人生の折り返し地点は過ぎましたが、明るく前向きに生きていきます♪
2012年10月18日 (木) | 編集 |
2日目

まずは桂浜にて、土佐のシンボル坂本竜馬像を見ました。

うむ、なかなかかっこいい男です。

035 (225x300)

桂浜

037 (300x225)

それから、坂本竜馬記念館を見学しましたが・・・2週間もたつと・・・(-_-;)

仁井田、窪川を経て、いよいよ本日のメイン四万十川遊覧です。

049 (300x225)

この屋形船に乗って遊覧し、ついでに船の中で昼食弁当も頂きました。

041 (250x188)

四万十川

047 (300x225)

四万十川は全く護岸工事などがされていなくて自然のままの川が残されています。
だから、雨が続くと川幅も広がり川の形も変わります。

まあ、川のそばには住めませんね。

でも、この自然をぜひ残しておいてもらいたいと思いました。
伝説の黄金のウナギにお目にかかりたかった。

その後、安並水車の里を車窓から見て、黒潮市場でおみやげのカツオの生節なんぞを買いました。

日が西に傾くころ、四国最南端足摺岬に到着。

051 (300x225)

岬の先端には白亜の灯台が立ち(写真なし)展望台から眺める太平洋はは270°の視界が広がります。

四国霊場第38番札所金剛福寺

052 (300x225)

その夜は足摺パシフィックホテル花椿に泊まりました。

前日よりいい夕食ったのに写真を撮り忘れました(-_-;)

このホテルはちゃんと温泉(弱アルカリ性低張性冷鉱泉)がありまして、海が見える露天風呂もあるのです。

私、実は温泉が大好きで温泉に行くと着いてすぐ、寝る前、早朝の3回は入ります。(^^)v

時間がなくて着いてすぐは入れませんでしたが、夕食後入りに行きました。
ところが、なんせ大人数のツアーなので洗い場が一杯。

露天風呂に行こうとそれらしきドアを出たら、なんと長い廊下

棚があってバスタオルがたくさん置いてある

露天ぶろまでかなりの距離があるのでそれを巻いて歩いていくらしい。

ようやくたどり着いたときはホッとしましたね。

崖の下に海が見える岩風呂で当たりは真っ暗、夜空には満天の星

天の川や白鳥座、こと座のベガやわし座のアルタイルを久しぶりに観ました。

街中では天の川なんて見えませんものね。

飛行機か、人工衛星かチカチカ光る物体が移動していくのも見えました。

近視なのでメガネをかけていたらもっとよく見えたと思います。

露天風呂に居たもう一人の見知らぬ人と
「海に朝日が昇るところを見たいねえ」
と、話し合いました。

が、部屋に戻ってフロントに電話で聞くと

露天風呂からは朝日が昇るところは見えないし部屋からも見えないとのことで残念でした。

金沢は日本海側なので「海に沈む夕日」を見たことはあっても「海から昇る朝日」を見たことがないのです。
是非、見たかったな。

ぽちっとしてね↓
にほんブログ村 シニア日記ブログ 50歳代へ
にほんブログ村

スポンサーサイト
テーマ:国内旅行
ジャンル:旅行
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック