人生の折り返し地点は過ぎましたが、明るく前向きに生きていきます♪
2013年01月18日 (金) | 編集 |
12月8日に義母が亡くなって
初七日から七日毎にお経が上がった。
私たちも毎回参列した。

本当は来週1月25日が四十九日に当たるが、親戚が集まるので少し前の土日という事になるのですが、御坊さんの都合で、明日19日(土)に行われる。

一日前だから六七日のお参りは省略かと思ったが、ちゃんとあった。

本当は四十九日の法要の後、お骨をお墓に納めるのだが、雪のため春まで延期になった。

その場合、納骨の日はいきなりお墓に集合してお経をあげるのか。
本家に集合してお墓に行くのか。

お墓はウチの近くにあるので現地集合の方がいいけれど。
まあ、明日決まると思います。

99歳で亡くなった義母。
いい人でした。

嫌な事を言われたことは一度もありません。

強いて言えば

義母は昔の人にしては遅く、33,35,38歳で3人の息子を生みました。
大学病院の看護婦をしていて、小柄だけれど気丈な人でした。

予定日になっても産気づかない私に
「大きくしたら生むのが大変や。
 かあちゃんは、3人とも3週間くらい早めに生んだ。
 じっとしとらんと、こまめに動かにゃ」

と、言われても娘も息子も予定日を過ぎて生まれたのはしょうがないと思います。
大きくてお産は楽ではなかったけれど、育てるのは楽でした。

娘はどうやら義母に似たのか早く生まれそうです。
予定日は2月4日ですが、もういつ生まれてもおかしくないと言われたそうです。


ぽちっとしてね↓
にほんブログ村 シニア日記ブログ 50歳代へ
にほんブログ村
にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
テーマ:ひとりごとのようなもの
ジャンル:日記
コメント
この記事へのコメント
毎週のお参り、ご苦労様でした。四十九日はやっぱり気持ちとしても一区切りですね。
嫌なことを言われた事がないなんて、素敵な関係でしたね。
お仕事で、他人の上に立たれる、器の大きさをお持ちだったのですね。
私は、義父からかなり皮肉をいわれましたが、それが意外に嫌じゃなくて、思い出になっているんですよ。
そう言えば、77で亡くなった義母は、元気でいれば、95才、すりむままさんのお義母様より少し年下だったんですね、気づかなかった。夫は、義母が35の時の子どもです。
納骨が終わるまで少し落ち着かないでしょうが、お天気には従わざるをえないですものね。
2013/01/19(Sat) 12:59 | URL  | miya #GUY0.o1c[ 編集]
今日は四十九日お疲れ様でした。供養ですが七日参りは大変です。
納骨は、今は仏壇に仏さんはいるので、仏壇からショウネ?を抜いてお墓に連れて行くと聞きましたよ。なので仏壇でもお経をあげたような記憶があります。父親の時に。
でも宗派も地方も違うので違うかも知れませんね。
娘さんの出産も間近で大変ですが、寒い中風邪をひかれませんように
2013/01/19(Sat) 20:08 | URL  | あのん☆5 #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2013/01/19(Sat) 21:07 |   |  #[ 編集]
miya様
こんばんは~
コメントありがとうございます。
義父も義母もいい人でしたが、その分旦那で苦労しましたから(笑)
miyaさんの旦那様も35歳の時の子どもさんなのですね。ウチと同じです。
今日の納骨はやはり無理でした。
お骨の重りをする義姉は落ち着かないと思います。
2013/01/19(Sat) 23:49 | URL  | すりむまま #nVpog6Qw[ 編集]
あのん様
こんばんは~
有難うございます。
七日参りの時は、下寺のお坊さんがお参りに来られていたのですが、いつも先に仏壇にお経をあげて、その後お骨や位牌を祀ってある祖母の祭壇に向かってお経をあげていました。
今日は本寺の住職さんがおいでましたが、先に祖母の祭壇の方にお経をあげ、あとから仏壇の方にお経をあげていました。
宗派によっても違うのでしょうね。
2013/01/19(Sat) 23:58 | URL  | すりむまま #nVpog6Qw[ 編集]
21:07様
ありがとうございます。
おっしゃる通りです。
私もそう思います。
2013/01/20(Sun) 00:02 | URL  | すりむまま #nVpog6Qw[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック