人生の折り返し地点は過ぎましたが、明るく前向きに生きていきます♪
2012年12月05日 (水) | 編集 |
陶芸教室展覧会最終日、私が受付当番でした。

「鬼の攪乱」の肺炎病み上がりの彼女も当番で、

もう大丈夫だから作品も見たいし絶対行くというので

作品見るだけでいいからゆっくり来てもらいました。


天候も悪く最終日で見に来る人も少なかったので
たまに入ってきた人には懇切丁寧に案内し、署名も書いてもらいました。

私の出したのは
鼓
花器 『鼓』 赤土、白化粧、 釉薬は4号飴、白化粧部分は白萩の吹付


ねこ日和
白土 『ねこ日和』 呉須で描画 釉薬は透明
neko sippoさんのブログで見かけたネコカップの真似


野焼きの壺
テラコッタ 『野焼きの壺』 弁柄で彩色 釉薬は無し

野焼きとは(クリックしてね)→ 3年前の野焼き

以上3点です。
他に上手な人はたくさんいらっしゃるのですが、勝手に載せてもいいかどうか・・・?



ご心配頂いた義母の容態は変わりなく、私は無事当番を務めることが出来ました。


ぽちっとしてね↓
にほんブログ村 シニア日記ブログ 50歳代へ
にほんブログ村
にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
テーマ:工芸
ジャンル:学問・文化・芸術
コメント
この記事へのコメント
こんにちは~

今日はとっても寒くて、そちらは天気予報に雪マークが付いてますが大丈夫ですか?

雪マークを見るだけでもブルブル・・・

陶芸のことよくわからないのすが、
前回の野焼きをみて、すごいこと・・・
海岸で行われてる光景が・・・驚きです

猫の急須がかわいい
2012/12/06(Thu) 15:32 | URL  | あのん☆5 #-[ 編集]
珍しい野焼きの事など
こんばんは

〉花器 『鼓』 赤土、白化粧

いいですね~ 対比的な色のコントラストが映えますね。

私は焼き物では青磁が好きで、青木隆山さん作が好きです。
ご存知と思いますが、

http://item.rakuten.co.jp/takatoh/ryu-tougaku-daria/

と言っても、作ったこともないですが、笑。只私は九州のあそこら辺
出身なので幼い頃から焼き物の話は毎日のようにニュースでも流れるし
自然と名工の名前や陶芸に興味があるということでしょうか。

野焼きの「火起こし」を見ていて、昔ロケで 木と棒に縄を絡ませて起こす 
のを私も体験させてもらったのですが、着くまでにはものすごく大変だったの
を思い出しました。珍しい野焼き、興味深かったです。原始人あっぱれ!
2012/12/06(Thu) 19:37 | URL  | 酢~ #-[ 編集]
あのん様
こんばんは~
コメントありがとうございます。
こちらは霰が降りました。
こんなのは大して積もらないのですが、音もなく降り出すと、翌朝一気に30cmとか積もっていて雪かきが大変なのです。(-_-;)

野焼きは毎年やっています。雨でもやります。
初めて見た時は感動しましたよ。
2012/12/07(Fri) 00:41 | URL  | すりむまま #nVpog6Qw[ 編集]
酢~様
こんばんは~
コメントありがとうございます。

陶芸は初心者で青木隆山氏も存じ上げなくて申し訳ありません。
油滴天目茶碗素敵です。
これは難しくて、同じ釉薬をかけても油滴が綺麗に出るのは難しいそうです。

酢~さんも火起こし体験をされたのですね。
あれは疲れますね。
土器を焼いて強くすることを発見した原始人は凄いです。
2012/12/07(Fri) 00:51 | URL  | すりむまま #nVpog6Qw[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック