人生の折り返し地点は過ぎましたが、明るく前向きに生きていきます♪
2013年01月28日 (月) | 編集 |
何もない日

市立図書館と県立図書館で借りまくっている本を読む

予約が入っている本は延長できないので期限内に読まなければ

借りている本で次の予約が入っているのは4冊そのなかで一番返済期限の近い蜩ノ記を読んだ

蜩ノ記蜩ノ記
(2011/10/26)
葉室 麟

商品詳細を見る


2012年直木賞受賞作品。

武士道精神とはこういうものか。

秋谷の人格の高潔さに感動する。

また、農民の子であり飲んだくれの父を持ちながら優しく強く家族を思いやり、人を恨まず妹を想って笑顔で死んでいった源吉も素晴らしい。

恐れず源吉のために一矢報いに行った郁太郎もまっすぐな人間である。

庄三郎は初めはさほどでもなかったが秋谷の影響を受けていく。

庄三郎は薫と結婚し、郁太郎も碌を許され、父秋谷はそれで満足したのだろう。

良い人間が二人も亡くなる悲しい結末ではあるが救いはあった。


ぽちっとしてね↓
にほんブログ村 シニア日記ブログ 50歳代へ
にほんブログ村
にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
テーマ:ひとりごとのようなもの
ジャンル:日記
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック