人生の折り返し地点は過ぎましたが、明るく前向きに生きていきます♪
2013年01月20日 (日) | 編集 |
きびしい時代を生きぬく力 (岩波ブックレット)きびしい時代を生きぬく力 (岩波ブックレット)
(2011/02/09)
香山 リカ、江川 紹子 他

商品詳細を見る

を読んだ。

精神科医の香山リカさん

きびしい時代で誰もがひどい目に合っている
少し前なら、くじ運が悪かったと思ってそんな会社辞めて転職したほうがいいんじゃない。
と、アドバイスすることもできたが、今は酷い条件のところが多いので、辞めて転職しても今よりいいとは限らない。

「人生は思い通りに行かない」
確かにその通り、誰しも思い当たることは多々あるだろう。

と言いつつも「大抵の事には解決策があり、人間は回復する力がある」という。

どんなに辛いことがあっても、年を取ってから傷ついても、人は回復する力を持っているという。

確かに、立ち直れないほど辛いことがあっても、大切な人を亡くしても、ご飯を食べて一日一日やり過ごしていくうちに少しずつ立ち直っていく。
それもまた真実であろう。


フリージャーナリストの江川 紹子さん

江川さんは村木厚子氏(厚生労働省局長で無実の罪で投獄され、後に復職)と
イラクで人質となり後に解放された〇〇氏(名前を忘れました)を例に

「どういう状況でも楽しみを見つけること」

「無理に勝とうとしない。でも自分の原則は曲げずに柔軟に対応する」という言葉が心に残った。



職場のバイト仲間の大学生

公務員試験を受けた6人のうち4人が合格

涙をのんだ2人と民間を受けていた1人が来年も公務員試験を受けると言う

2人は理系なので本当は企業の研究所などに勤められれば専門を生かせるのだろうけれど、やはり景気が悪いから難しいのかもしれない。

長い人生から見れば1年2年はあっという間の事、

焦らずいいと思う道を進んでもらいたい。


姪っ子は3年間遠回りをしたけれど、1部上場企業の研究所に就職することができた。

芯の強い子だ。


思い通りにならない人生だけれど、何とか生き抜いていきたい。


ぽちっとしてね↓
にほんブログ村 シニア日記ブログ 50歳代へ
にほんブログ村
にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
テーマ:ひとりごとのようなもの
ジャンル:日記
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック