、攻撃ではなく満たすこと。北風と太陽のように。自分も家族も勇気づける。自分を勇気づける100の言葉がありました。
読了日:7月4日 著者:丸山郁美
北欧女子オーサが見つけた日本の不思議 (メディアファクトリーのコミックエッセイ)北欧女子オーサが見つけた日本の不思議 (メディアファクトリーのコミックエッセイ)感想
おもしろい!絵もきれい。日本の漫画とアニメに憧れてスウェーデンからやってきたオーサ。日本の漫画アニメ文化は世界一なんですよね!3年目で、しっかり日本語をマスターしているのがすごい。といっても細かい約束事は知らないからいろいろあって面白い。スウェーデンの人口は広さが日本の1.2倍あるのに東京の人口より少ない。のんびりした国だと思うけれど、日本人が安全に慣れきってあまりに無防備だったりするのが心配になるそうだ。スウェーデンは高福祉国家ということしか知らないが夏は白夜、冬は太陽が出ないとか。ブログをお気に入りに
読了日:7月4日 著者:オーサ・イェークストロム
1日1分で人生が変わるおなかもみ上げ1日1分で人生が変わるおなかもみ上げ感想
「おなか」というのが胃や腸だけでなく、内臓すべてを指していると思われる。さらには体幹部にあるいろんな筋肉やリンパや骨も。おなかをさすったち叩いたりという簡単なケアで体調がよくなり、肩こりや腰の痛み、冷え症、不眠なども改善するという。リンパが流れ、骨盤のゆがみを調整し、内臓の疲労を取れば体調は良くなる。やり方はとても簡単で、寝ても座っても行える。時間もそれぞれ1分くらい。ただし、続けることに意義がある。そこが難しいかも。寝る前にやってみよう。
読了日:7月3日 著者:永井峻
千年ジュリエット (角川文庫)千年ジュリエット (角川文庫)感想
ハルチカシリーズ第4弾。文化祭を舞台に繰り広げられるミステリー。面白かった。4つの短編それぞれの主人公は異なるがハルタとチカそして文化祭につながっていく。やはり千年ジュリエットが切ない。それぞれの主人公たちは今後も吹奏楽部に何らかの形でかかわっていくのだろうか。
読了日:7月2日 著者:初野晴
NHK きょうの健康 2016年 05 月号 [雑誌]NHK きょうの健康 2016年 05 月号 [雑誌]感想
動脈硬化は血管が「狭くなる」タイプと「硬くなる」タイプがある。なりやすい人は脂質異常症、高血圧、糖尿病、内臓脂肪型肥満、喫煙する人。禁煙し、飲酒は適量。防ぐためはさんま、いわし、さばなど青魚を食べる。ご飯や甘いものを控える。減塩。薬を処方してもらう。少し汗ばむ程度の運動を毎日行う。1日30分以上。速歩、スロージョギング、サイクリング、踏み台昇降、水泳など。プール友達が大動脈解離で亡くなりました。元気な人だったのですが、高血圧だったそうです。
読了日:7月1日 著者:

読書メーター
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2016/08/05(Fri) 15:36 |   |  #[ 編集]
Re: お祝いありがとうございました
気づくの遅くてごめんなさいm(__)m
ブログからはほとんど遠ざかっているので・・・

おっしゃる通り、著効率が上がれば上がるほど、そこから外れてしまった人の孤独や絶望は計り知れないものでしょう。
お祝いを言いたくて言いたくて待ち構えていたので、まったく配慮が足りませんでした。

どんなに医学が進歩しても100%というのは難しいのでしょうか。
100%という日も近い将来夢ではないと思いたいです。

著効を得たとはいえ、C肝抗体は残っているし、この先献血や献体も出来ないのですよね。

10年たったからもういいかと思いましたが、やはり血液検査やエコーは年一回してもらっています。
高血圧で通院しているんですけどね (^^;

フォローありがとうございました。
ボケずに元気で長生きしましょう (*^-^)b
2016/09/07(Wed) 10:40 | URL  | かのん #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック